あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

3人の死は三浦春馬さんの死と関係あるんじゃないでしょうか。


竹内結子さんの急死を知り、
次に春馬さんと共演をしていたことを知り、
二人が連絡を取り合う中だと知った時、
あることを考えました。

春馬さんは芦名星さん、藤木孝さん、竹内結子さんと共演しています。
4人とも自殺報道されました。
こんな偶然があるでしょうか?

芦名さん、藤木さんと普段どのような
付き合いがあったかわかりませんが、
竹内結子さんとは連絡を取り合う仲だったようです。

仮に春馬さんの存在を消したいと思う人間Xがいたら、
都合の悪いことを3人に喋っていると思わないでしょうか。
自分が犯人だと思われないだろうかと考えないでしょうか。

春馬さんはラオスの小児病院の支援をしていた。
竹内さんは熊本へ寄付を続けていた。

仮に竹内さんが自殺だったとしましょう。
残された赤ちゃんや子供が大きくなった時、
どう思うでしょうか?
母に愛されていないと考えるんじゃないでしょうか。

熊本地震の被災地へ支援を
毎月欠かさず4年間も続けていた人です。
そんな人が家族団らんの後に子供二人を残して
突然命を絶つはずがありません。


ArrowFilmsVideo@ArrowFilmsVideo

RIP Yuko Takeuchi

aa_114633797_yukogetty1.jpg
https://www.bbc.com/news/world-asia-54314962


春馬さんの時と同じですね。

ちゃーみ@6DfB4UxR55CjnDF

#竹内結子
今日の報道で、竹内さんのご主人は、最後に顔を合わせたのが、最初10分とのことでしたが、1時間前に顔を合わせたに、変わってます。いくら気が動転されたとはいえ、時間が全く違います。全く異変はなかったと話されてますが、いきなり自死するでしょうか?遺書もなしで?


あてにならない報道だけど、
最初の報道では”夫がぐったりしている竹内結子さんを発見”、
”竹内さんを最後に見たのは発見の10分前”とありました。
その後、時間がどんどん離れていきました。
クローゼットのクも出てなかったです。

一番不可解なのが、
赤ちゃんや子供が寝ている寝室のクローゼットで
母親が自ら命を絶つでしょうか。

コロコロ変わるのは何故でしょう?

aaaEjCWnmcUcAAUUVP.jpg
aaEi64WXZVgAAaLM_.jpg
aaEi64WXkVkAIyZ-r.jpg
この二人が相次いで亡くなるとは誰も思わなかったでしょう。
aaGSmiBmTA.jpg
春馬さんのラオスでの活動記録が所属事務所のHPから
どんどん削除されているそうですね。あり得ないことです。


三浦春馬、ラオスの『ラオ・フレンズ小児病院』訪問レポート。
三浦春馬が「寄付の見える化」を実現
http://jaras-web.net/news/event/8812



| ニュース  | 00:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時間よ止まれ


一部を除いてヤギの時間が止まっています。
https://twitter.com/TTrumpSJapan/status/1310094276282310656

ヘラジカが水面を走っているのも
ある意味時間が止まっているのではないだろうか。
https://twitter.com/backt0nature/status/1309328772794134531


| ニュース  | 23:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ニューエイジ、ニュー・ワールド・オーダー、 新生活様式」でのコメントのやり取り


ニューエイジ、ニュー・ワールド・オーダー、 新生活様式
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-21630.html

私は一回しかコメントしてないので
やりとりというほどではないんですが、
Takashiさんとのコメントのやり取りです。

ブラバッキー夫人は

ブラバッキー夫人(この表記はもう古いようですね)とその神智学あるいは後継者のアリス・ベイリーなどは、闇の勢力に通じるのでしょうか?

「新しい」というのは、成長の前後で加わった知識のことだと思います。一回り大きくなると、その一周り分が、「新しい」というわけです。つまり、革命のように、椅子取りゲーム式に、奪って置き換えるというのは、何も新しくはないわけです。成長したのではないですから。

| Takashi | 2020/09/26 06:32 | URL | ≫ EDIT

神智学と言うと

記事での神父さんの意見は、ブラバッキ―夫人に対してどう見てるのか、いまいちわかりずらい部分がありました。
いずれにしても、クリシュナムルティも、神智学協会の設立者の関係者によって見出された、町で見かけたインドの少年だったわけで、もし神智学協会が悪魔の団体なら、クリシュナムルティも悪魔の団体に見出された者、ということになってしまいますが、ありえないですよね。

| Takashi | 2020/09/27 01:28 | URL | ≫ EDIT

Re: 神智学と言うと

神智学協会が悪魔の団体かどうか判断はできませんね。神と悪魔は表裏一体でしょう。仮に悪魔の団体だとしても神的な人間を彼らは欲しいはずです。クリシュナムルティは見出されただけで自らの意思で星の教団を解散していますしね。

龍さんがクリシュナムルティの本の書き写しをされているのでよかったら覗いてみてください。

はじめに
http://ryuchan60.seesaa.net/article/470573222.html
星の教団
http://ryuchan60.seesaa.net/article/470591249.html
解散宣言
http://ryuchan60.seesaa.net/article/470632533.html

| まゆみ | 2020/09/27 20:14 | URL |

Re:Re:神智学と言うと

リンクありがとうございます。
今日はもう遅いので明日読ませていただきますね。

神と悪魔は表裏一体でしたね。まあそれは、神智学は悪魔の団体だという発言をする人たちがいるということで、それに対して、それが正しければこういう話になりませんか、という話です。向こうの発言に合わせて言っただけで、僕に神と悪魔の戦いというような考えはありません。むしろ、神智学で言っている、悪魔、ルシファーというのは、人間が恐怖心と想像で作り出したものだという考えに、それが正しいのかも、と思っているくらいです。

| Takashi | 2020/09/28 03:33 | URL | ≫ EDIT

リンク先の記事、読みました

長文のコピペで投稿させていただきます。


確かに、教団のような集団に加わり依存するという考えでしたら、真理の追求などあるはずがないし、その意味での成長もないのは、当然だと思います。
そのことは、
1)真理を求めるから、教団に入ることがあったとしても、
2)教団に入るから、真理を求めるようになる
のではないことから明らかです。

このことは、別の言い方をすれば、

1)英語を学びたいから、英語の学べる本を買う
のであって
2)英語の学べる本を買ったから、英語を学ぶようになる
のではない
ということと、本質はまったく同じだと思うんです。
むしろ、2)では、まったく英語を学ぶようにはなることはないでしょう。英語を勉強したけど、挫折した、という人は例外なくこの2)の方をやっている人です。

そこにある事実、絶対の理、の本質は、

1)自分の意思から、活動が始まるのであって、
続いて、折り返して、自分の活動から、自分の意思の洗練がなされる。
のであって、

2)行動から、自分の意思が生じて、
折り返して、その生じた自分の意思からさらに同じ行動が繰り返される。
のではない。

ということだと思います。
もし、偉い誰かが言ったから、こうする、という人がいるならば、その人は、やはり上の2)の意味での他力本願に何ら変わりはないと思います。
聖者が言ったから、それを信じる、というのは、単に頼る他人、責任を負わせる他人を、教団という団体から、「聖者」という個人に、取り換えただけのことです。


思うに、神智学協会は、本質としては、真理を伝える役目を果たそうとして設立されたのであり、その意味では、その教えは、金もうけのために役に立つ方法を教える団体があったとして、それよりは、よっぽど真理として、純粋な形で、教えていた団体だということが言えると思います。
しかし、むしろ会員が、他力本願の心性で、協会の真の設立の意義を理解せず、依存の依り代としたことで、協会が、信者に汚されて、他力本願の城のようになってしまったというのが、事実なのではないでしょうか。
だから、その現状を見て、クリシュナムルティは解体の絶対必要をさとり、決意し、実行した、のだと思います。もし、真に、真理を求める人だけが、教団にいたのなら、決してそれは、他力本願の城のようにはなることはなく、むしろ、教団という形態をとることもなく、他人との協力関係、共有関係が、最大限に生かされていた関係をもつことができていただろうと思います。そういう関係は、大規模にはなり得ず、結局、不純なものも受け入れる門戸を大きく開いたために、教団は大規模な集団形態をとるという結果になったと思います。

直居あきら氏の出された本の中に、アグニ・ヨガの教えがあり、それには、いかなる集団も集団に属することも偽であって本物ではない、というような内容の教えが書かれています。なぜ本物でないかと言うと、それは、数を揃えることを必要とするようなこと、規模を拡大しようとの欲を持つこと、などが、(理から外れたことがらであり)、魔界の影響が入っている、から、というようなことが書かれています。
(この部分は3つ目のリンクに書いてあったことと同じでした。)


クリシュナムルティが確信していたことのリンク先からの引用
「〈真理〉はそこへ通ずるいかなる道も持たない領域である、と。いかなる道をたどろうとも、いかなる宗教、いかなる教派によろうとも、諸君はその領域へ近づくことはできない。」
これについては、もし、「道」というのが、出来た道のことなら、それは、誰かが通ったものであり、誰かが使ったものであり、「使用済み」である。そういうものを使って、真理に辿り着く、というのは、やはり、ありえないと思う。
でも、真理に到達することを、道、という言葉で表現して、何ら不自然さはないとも思う。道とは、出来た道がすべてではない。自分が切り拓く「道なき道」も、道の内に入る。そしてその道は、自分にとって必要だった道であり、他人にとっては使用済みの必要ない道である。ある人が言った「自分の歩いた後に道が出来る」という言葉がある。それは、もし「自分が道をつけてやったからみんなはこの道を使いなさい」という意味だとしたら、心から、反対する。


前回の投稿について、かなり誤解されやすいいい加減な書き方をしてしまったので、あらためてその趣旨だけを書き直したいと思います。

1)神智学協会を、悪魔の団体だという人、集団がある
2)彼らは、その活動をホームページなどを作ってネット上で展開している。
3)彼らの言い分は、神智学の教えを学んだことのない、表面上の宣伝文句的な所を拾い読み、つまみ食いして、その雑学的知識で反発し、行っているようなエセ批判であると思う。
4)つまり、僕は、神智学の教えに、基本的に問題があるとは思わない。
5)もし、彼等神智学を攻撃する者の主張が正しければ、神智学協会がクリシュナムルティを見出したことは、悪魔の団体がクリシュナムルティという「マイトレーヤ?(あまりよく知りません)」を見出したということになる。

ここから先は、リンクして頂いた記事を読んで分かったことを交えた内容です。
6)そうなると、クリシュナムルティは、「悪魔の申し子」だということか、「光の使者」を悪魔の団体が利用しようとしているか、ということになる。
7)僕の考えでは、後者は、ありえないような気がする。どうしてかというと、真の「光の使者」なら、悪魔の団体に擁されても、決して、その人が行うことは、真理にかなうことしかしないはずだからである。悪魔が利用できるような、「光の使者」
などない。もしあったらそれこそ偽預言者である。それが僕の思いです。
8)クリシュナムルティが反対したのは、神智学の教えにではなく、人間の集まりである教団の現状、教団の組織形態への依存体質が信者の間にはびこっている堕落の事実とその原因が真理を求めるという目的のために教団という集団組織を持つという形態にあること、に対してである。


3つめのリンクの記事、これを読んで、クリシュナムルティという人についての、知識に不足が完全に補われた感がありました。無知だったための疑いはすべて消え去りました。以下の引用部分についてコメントします。

「〈真理〉は諸君のところまで引きずりおろせるものではない。そうではなくて、各人ひとりひとりがそこまでたどりつくよう精進しなければならないものなのだ。」

この言葉には、心から、共感、同意します。単に心理のことだけでなく、実践的な分野、例えば、音楽などの芸術も、やはり同じだと思います。
実は、最近歌を録音しましたが、まさに歌が、というより歌も、こういう精神からだけ実現されるものであることと知りました。自分の方が動いて変わっていく努力をして初めて、歌は何らかの意義あるものに辿り着く。これを逆に、歌を自分の方に引き付けて自分はあぐらをかいていると、まったく歌として、成り立ってない、ということになる。ということが実感されました。歌の上手い人と、下手くそとの違いは、そこにある、ということです。

| Takashi | 2020/09/29 01:08 | URL | ≫ EDIT


<追記>

誤字がありました

>この言葉には、心から、共感、同意します。単に心理のことだけでなく、実践的な分野、例えば、音楽などの芸術も、やはり同じだと思います。

単に、真理のことだけでなく

が、正しいです。
パソコンの漢字変換は、しょっちゅうこの「真理」を「心理」にしてくれたり、「~なもの」を「~な者」にしてくれて、困ってるというか、漢字変換は、文章書きの敵というか、文章を書くことが、漢字変換との闘い、と感じるように、最近なりました。

昔は、自分の意識や観念がソフトウェアに感応して、考えていた通りの漢字が出る、ということだけに注意が向いていました。しかし、いまでも、そういうのはありますが、それよりも、あまりに書くことに対して、誤変換で邪魔されて、闘いのようになる部分の方が強く意識されてきました。
なんか、わざと、出したい漢字と違う漢字を出すような、仕組みが漢字変換のプログラムに組み込まれているんではないかと、疑ってきているような状況です。(笑)
ちなみにこの文章では、「漢字」がひたすら「感じ」に変換されて、泣かされました。(笑)
単語単位で入力すると、こういうことは防げるのかもしれませんが、一気に文を書いて、一気に変換するのが、なんか文章を書きやすくて、最近はそうやってました。ちょっと単語単位で入力する方法にいったん戻して見ようかと思います。

あと、今回引用して頂いた文章の続きが書きかけでありますので、それも書け次第、投稿させていただきますね。

| Takashi | 2020/09/30 00:46 | URL | ≫ EDIT




| ニュース  | 21:25 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「コロナマスクで子供の誘拐が増えるでしょうか。」へいただいたコメント


コロナマスクで子供の誘拐が増えるでしょうか。
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-21652.html

いただいたコメントです。

マスク

本当に世の中マスクだらけで困ります。挨拶されても私はマスクしていないので相手はわかるでしょうが、あちらの顔が見えないので私は困ります。
それから、マスクだらけの表情のない人たちに囲まれて生きる子供たちの心の発達が心配です。相手の表情を何気なく読みながら人と人との距離感を学んだり、赤ちゃんなどは、まわりの大人たちの口元から自然と言葉を学んだりすると思うし、様々な表情や言葉の中で世界を知っていくのに、どこを見ても画一的なマスクをした人ばかり。これは今後、子供たちの心身の発達にかなり大きな影響を及ぼすのではないかと危惧しています。
マスクをしていると世界から笑顔が消えている気がして、本当に何とかしないと、と思います。一人一人が気づいてマスクをとればいいだけなのですけど、ただ周りに合わせている人が多いので、なかなかマスク社会が終わりません。

| ゆか | 2020/09/29 00:59 | URL |

仮面、不気味ですね

アイクの本の中には色々な映画の話題が取り込まれていまして、話題作も結構多いので(マトリックスとかアバターとか)読者が興味関心を示しやすい様、間口を広くする工夫をしているんじゃないかと思っています。

内容が内容なので、まさか、ここでコメントする事になると思っていませんでしたが、キューブリックの遺作「アイズ・ワイド・シャット」についても書かれていて、マスクと悪魔崇拝儀式についての話題です。画像を検索してみましたが、寒気がするので、私は実際の映画は見られない気がします。

↓2017年の記事ですが、アイクの書いている内容と矛盾しない気がします。

キューブリックの衝撃的遺言をニコール・キッドマンが暴露! 「ロリコン秘密結社が世界を動かしている」「突然死の真相は…」
https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201706_post_13661/

| xiangwu | 2020/09/29 01:57 | URL | ≫ EDIT

「ハイジャックされた地球を99%の人が知らない(上)」
P468・11行目~P469・16行目

1969年に大衆向けの月着陸シーンを製作したスタンリー・キューブリックは、最後の作品となる1999年の映画『アイズ・ワイド・シャット』で、悪魔を崇拝するエリートの実態を暴露しようとしていた。トム・クルーズとニコール・キッドマンが演じたこの映画は、権力者のあいだで行われている悪魔崇拝と、人びとを意のままに動かすため彼らが利用しているマインドコントロールをテーマにしていた(世界的なマインドコントロール計画の実体については、過去10年の私の本を読んでほしい)。『アイズ・ワイド・シャット』で最も印象的なシーンは、大邸宅で行われる悪魔崇拝儀式の場面だ。そこでは金持ちの有名人らがローブとマスクを身につけ、指導者の指示に従って儀式を進めていく。指導者は赤いローブを身につけていたが、メンバーの大半が着ているローブはサタンを象徴する黒だった。マスクは単に身元を隠すだけのものではない。あれは彼らが本当の自分、そして本当の主人を隠し、仮面をつけて生きていることを象徴しているのだ。
最近になってキューブリック研究の専門家ジェイ・ウェイドナーから知らされたのだが、儀式のシーンが撮影されたのはロスチャイルドの邸宅だったのだそうだ。キューブリックは、今起きていることを人びとに伝えようとしていたのだろう。しかし、彼が映画の公開を目にすることはなかった。月着陸シーンを製作した見返りのひとつとして、キューブリックは、自身の映画を検閲されないことになっていた。これは、ワーナー・ブラザーズの経営者にとって頭痛の種となった。彼らは、映画の完成フィルムを見て激怒し、映画のうち約25分をカットするよう要求したが、キューブリックは拒否した。そしてその4日後、キューブリックは「心臓発作」でこの世を去り、映画のカットが行われた。この映画を見れば、削除されたシーンにいったいなにがあったのかと考えずにはいられないだろう。『アイズ・ワイド・シャット』は、キューブリックが契約の際に強く主張した日-最初の月着陸から30周年の記念日-に公開された。あれほど名高い監督の最終作品にもかかわらず、公開から上映期間の終わりまで、ほとんどなんのプロモーションも行われなかった。

| xiangwu | 2020/09/29 02:31 | URL | ≫ EDIT


ニコール・キッドマンに関しては以前取り上げました。

ニコール・キッドマンが、スタンリー・キューブリック監督が残した衝撃の発言を暴露。『ペドフィリアが世界を動かしていると言っていたわ。エリートつまりトップの秘密結社は特殊な性癖を持った男たちでいっぱいで、彼らはペドフィリアという共通点で集まり、結束していると』





| ニュース  | 20:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いんちきコロナ対策「祝詞」32


奏上しました。


| 祝詞 | 15:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サタニズムと幼児性愛、そしてグローバリズム


「世界陰謀だけを扱っている限りまだ無事だが、この問題に深く立ち入るとたいてい消される(…)」

p@OdNezu

9月18日にエルヴェ・リッセンが投獄されていた!

ロックダウン中にアラン・ソラルも一度警察に連行されていたけれど、ソラルを投獄するとあまりに反響が激しすぎるのか数日で釈放された。リッセンの方は一匹狼で組織に属さないためか今まで知らなかった…

エルヴェ・リッセンはツイッター、FB、VKすべてから追放され、発言がほとんど読めなくなっていたが、17日http://gab.comに ”今日私は思想犯罪を理由に警察に召喚されていて、そのまま監禁される恐れがある”と発信していた。例えば下のような発信が逮捕の理由:

ビデオ『ロシア革命とユダヤ人』(エルヴェ・リッセン)
http://blog.livedoor.jp/dodard/archives/15476625.html

9月18日にフルリ・メルジョワ収容所に収監されたエルヴェ・リッセンは今年7月サタニスムについての調査を始めていた…「ソラルがサタニズムについて発言していた時意味がわからなかったが、今実在を確信するようになった…」(リッセン)

Hervé Ryssen travaille sur le sujet du satanisme
https://www.egaliteetreconciliation.fr/Herve-Ryssen-travaille-sur-le-sujet-du-satanisme-59687.html

「この一ヶ月は私はこれまでまったく知らなかったサタニズム/世界ペドフィリ(幼児性愛)網/フリーメイソンについて徹底的に研究した。きっかけは2019年のインドネシアでの性犯罪調査委員会のビデオで(…)世界政府、サタニズム、異常性愛の関係がわかってきた…」(リッセン)

「サタニズムと幼児性愛・近親相姦問題を調べ始めた数日、あまりの闇の世界(子供に拷問でトラウマを埋めつけ人格分裂を促して完全制御下におく)に私は気分が悪くなったが、これが実在する世界であることを認識するのは非常に重要だ。」(9月18日に思想犯で収監されたエルヴェ・リッセン)


「数年前にアラン・ソラルが子供を生贄にする儀式について話し始めた時には私自身、ソラルはすこし狂ってイルミネしてきたのではないかと思ったが、調べるとこれは実在する世界なのだ。そしてそれがサタニズムの実態だ。」(9月18日に思想犯で収監されたエルヴェ・リッセン)

「サタニズムと幼児性愛の世界はすぐには信じかねるおぞましさのものだが調べ始めると証拠は山ほどあり、すべてが一貫している。その氷山の一角が表に現われたのが2016年アメリカのピッザゲート、そして2019年のエプシュティン事件である。」(エルヴェ・リッセン)

「そしてサタニズム/幼児性愛問題は、たんに宗教上の問題でも政治問題でもなく、グローバリズム問題を理解する大切な鍵なのだ。」(エルヴェ・リッセン)

「サタニズムの儀式で生きた赤ん坊が火に投げ込まれることを知った時、私が最初に思い出したのは、ナチスが生きた赤ん坊を火に投げ込んでいたなどと偽証していたエリー・ヴィーゼルだ。これは典型的なユダヤのすり替え論法であると私は2006年の自著で既に指摘していた。」(エルヴェ・リッセン)

「ハリウッド映画は往々にしてナチスがサタニストであるかのような作品をつくるが、実際のサタニストは映画製作者側である。彼ら得意のすり替え手法だ。」(エルヴェ・リッセン)

「ハリウッドを築いたのが東欧やロシアからの移民であると言えば(公言はできない)私の言いたいことはおわかりだろう。そしてそのサタニックな本質は今日まで引き継がれている。」(エルヴェ・リッセン)

「世界陰謀だけを扱っている限りまだ無事だが、この問題に深く立ち入るとたいてい消される(…)そもそも第二次世界大戦やニュルンベルク裁判はこの問題の多くを知りすぎた者を大量抹殺する絶好機だったに違いない。」(エルヴェ・リッセン)





| ニュース  | 01:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コロナマスクで子供の誘拐が増えるでしょうか。


昨夜思いついたこととは・・・

ディズニー、ハロウインに共通するのは”化け”。
他のものになりすますこと。

ディズニーはぬいぐるみを着て子供に近づき誘拐?
ハロウインも元の顔がわからないほどの化粧したり、
派手な衣装を着けて誘拐?

ここで思い出すのがベネチアの仮面舞踏会。
仮面舞踏会600px-Venezia_carnevale_8
私はこの仮面舞踏会が少し怖いのです。

(ユングの言うペルソナは横に置いておいて)

要はこれらは全てマスクですよね。
顔につけるか全体につけるかで要は同じです。

顔を隠し姿形を変えるのは、
普段できないことをするためなのだろうかと考える。

街は相変わらずマスクだらけだけど、
顔がわからなくて困っています。
挨拶されても誰だかわからない。
マスク有る無しで随分と顔が違う。

さてコロナマスクで子供の誘拐が増えるでしょうか。


ニューエイジ、ニュー・ワールド・オーダー、 新生活様式 その3
へいただいたxiangwuさんのコメントです。
書き写しありがとうございます。

この時期は要注意って事ですね

>毎年二月ある宗教の大切な祭日があるが、この日の前後は子供から目を離さないよう忠告する。

この「二月」は4/29~5/1のベルテーン祝祭と、10/31~11/1のハロウィーンの2つの事でしょうか。
日本でのハロウィンはこの10~15年くらいで徐々に浸透してきていると言うか、お菓子メーカーの期間限定菓子やマスコミの報道、仮装イベント等で徐々に刷り込まれて来ている感じですが…。

アイク本のに記述があるので以下引用です。引用部分以外はベルテーン祝祭関連の記述が大半です。

=====================================================

「ハイジャックされた地球を99%の人が知らない(上)」
P487・最終行~P488・9行目

もちろん、ベルテーン祝祭のすべてが邪悪な儀式だというのではないし、それぞれの式典に参加している善良な人びとを批判するつもりもない。彼らは春から夏にかけての月に生まれてくる新しい生命を祝福するために祭りに参加している。ベルテーン祝祭自体、メイポール(祭りで立てられる柱)、炎、豊穣、花などにつながる祝祭で、さまざまな名前と形態で、世界中で何千年も前から行われてきている。けれどもこの祭りは、10月31日から11月1日にかけて行われるハロウィーンと並んで、世界中の悪魔崇拝者が特に重要な血と生贄の儀式を執り行う時期でもあるのだ。
 最近になって、ハロウィーンが、特に子どもに向けて、これまでになく宣伝されている事実に注意してほしい。多くの子どもが幽霊や魔女の扮装をして家々のドアをノックしては「トリック・オア・トリート」の決まり文句を口にしているその裏側で、驚くほどの数の子どもが世界中で生贄にされている。ハロウィーンの宣伝は、悪魔崇拝の真の恐怖をごまかすためにやっていることだ。

| xiangwu | 2020/09/28 20:32 | URL | ≫ EDIT





| ニュース  | 00:36 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

庭で採れたライチ。


数をそんなに食べたわけではないけれど、
今まで食べたライチの中で一番美味しかった。

まゆみ写真IMG_6704



| 未分類 | 00:02 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

母娘を死なせた原子力マフィアの飯塚幸三のWikipediaから功績だけ残し、事故情報が全て削除された


飲酒運転で逮捕された山口さんは、
人身事故を起こしていないのにメディアはこぞって
山口さんを重罪人扱い。
報道が異常なほどに凄かったようですが、
母娘を死なせた原子力マフィアの飯塚幸三
Wikipedia、功績だけ残し、事故情報を全て削除し編集ロック。
ウィキって息子がやってたんでしたっけ?

aaiizuka-1.jpg
【池袋暴走】飯塚幸三さん、Wikipediaに功績だけ残し事故情報を全て削除し編集ロック
ttps://sn-jp.com/archives/12494

///////

亡くなられた奥様は沖縄の方です。
幸せそうな写真ですね。

池袋暴走事故遺族 松永拓也@ma_nariko

池袋暴走事故
遺族の松永拓也です。先日発売された女性自身の記事がネットニュースになり、ご覧頂けるようになりました。本来は前編、中編、後編とあるのですが、これは前編のみです。本日の夜、私のブログにまとめ、全編全てご覧いただけるようにします。

https://twitter.com/livedoornews/status/1254597520077938688
aaEWk5xOuUEAAl8FY.jpg





| ニュース  | 23:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

竹内結子さんは熊本地震の被災地への支援を毎月4年間続けていた。


会う人みんなが竹内さんが自殺するはずないと言ってます。

仕事も家庭も順調で子供を二人残して自殺するでしょうか?
家族団らんの晩ごはんの後に
寝室のクローゼットで自殺するでしょうか?

熊本地震の被災地への支援を毎月4年間も続けていた方人が
自殺するでしょうか?

元監察医の上野正彦さん「自殺の9割は他殺だ」

kazuy1929 はに丸@kazuy1929

竹内結子さんは、2016年に発生した熊本地震の被災地への支援を4年間続けていた。決して少なくはない額が一度も欠かさず毎月振り込まれた。今月も10日に寄付があったという。現地までお忍びで足を運び、被災者と交流した。年賀状もお中元もお歳暮も必ず届いた。

aad3AVsNex.jpg
竹内結子さん、熊本地震被災地へ4年間毎月寄付…今月も10日に振り込まれていた
https://hochi.news/articles/20200928-OHT1T50002.html



<追記>
奇兵隊さんからコメントが入りました。


打撲痕だそうで殺人ですね

片山徹
@_9105294027642
クローゼット内死去した竹内結子の高級マンション。住所東京都渋谷区広尾4丁目1-32、広尾ガーデンフォレストH棟と言われています。第一発見者は夫中林大樹(昨年以降)。前夫歌舞伎俳優中村獅童との間に14才の長男と七ヶ月の次男。遺体に三浦春馬同様の打撲傷があり、自殺の可能性は低い。
https://twitter.com/_9105294027642/status/1310331593601347584

| 奇兵隊 | 2020/09/28 21:40 | URL | ≫ EDIT




| ニュース  | 21:17 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT