| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

テンセグリティだ!


凄い、テンセグリティだ!

ムクドリの大群が巨大な鳥を生み出す
http://www.dailymail.co.uk/news/article-5226483/Murmuration-starlings-took-form-giant-BIRD.html

スペイン、コスタ・ブラバで写真家のダニエル・ビーバー氏によって撮影されたもの
4日間にわたって数千もの鳥を観察して撮られた写真です。

ムクドリの大群の動画はこちらにアップしてあります。
「各部分の動きは全体が決めている。」

2010.06.24 これは凄い!!1
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-16647.html

>『ムクドリたちが群れを崩さず飛んでいる様子を見ていると、こんな考えが浮かんでくる――あの群れは、実際には全体で1つの存在であり、通常の生物学の常識を超えた何らかの法則によって支配されているのではないだろうか、と。

2010年当時はボームの全体運動だと書きましたが
いまならテンセグリティを先に書きます。



| 未分類 | 18:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界初の全方位四面体地図「テトラマ」販売開始


ワークショップ用の非売品教材「テトラマ」が
一般でも買えるようになりました。

子どもたちの芽を摘まないために
小学校の教材でテトラマが使われるといいんですけどね。

(日本の教育はいま最悪だから。
危機的状況をすでに突破しています。)

そして世界から戦争がなくなる。

梶川泰司さんの犬のしっぽブログより

銀河新年 テトラマ(TETRAMA)販売開始

シナジェティクス研究所からオリジナル教材を販売開始
全方位720度の正4面体世界地図
バックミンスター・フラーのダイマクションマップの不連続な海を連続化し、
矩形化した世界初の流体地理学的な投影法に基づく正4面体世界地図。

シナジェティクス研究所オリジナル教材
https://www.tensegrity.jp/

image1「テトラマ」

概念の解説 「全方位720度矩形画像モニタリングシステム」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%96%B9%E4%BD%8D720%E5%BA%A6%E7%9F%A9%E5%BD%A2%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0


One Ocean,One Land,One Sky,One People

一つの海に浮かぶ1つの陸を包む一つの大気圏に
1つの人種しかない人類が存在する環境は
全方位720度のTetrama(テトラマ)に投影できる。
テトラマには、けっして人為的な非対称性としての国境は描かれない。


テトラマの平面充填システムには
Spin twonessとしての動的な2回回対称性のみが保存される。

SYNERGETICS
Fig. 1073.10 Cosmic Inherency:
Four Kinds of Twoness: Spin twoness is additive. Duality twoness (concave-convex) is multiplicative. The spin twoness and duality twoness together comprise a third relationship twoness. The fourth twoness is comprised of the macro-micro (insideness and outsideness) twoness.

f7310.jpg




| 未分類 | 10:50 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

権力を笠に盗人が横行するこの国のアカデメイア


嘘つきは泥棒の始まり 嘘つきは泥棒の始まりとは、平気で嘘をつくようになると、盗みも平気でするようになる。嘘をつくのは悪の道へ入る第一歩であるということ。(ことわざ辞典より)』

泥棒の始まりで終わればいいけれど、
盗んだもので賞なんて取ってしまえば、
味をしめて、嘘をついては盗み、盗んでは嘘をつく、
この繰り返しの人生になるんでしょうね。

むかし鍼の先生がこんなことを言ってました。
不倫などで好きになって、人の旦那さんや奥さん、恋人を盗ると
いつか必ず自分自身の大事なものを失う
』と。

権力を笠に盗人が横行するこの国のアカデメイア。

梶川泰司さんのアイデアを盗んだ慶応の先生、反論もせず、
(もちろん謝罪もせず)盗みを認めているということですね。
大学側も知っているはずなのに何故放置するのだろうかと
考えると、大学側もグルかも知れませんね。

小さな子供ではないから可哀想とは書きませんが、
こんな先生のフェイク授業を受ける学生の未来は無いも同然。

この国の状況を現している出来事。
国の指導者が率先して嘘をつく国。

梶川泰司さんの犬のしっぽブログより
(12月27日のメッセージ1~4まであります。)

犬のしっぽブログ  Yasushi Kajikawa

Think different between the original and the fake.1/4

テトラマ(Tetrama)の地図の投影法の独創性は誰に帰属するのか。

「朝目覚めたらアイデアを思いついていた」
長期の偽装工作で自らをも欺くこの口実で
先行する概念を変革する動機付け(know why)までは偽装できない。

fig001.jpg


Think different between the original and the fake.2/4
Think different between the original and the fake.3/4
Think different between the original and the fake.4/4



| 未分類 | 15:33 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カタカムナ ウタヒ 18首


以前、カタカムナウタヒCDに付録でつけていた私のぶっ飛び解釈です。

//////

カタカムナ ウタヒ 18首

■カム アシキネ アマタマノ ムカヒ アメ オホ トノヂ オホ トノベ アマクニ ムカヒ トコタチ


神であり天の魂であるアシキネ
宇宙の最初の眼に向かう

オホトノヂ、オホトノベ
天の国に向かう

これ トコタチなり


*アメ  「ア」は宇宙の最初の言葉、
      「メ」は眼、
      合わせて、「宇宙の最初の眼」。
      ビッグバンにも考えられるかな。

*神々の間で、世界で、何かの異変が起き、
それを解決するためにそれぞれの役割を持った神が
あわただしく、宇宙の最初の眼、そして天の国に向かう姿がみえます。
「宇宙の最初の眼」のことばが浮かんだ時は
思わず身体が震え、涙が出てしまいました。

またしてもぶっ飛び解釈でした。


2006/08/28


| 未分類 | 16:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カタカムナ ウタヒ 17首


以前、カタカムナウタヒCDに付録でつけていた私のぶっ飛び解釈です。

//////

カタカムナ ウタヒ 17首

■カム ナガラ トヨヒ カミ アマ ウツシ ヤホ トヨノ ユツ イキ フタ ネ フタ ハシ ウキフ
ツミ タカ マカ カヅ ムスヒ ヌシ カタ カムナ マカ ハコ クニ ノ ヒトツ カタ ツミ


神のままに生きることの神秘

それは
神と天をこの身に映すこと
自然の豊かなるゆっくりとした息をすること

この二つが根となり、神との架け橋になる
これが浮き上がり、沸き立ち、ミとなる
この二つは尊き数である

カタカムナの王であるムスヒヌシは
真の神国である国の型のひとつをDNAに刻み込んだ


DNAの二重螺旋が空に舞い上がっていくかのような
二つが結ばれ、昇華しいていくような、
神ながらに生きることの美しさがみえます。

そして、神ながらに生きることの神秘は
本来は全ての人間のDNAに記されている。
そんな神の優しさを感じます。


ユツ イキ→ゆっくりとした息

         人間は本来ひと息ごとに生まれ変わるもの。
         ひと息前の私と今この瞬間の私はすでに違う。
         ひと息前の私は過去の私である、別の私である。
         それは、
         過去のイメージで他者をみてはいけないということ。
         今この瞬間を大切に生きなさい、
         瞬間、瞬間を生きなさい、ということ。
         そのことを、ゆっくりとした息をすることにより
         ダイレクトに感じることが出来る、思い出すことが出来る。
     
DNAの二重螺旋→神ながらに生きることの大切さ、美しさを表していると同時に
             DNAが正しく働き、正しい身体が造られる。
             それは、宇宙にとっても神にとっても良きことである。

私はそう思います。

2006/08/25






| 未分類 | 00:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT