| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

10月30日の朝の夢(2017年)


知り合いのY弁護士が
2017年のことをチャネリング詩で訊いて欲しいという。
Y弁護士はそんなことをいう人では決してないし、
チャネリング詩自体読むはずもないのに
わざわざ夢に出てきてそんなことを言うので
「2017年とは何ですか」をアップしておきます。

「2017年とは何ですか」
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-16856.html




| 夢/夢日記 | 12:58 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月20日の夢(核戦争を思わせる光)


まだ暗い時間帯の夢。
朝の夢と書く時は明るくなってからの夢です。

//////

真っ暗な夜、
室内には私を含め3人がいた。

突然昼間のようなそれ以上の光が闇に出現。
驚いて3人は顔を見合わせるけど、
誰も言葉を発しない。
核戦争かと思い、しばらくじっとしていたら
近所の人が外に出はじめたので大丈夫かと思い、
それでも今まで見た夢で一番怖い夢だと思い、
夢から出た。

///////

子供のころからなんでも良いように考える達なので
これを良い方に考えるとこうなります。

内なる光じゃなく外側の光として
考えられないだろうか。

次に公開予定のチャネリング詩が
昨日公開したものに続き不気味な内容となっています。




| 夢/夢日記 | 11:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月16日の朝の夢(身体中から音が鳴る)


飛行機ではないけれど
飛行機の座席のような並べ方で
椅子が並んでいて人が座っている。

通路を通り、知り合いに声をかけたら
そばに欧米人らしき男性が座っていて
隣に座るように半ば強引に言われた。

その男性は私の左側の鎖骨に触れ、
「若いっていいな」と感慨深げに言ったので
「私は年を取ってますよ」と言い返した。
でも男性は微笑んだだけ。

席から立ち、
その男性から体を密着するように指示される。
誰かに誤解されないだろうかの
気持ちがよぎったけれど、
そんな気持ちもすぐ消えた。

向かい合って体をそっと密着させると身体中から音が鳴る。
ぼきぼきというような小さな連続音が超スピードで
身体中から聞こえる。

関節が鳴るような、言葉として「ぼきぼき」が浮かんだ。

そばにいる人たちにこの音は聞こえているのだろうか?
周囲の人の反応がないところをみると
聞こえてないのかもしれない。

離れると音が消える。

密着させると身体中から超スピードで音が鳴る。

離れると音が消える。

これを何度か繰り返した。

毎回、全身から音がするけど、
場所は微妙に変化している。

凄いことを体験しているに違いないことはわかるけど、
全く初めてのことだったので、
何が起きているのか、皆目見当もつかない。

以上、こんな夢でした。

その後の夢は
これから色んな人と出会うんだろうなと思う内容でした。

夢から出て半日この夢の体験を考えました。
あの音をどうやって表現しようか、
あの音は何だろうかと、
何度も何度も考えたけれどわかりません。

連続する音で例えば、爆竹とか、
油が跳ね返る音とかも考えたのですが、
破裂や跳ねる音ではないから違うんです。



| 夢/夢日記 | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月14日の朝の夢(動物に乗って綺麗な川を渡る)


友達のいる場所へ行くために
キリンのような背の高い動物の背中に乗っている私。

目の前に綺麗な川が出て来た。
(左に向かって渡らなきゃいけない)
どうするかと思うと私を乗せたまた飛び越えた。
どう考えても飛び越えることはできない距離。
それを難なく飛び越えた。
とても美しいジャンプ力。

次にまた綺麗な川が出て来た。
今度は川幅が随分とあるから、
これはさすがに飛び越えることはできない。
(右に向かって渡らなきゃいけない)

私を乗せたまま川に入る。
川底まで透き通ったとても綺麗な水。
だんだん深くなる。
私も一緒に水に沈みそうな深さ。

川から出る時、その動物は
川岸に生えている太めのツタのようなものをくわえ、
それをロープの代わりにして岸に上がる。
上がるとそのツタのようなものの根っこを噛み、
本体から切り離す。

動物の仕草の美しさに感動して夢から一旦出た。
感動が大きいと夢から出る癖があります。

なぜ本体から切り離したのだろうか。
少し夢のことを考え、
続きを見ようと思ったら見れなくなった。


以前も書いたように
水は霊界を表すという説があります。


| 夢/夢日記 | 22:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢メモ


地震だといけないのでメモしておきます。

朝方の夢で友達が訳のわからないことを言ってた。

「宮古島へ行かなければいけないけど…」
(要は行けない)
「僕のおじいちゃんのお墓と彼女のおじいちゃんのお墓と…」
(お二人のお墓は長野県と・・・)

空を見上げると丸い輪の雲がたくさん出ていた。
他の模様も。

| 夢/夢日記 | 12:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢メモ


地震か津波か。


| 夢/夢日記 | 11:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢メモ


今日も出先なので簡単に投稿。

国内か海外かわからないけど、
車高の高いバスの屋上に私はいる。
非常に高くて当然、日常では見たことはない。

緩いカーブを過ぎた時点で
緊急地震速報でもない何かがあって
昨日の台湾の夢の地震が早速やってきたと思った。

バスは揺れを回避するために
斜面に倒れ込むように車体を預ける。

次の大きな揺れを考えて。
車内に移動したほうが安全と考え
移動を始める。

バスの足元がSF映画で見るような
なんか訳の分からない様相。

巨大なブラシ?

それに目を奪われているうちに場面が変わる

| 夢/夢日記 | 15:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢メモ


朝からずっと外に出ているので
また後で書きます。

今朝、台湾にいました。
台湾で地震かもしれない。

その後、博士の夢。

どちらもメッセージの内容が濃くて
まだ引きずっている。

| 夢/夢日記 | 18:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雲をまとったマザーシップ


雲は見えないものを具現化して
私たちに見せてくれている。

モスクワの空にマザーシップのような雲が姿を現わす
https://twitter.com/Strange_Sounds/status/1026212085443817478
aaDj3WcZtXoAA-2nO.jpg
aaDj3WcaFW0AA6D6G.jpg
最近、マザーシップのようなレンズ雲が
世界各地で見られるようになりましたね。
(モスクワの雲はレンズ雲とはまた違う感じがしますが)

というよりも

固い物体としてのUFOよりも
雲のUFOのほうが理解しやすいと思いませんか。

だって何万光年の彼方からUFOがやってくるなら
当然、地球とは振動数が違うはずだから
私たちの目には見えないと思うんです。
だから雲を身にまとってるんじゃないかな。

それを元に考えるなら
UFOの目撃者の数が限られているというのが納得できます。
だって振動数が違うから全ての人には見えないでしょ?

だから誰でも見れるUFOは地球製と考えた方がいい。

私が夢で体験した空を覆い尽くすUFOも
雲でできているように見えました。
過去記事の再掲です。

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-878.html

b0086362_1541157.jpg
(ノートの一番下の黒いものは私と男性二人)

1996年4月3日(水)

空一面のU・F・O
圧倒されんばかりの美しさ

私はこの場所へ来るのに
見知らぬ男性のバイクの後部座席に乗せられてきた
もうひとりは乗用車で後からついて来る
最初から二人だと私が警戒して
一緒に行動しないので別々に登場してきたよう

以前に
U・F・Oを見たときは
人に言ってはいけないと忠告されていたので
そばにいる二人の男性に言えず
ひとりで感動している
感動のあまり
目を手で押さえる

*純白の雲で出来たようなU・F・Oだった。


b0086362_15413688_201808061420022b3.jpg
(下の黒いものは私)

空に巨大な目が二つ

言葉で表現できない
もちろん
かつて一度もみたことのない
吸い込まれそうな
巨大な目が
開いたり、閉じたりしている

空に浮いてるのではなくて
宇宙の重心にまで
つながっているという感じ(トンネルのよう)
とにかく想像を絶する目だけれど恐怖ではない




| 夢/夢日記 | 15:02 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢メモ


同じ現象が海の波のように
繰り返しおこる原因を
教えてもらったんですが
忘れてしまった。

夢は覚えるほうなのに
なぜか原理的な夢は忘れることが多い。

夢と同時進行で
ブログでどうやって書こうかと考えるから
意識がそっちに集中するからだろうか。

自分で考えろというメッセージなんだろうか。

それとも原理を知った時に
その感動に心を奪われるから
忘れてしまうんだろうか。





| 夢/夢日記 | 13:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT