| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

2018/01/18 (木) 今朝の夢


「全方位720°のテトラマ」のことが頭にあったからか
寝ている時間帯(半分覚醒している)に
『全方位720°』の文字が繰り返し流れて、
途中で起きてまた横になった時に映像がみえた。
(マウス画だから上手く描けてなくてごめんなさい)
マウス画
暗闇の中心に四角いものがあって
その周囲にまた四角い枠があって
その隙間から強烈な光が射していた。

10年以上前に光の窓の夢をみたことがあるけれど
ちょっとそれを思い出した。

その後、いくつも夢を見て
明るくなってから集団自殺の夢をみた。
火は見えないけどどうやらこれから焼身自殺をするらしい。
5人くらいの大人が床にうつぶせで寝ている。
足は私のほうに向いている。

左端の高校生くらいの少年が
怖くてたまらなくなって集団から離れようとする。
すると右隣にいた高校生くらいの少女が
少年の服を思いっきり引っ張って集団に戻そうとするけど
少年は振り切って集団から抜け出す。
そのまま床に転がっている。

どうやら二人は恋人同氏みたいで
女の子も集団から離れようとする。

すると右隣の人が
少女の体を引っ張って集団に戻そうとするけど
少女は振り切って集団から抜け出す。

少年と少女は床に転がったまま抱き合っていた。

この夢で不思議だったのは誰の顔もみれなかったこと。

| 夢・夢日記 | 19:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018/01/02 (火)  夢


今朝の夢の後半部分だけ書きます。

いつものようにマウスで描いたので
上手く描けてないけれど何とか伝わるかな。

///////

見知らぬ男性が、
水が流れ出る蛇口の下に手のひらを差し出した。
みるとミニトマトが包まれている。
マウス画
私が洗いましょうかというと大丈夫の返事。

返事と同時に別の手が差し出された。
手のひらには大きなトマトが載っている。
トマトの中に緑色をしたミニトマトが埋め込まれている。
マウス画
こうやって食べると青いトマトも美味しく食べれるらしい。

それよりどうすればこんなふうにミニトマトを埋め込むことができるのが
それが最大の謎だった。

緑色のミニトマトと赤い大きなトマトはまったく別のものなのに
一体化している。

夢から半分出てもそのことばかり考えていた。

テンセグリティのことをよく考えているから
これはきっとテンセグリティに関連することなんだと思った。


<追伸>
黒潮の大蛇行とテンセグリティと地震ではこんな絵を描いている。
マウス画


| 夢・夢日記 | 21:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017/12/12 (火) 今朝の夢


高さ5メートルくらいだろうか
数人が見ている前で一気にその高さまで上昇し
手足を少し広げてホバリングのようなことをして楽しんだ。
下にいるみんなは私を見上げている。

こんな日はは気分がいい。
体も軽い。




| 夢・夢日記 | 18:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

27日の朝方の霊的な夢


頭上に映像なのか本物なのか
見分けのつかない数種類の像がくっきりと顕れる。

「さすが首里だ、首里の空だ」と口に出すわたし。

/////

次の外国人の男性が出てくるシーンは飛ばして…

/////

次に畳のある部屋にいる。

4人だったか6人だったかよく思い出せないけれど
同人数同士が机に向かい合って座っている。

1人は高齢者の女性。
後はすべて男性。

全員で何やら話しているけど会話は聞こえない。

私は彼らの斜め左後方にいる。

女性は細い短冊のような形をした白い紙きれを
顔中に貼り付け、下を向いている。

顔中に紙が貼られているので女性の顔立ちや様子はわからない。

しばらくしても私が居ることに
誰も気づく様子がないので声を発してみた。

「みえる、みえる。・・」

すると
全員が驚いたように私の居る方向をみる。
女性も顔を少し上げ私のほうを向く。

その後、みえたまんまを口に出して伝えた。

(左上に縦長の枠が横一列に並んでいて
それぞれ内容の違う言葉が漢字で書かれてある。
札ではなく埋め込んである。
右下には丸い形をした文様がいくつかあった。)

言葉の終了と共に
女性の背後に私が見たものがそっくりそのまま現実化して現れる。
現実化したほうが大きくくっきりとしていた。

/////

次にまた場面が変わって

左の方向から男性が歩いてくる。
ちょっとカッコいい人。

建物を覆うように色んな服がたくさん展示されている店舗の
道路側の階段から男性は2階に上がっていった。
(階段は店舗の右端)

上って行く後ろ姿をみるとワンピースだった。
正面と背後で変わる服。

道路から離れた一階の左の隅から
吊るされた服をかき分けるようにして
奇抜めのファッションをした男女が出てきた。

これまた顔が見えない。
色んな形の布や飾りで覆われ二人の顔は見えない。


| 夢・夢日記 | 15:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

26日の朝方の夢


進行方向から羊が二匹歩いてくる。

向かって左がオス。
右がメス。

メスが心持ち先を歩いている。

オスはメスが愛おしくて仕方ないらしく
メスの顔にほおずりを繰り返す。

メスはそれが嫌みたいでその都度、顔をそむける。

すれ違う時に二匹をみたら
なんと同体だった。

体は一つだけど頭部が二つある。
オスの頭部が少し上に位置している。

二卵双生児が同体になったのだろうか。

オスとメスが両想いならいいけれど
これは悲惨。

後味の悪い夢の体験。


| 夢・夢日記 | 14:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT