| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

超巨大地震雲の夢


急用の案件で台湾へ出かけなくてはいけなくなり
タクシーに飛び乗る。

ふと空を見ると全天を埋め尽くす超巨大な地震雲が出ている。
過去に体験したことのない大きさだ。

これを告知しなくてはいけないという想いと
一刻も早く台湾へ行かなくてはいけないという想いが交差する。

空港へ着いたころに
そういえば中国語ができないのに
相手の会社に電話でどううやって伝えればいいのか、
会社に着いてどうやって伝えればいいのか。

そう考えると台湾へ行っても仕方ないので
取りやめにする。

///////

こんな夢でした。

外出から戻って地震雲の絵を描いてアップする予定。

<追記>

マウスだから上手く描けないけど全体はこんな形。

空の両端から風船を膨らましたような形。
風船より少しカーブがある。



| 夢・夢日記 | 14:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017/03/07 (火) 今朝の夢(わたしはヒーラーだから)



ベッドが二つ並んでいる。
手前が頭部。

向かって右側のベッドにタレントの杉本彩さん。

左側のベッドの右端(青色)がわたし。
真ん中の緑色は鍼灸師の友だち。
左端の茶色は翁長知事。

杉本さんが体を左下にして横たわる。

私は右下を下にして横たわり、
杉本さんと向かい合うような位置になった。

わたしと目があった瞬間、杉本さんは号泣する。
彼女のくしゃくしゃになった顔が大きくズームアップされる。

もう一人の私が私の目をみると…
わたしはぱっちりと目を大きく見開いている。
わたしはとても大きな目をしていた。

「わたしはヒーラーだから」と二回、背後の二人に言う。
「翁長さんもヒーラーとしての力がありますよ」というと
翁長さんは微笑みながら驚いていた。

杉本さんはうつぶせ寝が好きみたいでした。

こんな夢でした。

テレビもみないし、杉本さんの写真をネットでみかけたわけでもないのに
なぜ彼女が夢に出てきたのかを考えると
実際に夢で治療をしたのかも知れません。

翁長さんと私の間に鍼灸師の友だちが横たわっていたことで考えると
この夢の内容は霊的であり、沖縄との縁に関するメッセージだと受け取りました。
翁長さんとも縁があるのかも知れません。

控えめにいっても私はヒーラーとしての力はあると思っています。
そのこころの声(無意識の声)がはっきりと主張したのでしょう。

15年以上入退院を繰り返していた分裂症の男性も完治させたし
こころを病んで沖縄に戻ってきた女性の家族から依頼された
女性も完治させました。
二人とも問題なく社会生活を送っています。
見違えるような変化です。

書き出したらきりがありませんが
人助けが好きな私には向いていると思う。

ヒーラーの仕事を勧められることはあっても
調子悪い人の気を受けてしまうことと、
お金をとっていいものかを考えると
仕事として踏み出せないものがあり、
こうやって今に至っています。

だけど今朝の夢があまりにも鮮明だったので、
私への強いメッセージと考え、やってみようかと思います。

一日一組ならできるかなと
来年をめどにやろうとほぼ決心をしました。

今年は動けない年だし
準備期間を含めて来年がいいかなと。

<追伸>
夢の私はいつも強くて迫力ある。(笑



| 夢・夢日記 | 13:39 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年2月11日:夢日記(津波?琉球国にロケット?)


記事をジャンル分けしたのは2015年10月からなので、
それ以前の記事はすべて未分類に入っています。


絵はいつものようにマウスで描きました。

今朝の夢ふたつ

海沿いの新しいタイプの靴屋さんは
一階の店内に海水を入れる設計になっている。

水の深さはくるぶしより少し上くらい。
棚に履物が並べてあって床は海水で満たされている。
光は明るくてきれい。

ビーチサンダル的なものなら
浅い海を歩く気分で履物を選べる。
という設定らしい。

夢の中では斬新だと思ったけれど
夢から出れば履物によっては塩水はまずいんじゃないか。

更に考えて津波の夢なのか。

一度起きて次の夢。

私は赤の×印あたりの建物にいる。
建物は現代の建物で私は2017年2月11日の時間に居る。
外は過去の琉球国時代。
現代のわたしから過去の琉球をみていた。

マウス画 夢日記

下の国から山の上の琉球国にロケットのようなものが打ち上げられた。

マウス画 夢日記

色は紫色で素材は布っぽい。
短冊状の形をしたもので覆われている。
真ん中あたりに隙間があって中が少しみえる。
ここが動力源なのかしらと思ったりする。

言いたいこと(文句?交渉事?)があるときは
このロケット状のものを打ち上げるらしい。

打ち上げたものはほぼ間違いなく目的地に着くらしい。

さすが琉球と大感動する。

(下の国の存在がわからない)

//////

マウス画で描くとロケット状のものがナスにみえる。(笑

二つの夢に共通するのは
夢では起きていることを深く理解しているんだけど
夢から出ると理解しづらくなる。

どちらもきれいな夢だったので、悪いことが起きませんように。



| 夢・夢日記 | 14:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二人で空を飛ぶ


数日前のこと

夢で初めて二人で空を飛ぶ。
一人は数えきれないほど飛んだけれど、二人は初めて。

空を飛ぶときは地上を見下ろすのに
二人だったからか逆だった。

わたしは地球を背にし仰向け状態で、顔は宇宙に向かっていた。

太陽の光がまぶしく
あまりにもまぶしいので
寝ている部屋に光が射し込んでいるのではないかと思い
夢から出て部屋を見たけれど夜だった。

そのまましばらく起きて考えた。

6日の「言葉にできない体験」の続きかも知れない。

私は何をさせられているのだろう。


| 夢・夢日記 | 17:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017/01/06 (金)


朝方かなり長い時間、言葉にできない体験をした。

夢ではなくほとんど起きている状態で
生物学的にありえない状態を
私と見知らぬ相方2人で次々と創造していきました。

体験の衝撃が大きく
まだその世界から完全には抜け出せない。
いつもの状態にまだ完全に戻れていないので
きょうはニュース記事はお休みにします。

こういう体験をできる私が好きです。


| 夢・夢日記 | 22:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT