| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

テンセグリティの日々




「全方位720°のテトラマ」のことを考えていたときに体験した
夢じゃない夢に出てきた「光の窓」の話を覚えていますか?

昨日の梶川泰司さんのメッセージ「科学的な窓」を読んで
「光の窓」はこの「科学的な窓」なんじゃないかと思った。
そうだとしたらとても嬉しい。

科学的な窓

科学的な出来事は、純粋さ故に、発明とは異なって、絶対的であり改変できない。
科学的な出来事は、唯一の現実を露わにするために、
無知や虚構で固めた壁に開口した最初は小さな窓なのである。

その窓から差し込む風と光が遮られるまえに
次の新たな窓を探査するのも科学である。



//////

ムクドリの墜落のニュースを知った時
真っ先にテンセグリティの張力材の破断を考えました。

ムクドリが集団で形を作る過程で墜落したのか
単なる移動中に墜落したのかわからないけど、
形を作る過程で墜落したとしても
全体(運動)としては変化がおきない。
修復されるはず。

それがテンセグリティだから。
生命の自己修復と同じだから。

集団のムクドリの自己修復をみてみたいと思った。

ムクドリの墜落について
テンセグリティの神秘について
想像・思考を深めることができることが
最近の「犬のしっぽブログ」にいくつも書かれている。

犬のしっぽブログより二つアップしておきます。

破断実験

テンセグリティは、
その張力材が部分的に破断しても
動揺するのではなく、
振動数の調整によって、新たな秩序に組み替える。

自然は、自らの決定にけっして動揺しない。
膨大な秩序によって、自然には破断がない。

破断実験は人間の想像力の限界から絶えず繰り返される。


机上のテンセグリティ

テンセグリティにおいて、まったく静的な状態は存在しない。
識別できない、または認識できないほどの秩序が物質化されている。
シナジー作用は、つねに動的で不可視であるが、それ故に、
落下できない、あるいは落下させない机上のテンセグリティは
例外的な人工物である。
宇宙の原理は、どんな美的な対象化からも
素速くすり抜けるだろう。




| 日記 | 15:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ムクドリは人類に何かを伝えようとしている。


共時性が続きます。

1月29日 米ユタ州ドレーパーの空から
2百羽以上のstarlings(ムクドリ)が落ちてきた。
目撃した人によると木の葉のように落ちてきたそうです。

starユタ州ドレーパー

ローマの空でも数百羽のムクドリが落ちてきた。
hundreds_of_birds_drop_from_thローマの空でも
hundreds_of_birds_drローマの死んだstarlings
死んだ鳥の早期検査では毒あるいは病気が除外された。
鳥を保護する病院のフランチェスカ・マンチア氏はこう語ります。

「彼らは健全であるが、外傷や傷ついた骨に悩まされていることがわかりました。お互いに、あるいはケーブルで、衝突することに関連するでしょう」

同じ樹木に向かう数が異常に多いと衝突につながる可能性があることと
もう一つの原因は捕食者による攻撃であり、
その間にパニックを引き起こす可能性があるとのこと。

電磁波ビームのようなものを想いました。

新しいムクドリの動画です。
youtubeにはたくさんアップされているけど
今回はこの二つを選びました。
思わず声が出るシーンがありました。
是非みてください。

Elbow - Starlings
https://www.youtube.com/watch?v=KGegmMWsgu8

Unbelievable Starlings
https://www.youtube.com/watch?v=DmO4Ellgmd0

写している場所、位置、距離によって見え方ががらっと変わってくる。
ムクドリの動画は人類に何かを伝えようとしている。

更に共時性が続きます。

数日前に読んだ科学系の本に
ムクドリとは書いていなかったけれど
集団の魚が一瞬で向きを変えることを共時性とありました。
これについてはこれから考えます。


| 日記 | 12:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まだまだ思考途中、ムクドリでテンセグリティを考える


前回はスペインのムクドリ">スペインのムクドリ。
ムクドリの大群が巨大な鳥を生み出す

今度はイスラエル。
写真はロイターより

プラズマが作り出す形態に良く似ている。
DTsdCDiW4AU-iYN.jpg

reutersmedia.jpg

reutersmedia3.jpg

reutersmedia4.jpg

reutersmedi5.jpg
最後は巨大な鳥になりつつある。

人間も神も出来そこない?」で
丸くないのは出来そこないじゃないかと考えたけれど
ムクドリがみせてくれる形態の変化をみてたら
また色々空想できる。

変化するシステムそのものがテンセグリティ。
変化だけじゃなく保持するのもテンセグリティ。

ムクドリに当て字をすると
無垢鳥」になる。

私たちに「無垢で在れ」と言ってるのかもしれない。


| 日記 | 23:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

整理する


膨大な過去記事を少しづつジャンル分けしていく。
私の記事はごっちゃ混ぜだからジャンル分けが難しい。
分けれないのはそのまま未分類にしておこう。

| 日記 | 15:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つぶやき


幽界(ネット)から現界への干渉が強すぎる。

| 日記 | 16:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT