| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

目撃者であること


1995年の夢日記の再掲です。

夢日記 1995年4月30日(日)

夢日記 1995年4月30日(日)
夢日記 1995年4月30日(日)

空一面に巨大な網が張り巡らしてあって
数え切れないほど多くの人間の顔が網にかかっている
私ともう一人でそれを見上げている
(絵の一番下に立っているのが私)


空一面の巨大な網は電磁波の網であり
情報の網であり
霊界を現す何かでもある。

////////

一昨日の夜、凄いものみてしまった。

菅野完‏劇場のリアルタイム体験と名付けよう。

菅野さんの評判のこともちらっとは知っているけれど
目の前で起きている出来事をスルーするのは馬鹿げている。
内容が事実であれ嘘であれ、目の前で起きている現象は事実。

本当のことを知りたい、真実を知りたいと言いながら
目の前で起きている格好の素材を見逃す手はない。

事実をあばきだすことであれ、ねつ造することであれ
それを目の前にありありと見せてくれたのが一昨日の出来事。

世界が作られる過程の目撃者になれるのに
それから目をそらすのはもったいない。

嘘で塗り固めれた世界から真実を見出すのは個人の目。

昨日のあなたときょうのあなたは違う。
数分前のあたたとも違う。

同じように他者も違う。

変わらないのはあなたの目。

色眼鏡を外してごらん。

生まれたての赤ちゃんのように
まっさらな目で、透明な目で
目の前で起きていることをみてごらん。

赤ちゃんは目の前で起きることをジャッジしない。

神から与えられた目の前の贈りものは
きれいなこととは限らない。

きれいも汚いも神には存在しない。

私たちにできることは、課せられていることは、
まっさらな目の目撃者であることだ。


///////

菅野さん本人が違うと言ってるように彼はジャーナリストではない。
一昨日の菅野完‏劇場には報道各社が集まったけれど
私の知っているジャーナリズムとは違う。
少し悲しくもあったけれど、ある意味仕方のない事。

311以降、世界を巻き込んで日本は一変した。
ジャーナリズムも一変した。

これだけネットが浸透した世界では
なじみのある過去が良かったとか、そういう問題では語れなくなった。

ネットを使えば誰でもジャーナリストもどきになれる。
中継をつかえば、誰でも同時に世界に配信できる。
(即席評論家も異常に増えた。)

エジプトをはじめ嘘の革命はこれで広がった。

情報の波が次から次へとやってきて
時には洪水や津波に襲われる。

私たちは大海に浮かぶ木の葉のように揺れ動く。

以前から言っているように、情報は鍛錬です。

情報の津波から逃れるにはそこから離れるか
上手くサーフィンするしかない。

すべての情報から遮断された場所に住むか
騒々しい世界の中に居ながら静けさに在ることができるかだけど
どちらも難しい。

情報の海を泳ぎ切るのは結局は
直感と自分の頭で考えること。
いつだってここに帰結する。

自分の頭で考えているようでも
実は他者の頭で考えていることはないだろうか。

そのことを常に忘れないようにしたい。


| 日記 | 14:43 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

簡単で美味しいヴェトナムチャーハン


きょうのランチは久しぶりにヴェトナムチャーハン。

超簡単な割には美味しいのでお勧めです。



★材料1人分適当

ごはん(玄米でも白米でも分つき米でもOK) 1カップ
干しエビ 大さじ1~2
ニンニク 1かけ
油(私は今日は白いごま油使用)
ニョクマム(なければナンプラー 私はナンプラー使用)
一味唐辛子
香菜

★作り方

干しエビは水でもどして細かくきざみます。
(わたしは今日はお湯で戻しました。)
ニンニクもみじん切り。

中華鍋(もちろんフライパンでもOK)に油を入れて
ニンニクと干しエビを炒めます。
適当なところでご飯を入れ、更に炒めます。
ニョクマムで味付けして、一味唐辛子を振る。
火を止めてから荒く刻んだ香菜を入れて出来上がり。

わたしはパクチーが好きじゃないので
彩りで野菜を乗せただけなので味には関係なし。





| 日記 | 14:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

籠池と鴻池。「かごめかごめ」で大鳥が出てくるか。


森友学園「報告書は捏造」 鴻池氏会見には「嫌悪感」
http://www.asahi.com/articles/ASK33621YK33PTIL02L.html

どっちもどっちの役者が揃って。

鴻池元防災担当相って日本会議の幹部(変換で二度も患部)なんですね。

籠池と鴻池。
一字違いで見た目も似ている。

籠はカゴ。
鴻は鳥。

かごととりといえば「かごめかごめ」ね。

かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?

籠の中の鳥が出てきて、
しっちゃかめっちゃか状態というところでしょうか。

ついこの前、籠目の形、六芒星を考えていたところだったんですよ。
六芒星も面白いけれど、籠目というよりも囲むとか屈むとかって感じかな。
三つ巴もありかな。

1024px-Basket_to_carry_on_its_back,Shoi-kago,Katori-city,Japan

籠といえば山の民。
山の民といえば、サンカ。
サンカといえば、虐げられたエミシ。

////////

鴻とは水鳥の一つ。大形の水鳥。おおとり。

鴻 コウ

 [音]コウ(漢) [訓]ひしくい おおとり
1 鳥の名。オオハクチョウ。「鴻鵠(こうこく)・鴻毛」
2 鳥の名。ヒシクイ。ガンの一種。「鴻雁(こうがん)」
3 大きい。「鴻恩・鴻基・鴻業・鴻儒」


大鳥が出てくると面白い。




| 日記 | 22:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界の見え方の一例


これは凄いな。
すべて影なんですね。
世界の見え方の勉強になりますね。

Luke0629

ナショジオの不思議なベストピクチャー。ただの砂漠のラクダか思いきや、このラクダの群れは影。拡大してみるとわかるけれど、ラクダの実体は、影の足元の白い部分。

C4bN5OhUYAAoRaqナショジオの



溶岩が流れ落ちているようにみえますね。
夕陽によって水が火に変態する。

Oguchi T/小口 高

カリフォルニア州のヨセミテ国立公園でみられた、夕日が細長い滝の部分だけを照らす「炎の滝」と呼ばれる現象の写真。 http://bit.ly/2lcwB5U 日光の条件は10月と2月に満たされるが、前者は水がないため、2月のみに発生。地元の Nikhil Shahi 氏が撮影。

C40g9ZvUMAAZzzD「炎の滝」





| 日記 | 15:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

抗核抗体とキャッツクロー




何処へ引っ越そうが事前に探すのが鍼灸と歯医者。

諏訪に居るときにも鍼灸師を探したけれど、なかなかみつからなかった。
思案して行きついたのが、そうだ、漢方だ!
ちょうど漢方にも興味が出てきたころだったので、
漢方医を探したらすぐみつかった。

優しくてなんでも話せる先生で、初対面から診療に関係ない話まで色々した。
(行くたびに毎回お喋りする。)

そこで人生2度目の血液検査なるものを受けました。
(はじめて受けたときは耳下腺が腫れたとき。)
太りたかったし実験も兼ねて漢方を処方してもらいました。
それが2010年12月。

人間ドックも全くの未経験だし
血液検査のことはまったくわからないけれど
先生が血液検査が好きらしいということはわかった。

抗核抗体の数値が1280倍と言われた。
抗核抗体なんてはじめて聞く名前。

他はまったく異常なし。
アミラーゼが少し高いけれどこれは耳下腺ということがわかってる。
(子どものころからよく耳のリンパを腫らしていたので)

先生が心配してその後他の血液検査を受けることに。
あーでもない、こーでもないで特に異常なし。

漢方で食欲が出て一か月で500gくらい太りました。
喜んだのもつかの間、胃腸風邪になったら
漢方を飲む気がしなくなって漢方を中止。
その後は思いついたときにたまに飲むくらい。
沖縄に越してからは飲んでいません。
この漢方で抗核抗体の数値が下がることもあるそうです。
以前シューグレン症の患者さんの数値が正常になったとか。
シューグレン症も初めて知った名前。

抗核抗体を心配する先生の勧めで松本に越してからも
定期的に血液検査を受けることになったものの
はじめは興味があった血液検査もだんだん面倒になりはじめだした
そんなあるとき、「肝臓の数値が高くなってるよ」と心配そうに言われた。
心配性の先生だから私より先生が心配される。

原因は赤ワインだと言われた。
そのころ、食欲増進のためにと夜ごはんのときに
50CCほどの赤ワインを飲んでいたんです。
そんな少ない量でも肝臓に異変が出るんですかと聞いたら、即効で出るの返事。
赤ワインと女性の組み合わせは特に出やすいと。
止めたら数値は元に戻ったので、赤ワインだったんでしょうね。

でも肝臓の数値が高いと言われたときに
知り合いの松本の鍼灸師に診てもらったら
肝臓は異常なしと言われた。

血液検査の数値が異常でも体は異常なしってことです。
私は血液検査より鍼灸のほうを信じます。

//////

患者さんで肝臓の数値が毎回高い方がいて、原因がわからなくて
あるとき先生が緑茶じゃないかと閃いたそうなんです。
その患者さんはお茶の先生で毎日結構な量の緑茶を飲まれるそうで
それで緑茶を飲むのをやめさせたら数値が一気に下がったそうなんです。

緑茶は体に良いと言われているけれど
飲み過ぎは良くないということなんでしょう。
緑茶はカフェインが多いことと苦みがあること。

アーユルヴェーダ的でいえば
苦みが合わないのがヴァータ、合うのがピッタ。

//////

抗核抗体の数値は依然変わらず1280倍。
抗核抗体はすぐ下がるものではないそうなんです。

ついでに甲状腺の抗核抗体を調べてもらったらこれも高め。
ホルモンは正常。

結局、抗核抗体は気にしないことにした。

体も心もたえず変化するのに血液検査を一々気にしてたら
ストレスになるので定期的な血液検査を止めました

一年に一度か数年に一度。
あるいは気になった時に受ければいいんじゃないかと。

漢方の先生と出会って漢方に更に興味が出たことと
血液検査もほどほどにしなさいということを学べたのは良かった。

一年に一度くらいは血液検査をすることにして
沖縄に越すのでお別れの挨拶をした。

////////

沖縄に戻る前に事前に漢方クリニックと鍼灸を調べて
去年2年ぶりに漢方クリニックで血液検査を受けました。

なんと抗核抗体が半分以下の506に下がっていたんです。

先生とも話したんですが、思い当るのはキャッツクローしかない。
キャッツクローを本格的に飲み出したのは2013年。
(資料用に先生にキャッツクローの樹皮をひとつプレゼント。(笑)

キャッツクローといえば免疫力増強。
他と違うのは免疫機能の微妙なバランスを調整してくれるんです。
だから「黄金のさじ加減」とか「神様のさじ加減」とか呼ばれています。
ちょうど良い加減にしてくれるのがキャッツクローの特徴。

かといって病気でもないのに
キャッツクロー茶をがぶがぶ飲むのも良くないので
ほどほどにして飲んでいます。

ここのクリニックの先生も優しくてなんでも話ができる先生で
私は良い先生にあたる確率が非常に高い。

追伸
赤ワインが駄目と言われても気にしてたらストレスになるので
会食の時は飲んでいます。

抗核抗体に興味が出たときに調べたら
やはり漢方で抗核抗体が正常値になるとわかって
改めて漢方の凄さを認識した。

膠原病は存在しないと、
アレルギーの一種と考える医師も居るようですよ。



| 日記 | 13:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT