| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

大昔のらくがき


このらくがき、Sが欲しいというのであげたら後に
やっぱり僕が持っていてはいけないから返すといって戻ってきたもの。

8c0870ad48c7c32ad43b5cc42cfe79cd2cd5dd70.jpg


| 日記 | 13:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ときどき透明人間になる


まゆみ絵

一昨日、買い物し終わってお茶してた時に
久しぶりに神聖な体験をした。

その場に居る人全員が神聖にみえる例の体験。

静かで美しい世界。

別の世界からみているような感覚だから
私はその場にいるようでいない。
いないというほうが正しいかな。

誰もわたしの存在に気づいていない感覚。

しばらくしてから静けさは破られ、
いつもの喧騒が襲ってきた。

そろそろ帰ることに。

帰宅してから用事を思い出して再び外出。
用事をすませてビルから出ようとしたら自動扉が開かない。
(これも以前書きましたね)

ドアに近づいたり離れたり
前後に動く方法で何度やっても駄目。
慣れててもやはり恥ずかしい。

どうしよう、出れない。

振り返ると遠くにいるガードマンが笑っていた。
と同時に男性が歩いてきて異変に気づいてくれた。

ようやく開いた。

一緒に外に出ながら

「こういうことがよくあって私って幽霊なんですかね」と
話しかけたら笑っていた。

わたしが自動扉の前に立つと
扉はいつもすこし考え事をしている。
ためらっているのがわかる。
すぐは開かないんです。

パウリ効果とも言います。

通過するときも閉まるんじゃないかといつも少し不安になる。
実際、ドアに挟まったことがあるから。

夜の美術館に忍び込んで美術品を盗む映画、
あれを思い出した。
私ならきっとセンサーにひっかからないだろうなって。

私のオーラは紫色だけど、
こういうときって紫外(線)領域にあるんじゃないかなって
そんなことを考えた夜でした。

私と機械の関係について以前書いたもの。

2009.02.17 機械にも意思がある
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-1902.html




| 日記 | 13:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

言葉に出す自信がない。


下のページで書いたように
「共産党に票を入れる人は反日」というブログ記事を書いたり、
嫌韓・嫌中・反民進・反日などを話題にして記事にすれば、
報酬をもらえるんだから、
たとえば、ツイッターで政権批判する人に絡んで
嫌がらせコメント一件入れると10円の収入になるとか
いう商売だってありそう。

アフリエイトみたいなもの。

政権支持のアカウントをたてたらいくらくれるんだろ。
ヘイトアカウントをたてたらいくらくれるんだろ。

本当のネトウヨの数はかなり少ないのかも。
そもそも本当にいるのかも怪しい。
ただそのつもりになった気だけかも。


mayu 191

歴史というものは時を超えて
権力者にとって都合の良いようにつくられ
つくり替えられるものだけど、
いま目の前で起きていることはただ壊れているだけ。

壊れていびつな形になった破片があちこちに散らばり、
壊した当人も含めてすれ違う人すべての体や心に突き刺さっている。

闇の時代なのかも知れない。

だからこそ、脳で世界をみるんじゃなく、
目でみるようにしなければいけない。

ところが、

肝心なその目はみえないようにされている。
目の機能を失ってしまった。

ユングの本を読み返しているから、
いま起きていることすべてがまったく違うものに感じられるけれど、
かといって言葉に出す自信がない。


| 日記 | 17:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これも美味しかった。


トスカーナふうの豆料理とか言うの。

豆は白花豆。

超簡単だけど、その分、豆は一晩、水につけて茹でてから作った。




| 日記 | 00:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これ美味しかった。


口にするたびに舌を噛みそうだけど、「ラタトゥイユ」作った時に
残ったパプリカでバルサミコ炒め。

バルサミコで炒めるわけじゃないんだけど、
レシピ名は一応バルサミコ炒め。



| 日記 | 00:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT