| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

身体の神秘性


三か所ほど追記しました。



先日「抗核抗体とキャッツクロー」と題して自分の体験を書きましたが
遠まわしに書いたのでわかりにくかったかも知れませんが、
私が伝えたかったことは膠原病、アレルギーにキャッツクローが
良いんじゃないかということを伝えたかったからです。

(自分の血液検査のことなどブログに書きたくないのに
あえて書いたのは膠原病で苦しんでいる人のことが頭にあったからです。
おせっかいかも知れませんけどね。
血液検査から時間が経ってから記事にしたのは気が進まなかったからなんですが
困っている人の役に立てればと思い書いたものの
やっぱり書かなければ良かったとの後悔があります。)

抗核抗体と膠原病の関係を簡単な知識として知っているので
抗核抗体の数値が下がれば膠原病が治るんじゃないかと考えたからです。

(キャッツクローはヨーロッパではリューマチの治療薬として使われていますが
私は血がきれいになるからじゃないかと考えます。)

///////

きょうはわかりやすく書きます。

ご存知のように、アレルギー、膠原病などは体の中に入ってきた異物を
敵として攻撃することでおきると言われています。
厳密には入ってくるものはすべて異物なんですけどね)

免疫力が高すぎるから起きるという説が一般的ですが
その逆だという説もあったり、
膠原病は存在しない、アレルギーだという説もあったりで
本当のところはわかりませんが、

要は免疫力のバランスが崩壊するから起きるんじゃないでしょうか。

HPにも記載しているように、キャッツクローの特徴は
体の免疫機能の微妙なバランスを調整してくれることです。

ペルーカシボ族では「体を正常な状態に戻す万能薬」として
古代より使われてきましたが、この「体を正常な状態に戻す」とは
免疫機能の調整のことだと私は考えます。

免疫力をただ上げればよいというものではないでしょう。
だって宇宙をみてもバランスが一番だということがわかるから。

ちまたで流行の”免疫力をあげれば病気が治る、病気にはならない”には
以前から胡散臭さを感じていた私としては、
キャッツクローの特徴である体の免疫機能の微妙なバランス調整に納得したのです。

(免疫力が高すぎるためにアレルギー、膠原病、リューマチなどが起きるなら
むやみに免疫力を高める食品を摂取すると、かえって悪くなると考えませんか。)

何も摂取せず自分自身でバランス調整できるのが一番ですが、現状は難しい。
微妙なバランス調整というところにアーユルヴェーダを感じませんか?

歯のかみ合わせの治療で膠原病が治ったという例はありますが
このかみ合わせ治療がまた難しいのです。

かみ合わせが悪いから、体が歪んでいるといって
全員が病気になるわけでもありません。
元気な人も多い。

身体の神秘ですね。

IMG_1583.jpg

話を戻して

本来免疫力というものは外敵から自分の身を守るものですが
敵ではないものに対して免疫力が働いてしまうため
医療の現場では免疫力を抑える薬が使われています。

しかし、症状は抑えられても治ることはないと言われています。

田中佳先生のブログには
『免疫抑制剤やステロイドでは膠原病・自己免疫疾患は治りません』
とはっきり書かれています。

治らないのに何故使われるかというと
医学にとっては他に何も方法が無いからそうなんです。
だから難病なんだそうです。

怖いのは『異常を起こしている部分の免疫機能だけを改善させる方法はないので
全免疫機能の低下を起こさせる』ことです。

すべての免疫が低下すれば、どうなるか…

癌などのやっかいな病気になる確率が高くなりそうですが
(かといって全員がそうなるわけでもないでしょうから)
ここでも身体の神秘を思います。

リウマチの治療薬に抗がん剤が使われていることを知り驚きました。

IMG_1580.jpg

ネット検索でみつけた田中佳先生のブログより一部転載させていただきます。

◆膠原病・自己免疫疾患の考え方(田中佳先生のブログ)
http://ameblo.jp/emkanayoshi/entry-11118518503.html

・・・自分で自分の細胞を攻撃しては壊し、そして自分で治す を延々と繰り返す状態です。治る過程で「炎症」が起こりますので、常に炎症の状態が続きます。微熱が出たり、怠くなるのはその為であろうかと。

医学としても免疫の異常であることは分かっていますが、異常を起こしている部分の免疫機能だけを改善させる方法はありません。では、何をするかというと、、、全免疫機能の低下を起こさせます。それに使われる薬剤が 免疫抑制剤 であり、文字通り免疫機能を抑えます。抗炎症と免疫抑制目的では ステロイド が有名ですね。

ステロイドは強力な抗炎症効果を持っているので、慢性炎症の膠原病には効果覿面です。しかし、炎症を抑えるだけなので、壊れ続けている状態には殆ど影響しません。これはまるで、爆発した原子力発電所から放射性物質が出続けているのに除染(国の指示は移動汚染)をするような事です。根本的解決にはなりません。

ですから、免疫抑制剤やステロイドでは膠原病・自己免疫疾患は治りません。その事は日本中の医師免許を持つ者が知っていることです。治らないことを知っていてこれらの薬剤を使っています。そもそも、治せないから難病なのです。

では、なぜ治らないのに使われるのでしょう?それは、医学にとっては他に何も方法が無いからです。取り敢えず、症状が治まればいいだろう。治ったように見えるし。それが医学に於けるゴールなのです。

・・・・・

*コラム*
リウマチの薬にリウマトレックスという薬剤があります。ネットで調べれば誰でも知ることが出来ますが、メトトレキサート(Methotrexate : MTX)と書いてあります。「リウマトレックス 添付文書」で検索すれば第一にヒットします(添付文書)。同じ検索画面で二番目を見ると「[PDF] メトトレキサート注射剤」とありますのでこれも見ますと、「葉酸代謝拮抗剤」とあります。効果効能は「下記疾患の自覚的並びに他覚的症状の緩解:急性白血病 慢性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病 絨毛性疾患(絨毛癌、破壊胞状奇胎、胞状奇胎)」です。要するに、抗癌剤ですね。抗癌剤をリウマチの薬として名前を変えただけです。抗癌剤は副作用で免疫が落ちますから、その副作用を使ってリウマチを何とかしようと。果たして抗癌剤だと知ってリウマチの患者さんは使っているのでしょうか。使っている医者もそれを知っているのでしょうか。知ると言うことはとても大切です。



抗炎症効果が非常に高いのがコパイバです。
免疫システムが正常に働かなくなる病気にエイズ(免疫不全症候群)があります。
ブラジルの薬局ではエイズの治療薬としてコパイバが売られています。

「免疫力を正常に働かせる(体を正常な状態に戻す)」で考えれば
エイズにもキャッツクローが良いことになります。

そうやって考えると私は自分でも知らないところで
最強のコパイバとキャッツクローのコンビを選んでいることになります。

普段日常でよく言うことなんですが、
知らない間にガンになっていても、
同時に何かをしてて
知らないうちにガンが治っていることってあると思うんです。

人生は選択の連続。

身体の神秘とは自然の意志で
体を正常な状態に戻すことなんでしょうね。
その意志は"内なる神" でもある。



追記
放射能は免疫力を低下させるというよりも
免疫調整のバランスを崩壊させるんじゃないかと考えます。




| こころとからだの健康・アーユルヴェーダ | 15:22 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パンコムギ


束縛から解放されること」の続きです。

mayu 1235

記事中で「朝食でパンを食べることが、人間の脳と体を完全に狂わせる。」を
紹介しましたが、ウイリアム・ディビス氏の本を読んでいないので
前回はあれ以上は書けませんでしたが
コメントが入ったのでそれをまず紹介します。

同じ「遺伝子」でも

小麦が小麦と呼べない程に遺伝子がいじくり回されたのは、1960年代から始められた「品種改良(改造)」による物で、それは従来の掛け合わせの方法になります。今のバイオ技術による直接的な遺伝子操作ではないので、「遺伝子組み替えでない」というのでも良くはないみたいです。

小麦と呼べたのは、原種のヒトツブ コムギ、(自然に発生したのかもしらない)2代目のフタツブ コムギ、そしてその次の、古代エジプトで食べられていたというパン コムギ迄だそうです。おかしくされてからは、原種の12本から、128本か何かまで染色体の本数が増えているそうです。パン コムギ迄の小麦は今でも存在はしていて、よっぽど探せば買えるみたいではあります。

モチモチの‘グルテン’が、腸の内側にへばり付き、下手をすれば穴も開けてしまう‘リーキーガット’が悪いらしいのですが、他にも色々有る様ですね。グルテンは、多少なりとも、お米や蕎麦にも含まれているそうです。

| L.F.B | 2016/11/09 20:17 | URL | ≫ EDIT


勉強不足でどこまで書けるかわかりませんが、少し調べてみました。

ウイリアム・ディビス氏の本を読まれている方のブログです。一部転載。

パン(小麦)は食べるな(身体軸ラボ)
http://karadajiku.blog.fc2.com/blog-entry-404.html

現代のパンはコムギ自体が品種改悪された「病気発現食」だと、、
アメリカのDr.ウイリアム・ディビスが発表して話題になっています。

古代のヒトツブコムギからフタツブコムギ(エンマコムギ(家畜用)・デュラムコムギ(マカロニ・スパゲティ))
そして1960年代から交配を繰り返して作られた現代の「パンコムギ」。

このパンコムギは現在では世界の栽培面積の90%を占めているということです。
このパンコムギに豊富に含まれるDゲノムのグルテン。

・ヒトツブコムギ:14染色体、AAゲノム
・フタツブコムギ:28染色体、AABBゲノム
・パンコムギ:42染色体、AABBDDゲノム

原種のヒトツブコムギには無い、Dゲノムのグルテンが多くの現代病を引き起こしているのだと、、


引用終わり。

Dゲノムのグルテンが良くないのですね。
Dゲノムは「パンコムギ」。
「パンコムギ」から良くない。

古代からある「ヒトツブコムギ」「フタツブコムギ」と
現在普及している小麦とは遺伝的にかけ離れているということですね。

収穫量をあげるために交配や品種改良が数多く行われ
グルテンの構造が大幅に変化したことが理由のようです。

少し前からグルテンの害が言われるようになったのもこれが理由でしょうか。

これで考えると、精白したものより全粒粉のほうが良くないことになりそうですね。
この前も書いたように私はお腹が張るので基本的には食べません。

パスタはパンコムギとはまた別の品種のようです。

国産小麦はグルテンが少ないと言われていますが
別の心配があります。

私は普段家で食べる天然酵母のパンは国産小麦なんですが
選んだわけではなくたまたまなんです。
でも311以降は放射能を心配します。

本を買ってまで読む気はないのでこれ以上は書けないので
各自で判断してください。

「パンコムギ」のゲノム解読に部分的に成功(エビ風サイエンスミネストローネ)
http://scienceminestrone.blog.fc2.com/blog-entry-173.html

・・・パンコムギの祖先は、1回目の倍数化が数十万年前に発生した。ヒトツブコムギ (Triticum monococcum) とクサビコムギ (Aegilops speltoides) の野生2種が交雑し、4倍体のフタツブコムギ (Triticum dicoccum) が誕生したのだ。紀元前8600年ごろには栽培環境のヒトツブコムギからフタツブコムギが誕生したと考えられている。更に紀元前8800頃には野生で、紀元前5500年頃には栽培種で、フタツブコムギが野生種のタルホコムギ (Aegilops tauschii) と交雑、6倍体のパンコムギが生まれたとされる。パンコムギはそれ以前の小麦と比べて胚乳部分のグルテンが軟らかくて利用しやすかった結果、人類はパンコムギを栽培する事で反映し、結果的に文明を築くきっかけとなった。つまり、パンコムギのサブゲノムは、ヒトツブコムギ、クサビコムギ、タルホコムギに由来する遺伝子を含んでいる。ゲノムの80~90%は、1万2000~1万5000個の塩基対の反復的な長いシーケンスで構成されているため、従来のシーケンシング手法を阻む厄介なものとなっていた。同じ世界三大穀物とも言われる米の1つであるアジアイネ (Oryza sativa) のゲノム解読が2002年、トウモロコシ (Zea mays) のゲノム解読が2009年に完了したが、パンコムギは2011年にようやく始まったばかりだ。・・・



スペルト小麦というのがあります。はじめて聞く名前。
小麦を使う方は参考にしてください。

スペルト小麦って?
http://www.spelt-recipe.jp/recipe/what-is-it.html

photo_what01.jpg

スペルト小麦は、現在広く利用されているパン小麦(普通小麦)の原種にあたる古代穀物です。最近の研究によってスペルト小麦は、9,000年以上前にヨーロッパで栽培されていたことが証明されました。イタリアではスペルト小麦をFarro(ファッロ)と呼び、ドイツではDinkel(ディンケル)、スイスではSpelz(スペルツ)と呼んでいます。普通小麦の原種にあたるスペルト小麦は人工的な手がほとんど加わってないため、多くの特長があります。これら幾つかの特長は、自然から離れた日常生活を送っている現代人の健康を守るため有効に働くものと考えられています。・・・





| こころとからだの健康・アーユルヴェーダ | 17:45 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

束縛から解放されること


写真はリンク先のモノではなくすべて私の写真です。



朝食でパンを食べることが、人間の脳と体を完全に狂わせる。
http://lrandcom.com/not_eat_wheat

>日本は小麦の全消費量の85%を輸入に頼り、しかもその6割はアメリカ産が占めていますが、現在アメリカで収穫されている小麦は、20世紀後半に行われた遺伝子研究によって形質転換されたもので、本当に天然の小麦とは明らかに異なります。米国の医師ウィリアム・デイビス氏は、「現在の小麦が本物の小麦なら、チンパンジーは人間だと言うようなもの」だと指摘し、この形質転換された小麦が肥満、高血圧、糖尿病、そして心臓疾患の原因になっており、患者2000人に独自の「小麦抜き」の食生活を実践してもらったところ、病気や疾患が見事なまでに回復する結果になったと同医師は述べています。

このタイトルは誤解を与えますね。
まるでパンそのものが悪いみたいで
タイトルだけみて中身を読まない人もいるからデマが拡散される。
要は遺伝子組み換え小麦が危険ということですね。

まゆみ写真 817

>乳ガンはもともと欧米に多い病気ですが、ここ最近では日本でも乳ガン患者が急激に増えており、料理評論家の幕内秀夫さんによれば、乳ガンの患者さんで、朝にパンを食べている方の割合は、40歳以上で7割、20代、30代では8割に上ると言われています。

成長ホルモン漬けの牛乳でも乳がんになると言われています。
乳ガン患者さんの7,8割は牛乳を飲んていたのでしょうか?
パンと一緒に牛乳を飲んでいれば原因がわからないですよね。

DSC00626.jpg

>「小麦は食べるな!」の著者、ウィリアム・デイビス博士によれば、現在北米の小麦農家の平均収穫量は100年前と比べて、10倍を超えており、食生活に小麦が取り入れられたことで、食品業界や製薬業界が信じられないほど大儲けしたことを考えると、

日本も戦後パン給食になったのはこれだと言われていますね。

>さらに、日本が輸入している小麦はカビが生えないよう、 防腐剤が大量にふりかけられている場合が多く、このような輸入小麦がパン、ラーメン、パスタ、そしてお好み焼きなどに使われていると考えるだけでも、何となく食欲がなくなってきます。

これはパンだけでありません。
こんなのたくさんあります。

国内では放射能の問題もある。

>肉体労働の人が「パンは食った気がしない。」とよく言いますが、それもよくわかる気がします。

これもよく言われますが、
ヨーロッパでは普通に生活しているし、一概には言えないと思います。
ヨーロッパは肉を食べるでしょう。

真っ白な中身スカスカのパンならわかるけれど
全粒粉のパンは玄米と似ていて腹持ちがいいです。
白いパンと違い、たくさんは食べれません。
全粒粉はお腹が張るので私は滅多に食べませんが。

IMG_1424.jpg

>小麦は脳にも大きな影響を与え、小麦を取り続けることで脳が、「もっとカロリーを摂取しろ。」と指令を出したり、活力や気分、そして睡眠の作用にも障害をもたらします。

これも全粒粉なら全然違ってきます。

>そもそも食というのは、「全人類に共通して良いもの」があるわけではなく、その国、その地域など、それぞれの「風土に合った食事」というものがあり、それを摂取することが一番だと言われています。

季節によっても個人の体質の違いでもがらっと変わってきます。

ピッタ体質には小麦や大麦は良い。
だけどヴァータは小麦は良いけど、
大麦はできれば避けたほうがいいといった具合です。
玄米だってピッタはできれば避けたほうがいいんですよ。

アーユルヴェーダでは消化の重要さを説いています。

アーユルヴェーダを知れば、あれが悪いとかこれが良いとか、次から次へと登場する広告的なそういった束縛から解放されます。




| こころとからだの健康・アーユルヴェーダ | 23:44 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みえない「結合力」


マウス画

消えてしまったと思った描きかけのマウス画が出てきたので、この記事に使おう。


////////////

久しぶりに梶川さんのメッセージです。

犬のしっぽブログ  Yasushi Kajikawa
http://www.two-pictures.net/tail/


知識と経験

人類が共通に持っている地球の表面と上空と地下の
それぞれ10キロメートルの圏内に生息する既知と未知の生命と
共存する権利を異なったコロニー間と共に行使し、交流し、
生存するためのシェルターのデザインとその製造を
可能にしてくれる最初のシェルター工場から建造し、
配送するための包括的テクノロジーを完成させるためには
デザインサイエンスチームには、知識と経験だけではは不十分である。
知識と経験から、<構造>はついにデザインできないからだ。

真の<構造>は、そのような人々に偶然を装って与えられる。



二つの電子は宇宙の端と端に離れていても
まるで双子のようにつながっている。
(ボームにはまた別の考えがあるみたいだけど)
非常に強い結合力があると言われている。

あらゆるものがつながっている。

このつながり、結合力には設計図があるのだろうか?
宇宙のどの原子も完全で、永久でありつづけるから
その中に設計図があるだろうと推測されている。
あるとしたら、一体どんなものなんだろう。

すぐ思い浮かべるのはテンセグリティ構造。

この前もちらっと書いたように
この結合力は音(振動)なのだろうか。

だいぶ前に宇宙のはじまりは音と書きましたよね。
真っ暗な宇宙は最初に音で始まり、次に光在れ…と。
無音の音のことも書きましたよね。

アーユルヴェーダの賢者たちはこの結合力を発見したと言う。
宇宙の糊のようなハタラキをする結合力は
音を通して彼らの意識に入ってきたと言う。
そしてその音は再生できると。

旅はつづく

旅のおまけ:張力と聴力と潮力。



| こころとからだの健康・アーユルヴェーダ | 15:36 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

甲状腺と向上心


mayu 618


最も重要な内分泌腺は、甲状腺、松果腺、脳下垂体、副腎、性腺である。情緒的な危機は血液の調整機制、すなわち副腎皮質によって血圧の上昇をみちびきます。短気の人が若いころから動脈硬化に悩んだり、血液循環の障害に苦しめられたりするのはこういったことがらからです。絶えることのない失望と憂鬱は甲状腺に影響して、バセドウ氏病に似た粘液水腫の因となると言われています。甲状腺は色んな種類の害毒に対する防御のために自然がそなえた第一の保護器官であり、ハタラキの鈍った甲状腺は、早老や若死になどの種々の病気をおこす。逆に甲状腺がいつも楽しい気持ちでハタラクならば、身体に弾性をもたせ、高齢まで回復力を持たせることができる。情緒的な状態は、脳下垂体と甲状腺にもっとも強く影響をあたえる。(ヨガ)

311で甲状腺を心配した・する人はそれなりにいると想像できますが
過剰に甲状腺を心配することによって
自らの甲状腺のハタラキを悪くしている
ということになりそうですね。

完全な健康」でも書いたように
体に一番大きな影響を与えているのは心。

むかし、向上心とバセドウ氏病が関係あるんじゃないかと考えたことがあります。

知り合いにバセドウ氏病の人がいたんですが
その人を観察していると
たえず向上したいと願っているようにみえました。

向上心は良い事のように思えますが
その人は度が過ぎているように思えたからです。
だからいつも興奮していました。

向上心の裏返しは失望と憂鬱。


| こころとからだの健康・アーユルヴェーダ | 12:14 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT