| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

無題


IMG_5924.jpg

人ごみで
神を見失う



| 詩/写真 | 00:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT


絵も詩も去年書いたもの



仮タイトル「花の濡れ縁

たくさんのはなのこう
かぐわしきはなのいろ

アナタニサイテ
ワタシニサカナイハナ

苦しいときに咲く花

嬉しいときに咲く花

雨に咲く花

苦しいときに咲く花は
嬉しい時の咲き方を知らない

雨に咲く花はずぶ濡れになりながら
散り方を知らないという

そんな花と花が出逢って恋をした

君が花
花の濡れ縁に
君はこころを置く



    2016年 ふるいちまゆみ



| 詩/写真 | 16:32 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年元旦


あけましておめでとうございます。

今年は大変な年になりそうですね。
なのに年明けに最初に口にしたのがホットチョコレート。
ほんのり甘くて苦い年明け。



「書きかけの詩」

羽根の音

こちょうの羽の音

今宵、召し上がる王の食卓に

ぶんぶんと音をたて

風を運び

木々を揺らし


離れ離れになった

二つの魂は

つかの間の逢瀬を楽しむ

・・・・・・



| 詩/写真 | 23:07 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

詩のような





遠からず
近からず

もつれた糸を
ほどくように

結び合わせた
手をほどく

ほどかれた
各々の
手のひらに

青い玉と
赤い三日月を乗せる

玉に映る
あなたの姿は
もう
何処にもない

だから
わたしは
三日月の夜に
あなたを探す


砂に埋めた
舟を取りだして
水をいっぱい溜めて
満月の空に
浮かべる

舟から
こぼれる水は
きらきらと輝く

あなたにも

あなたにも

あなたにも

降り注ぐ

少女は
貝殻にためた水を
神さまに捧げる

・・・・・・・


12月7日の夜

食事が出てくるまでノートに書き始めたもの



| 詩/写真 | 23:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本語で音声入力してみた。


夢の 後に 馬車がくる



| 詩/写真 | 15:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

短い詩






ぼくの指の隙間から

世界がこぼれおちそうになる

だから

僕は神さまと

指切りげんまんをする



                2015年7月7日 ふるいちまゆみ  







| 詩/写真 | 00:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

詩のような小説のような


        



私、このうえなくかぐわしいもの

私、一直線にあなたに駆けあがるもの

私、背神しながら寄りすがるもの

私、いきつ戻りつしながら、なお、あなたに恋するもの

私、これ以上戻れないところまでやってきながら、なお、私に背くもの


悪魔のように美しく

神のように醜い


そう云いながら

ルイは船から飛び降りる


それをみていたウルは

赤子のような魂を取りだし

深い闇に向かって放り投げる



2014年6月

| 詩/写真 | 00:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

書きかけの「詩」






花びら

ひとひら

あなたに贈る

月夜に浮かべて



| 詩/写真 | 00:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トチノキの樹上から水滴が降り注ぐ


雨の日には」につながっているかしら。

トチノキから水滴 産山村で“珍現象”」(くにまにちコム
産山村にある日本名水百選の一つ池山水源のほとりに立つトチノキの樹上から、細かい雨粒状の水滴が降り注ぐ“珍現象”が今年も始まり、観光客らを驚かせている。トチノキは高さ約15メートル、幹回り約2.3メートルで、樹齢は不明。近くでイワナの釣り堀を営む渡邊潤さん(62)によると、「珍現象は8年ほど前、観光客が偶然見つけた。10月中旬~11月上旬の晴れた日にだけにみられる」という。・・・」

詩的ですね。
微細なエネルギー。

,,,,,,,,,,,,,,,,,


mayu 112
旧「Earth Blue & Moon Cafe」にて。


以前もアップした2003年に書いた詩です。
CDにもなりましたが今は販売されていません。


きれいな水

                       作詞 ふるいちまゆみ
                       作曲 琉聖


もう、どれくらい 歩いたでしょう
きれいな水を 探し求めて


いつか めぐり逢えたなら
わたしは きれいな水となって
4月の雨と共に 降ってくるでしょう



もう、どれくらい 眠ったでしょう
きれいな水を 探し求めて


いつか めぐり逢えたなら
わたしは きれいな水となって
あなたの哀しみの上に 降ってくるでしょう

きれいな水となって 降ってくるでしょう



(2003・12・4 ふるいちまゆみ)



| 詩/写真 | 23:34 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「即興詩」


たった今、えりさんのコメントを読んで即興詩を書いてみました。
タイトルはえりさんのコメントにあった「何かがしみこんできました。」を拝借。

mayu 042


何かがしみこんできました。

何かがしみこんできました。

あなたとわたしの間に何かがしみこんできました。

それはなんでしょうか。

それは水への誘いでしょうか。

水に守られたあなたの調べでしょうか。

それとも深く潜ったあなたへ届ける愛でしょうか。

水たまりに映った空でしょうか。

あなたからわたしへ届けられる水の炎でしょうか。

もう少し待てばきっとあなたに会えると。

何かがしみこんできました。



2013/09/01 (日) 22:07 ふるいちまゆみ 

| 詩/写真 | 22:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT