| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

カタカムナ ウタヒ 18首


以前、カタカムナウタヒCDに付録でつけていた私のぶっ飛び解釈です。

//////

カタカムナ ウタヒ 18首

■カム アシキネ アマタマノ ムカヒ アメ オホ トノヂ オホ トノベ アマクニ ムカヒ トコタチ


神であり天の魂であるアシキネ
宇宙の最初の眼に向かう

オホトノヂ、オホトノベ
天の国に向かう

これ トコタチなり


*アメ  「ア」は宇宙の最初の言葉、
      「メ」は眼、
      合わせて、「宇宙の最初の眼」。
      ビッグバンにも考えられるかな。

*神々の間で、世界で、何かの異変が起き、
それを解決するためにそれぞれの役割を持った神が
あわただしく、宇宙の最初の眼、そして天の国に向かう姿がみえます。
「宇宙の最初の眼」のことばが浮かんだ時は
思わず身体が震え、涙が出てしまいました。

またしてもぶっ飛び解釈でした。


2006/08/28


| カタカムナ | 16:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カタカムナ ウタヒ 17首


以前、カタカムナウタヒCDに付録でつけていた私のぶっ飛び解釈です。

//////

カタカムナ ウタヒ 17首

■カム ナガラ トヨヒ カミ アマ ウツシ ヤホ トヨノ ユツ イキ フタ ネ フタ ハシ ウキフ
ツミ タカ マカ カヅ ムスヒ ヌシ カタ カムナ マカ ハコ クニ ノ ヒトツ カタ ツミ


神のままに生きることの神秘

それは
神と天をこの身に映すこと
自然の豊かなるゆっくりとした息をすること

この二つが根となり、神との架け橋になる
これが浮き上がり、沸き立ち、ミとなる
この二つは尊き数である

カタカムナの王であるムスヒヌシは
真の神国である国の型のひとつをDNAに刻み込んだ


DNAの二重螺旋が空に舞い上がっていくかのような
二つが結ばれ、昇華しいていくような、
神ながらに生きることの美しさがみえます。

そして、神ながらに生きることの神秘は
本来は全ての人間のDNAに記されている。
そんな神の優しさを感じます。


ユツ イキ→ゆっくりとした息

         人間は本来ひと息ごとに生まれ変わるもの。
         ひと息前の私と今この瞬間の私はすでに違う。
         ひと息前の私は過去の私である、別の私である。
         それは、
         過去のイメージで他者をみてはいけないということ。
         今この瞬間を大切に生きなさい、
         瞬間、瞬間を生きなさい、ということ。
         そのことを、ゆっくりとした息をすることにより
         ダイレクトに感じることが出来る、思い出すことが出来る。
     
DNAの二重螺旋→神ながらに生きることの大切さ、美しさを表していると同時に
             DNAが正しく働き、正しい身体が造られる。
             それは、宇宙にとっても神にとっても良きことである。

私はそう思います。

2006/08/25






| カタカムナ | 00:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カタカムナ ウタヒ 16首


以前、カタカムナウタヒCDに付録でつけていた私のぶっ飛び解釈です。

カタカムナ ウタヒ 16首

■アメノ サツチ クニノ サツチ アメノ サギリ クニノ サギリ アメノ クラト
クニノ クラト オホト マト ヒコ オホト マト ヒメ トリノ イハクス フネ オホケツヒメ


天の幸いなる地
国の幸いなる地

天の幸いなる空
国の幸いなる空  

天の守り人
国の守り人

オホトマトヒコ 
オホトマトヒメ

十の理の識者である オホケツヒメ


*天と国をオホトマトヒコとオホトマトヒメが守護し、
天と地の境を十の理の識者、賢人であるオホケツヒメが
鳥の形をした岩船に乗り、行ったり来たりしながら、
見守っている。
あるいは鳥になって見守っている。

*天と国をオホトマトヒコとオホトマトヒメが守護し、
十の理の識者、賢人であるオホケツヒメが舟に乗り、
天と地の境である海面、界面を行ったり来たりしながら、
見守っている。

そんな優しい風景が私にはみえます。


2006/08/16


| カタカムナ | 19:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カタカムナ ウタヒ 15首


以前、カタカムナウタヒCDに付録でつけていた私のぶっ飛び解釈です。
2006年8月9日です。

カタカムナ ウタヒ 15首

■アワナギ アワナミ ツラナギ ナミ アヤ ミクマリ クニノ ミクマリ アメノ クヒサモチ
クニノ クヒサモチ シナツヒコ ククノ チ オホ ヤマ ツミ ヌツチ カヤヌ ヒメ

アワナギとアワナミがつらなり、完全なひとつの波になる。
そこから宇宙の綾が生まれ、国の綾が生まれ、
そして、天の御柱となり、国の御柱となり、
この二つがしなり、くくられ、結ばれ、血になる。
オホヤマツミとヌツチカヤヌヒメ
  

「ナミ」は海の波のようでもあり、宇宙の波、生命の波、波動のようにも感じます。
もちろん、科学物理のようでもありますね。

「この二つがしなり、くくられ、結ばれ、血になる」
これは、DNAの螺旋のようであり、二つの龍が天に昇るようでもあり、
人類の元となる美しき婚姻のように私にはみえます。


まゆみ 8/9 (水)


| カタカムナ | 23:24 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |