| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

古いノートより(預言者)


預言者→ヘブライ語でナービー

未来を言い当てる超能力を誇示するためではなく
現在をそれにふさわしく生きるようにと説くため

荒地に生まれる
生きることの難しい場所ゆえに生命を育むのは
人間を超えた神の力であると身を以て知ることのできる場所
預言者はここから身を起こし、都会の生活を批判した


| ノート | 00:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライプニッツ


昔のノートより

1714年
微積分の発見者ライプニッツ

ある形而上的な真の実在が物の世界の
基底に隠れており、物の世界を
生み出す、と述べる。

空間・時間、物理学における
質量と運動、およびエネルギーの
変換は、彼によると
知的な構造物なのである


| ノート | 00:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「デジャブ」と「平行宇宙」


mayu 017


この前、コメントで書いた「デジャブ」
90年頃の閃きノートにこう書きました。
私が思うデジャブです。

Déjà vu

昔、あったことを思い出すのではなくて
向こう側の世界からの相応



朝日のビッグデータと人工知能の記事が面白かった。(紙の新聞)
その流れで久しぶりになんちゃって物理の本をちらっと再読。
私は自分の経験と照らし合わせて多世界・平行(並行)宇宙論が好きです。

「ドイチェの脳」と呼ばれる量子コンピュータ脳で
私の閃いたデジャブを考えてみよう。

二者選択で分裂して枝分かれしていっても
量子コンピュータ脳の場合は向こう側の世界の情報を記録して
また戻ってこれるんです。

二つに枝分かれした場合、二つの世界の情報を記録して
元に戻ってくる。また一つになる。
一つになった脳は二つの世界の情報を保持することになる。

これで考えると「向こう側の世界からの相応」は
結構いい線いってるんじゃないかと自画自賛。

ついでに書いておくと
夢の体験はまさしくあちら側の世界の体験だと思ってます。
選ばなかった別の世界の体験。

////////////

ドイッチュの本「無限の始まり:ひとはなぜ限りない可能性をもつのか」を
難しそうだけど読んでみたいな。

エヴェレットの多世界

デイヴィッド・ドイッチュ

| ノート | 18:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

善と悪


snap_cocorofeel_20106211575.jpg


絶対的な善、悪は存在しない。
存在するとしたらそれを考えているその人自身の頭の中だけ。
断片的思考。


98年に書いた悪(HPに掲載)
メッセージNo.3(1998年1月5日)

悪?
これもかなり以前に、台所で野菜を煮ているときにパッと浮かんだのですが、普段、皆が
使用している悪という言葉は、野菜を煮る時に出てくるアクのようなもので、本来は同じ
ところから出てきている。料理ではアク抜きということをしますが、アクも摂り方によっ
ては、体にとっていいものだと思います。
"野菜を煮ている時 (火・空気・水) " と "宇宙の源からの顕われのようなもの" の映像
が私には同じようなものに見えるのです。



これで考えると、体にいいもの=健康=善になります。
そうすると偶然にもつい先日、善=全だと思うと書きましたよね。
するとボームの「全体=健康」につながりますね。


直感人間の私にもようやく「善」の意味がくっきりと見えてきたように思います。




| ノート | 15:57 | comments:24 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノート24


15~20年前の閃きノートより
昔のノートって本当は恥ずかしいけれどそれでも載せてます。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201004/27/62/b0086362_12584556.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



論理

理は論じるものではない

論じることによって
真理(神理)から
遠ざかって行く



理窟

理が(真理)
洞窟のような出口のない
狭い場所に
とじ込められている



| ノート | 12:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノート23


一昨日からボームの言葉に
「思考」が出てきているのでちょうどいい機会なので載せてみます。
下にボームの記事をアップしてます。

20~15年ほど前のノートから
http://pds.exblog.jp/pds/1/200906/10/62/b0086362_11252292.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



思考
 ↓
死考・死向

考えすぎることは
死に向かうこと


思考によって
真の実在・真理を
得ることは出来ない
何故ならば
真の実在・真理は
生きているから
生命そのものだから


http://pds.exblog.jp/pds/1/200906/10/62/b0086362_11253855.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



ボームの本を読んで「思考」の言葉を考えてみたものです。
思考タイプの文学者などが自殺するのは「死考・死向」なんだと思ったのです。
思考=「死考・死向」の循環にはまったんじゃないかと思った。
考えることは悪いことじゃないけれど、考えすぎるのはよくないなと。

できうるなら
思考が至高へとつながればいいなと。

そのあとまた考えて
思考は歯垢でもあるなと。(笑
歯垢が歯石になって歯を駄目にするように
思考も思石になって人間本体を駄目にするんじゃないかと。


私は普段、思考の言葉を使いません。
考えるを使います。
何故だか、思考と考えるは私の中では違うのです。
理由を考えてみました。

考えるは”勘、感が得る”になりました。

いまこれを書いていて気づいたのは
思考は”思い考える”なんだ。
”思い悩む”が浮かんだ。
考えるとはやっぱり少し違うね。

| ノート | 11:31 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノート 22


20~15年ほど前のノートから

http://pds.exblog.jp/pds/1/200904/22/62/b0086362_15581167.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



私は素粒子
空間は物体

空間にある物体は自我がない!




これは夢で体験したことです。

| ノート | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノート 21


20~15年ほど前のノートから
http://pds.exblog.jp/pds/1/200904/21/62/b0086362_14302898.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



秩序

人間と地球(宇宙)を結ぶ 
連絡通路のようなもの



| ノート | 14:31 | comments:33 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノート 20


20~15年ほど前のノートから

http://pds.exblog.jp/pds/1/200904/02/62/b0086362_120416.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



透明な球体の
向こう側に
存在する色

その
存在する色の表面を
球体は移動する

あるいは
滑り落ちる



何といっても神秘的なことは
存在するすべてのもの
(もちろん不可視なものも含む)
とものとの間のギャップの上を
透明な球体が立ち止まり
そして滑る落ちる姿


| ノート | 11:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノート 19


20~15年ほど前のノートから
http://pds.exblog.jp/pds/1/200904/02/62/b0086362_1117942.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>




雲は
”その人”の(神)
吐く息



*これはたまたまある角度から空をみたときに、
本当にこのとおりに見えたのでこうメモしました。

| ノート | 11:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT