| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

不自由な人々


今まさに世界中で起きていること。

Krishnamurti@krishnamurtibot

信じやすい人々は、与えられるものの正邪善悪におかまいなく、常に進んで信じこみ、受け入れ、従おうとする。信ずる精神は探究心とは違っており、それは公式や原理原則の限界を出られない。それはちょうど柱につながれた動物のように、ロープの範囲でしか動きまわれないのである。




| クリシュナムルティ | 01:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天真らんまんな精神


「純真でなければ感受性豊かではいられない。様々な経験を重ね、泣いたり笑ったりなさることだろうが、もし君がそうしたものすべてに対して死ななければ、どうして精神が純真でいられようか。数知れぬ経験にもかかわらず天真らんまんな精神だけが、真実なるものを見ることができるのである。そして真実だけが精神を繊細に、すなわち自由にするのである。(クリシュナムルティ)」


| クリシュナムルティ | 00:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

所有があるところに愛は存在しない


まゆみ写真IMG_6755


愛が何かを知らない人間は
執着を愛と勘違いし、所有したがる。

恋愛関係における嫉妬は愛するがゆえと勘違いする。
それは愛とは全く関係のない別の問題なのです。

「愛」という言葉がますます安っぽくなる。

(執着に凝り固まっている人は)
見返りを求めない”無条件の愛”なんて言葉は想像もできないでしょうね。

Krishnamurti@krishnamurtibot

所有があるところに、愛はありえない。所有とは愛の破壊なのです。






| クリシュナムルティ | 00:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

信念


Krishnamurti@krishnamurtibot

あるがままのものの持つ真理を悟ろうとする者にとっては、信念は全的に避けて通らねばならない危険物である。

信念からは決して真実は生まれない。信念は制約的条件づけの結果であり、恐怖の産物であり、あるいは人に慰藉を与える内部的、外部的な権威から生まれる。

善良であるというのは今現在におけることである。それに対して、善良になるというのは未来の事柄であって、それは信念、あるいは比較と時間の公式にとらわれた精神が考え出したものなのである。比較計量があるところでは真の善性は姿を消してしまうのである。

皆さんは、絶対に、いかなる理想、概念、信念ももってはならないのです。なぜなら、これらはすべて人間を滅ぼしてきただけで、問題の解決にはならなかったからです。




| クリシュナムルティ | 00:51 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

条件付けられていない環境とは?


まゆみ写真IMG_6778

環境によって変わる人もいれば
全く変わらない人もいる。
私はどちらかというと変わらないタイプ。
一匹オオカミ的タイプだから。

村八分の言葉があるように
日本人は環境によって
変わる人の方が多いんじゃないだろうか。
みんなと同じが好きな人がほとんどだから。

「自分自身を変えなければいけない」
自分自身をどう変えるのか、
変えるのも自分自身だから、
その基準は何でしょうか。

Krishnamurti@krishnamurtibot

「私」と「他の人」との関係が社会を作っている以上、根本的に「私自身」を変えなければ、社会の本質的機能の変換もありえないのだ。

私たちが悟らねばならないのは、自分が環境によって条件付けられているだけではなく、私たちが他でもないその環境だということ 自分がそれと分離したものではないということです。私たちの思考と反応は、私たちがその一部であるところの社会が私たちに強いた価値観によって、条件付けられているのです


条件付けられていない環境とは?



| クリシュナムルティ | 00:06 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

執着と恐怖


執着を愛と勘違いしている人の多いこと。

Krishnamurti@krishnamurtibot

執着のあるところに愛はなく、依存があるところには恐怖がある。


嫉妬深い人は執着心が強いし、
いつも恐怖を抱えているから、
対象者の生命エネルギーを奪い続ける。



| クリシュナムルティ | 01:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空虚を逃避で充たそうとする


Krishnamurti@krishnamurtibot

私たちは私たちの中の空虚を知識で、儀式で、噂話で、会合で…無数のやり方の逃避で充たそうとする。





| クリシュナムルティ | 00:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分自身を理解する


まゆみ写真IMG_6771

自分自身を理解できない人が、
他者を理解できるはずがない、
世界を理解できるはずがない。

そういうタイプの人は決まって
愛や平和のような言葉を軽々しく口にする。

Krishnamurti@krishnamurtibot

人は自分自身を理解することなしには世界の情況を変化させることに着手することはできません。もしあなたがそれを見るなら、その時即座にあなたの内部に、完全な革命が起こるのです。




| クリシュナムルティ | 01:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

正しい生活


Krishnamurti@krishnamurtibot

正しい生活とは、社会のモラルに従うことではなく、羨望、貪欲、権力の追求など反感や憎悪を生む一切のものから自由になることである。これらからの自由は、意思的活動ではなく自己認識を通じてこれらに気づくことによって生まれる。


新生活様式がいかに陳腐で馬鹿げたものかわかるでしょう。
奴隷へと突き進む道とも知らず、「新しい」に飛びつく人々。



| クリシュナムルティ | 20:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「何も知らない向こう岸」


Krishnamurti@krishnamurtibot

あなたが何も知らない向こう岸、理知にたけた思考によっては補足できない別の次元から歩き始めてみたまえ。




| クリシュナムルティ | 00:16 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT