| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

クモの巣とテンセグリティシェルター


書き忘れがあったので新たにアップし直しました。

aaIMG_2328のコピー


梶川泰司さんの「犬のしっぽブログ」より(2018年2月11日)

破断実験

テンセグリティは、
その張力材が部分的に破断しても
動揺するのではなく、
振動数の調整によって、新たな秩序に組み替える。

自然は、自らの決定にけっして動揺しない。
膨大な秩序によって、自然には破断がない。

破断実験は人間の想像力の限界から絶えず繰り返される。


2019年1月16日

テンセグリティ・ネットワークの補償作用

構造化され自律したテンセグリティは元素のように対称的なモジュールから構成できる。

非構造的なテンセグリティでは、ネットワークの一部分が破断した場合、全体が瞬時に崩壊するほどネットワークの補償作用は完全に欠如するが、テンセグリティを人類の生存空間として構築しない場合に限られる。



///////

この前放射能汚染と蜘蛛の巣について記事を書いていたら
改めて蜘蛛の巣をテンセグリティを書きたくなりました。

前回は、人工のクモの糸で作られたテンセグリティを想像して
テンセグリティにクモの糸の番人」と題して書きました。

クモが生み出す糸は鉄のように強く、
一部が壊れても全体が壊れるようなことはない。

強さは糸だけでなく構造にもあったことが判明。
aa120219spiderweb-w1280.jpg
蜘蛛の巣が簡単に壊れない理由が明らかに... MITが発見
https://www.gizmodo.jp/2012/02/mit_5.html

「蜘蛛の巣が強い理由として、蜘蛛の巣の糸の性質(絹のように見えて、鉄のように強い)はこれまでも知られていましたが、それだけではないことが判明したそうです。なんと、蜘蛛の巣の構造にも強さの秘密があったそうですよ!蜘蛛の巣の構造? と言われて思い出したのは、蜘蛛の巣って一部が壊れていても、そこから全体が一気に壊れるようなことってないですよね。MITの研究チームはその点に着目して、一部が引き裂かれた蜘蛛の巣が地面に落ちない理由を調べたそうですよ。その結果、蜘蛛の巣の一部が切り離される仕組みや、2種類の蜘蛛の糸を組み合わせることで衝撃吸収が行われることが分かったそうです。・・・今回明らかになった、一部を犠牲にして構造が壊れることを防ぐと、蜘蛛が日常的に行なっている壊れたところを修復して元の構造に戻す...を繰り返すと、蜘蛛の巣のように強い構造を維持することができそうですね。もちろん、蜘蛛の糸のような強い素材で構造を作る必要もあるのかも知れませんが...この考え方やアプローチって、色々なことに応用できそうな気がします。近い将来、蜘蛛の巣の構造を応用して考えた製品も登場したりするんでしょうかね。」

クモが生み出す糸はしなやかで鉄のように強く、
一部が壊れても全体が壊れるようなことはない。

蜘蛛の巣って風にも強いですよね。

クモは自分が作った巣を回収する。
糸をリサイクルする。


まるでテンセグリティ、
テンセグリティシェルター。


壊れた箇所を修復しては元の構造に戻す。
これを繰り返すと強さが増す。

私なんかクモはきっと楽しんでるに違いないと
思ってしまうんだけど、
これが生きるための必要なプロセスなら、
DNA修復もそうですよね。

人間はクモのようにお尻から糸を出すことはできないけど
アイデア、知恵はいくらでも出せる。


///////

クモはどうやって巣を作るの?
http://www.ja-gp-fukuoka.jp/education/akiba-hakase/003/003.html

クモの巣って実はすごい!
https://matome.naver.jp/odai/2134063252714009301

| ぶっ飛び考察 | 16:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

口がテンセグリティ構造なの?


昨日「テンセグリティは「生成」そのもの」を書いたら、
早速共時性。早い。

30年ぶりにカリフォルニアの沖で
小さなヨットと同じくらいの大きさのサメが発見されました。

Basking sharks(日光浴をするサメ)は
大きくて穏やかで、「優しい巨人」と呼ばれることがよくあるそうです。
4月に30年ぶりにカリフォルニアの海で再出現し始めました。

(写真:Gregory B. Skomal / NOAA)
aa920x920.jpg

クジラとサメの違いはあるけれど、
この大きな口は昨日のこれと似てる。
その箇所だけ再掲。

6日(月))の朝、瞑想時のことなんですが、
くじらのことが浮かび、
数字32が浮かび、
くじらが大きな口を開けたような絵が見えた。

円周を取り囲むように色んな色で覆われている。
色目は全体にぼんやり。

その中心に輪郭が隠された巨大なテンセグリティがみえた。
テンセグリティの絵を描けないので
空白にしておきます。

これがそのマウス画。
マウス画(中心にテンセグリティ)



検索すると出てきたのがこの写真。そっくり!
aa062101.jpg
ウバザメの英名「バスキング・シャーク」は日なたぼっこをするサメの意
https://zooing.honpo21.net/archives/609

わざわざ今日、こんなのが出現したということは、口がテンセグリティの構造なんだよと教えてくれてるの?




| ぶっ飛び考察 | 13:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テンセグリティは「生成」そのもの


1日の記事「カミナリと大雨の幕開け」で、久しぶりに
伝言の言葉「カミは鳴り成りて」を引用した。

いつもならそこで終わるんですが、この日は違った。
「カミは鳴り成りて」を少し思索して間も無く閃いたのです。

(閃きというのは何もないところから閃くんじゃなくて、
いつも日常的に思索しているからこそ閃く)

梶川さんの「犬のしっぽブログ」に
”テンセグリティ・共鳴・共振”のことがよく書かれていて、
それらが一気につながったのです。



テンセグリティは「生成」そのものだと。


なんで今まで気づかなかったのか。。。

生成とは生じること、生じさせること。
物が状態を変化させて他の物となること、過程、転化。
非存在が存在となる過程。


小さなものから大きなものまですべてに
テンセグリティが関わっているんですよ。
惑星の生成もテンセグリティ。
じゃ宇宙も?って想像が膨らむ。

神が生成してるの?
神=生成?
生成が神を生むの?

連休中、こんなこと考えていました。


生成といえば存在、哲学。

アリストテレス、ヘーゲルのこととか、
書かなきゃいけないのかしら、
とかもこの連休中考えてた。

(昔、アリストテレスの本を読んだことはあるけど、
読んだだけで理解はできていない)

寝不足だけど今日あたりは
「テンセグリティ」と「生成の」記事を書かなくてはと思いつつ
昨日から見始めたフランス映画の続きが気になって
ちょっと見始めたらいつもの共時性が登場してびっくりです。
現代モノ映画にヘーゲルが出てきたんですよ。
凄いと思いませんか?

NYに住む主人公の小説家がベッドの上でノートパソコンを広げ、
「Le néant…(無)」と打ち込んだところで、玄関の呼び鈴が鳴る。
出るとヘーゲルが立っていた。

「ヘーゲル?」
ヘーゲル、うなづく。
「入って」

二人はベッドマットに隣に座り会話をする。
ヘーゲルが何を書いているのかと質問すると
「タイトルは「難問」。人生の難しさを小説の形で書いている」というと
ヘーゲルは「私は「精神現象学」という書物を著した」という。
小説家が本の中から何か引用してと言うと
ヘーゲルは”すべての無は存在から生じる無である”と語る。
と同時に姿を消す。

生成の意味を改めて考えると楽しくて仕方ない。
以下のサイトから一部引用してみましょう。

生成(せいせい)becoming; devenir; Werden
https://kotobank.jp/word/%E7%94%9F%E6%88%90-86083

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広義には存在者におけるあらゆる変化をさし,狭義には消滅と対立して存在者の存在もしくは存在形式,様態などの発生を意味する。存在と生成の関係はきわめて古い問題であるが,生成は一般に同一基体上の性質の変化と,基体にあたる存在者の発生とを相対的にみて同じ見方で論じる立場が有力であった。アリストテレス-トミズムの現実態-可能態の体系では,生成とは,可能態が現実態へと移行することであり,この過程の終極は生成するものに内在するエンテレケイアである。生成現象の最終的原因はアリストテレスにおける第一動者であり,スコラはこれを神とみなした。近代ではヘーゲルが生成を基本原理とする動的な哲学体系を立てた。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運動や変化とともに、静止、不変、存在に対する哲学原理。アリストテレスの哲学では、場所運動、増減(量変化)、性質変化と並び、実体のカテゴリーに関する変化と定義された。非存在が存在となる過程が生成である。そこで、存在と生成のいずれをより根源的であるとするかによって、哲学流派の間にもっとも根本的な対立が生ずる。戦いが万物の父であるとしたヘラクレイトスは生成の哲学を代表するものであり、生成は非存在の存在を許す不合理を含むという理由で、生成を否定したパルメニデスは存在の哲学の代表者である。生成と存在の問題は、哲学にもっとも根源的な思索を要求する永遠の問題である。


ドイツ語の「Werden」をグーグル翻訳すると、
わっ、「意志」と出てくる。

どう考えても生成はなんらかの意思ですよね。

梶川泰司さんの犬のしっぽブログより二つアップしておきますが、
興味がある人はブログ内で検索して読んでくださいね。

2013年5月13日

共鳴について

テンセグリティに
振動していない瞬間は存在しない。
テンセグリティは
つねに環境と共鳴している。
その振動とその音に気がつき難いのは
われわれの感覚器の限界を超えた振動数だからではなく
感覚器自体がつねに自己のざわめきで
振動しているからである。



2017年11月16日

非平行に共鳴するテンセグリティ

原子核を構成する核子は平行に並ぶことはない。
つねにスピンしているから。

3組の平行な圧縮材からなるテンセグリティも
構造を形成するために一瞬たりとも平行に並ぶことはない。
つねに共鳴しているから。

一筆書きの張力ネットワークから構成された
正20面体に接近するテンセグリティには特に強い張力が必要だ。

張力がつねに一筆書きで連続する<6struts-tensegrity>は、
バックミンスター・フラー研究所で1981年に梶川泰司によって発明された。

シナジェティクス研究所制作
構造デザイン 梶川泰司

bb02b2296c068e4b1697304a3637bcb4.jpg



そして

6日(月))の朝、瞑想時のことなんですが、
くじらのことが浮かび、
数字32が浮かび、
くじらが大きな口を開けたような絵が見えた。

円周を取り囲むように色んな色で覆われている。
色目は全体にぼんやり。

その中心に輪郭が隠された巨大なテンセグリティがみえた。
テンセグリティの絵を描けないので
空白にしておきます。

これがそのマウス画。
マウス画(中心にテンセグリティ)



| ぶっ飛び考察 | 13:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

抱擁するテンセグリティ


梶川泰司さんの犬のしっぽブログより

浮遊するテンセグリティ構造

フグ(Blowfish)の多数の棘はテトラ状の骨でありその骨は互いに非接触な圧縮材を形成する。フグの筋肉と皮膚はそれらを統合する連続した張力材となる。フグは収縮拡大するテンセグリティ構造を採用している。この構造は海表面でも安全に浮遊することができる。

不連続なテトラ状の骨モジュール
eacfbffc20d816a1b7a89a59e2c1c05a-e1555281828143.jpeg


水や空気を吸入できる浮遊テンセグリティ構造

伸縮しやすい皮膚を採用したフグ(Blowfish)は、伸縮自在の胃に素早く大量の水や空気を吸入させて浮遊するテンセグリティ構造を採用している

puffer-fish-puffed-e1555282940893.jpg


テンセグリティは分散型の無脊椎構造

無脊椎動物や藻類などを食べるフグは脊椎動物であるが、驚くことに連続した脊椎をほとんど形成していない。すべてのテトラ状の骨は張力材ネットワーク上に浮かんでいることになる。テンセグリティ構造は大黒柱のない分散型の無脊椎構造である。

08_4_7_3-1.jpg


モジュールからなる 球状テンセグリティ構造

フグの4面体状モジュールは自然のテンセグリティ・デザインである。バックミンスター・フラーは、8面体状のテンセグリティモジュールからなる球状テンセグリティ構造(1982年)をデザインしている。約40前前私はカリフォルニアでこのモデルの修復に従事したことがある。

image-e1555289562428.jpeg


ハリセンボンの構造とパターン

ハリセンボンはフグ目のハリセンボン科に分類される魚でありフグはフグ目のフグ科。前述のフグに関する私の記事はすべてハリセンボンの構造とパターンに関連した自然の先験的なテンセグリティ構造への分析となる。

ハリセンボン
https://ctseibutsu.jp/ex/porcupinefish.html



フグで沖縄の市場で見かけるハリセンボンの姿を思い、
すぐ調べました。
なるほど、こうなっているんですね。

ハリセンボン
ハリセンボンporcupinefish_3D01
ハリセンボンporcupinefish_3D02

梶川さんのブログにあるように
棘はテトラ状の骨で、その骨は互いに接触していない。

あっ!

間もなくあることに気づきました。


これってムクドリの集団飛行、魚の群れと同じだ!
ハリセンボンの棘の一つが鳥の一羽、魚の一匹と同じだ!
集団の鳥=ハリセンボン一匹。


(私はムクドリの集団飛行をテンセグリティと考えています。)

以前アップしたムクドリの写真

DTsdCDiW4AU-iYN.jpg

ハゴロモガラス/wired.jp
ハゴロモガラス0413WIFFCOLL001

イワシ/wired.jp
イワシC0141791-Blue_jack_mackerel_bait_ball-SPL
魚の名前は不明/http://tsumishima.com/ocean/mure/000420.php
WTP用群れ2-thumb-380xauto-563
魚の名前は不明/trendy.nikkeibp.co.jp
aa01_px450.jpg

アリの行進なんてのもありました。写真/wired.jp
アリの行進0413WIFFCOLL004

頭がすぐ飛ぶのでここで何故か、サンゴを思いました。

すぐに見つかった。

骨格を持たないサンゴ「ソフトコーラル」


「軟質サンゴ:大きな群体を作り、骨格を作るものの、細かな骨格がバラバラに入っているような、柔らかな群体を作るものを軟質サンゴ、または英語そのままにソフトコーラルと呼ぶ。(ウィキ)」

サンゴもハリセンボンを覆う棘と同じ。

これが代表的なイソバナ。
海中の樹氷と呼ばれるそうです。
きれいですね。竜宮城をイメージする人も多い。
IaaMG_2409.jpg
清水万次郎商店@宮古島 @shimizu_yasushi
イソバナDOe9z2UV4AAaVEc
イソバナDOe9z2WUQAIANzg

最近よく見られる樹木型のカミナリとも似ていますね。

ハリセンボンはサンゴ礁にいます。
沖縄ではアバサー汁として親しまれています。
棘のついたままの皮をむいて調理するそうです。

サンゴといえばトーラス型の環礁もある。

そしてボームの言う「プラズマの生きた電子の海」に今回もたどり着く。

過去記事を再掲。
「プラズマの実験中に、プラズマの中に入った電子は固体としての動きを止め、まるで大きな全体の一員になったかのような行動を始めるのを、ボームは発見する。まるでアメーバのような有機的なプラズマに衝撃を受けたボームは「電子の海が生きている」と感じることがよくあったと語っているそうです。」


ハリセンボンの棘、鳥の集団、魚の集団、サンゴ、プラズマ、これら全てを抱擁するのがテンセグリティ。


空想はつづく。

///////

おまけ

フグの作るミステリーサークル
363_1.jpg
海底にミステリーサークルを作る新種のフグ
https://www.spf.org/_opri/newsletter/363_1.html

「奄美大島の海底に直径2mの不思議なサークルが毎年4月から8月に出現する。サークルには多数の放射状の溝が走り、精巧な図形のように見える。このサークルは新種のフグが作る産卵巣であることが判明した。毎年、世界全体で1万8千の新種が報告されているが、このフグは2015年の「世界の新種トップ10」に選ばれた。」


| ぶっ飛び考察 | 13:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雲をまとったマザーシップ


雲は見えないものを具現化して
私たちに見せてくれている。

モスクワの空にマザーシップのような雲が姿を現わす
https://twitter.com/Strange_Sounds/status/1026212085443817478
aaDj3WcZtXoAA-2nO.jpg
aaDj3WcaFW0AA6D6G.jpg
最近、マザーシップのようなレンズ雲が
世界各地で見られるようになりましたね。
(モスクワの雲はレンズ雲とはまた違う感じがしますが)

というよりも

固い物体としてのUFOよりも
雲のUFOのほうが理解しやすいと思いませんか。

だって何万光年の彼方からUFOがやってくるなら
当然、地球とは振動数が違うはずだから
私たちの目には見えないと思うんです。
だから雲を身にまとってるんじゃないかな。

それを元に考えるなら
UFOの目撃者の数が限られているというのが納得できます。
だって振動数が違うから全ての人には見えないでしょ?

だから誰でも見れるUFOは地球製と考えた方がいい。

私が夢で体験した空を覆い尽くすUFOも
雲でできているように見えました。
過去記事の再掲です。

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-878.html

b0086362_1541157.jpg
(ノートの一番下の黒いものは私と男性二人)

1996年4月3日(水)

空一面のU・F・O
圧倒されんばかりの美しさ

私はこの場所へ来るのに
見知らぬ男性のバイクの後部座席に乗せられてきた
もうひとりは乗用車で後からついて来る
最初から二人だと私が警戒して
一緒に行動しないので別々に登場してきたよう

以前に
U・F・Oを見たときは
人に言ってはいけないと忠告されていたので
そばにいる二人の男性に言えず
ひとりで感動している
感動のあまり
目を手で押さえる

*純白の雲で出来たようなU・F・Oだった。


b0086362_15413688_201808061420022b3.jpg
(下の黒いものは私)

空に巨大な目が二つ

言葉で表現できない
もちろん
かつて一度もみたことのない
吸い込まれそうな
巨大な目が
開いたり、閉じたりしている

空に浮いてるのではなくて
宇宙の重心にまで
つながっているという感じ(トンネルのよう)
とにかく想像を絶する目だけれど恐怖ではない




| ぶっ飛び考察 | 15:02 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT