| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

雲をまとったマザーシップ


雲は見えないものを具現化して
私たちに見せてくれている。

モスクワの空にマザーシップのような雲が姿を現わす
https://twitter.com/Strange_Sounds/status/1026212085443817478
aaDj3WcZtXoAA-2nO.jpg
aaDj3WcaFW0AA6D6G.jpg
最近、マザーシップのようなレンズ雲が
世界各地で見られるようになりましたね。
(モスクワの雲はレンズ雲とはまた違う感じがしますが)

というよりも

固い物体としてのUFOよりも
雲のUFOのほうが理解しやすいと思いませんか。

だって何万光年の彼方からUFOがやってくるなら
当然、地球とは振動数が違うはずだから
私たちの目には見えないと思うんです。
だから雲を身にまとってるんじゃないかな。

それを元に考えるなら
UFOの目撃者の数が限られているというのが納得できます。
だって振動数が違うから全ての人には見えないでしょ?

だから誰でも見れるUFOは地球製と考えた方がいい。

私が夢で体験した空を覆い尽くすUFOも
雲でできているように見えました。
過去記事の再掲です。

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-878.html

b0086362_1541157.jpg
(ノートの一番下の黒いものは私と男性二人)

1996年4月3日(水)

空一面のU・F・O
圧倒されんばかりの美しさ

私はこの場所へ来るのに
見知らぬ男性のバイクの後部座席に乗せられてきた
もうひとりは乗用車で後からついて来る
最初から二人だと私が警戒して
一緒に行動しないので別々に登場してきたよう

以前に
U・F・Oを見たときは
人に言ってはいけないと忠告されていたので
そばにいる二人の男性に言えず
ひとりで感動している
感動のあまり
目を手で押さえる

*純白の雲で出来たようなU・F・Oだった。


b0086362_15413688_201808061420022b3.jpg
(下の黒いものは私)

空に巨大な目が二つ

言葉で表現できない
もちろん
かつて一度もみたことのない
吸い込まれそうな
巨大な目が
開いたり、閉じたりしている

空に浮いてるのではなくて
宇宙の重心にまで
つながっているという感じ(トンネルのよう)
とにかく想像を絶する目だけれど恐怖ではない




| ぶっ飛び考察 | 15:02 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「プリズム」を考える。


多分以前も書いたと思うんですが、
「光」の漢字は太陽光が水面に射すそのものを
表しているように、私には見えるんです。

波の光が水面の波と出会う。
水面は見える世界と見えない世界の境界線でもある。

水面に射す光が屈折するのを見せることで
「君たちは世界をこうやって見ているんだよ」
と教えてくれているように思うんです。

マウスで描いてみる。
マウス画

水中(こっちの世界、あるいは地下世界)に光源を置くとどうなるか、
なんてこともあれこれ空想します。
(光は異なる物質を通るときその境で折れ曲がる)


梶川泰司さんのこのメッセージは想像を掻き立てられます。

感覚に対する物理的な干渉

感覚に対する物理的な干渉(たとえばプリズム)はリアルである。
そして認識可能な真実である。
光の方向を変える介入方法に真実がある。
それは原理的である。

100602puri61-400x175.jpg



誰でも「プリズム」を介して世界を見ているから
世界が違って見えるのかもしれない。
だって誰一人同じ場所には立てないから。

プリズムの言葉が頭になくても
誰でもこの神秘な世界に頻繁に接している。

「プリズム」は一つの色(白色)を
色んな色に見せてくれる魔法の三角形。
だから地球に色んな色がある。

前に「人類は実はたった一人」じゃないかと書きましたよね。
それにも通じる何かがある。

一つの色(白色)は神かもしれない。

そして物理的な干渉とそうでない干渉。
(そうでない干渉とは精神的とか霊的とか、
個人の思考の癖とかね。)

光の方向を変える介入方法」でグランチを想像した。
彼らはこの介入方法を知っているんじゃないだろうか。
あるいは介入方法を手に入れるために、
CERNなどで実験しているんじゃないだろうか。

とか

こうやってあれこれ頭飛ばせるから、
梶川さんのブログが好きです。
また面白いことを考えついたら書きます。


| ぶっ飛び考察 | 16:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バッキーボールに見えたり、テンセグリティにみえたりする


石でつくられたこの丸いものは新石器時代に作られたものなんだそうです。
何に使われたかは不明だけど、何百個も発見されているそうです。
花崗岩、蛇紋岩、砂岩などでできていて、手のひらに収まる大きさ。

The mysterious carved balls come in all shapes and designs
The famous Towie stone still evokes much speculation and debat
Some stones had as many as 160 knobs carved onto the surfaceDoes Anyone Know What These Knobbly Orbs Are For?
https://www.atlasobscura.com/articles/what-are-scotlands-carved-balls


フランスの有名なル・モン=サン=ミシェル。
こうやってみるとドーム型なんですね。
DVcQOw9WkAAbprtMont Saint Michel
ドームが水に映ると球体になる。
とんがったものは触覚みたい。
DX6dr3UXcAEjtTpBonjour!.jpg

同じ形状のものを体内に持っているから、
人ってこういうものを作りたくなるんでしょうね。


| ぶっ飛び考察 | 23:58 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

閉じ込められた神が動きだした? その106(島根県震度5強の地震で初代天皇「崇神」の子ども「宇麻志摩遅」の神像が倒れ剣先が折れる)


久しぶりの「閉じ込められた神が動きだした? 」シリーズです。

DSC06723.jpg


まずは奇兵隊さんのコメントから。

社務所内にあった宇麻志摩遅命様の御神像が地震の影響で倒れ、剣先が折れて

こんなのがありました。

文鳥さん ぶんちょうさん ( ⁰⊖⁰)さんがリツイート
石見一宮 物部神社@授与所番
@mo_nonobe 13時間前
その他
その他、社務所内にあった宇麻志摩遅命様の御神像が地震の影響で倒れ、剣先が折れてしまっていました。
これが1番大きく重い被害でした。
何とかして早く綺麗な姿にお戻ししなければ。 – 場所: 物部神社
https://t.co/Y7NCVQZoTr

| 奇兵隊 | 2018/04/09 23:08 | URL | ≫ EDIT


物部といえば「ニギハヤヒ」(渡来人)。
266px-櫛玉饒速日命像 ニギハヤヒ
ニギハヤヒ=初代天皇「崇神」。
ただし当時は天皇とはいわず王と呼んだ。

後に天皇と呼ばせたのはいわゆる改ざんです。
現在同時進行中の日本の十八番芸の改ざん。

一般的に
饒速日命は登美夜須毘売を妻とし
物部氏の初代の宇摩志麻遅命をもうけた
』と言われています。

宇摩=生まれる。
そして馬。

この「馬」がカタカムナ ウタヒ」によく出てくるんです。

「宇摩志麻遅命」の中に
伊勢志摩の志摩が隠されている。


ご存知のように伊勢神宮に祀られているのはニギハヤヒです。
天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊
(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと)

アマテラスとはニギハヤヒのこと。

九州にも志摩があります。
というか当然こっちのほうが先でしょうね。

志摩はシマ(縄張り)に通じる。

造化3神の後に生まれた2神のひとつが
宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)と言われていますが、
この「うましあしかびひこぢのかみ」は暗殺されたと考えています。

それがこれです。
「カタカムナ ウタヒ」は暗号じゃないかと考え考察したもの。

「カタカムナ ウタヒ」は暗号?(7、ウマシアシカビヒコヂは暗殺された?)
https://cocorofeel.exblog.jp/12548385/
「カタカムナ ウタヒ」は暗号?(7、ウマシアシカビヒコヂは暗殺された?) 追記
https://cocorofeel.exblog.jp/12563218/

ついでに志摩も。

閉じ込められた神が動きだした? その54 (志摩の北には対馬、阿連、太陽神、天日槍、ニギハヤヒ)
https://cocorofeel.exblog.jp/12569503/

あっ、最後に面白いことを発見!
震度5強の地震があった「島根」にも「志摩・しま」が隠されていた。


///////

志摩は九州にもあります。
当然こちらのほうが先でしょう。

地名については龍さんブログを参考にしてください。

「加羅」にちなむ各地の地名
http://ryuchan60.seesaa.net/article/435098851.html

>例えば、筑前国志摩郡韓良(から)郷・同郡加夜(かや)郷・伯耆国見郡蚊帳(かや)郷・但馬国気多郡賀陽(かや)郷があるが、郷名カラは加羅(から)に由来し、郷名カヤは加那(かや)に由来する。


| ぶっ飛び考察 | 17:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アリゾナ州の空に現れた巨大な四角形の雲は映像じゃないかな。そしてCERN


最初にヒデさんのお便り紹介です。

-----Original Message-----
Sent: Monday, April 09, 2018 9:47 AM


おはようございます。

・・・・・

数日前、太陽に黒龍と白龍が出現して
白龍が負けてしまいました。

良くないことが連発して起きそうで心配です。
特に5月が良くない気がします。
微力ながら祈ります。



次に奇兵隊さんのコメント。

藤原さんのtwitter見たら丁度出てました

藤原直哉
‏@naoyafujiwara 2時間前
その他
地元民が恐怖におののいたアメリカの「四角い雲」出現騒動

https://news.nifty.com/article/item/neta/12156-48154/

| 奇兵隊 | 2018/04/08 23:13 | URL | ≫ EDIT


これがその写真。
fc2blog_2018041014453698e.jpg
こんな形は自然ではできません。
何らかの実験で出来たものでしょう。

夢ではこういった雲はみることはあるんですが…
とここまで書いて、あっそうだと閃いたのが、
これは雲じゃなく空をスクリーンとして映し出した映像じゃないかな。四角い雲を作るよりも映像のほうが楽でしょう。


もう一件、奇兵隊さんから。

CERNでカオスに叩き込まれる世界

>ついでに、最先端科学実験施設もイルミナティ、グランチで決定。

カレイドスコープ
東西資源戦争の勃発と中国・ロシアの脱SWIFTへの動き
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5497.html

中国に対するトランプの二枚舌外交

・・・「一つの中国」政策を容認すると言いながら、いっぽうでは台湾の軍事産業への技術供与を推進する米政府の二枚舌に中国は神経をとがらせています。トランプ政権には、中国との貿易不均衡の是正を謳い上げることによって正面からの軍事衝突を回避しながら、中国人民解放軍の軍拡を阻止しようという狙いがあることが確かめられたのです。この背景には、イレーン・チャオ(趙小蘭:英語名 Elaine Lan Chao)の運輸長官への指名があります。・・・彼女は、トランプ政権発足の一ヵ月前、米国の経済界の代表団を引率して台湾を訪れ、蔡英文総統に表敬訪問しています。もともと、クリントン政権の時代には、人口3億人を抱える中国の華南地方を本土から切り離して、欧米資本による直接投資によって経済発展を促しながら民主化への道筋をつける戦略があったのです。

<中間省略>

・・・トランプ政権の本質は、可能な限り軍事を使わない軍事政権です。中国の人民解放軍の急激な近代化は、米国との軍事バランスを壊してしまうので、これを放置しておくと、世界統一政府樹立へのシナリオが破綻してしまいます。したがって、トランプ政権は、中国との貿易戦争に名を借りた“密やかな冷戦”に駆り出されているというわけです。レックス・ティラーソンも、マイク・ポンペオも、ジョン・ボルトンも、ネオコン、非ネオコンの違いはあるものの、すべてが西欧主導の新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)を目指しているグループに属しています。

<中間省略>

・・・そして、単一国家、単一市場については、EU統合化や北米自由貿易協定(NAFTA)、そして、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)などの多国間経済協定を装ったグローバルな安全保障条約によって促進されています。そして、最終段階で世界的なカオスを創出するのが、すでに量子コンピュータ「D-wave」によってアクセス可能となっている世界、つまり、スイスにあるセルン(CERN:欧州原子核研究機構)のLHC(Large Hadron Collider:ハドロン加速器)が呼び出す異形の存在によってもたらされる「別の神」です。(※2015年8月31日配信の臨時増刊号「2015年9月14日から、ユダヤ暦で『サタンの年』に入る」にて詳述。ダイジェストはコチラ)

すべてが、一つのゴールに向かって収斂されようとしています。

| 奇兵隊 | 2018/04/10 00:20 | URL | ≫ EDIT


>スイスにあるセルン(CERN:欧州原子核研究機構)のLHC(Large Hadron Collider:ハドロン加速器)が呼び出す異形の存在によってもたらされる「別の神

別の神」とは以前記事にした地下世界の神「ケルヌンノス」のことですね。

地獄へのスターゲート:あばかれたCERN/SATURN(土星)
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-13999.html

・・・彼らエリート(EL-ITE)の最終目的は、
土星につながる次元ゲートウェイ(複数)を開けることで
古代の悪魔の目を覚まさせ、出現させようとしている。

CERNは土星(土星=時間・空間)と直接つながっていて
時間と空間を変えることが可能である。
実際CERNは土星の機械のようなもの。・・・


実際、CERNのディレクター、セルジオ・ベルトリッチは
「このドアから、何かやってきたかもしれないし、
われわれが何かを送りだしたかもしれない」と語っています。

CERNは古代の悪魔「ケルヌンノス」の略語。

CERNの大型ハドロン衝突型加速器の数十倍の性能を持つ
加速器「SuperKEKB」がつくばにあります。


| ぶっ飛び考察 | 15:02 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT