| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

サルバとテンセグリティ・シェルター


ph_thumb浮遊生物サルパに乗り込んだタコ 浮遊生物サルパに乗り込んだタコ、34年ぶり撮影

「大海原にすむタコ「アミダコ」が、透明の浮遊生物サルパの中に入って海中を漂う非常に珍しい光景が2018年2月、静岡県沼津沖で撮影された。動画には、筒状になったサルパの内壁に、小さなタコが自らの腕を張り付けて体を固定し、水を勢いよく吐き出しながら水中を進む様子が映っている。」

これより前に去年このサルバの存在を知った瞬間、
テンセグリティ・シェルターに活かせないかなと思った。

これがその去年の記事。
去年からずっと書こうと思っていたのになかなかアップできなかったのは
このちゃっかり者のタコ待ちだったのかしら。

このタコのおかげで一層テンセグリティ・シェルターにつながった。

GettyImages-128587855.jpgつながって集団で泳ぐ奇妙な海洋生物「サルパ」──その高効率な推進法が「水中ロボット」を進化させる

>サルパの生活スタイルは風変わりだ。鎖状につながった各個体は、有性生殖を行い、単独の個体を生み出す。単独性のサルパは、無性生殖で数を増やし、また鎖状のサルパになる。個々のサルパの姿形は樽型で、一方の端から海水を吸い込み、プランクトンをこしとって食べる。そしてもう一方の端から水をジェット噴射し、前進のための推進力を得る。

一方の端から海水を吸い込み、プランクトンをこしとって食べ、
そしてもう一方の端から水をジェット噴射し、
前進のための推進力を得るって、人間も同じことしてる。

口から食べ物を摂取しそれをエネルギーに変え、排泄する。
前に進む(日々を生きる)生活。

これをテンセグリティ・シェルターに活かせないかと考えたのです。
日々の暮らしに、しかもUFOのように空間移動もできるんじゃないかと。
UFOもこうやって移動しているんじゃないかと考えた。

>サルパの群体は、要するにたくさんのエンジンを並列につなげているのと同じことだ。移動のたびに大混乱におちいりそうに思えるが、個々のサルパは一体どうやって噴射のタイミングを協調させているのだろう。意外にも、その答えは「そもそも協調させていない」だった。サルパの移動は非同時的なのだ。

ムクドリと同じでテンセグリティだ。
そしてボームの全体運動。
この前書いた共時性の言葉を使っていいかもしれない。

協調させていないけど、勝手に同調しているんじゃないかな。

非同時的」の言葉は犬のしっぽブログに山ほど出てくる。

非同時的で同時的宇宙

宇宙は開発されない。
開発の意図から出た大気圏外の宇宙計画は、圧制の道具や手段になる。
宇宙はつねに発見される。

実験室で初めて合成された未知の無機物(たとえばフラーレーン)でさえ、
非同時的で同時的な宇宙の闇を繋ぐ星々の履歴からやって来る。

それらと無数の地球微生物との遭遇なくして、
大気圏内の生存をかけた宇宙計画も成功しないだろう。

非同時的

非同時的な宇宙は、
静止空間ではなく
時間の関係性に満ちている。
そのすべての関係性はジオデシックである。
だから、同時的なことばかり気にしていると
バーチャルな直線になってしまう。


>「わたしたちが実験で実証したのは、通常の持続的遊泳においてサルパの各個体は、バラバラにふるまっているということです」と、論文共著者のひとり、オレゴン大学の生物学者ケリー・サザーランドは言う。

バラバラにふるまっているけど、全体として行動していることになる。



| ぶっ飛び考察 | 13:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伏羲と女媧と結縄、インカのキープ。そして沖縄・那覇、ナーガへとつながる道


赤字の部分を追記しました。
これが当たってたら面白い。


/////

カタカムナ ウタヒ 15首に奇兵隊さんが
「女媧と伏羲みたいな感じですね。」とコメント入れてくれた
「女媧と伏羲」は以前3回書いています。

『那覇が変われば、日本がかわる。』 その2
やっぱり沖縄はヌワが人類を創造した道教の聖地なの?
世界最古の釣り針から、テンセグリティの見えない紐へと

たまたま目にした大紀元の「伝説上の最初の帝王―伏羲」の
「伏羲は、書契をつくって結縄の政治にかえた。」の
結縄」に目がとまった。

女媧(Nuwa・ヌワ)と伏羲
女媧と伏羲
ヌワ(女媧)はナワ(縄)。
女媧と伏羲の婚姻も螺旋の縄。
「結縄」の言葉も縄を結ぶだから、
女媧と伏羲の婚姻を現している。。

ところが女媧が一人で人類を創造したという説があるんです。
以前書いたように、
女媧は土と縄で人類を創造した女神で
黄土を捏ねて作った人間が貴人で
数を増やすため縄で泥を跳ね上げた飛沫から産まれたのが凡庸な人間。
女媧は疲れて手動の代わりに縄という道具を使って量産するようになったとあります。

このシーン、想像を掻き立てられて面白い。
天地が開闢したときには人がまだいなかったので、女媧が黄土をまるめて人を造った。しかし、きわめて劇務であったのに、力を費やす暇がなく、縄を泥の中で引き回し、引き上げて人を造った。(大紀元)』

女媧の媧は

日本の神話は中国神話を真似てつくったものでしょう。


とりあえず「結縄(けつじょう)」を調べてみる。

ウィキの最初の写真をみると、
縄の漢字の旁(つくり)は縄の形そのものですね。

キープ (インカ)

Quipuキープ

キープ(Quipu、khipu)は、インカ帝国で使われた紐に結び目を付けて数を記述する方法。ケチュア語で「結び目」を意味する。キープは紐の結び目の形で数を表現するため、「結縄(けつじょう)」とも呼ばれている。

構造
単色、もしくは複数に彩色された紐で作られ、さまざまな形の結び目がついている。紐は二本撚り以上になっており、太さには4種類が存在した。最も太い紐は親紐と呼ばれ、その他は下がり紐として親紐に房状に結びつけられている。結び目の形、紐の色、結び目の位置などに情報が含まれ、結び目の位置によって、一、十、百、千、万の位が表された。下がり紐は3本ほどから2000本近いものまであり、細い補助紐がつけられる場合もある。レイランド・ロックの研究によって、十進法を用いていることが判明した。

機能
キープは単なる記号以上の複雑な体系を持ち、言語情報を含んでいることが近年の研究によって明らかにされている。王や役人は人民の統治に必要な情報などをキープに記録し、その作製および解読を行うキープカマヨック(キープ保持者)と呼ばれた役人がいた。キープカマヨックはインカ帝国統治下の各地におり、人口、農産物、家畜、武器など資源についての統計や、裁判の判例なども記録した。キープそのものは計算の道具ではないため、Yupanaと呼ばれるアバカスの一種で計算した結果を記録する場合もある。インカ帝国にはキープを教える専門の学校が存在し、交叉型の分類、集計の混じった情報を扱うこともでき、数学的思考を可能とした。

作製されたキープは、シャスキ(英語版)と呼ばれる飛脚たちによって運ばれた。往時の史料によれば、シャスキは一日280km ほどもリレーした。時速17km である。シャスキは18-25歳の男子から選ばれた。選ばれると、年三ヶ月の鉱山労働を一ヶ月に減免された。中継駅の維持は地元村の義務であった。シャスキ網は王のいるクスコが中心であった。シャスキは王の食べる生鮮食品も運搬した。インカを征服したスペイン人もシャスキを使役したが、うまくゆかなかったという。

Inca_Quipuキープ
結縄
伝説では、中華民族の始祖とされる伏羲が漢字発明以前に、意思伝達のため「結縄」を行ったという。隋書倭国伝や二中歴など古文献は、漢字伝来以前の日本について「無文字唯刻木結縄」と記す。沖縄や房総半島や北海道で昭和時代まで使われていた。沖縄では、琉球王国時代から徴税事務や日常活動において数量を数える表示・記録の手段として用いた。沖縄では結縄を「ワラザン」「バラザン」などと称し、単位を区別するために紐には太さや材質の異なる複数の藁を用いた。この制度は琉球処分後も継続された人頭税が廃止される1903年まで継続された。


「キープ」は英語で保持するの意味だから英語でもあってる。

インカ帝国は高度に組織化されており、キープと呼ばれる装置によって食料の貯蔵量を記録していた。新たに発見されたより複雑なキープには、数以外のメッセージが含まれていた可能性がある。
ph_thumbインカ帝国、「キープ」
文字のなかったインカ帝国、手紙に使われたという「キープ」の謎に迫る』
インカに「文字」?解読の有力な手掛かり発見か(ナショジオ)

アンデス山脈の村サン フアン デ コラタ 村の歴史に関する情報を含んでいる可能性がある。
03アンデス山脈の村サン フアン デ コラタ 村の歴史に関する情報を含んでいる可能性がある。


ペルーの結縄の方法
ペルーの結縄の方法(国際日本文化研究センター )


たく‏ @polanyaan

"中国社会では三皇五帝時代に結縄方式をすてて書契時代となり、さらに進んで漢晋時代には今日のような漢字に発達しているが、沖縄諸島、宜古、八重山諸島では今日でも古俗を残して、インカのキープと同様に藁縄類を結んで、公私の諸件を処理する習俗がある。"


Mideaux, Y.‏ @Jn21M

【琉球王国】琉球(語)には、独自の文字表記法が無く、縄の編み目に意味付けをし、記録として保管していましたね。
cf:結縄(けつじょう)、インカのキープ(同類の記録法)
https://twitter.com/Akubishobo/status/688927745993084928


CY-QIn0UMAAI1f_藁算 琉球王朝時代の数の記録法
藁算:琉球王朝時代の数の記録法 栗田文子著
琉球王朝時代(1187~1879年)、文字を持たなかった沖縄の庶民が、日常生活の様ざまな記録に用いた藁算。明治後期に失われた沖縄の文化遺産を現代に復元した貴重な資料。


現在でも石垣島の一部で縄文字が残されているそうです。
南米インカ帝国と沖縄に縄文字があった。

縄と言えば縄文。
沖縄では縄文土器が出土している。
それどころか9千年以上前の土器、石器がみつかっている、
東アジア最古旧石器時代の人骨も出ています。
他にたくさんある。

世界最古の釣り針もみつかっている。
釣りといえば、りといえば
伏羲が人類に魚釣りを教えたといわれている。

///////

Nuwa・ヌワ、縄と言えば沖縄・那覇。
那覇はナワでもある。

バックミンスター・フラーは『那覇(NAHA)とは、
ノア(NOAH)であり、ナーガ(NAGA)である。』と言ってます。

2015.05.30  『那覇が変われば、日本がかわる。
で紹介した沖縄へのビッグメッセージ。

梶川泰司さんの犬のしっぽブログより再掲

ナーガ(NAGA)

那覇(NAHA)とは、
ノア(NOAH)であり、ナーガ(NAGA)である。
--------------バックミンスター・フラーの1982年の講義

那覇が変われば、日本がかわる。
それをアメリカ海軍(NA-vi-GA-tion)がもっとも怖れてきたことである。

那覇は
バイオスフィアを航海,航空,航行する時の
浮かぶ永遠のマイルストーンである。



今日の犬のしっぽブログに「一粒万倍」を読むと
稲にはパワーがあることがわかる。
その稲わらを編んで色んなものを作ってきた。
農家の縄細工やしめ縄など。

日本一大きい出雲大社のしめ縄
1024px-Izumooyashiro89.jpg
しめ縄の下のスカートみたいなのってこれと同じ?
女媧と伏羲


こちらは懐かしの諏訪大社

諏訪大社で大祓
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-7561.html

大祓の「茅の輪」初体験
DSC07003.jpg

これがくぐりかたの説明、見た目はメビウスの輪
DSC07002.jpg


メビウスの輪をまったく違う見方をしたら
とつぜん、メビウスの輪的なものに興味が出た。。。


| ぶっ飛び考察 | 19:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年の最後は「愛」で終わります。


IMG_2077.jpg

先日に続いて今日もテンセグリティと愛について書きます。

梶川泰司さんの「犬のしっぽブログ」より
(12月23日のメッセージ)

共振するテンセグリティ

テンセグリティ構造はジオデシック構造よりも
より高い強度と剛性が形成できる。
テンセグリティの構造安定性は共鳴エネルギーによるものである。
共鳴エネルギーが共振するテンセグリティ(Resonated Tensegrity)を生成している。

対称的な球状テンセグリティ構造における圧縮材の構成数は、
つねに6の倍数で増加できる。
しかし、共鳴安定化されたテンセグリティの部分から
どの程度の共鳴構造の寄与があるのかは、まったく観測できない。

張力材の神秘は、閉じたネットワークの共有結合にある。
言わば、圧縮材の継手となる張力的原子価(valence)を
他の圧縮材が共有していることを意味する。

SYNERGETICS
Fig. 717.01 Single and Double Bonding of Members in Tensegrity Spheres:

f1701.jpg


>球状テンセグリティ構造における圧縮材の構成数は、
つねに6の倍数で増加できる。


6の倍数

この前も書いたように、
やっぱり、テンセグリティは愛なんですよ。

何度も書いていることだけど、
ジョン・キングの著書「数秘術」では、「666」は愛の言葉となっています。
デイヴィッド・アイクも「666」は元々聖なる数字だったと言ってました。

世間では「666」を悪魔の数字と言っているけど、
「666」が愛の言葉、聖なる数字だったらどうしますか?
多くの人の思い込みから聖なるものを悪なるものに
変質させていたとしたらどうしますか?

以前ちらっと書いたように「555とか666とか
実はまったく違うモノを表しているのかも知れない。」も捨てがたい。

さて愛に戻ります。

11月10日の梶川さんのメッセージ「裏庭」のこの部分。
移動可能な小さなシェルターは、植物と共に
太陽を受け入れる最大の受容器なのだ。
裏庭のシェルターは、世界中の太陽と交信できる。


見間違いなどではなく
「太陽」が「愛」にはっきりと見えたと書きましたよね。

そして今回j、ピンときた6の倍数。

6と言えば?

原子番号6の炭素。

405px-Eight_Allotropes_of_Carbon炭素

炭素と言えば?

そう「バッキーボール」です。
正式名は「バックミンスター・フラーレン

これって偶然だと思います?

バッキーボールについては以前何度か記事にしていますが改めて。

宇宙空間に存在するバッキーボール
buckyballs宇宙空間に存在するバッキーボール
炭素のサッカーボール、宇宙で初めて固体で発見(astroarts)
『【2012年2月28日 NASA】60個の炭素原子がサッカーボール状に結合した物質「バッキーボール」。宇宙空間ではガス状態でしか発見されていなかったが、イギリスの大学などの研究により、初めて固体で発見された。バッキーボールは、生命の基礎とつながる炭素物質がどのように作られるかを理解する重要な鍵とされている。・・・今回、スピッツァーの観測により、6500光年かなたの二重星「へびつかい座XX」周辺で多数のバッキーボールが結合してできた固体粒子が検出された。しかも、見つかった量はエベレスト山の体積1万個分という膨大なものだ。・・・』

ちなみに私は12星座だと射手座だけど、
13星座だとへびつかい座。(微笑



| ぶっ飛び考察 | 21:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人間も神も出来そこない?


日付けを入れてないけれど今年描いたものです。
いつものように出先のカフェで。
まゆみ絵 2017

きょうは超ぶっ飛びを書きます。


梶川泰司さんの犬のしっぽブログより
(12月16日のメッセージ)

犬のしっぽブログ  Yasushi Kajikawa
http://www.two-pictures.net/tail/


テンセグリティのテンセグリティ化

4面体状のテンセグリティの中心にある球状20面体12個の頂点は、
対称的に4つのグループに分割され、
放射状に外部のテンセグリティから引っ張られている。
中心の多面体は振動するがまったく回転しない。

私のテンセグリティシェルターも、この原理によって
2層化できるばかりか、より少ない構造材から
空間を加速度的に剛性化と軽量化ができることが分かった。

SYNERGETICS
Fig. 401.00 Tensegrity Tetrahedron with “Me”

f0100.jpg


感じたままを書いていくのでご用心ください。

上のテンセグリティの中心にある球状20面体が
地球や月、太陽、惑星にみえて、

そして地球や月、太陽、惑星が
外部のテンセグリティから引っ張られている
絵が浮かびました。

ちょっと考えて

宇宙空間に真空に浮かんでいるようにみえていたのは
実は外部のテンセグリティから引っ張られていたんだと気付く。

宇宙そのものは大きなテンセグリティ構造で
星々もテンセグリティで

そして形は丸くないけれど、
人間も動物もすべてテンセグリティ構造。

だけど何故、丸くないの?

ここでふと胎内に居るときの胎児は丸くなっている絵が浮かぶ。

臓器は浮いているでしょ?
あれはね、外部のテンセグリティから引っ張られているんですよ。

原子核はテンセグリティだから
体の中にもテンセグリティ構造がある。

身体の内側も外側もすべてテンセグリティだらけ。

ここでまたボームのプラズマの話が浮かぶ。

電気、プラズマは全体運動によく似ている。

プラズマの実験中に、プラズマの中に入った電子は固体としての動きを止め
まるで大きな全体の一員になったかのような行動を始めるのを、ボームは発見する。
まるでアメーバのような有機的なプラズマに衝撃を受けたボームは
「電子の海が生きている」と感じることがよくあったと語っているそうです。


鳥の群れが「一体となる」仕組みもテンセグリティだ。

ボームの量子ポテンシャル「各部分の動きは全体が決めている。」もテンセグリティだ。

全体運動はテンセグリティ構造なんだ。

原子は年を取らないのに人間は歳をとる。
大概の人は何故なんだろと思いますよね。

それはね、
永遠に生きられたら困るから
神さまがこんな形にしたんですよ。

あっ、変なこと考えついた。

神に似せて人間をつくったという言い伝えがあるけれど
それじゃ、神にも永遠に生きられたら困るからなんだ。

テンセグリティのはずの人間はどうして
テンセグリティ構造じゃないものを作り出すのかしら。

完全なテンセグリティじゃないからでしょう。

不完全?
出来そこない?

よく歳を取ると丸くなるっていうじゃないですか。
あれもヒントでしょうね。

そうそう、歳より若く健康な人は、
テンセグリティを生きているんですよ。
これは間違いない。

ヒトがヒトとして生きるということは
不完全な人間がテンセグリティを生きてこそ
なのかもしれない。



| ぶっ飛び考察 | 16:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

陰極まって陽となるか。伊勢神宮宇治橋前大鳥居の中央から御来光


ようやくわかった、
三種の神器の鏡とは太陽のことだ!


12月22日冬至の朝に伊勢神宮宇治橋前大鳥居の中央からご来光。

伊勢神宮宇治橋前大鳥居の中央からご来光 「陰極まって陽となる」(伊勢志摩経済新聞)
https://iseshima.keizai.biz/headline/2904/

伊勢神宮に祀ってあるアマテラスとは
この国を作ったニギハヤヒのことです。

太陽神であるニギハヤヒにふさわしい。
これを考えてここに造られたのでしょう。


エジプト「ピラミッド」のホルス神を想起させます。
(重要な日にピラミッドの穴から一番奥まで
太陽の光が届くように設計されているように)

十種祓詞にあるように
ニギハヤヒは天を照し国を照らす神。

ニギハヤヒの命日の11月22日から
ちょうど一か月目が冬至なんですね。

偶然とは思えない。

6月9日には月柱現象。
1497059489_photo.jpg
伊勢神宮宇治橋前大鳥居から満月 月の光の柱「ムーンピラー」自然現象も(伊勢志摩経済新聞)
https://iseshima.keizai.biz/headline/2813/

夏至近くの満月が伊勢神宮内宮宇治橋前大鳥居正面から
出ることが認知されカメラマンの数が少しずつ増えていて
それで撮られたものとのこと。

夫婦岩の大しめ縄の真ん中から富士山と朝日が
重なることは多くの人に知られている。


御来光が鏡で、月柱が剣。

じゃ、玉は?

そう思った瞬間、

玉は私たち一人ひとりの心、魂だと閃く。

鏡と剣の間に玉がある。

その玉は私たち一人ひとりの中で眠っている。

一人ひとりが目覚めない限り、
三種の神器の力は発動されない。






| ぶっ飛び考察 | 13:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT