| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

再再掲:「安倍さんとは何ですか」


それは各々の中にあり
消えてゆくものであり
とうかい(倒壊?)するものである
にぎにぎしくみえても
それははかなき夢であり
それはとうていかなわぬこと
故にもてはやされ、カンキされる
彼のどうのこうのというよりも
それは日本であるが故に
日本ではないこと
故に幻を追い求めつづける
ところどころに雨を降らし
雷をおとすように
汚れまみれになりながら
笛を吹く人
故に人は見間違い
ほんろうされる

人が自らのイノチを生きることをするならば
こんな事態にはならなかったであろう
故に人は見間違い、ホンロウされる
人は人をみて何をみるか
何を学ぶか
人のフリみて我が身の何をみるか
彼の揚げ足取るよりも
己の立ち姿を鏡にうつしてみよ
はじからはじまで
鏡にうつすことができるか
鏡の割れ目に何がうつるか
くもった鏡では何もみえぬぞ
ひとりひとりに持たせた鏡に
何をうつすか、何をみるかは
おのおのの自由である
神は見事にハタライたものしか
みむきもしない
みごとにハタラかず
表ばかりにとらわれて
水の中でもがく足の動きもみえず
それで人と云えようか
人は人にして人にあらず
神は神にて神にあらず

大きなものが動くぞ
いし(石?)が動くぞ
故に足元をかため
自由に動きまわれるよう
カラダと心を養えよ


2013/04/30 (火)


| チャネリング詩・伝言 | 13:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言224」「伝言225」「伝言226」


未公開になっていた一年前の伝言三つの公開です。

///////

「伝言224」

アヌの伝言

カタカムナ
ソラニモロケセ
行方知れず
ときどきの祈りに似て非なり
神のイキザシに見合うもののみ
採用される
足踏みするものには任せることはできない
命の限り尽くすものにはそれ相応の果報があろう
神の位置から飛び立てば
そこに見えるは遥か彼方の赤い星
イキザシ キザシ ヌケザシ
神の型にはまらん
切り崩しご用意なされ
その時 その場に見合ったものに
なりなされ

2019年5月10日(金)19:17


「伝言225」

タカマガハラのあけそめし
一に二に三に四に五に
溶けて混じり合う
手に花たずさえて
アヌの伝言を届ける君の頬に
ぬかるんだ喜びが束の間訪れる
これでもかと言わんばかりに
はねつけて抱きしめる
撤回ぞよ、撤回、撤回
君にはまだハタライてもらわなくてはならず
時に刃を研ぎ澄まし
時に心穏やかに
過ごしながらしばらくの間待ちなされ
てんつくてん
てんてんと連なるアヌの星
星より生まれたものたちに行き交うことがあれば
額の印を見せよ

2019年7月21日 (日)17:42


「伝言226」

時としてそれは折々の季節の中にあり
見間違うほどの輝きとともに石に砕け散り
見事に返り咲く
そのことの大切さを見間違えば
甚だしいことになるであろう
ときの時どころに住まう住人の生き証しに似た
誓いを立てられ流されてゆく
一旦取り違えたものも渋々放さなくてはならないこともあろう
だからといってそれは神と神とのイキチガイに見えても
尚一層のハタラキがあろう
見よう見真似で生きてきたものの
それは人間でありながら人間ではない
ときの中にイキザシを見れば自ずとわかるであろう
そのところ取り違いされぬよう申し伝えおく

2019年8月4日(日) 17:31



| チャネリング詩・伝言 | 22:09 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

業務連絡


伝言227」で告知した
伝言224、225、226の公開を忘れていました。
書き写しできたら公開します。

| チャネリング詩・伝言 | 15:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言245」


ハメルンの笛吹き
どんきほーてのように
人を操り弄ぶ
ひっくり返しながら世界を思うがままに
しようと企む連中のワナにはまってはならず
ならず者の生き血を吸わされ
葬り去られる

息とイキの違い
風に乗ってやって来た人々のイノチの証を
並べ立て、そこから印をつけ
舟に乗せて運び、朽ち果てたそこの人よ

ハンドル切り違えて砂漠に突っ込ませ
そびえ立つ城を作らせたそこの民よ

そこぬけ、いきぬけ、てんかのてん
てんどうてん、下がり続けてもうあとはない

2020年7月12日(日)18:55


公開が遅くなりました、
一ヶ月前の伝言です。

「どんきほーて」が気になって調べましたが、
伝言のようなことは見つかりませんでした。
謎です。

「伝言243」は未公開ですが、
時期が来たら公開します。


| チャネリング詩・伝言 | 16:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言244」


花より先に咲け
天から回り道
抜け道
てんてん天下の回り道
ほっと束の間
次に用意された
至難の技
くぐり抜けられるか
持ちこたえられるか
時とところ置き違えて
はきちがえて
ナンボのものよ
いきり立つことをせず
見届けよ
それしかなかろう
中の道
中道、下道、天下の回り道
それいけどんどん、はやしたてよ
てんてん天下の走り道よ
底抜け、底上げ
とっくに出来上がっている

6月29日(月)17:42


下道は外道のことかと思うのですが、
ノートの下道にしておきます。




| チャネリング詩・伝言 | 23:40 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言242」


神のあしきり
神の投げ出し
神のあぶり出し

勢いづくその仲間内の
片割れに我、見間違うばかり
はかりごとわけもなく
勢いづいて
我、戸惑うばかり
我にその端をつかませ
投げ出し、神に見合うものを
呼び出し、それはなかんづく
炎のようであろう

かんから抜け出し、火を点け
振り回しながら進みゆくものよ
一網打尽にせずとも
それはヒをみる勢い
かねてから用意させてある者に
かからせよ
時はすでに過ぎ去り
もうこれしかなかろう
反転、返せよ

2020年5月17日(月)17:02






| チャネリング詩・伝言 | 22:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言241」


ハナより先に出でしもの
それは輝きをもって
同時にくすぶり続け
狼煙をあげる
とうてい叶わぬ夢とて
それは刻々と記録されている

2020年5月9日(土)12:37





| チャネリング詩・伝言 | 19:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言240」


コロナ、コロナと騒がずに
己の足元をよくみよ
何が崩れ落ちているか
しかと見よ
それぞれに見合うものは
それぞれにしか働かず
ハナからいちもんめ
ゆめゆめ思わぬそこの人
これ見よがしに見せつけ
ひったくり、ひっくり返しながら
舌を出す
すでに時は過ぎたり
幾度と伝えてきたこの言葉
ハナよりもとよりそれしかなかろう
夢と夢の狭間で渡した神の時間
幾度となくほころび続けた王のいるか
かえすがえすも甚だしくいきどおり
流されて又、戻ってくる時間のように
それは繰り返される
故に灯台下暗し

てんきり てんきり てんてんづくし
とてもじゃないが面倒みきれぬ
故に置いてきぼりにされ
曲輪をつけられた

滞りなく全てを流し
生かし続ける そこの人

ハナよりダンゴの実を喰らい
差し引かれたあみだくじに翻弄される
そこの人

よく見るがいい
天は天下の回り道
底抜け そこ上がり
天下の道
狂い続けたものは元に戻らぬ
見切り発車、甚だしき
狂い続けたものにフタをしても無駄であろう

神は全てにおいて・・・

19:13

敵は敵として
生かし続ける

民は民として
働かせる

王は王の命を狙い続け
妃の元に崩れ落ちる

それは元より計画されたものであり
偶然起きたものであるといえよう

19:21

コロナに隠されたもの
それは愉快犯である

19:22

転び続けた人生に
ハナを添えたいと思ったのであろう

2020年4月11日(土) 19:25



| チャネリング詩・伝言 | 13:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言239」


すってんころりん
化けの皮がはがれる
はがれ落ちたあとの
涙に浮かぶ三途の橋
行くゆくは君に持たせたその劔で
バッタバッタとなぎ倒し
後ろ足で砂をかけ
袋に入れて野ざらしにしよう
見よう見まねで作ったこの国も
いつかは倒壊する時が来る
時に証を立て
振るいなぎ倒しながら進む人々の前に
神は現れぬ
すでに時は過ぎ去り
枕の内にしたためた
過分な計らいもせず
それに見合ったものを振り落とせよ
時ところ間違えぬよう
時ところ間違えるといかようにもはからえぬ
すでに川は流れ
しまい込んだ宝物にフタをされた

たにあにくににみせたあのさじかげん
狂い続けたさじ加減には何も残らぬうつらぬ
はにきせたもの返してもらおう
母なる河に沈めたもの返してもらおう
はにあかく ながれにみあう おうのいるか
はにとどく てんまでとどく あかにあおのほし
散り続ける天の星
色とりどりの天の星が散り続ける
さにあおう

18:11


これも日付が不明なんですが、
多分3月初めころだったと思います。
日曜日は覚えています。

読者の方にも伝えましたが、
昨日紹介した5Gに関するサイトを紹介してくれた
読者さんのメールにも「星」の言葉が
書かれてあってシンクロでした。




| チャネリング詩・伝言 | 13:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「しゅるりんてん 抜け落ちる」と「空は本当に落ちていますか? 」


3月の終わりころに読者の方からメールをいただきました。
その一部がこちらです。

臭覚の喪失は電波病と言われるそうです。
やっぱり5Gと関係しているのかも知れませんね。
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202003280000/


リンク先の冒頭のこの部分、
空は本当に落ちていますか? 5G衛星が落ち始める時、そう思われます

これがずっと気になって仕方ない伝言の
「しゅるりんてん 抜け落ちる」と似ていると思いませんか?
この伝言の言葉は天が抜け落ちるような印象。

「伝言237」
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-20115.html

しゅるりんてん
抜け落ちる

「2020年とは何ですか」
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-20362.html

しゅるりんてん 抜け落ちる
てんつくてん
てんが尽きたら もう後がなかろう
取り戻せよ


ワクチンと5Gのセットは強力でしょうね。


| チャネリング詩・伝言 | 16:26 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT