2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

チベット考察 その6 そして地下つながりで夢日記



一昨日の朝、瞑想中に浮上した言葉
「大地を風から守るためにアボリジニが置かれた」


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_22303899.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


マヨさんの中国自作自演説をちょっと考えてみようかな
と思ったけれどなかなか思いつかない。

でもコメントだったかな、
チベット暴動のテレビニュースをみていたら
商店を襲っている人の後姿が中国人にみえたと書いたことはある。

自作自演だとすれば何が利益になるのか?

BBSに123さんが紹介してくれたサイトをみたら
”チベット人に扮した警察官がデモ隊を扇動”の記事が紹介されていた。

じゃ、後姿が中国人にみえたのは間違っていなかったことになる。
でも何故?何が目的なの?って考えちゃう。
そうでなくても北京オリンピックボイコットが増えてきているのに
世界中から色んなことでバッシングを受けているのに
この大切な時期に暴動を起こしてどんな利益があるのかな?
取締り強化のためにわざと暴動を起こしたとしても
世界中からバッシングされて何の得があるのかな?

別の方向から考えれば
中国が加担してることにちょっと納得はできるけど…。

何度も書いたけれど
どこの国でもトップ同士は手をつないでいるし
米ソの頃から裏では手をつないでいると言ってきた。
喧嘩状態にしないと武器が売れないから。
だけどチベットの場合は武器とは程遠い。
でも今回も裏で米中が手をつないでいるのは考えられる。
でも両者が手をつないで
この時期に起こさなければならない暴動にはどんな利益があるのか?
何故、今なのか?
何のためにわざわざ起こしたの?

見合わない感じがする。うう~ん。


チャネリング詩「ダライ・ラマ14世」か「チベット」の
どちらかを公開しようかなと思案中です。

チベット暴動その後
・23日と24日の両日 新疆ウィグルで1000人規模のデモ(80%が女性との情報)
・29日 ラサで再びデモ 「数千人規模」と亡命政府
日本の和田充広公使ら北京駐在の15カ国・機関の外交官が
29日まで2日間、ラサ入りし暴動現場などを視察していた。

まるでタイミングを合わせるかのようなデモ。


harunoshinnさんご紹介のサイト、面白かった。
ヒトラーの予言
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

>「そういう地下都市に、やがて人間は住むようになる。いや、そういう場所にしか
住めなくなるだろう。それほどの毒物や毒光がいずれ人類に、少なくとも人類の
一部に降りかかる。各文明国はそれを避けて、地下に商店や会社や住居をつ
くる。ここはそのためのプロトタイプなのだ。」
>「東方が巨大な実験の場になる」


地下つながりで
以前にも書いた”地下の世界”の夢を載せてみます。

阪神大震災の17日後の朝の夢
1995年2月3日(金)
http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_2212693.jpg',300,400,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

国内のある場所を歩いていると
マンホールのような穴があいていて
梯子がついていたのでそこを降りてみた

地面のところで時空が変わる

何階か降りて一番下の階に着くと
ガラス張りのレストランがあった
数万人が入れるほどの大きなレストランで
中国人たちが賑やかに食事をしていた
窓ガラスの外は真っ青な海
まさか地下に海があるなんて
地下に地上そのものの世界があるなんて
ものすごく驚いた
中国の人々に話しかけたがは
彼らには私の姿がみえない

こんな夢だった。
当時この夢日記を神道関係者にみせたら
これは霊的な階層を表していると言われ
しつこく何階まで降りたか訊かれた。
夢のあと数年経ってから地下世界の話を知って
もしかしてこっちかなとも考えた。
去年だったかな、
中国の地下に巨大な海が発見されたニュースもあったし
メモ代わりに載せておきました。



ついでに
http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_22124362.jpg',300,400,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
阪神大震災の14日後の1月31日の夢
何度か書いた大阪中がお墓になる夢日記も載せます。
(夢の印象では阪神大震災より大きな地震)



この朝は
http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_22282517.jpg',300,400,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
種の誕生も目撃した。

いわゆる生命の創造。
少し暖かい海に
巨大な魚たちが泳いでいて一箇所にステージがある。
女性が巨大な魚に食べられる。

海に墨を散らしたようなものが見えたかと思うと
あっという間に1メートルほどの巨大な出目金?になった。
創造は意外にもあっという間だった。

| 未分類 | 22:36 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トルネード(竜巻)の色々


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_17191335.jpg',468,312,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

独立記念日
スーシティー(アイオワ)で直径1マイルの宇宙船のようなドーナツ型



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_17193030.jpg',468,312,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

青からのボルト
グランドアイランドの空に狂暴な渦巻くトルネード、ネブラスカは小さな激しい雷雨



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_17194288.jpg',468,313,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

タッチダウン
アッチカ(カンザス)のツイスター、空気を回転させるじょうご雲



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_17195641.jpg',468,312,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

天のハンマー
ネブラスカの怪物竜巻



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_1720786.jpg',468,543,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

幸運なストライキ
Mulvane(カンザス)の家は恐怖の通り道をはずれる

| 未分類 | 17:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界の気象と


星の爆発で放出されたガンマ線が19日に地球に到達してから
国内で殺人事件が相次いでいるのが気になる。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_14382781.jpg',400,400,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
3つの大きな黒点はベトナム戦争のじゅうたん爆撃のよう
太陽フレアとCME(コロナ質量放出)で「荷電粒子」の火炎爆弾と似ているそう


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_14384463.jpg',95,100,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
太陽フレアは太陽地震を始める
デンマークの研究者は太陽フレアによって
ベルが鳴らされ太陽リングを作られることを発見した。
全地球が大地震の後に数週間の間ベルが鳴らされるのと同じように
太陽の外側の層の爆発が太陽全体に発振する。

■地震・火山
ニュージーランド 誰も知らないが海底で大きな火山噴火が起きている
Kermadec島の北1500メートルの深さで2月8日に大音響を記録した

カナリア諸島(ラパルマ島) 最後の火山噴火以来35年振りの噴火

国内では相変わらずよく揺れているし、火山は活発だし

■豪雨・洪水
スリランカ 3月は通常熱くて乾いた月、しかし今年は激しい豪雨
豊作が一瞬にて水の中、破壊される収穫

米 アーカンソー州 100年振りの大洪水はミシシッピ川の方へ進み小麦収穫に大打撃

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_14434311.jpg',350,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
オーストラリア サイクロンパンチョの豪雨で道路が「ヒキガエルハイウェイ」に
25キロを越境しキンバリーのボランティアはヒキガエルパトロールを始めた
最高1.8kg、25cmの小さな犬と同じくらいの大きさでクイーンズランド、
ニューサウスウェールズとノーザンテリトリーで荒廃を誘発し続ける

インド 非常に珍しい記録的な3月の雨、この1週間は5,760%以上の雨”
今月の総降雨量は予想されるより2,126%多い

凄い雨量!

■干ばつ・熱波
スペイン 
政府は金曜日に南東部250万への水供給を確実にするための
干ばつの新しい処置を明らかにした。
人間の消費に加えて輸入穀物依存と水力電気の依存を絶つ方向へ

キプロス もう一つのミニ熱波を経験
ここ数週間の低温と対照的な熱波と珍しい砂塵嵐
砂塵嵐は正常レベルの20倍

米 ミネソタ 干ばつでサトウカエデが傷つきメープルシロップの収穫が減少


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_14452093.jpg',203,152,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
科学者を困惑させるコウモリの謎の病気
米国北東部の数万匹ものコウモリが死んだ。
鼻と口のまわりを小さな白い菌類の点が出来る
白い鼻症候群は病気に分類されることさえできない


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_1439985.jpg',320,253,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_1439281.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
■ロシアの池の有史以前の魚?
ロシアの排水溝で謎の生物が発見されパニックに
Chelyabinsk市の建設現場の排水溝で約1.5mの謎の生物がみつかった。

オーストラリアの牧場に空から降ってきた金属といい
なんだかSF映画みたい。
http://englishrussia.com/?p=1633

■クレムリンは3,200匹のネズミを注文します。
しかしだれもその理由を知らない。(英語)
http://www.environmentalgraffiti.com/offbeat-news/kremlin-orders-3200-mice-no-one-knows-why/971

3,200匹の白いネズミはクレムリンの護衛
(プーチン大統領を保護する精鋭部隊。)によって注文された。
大量のネズミの買物は秘密のベールに包まれているが
明らかなのはネズミがすべて18グラム未満のメス。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_14575559.jpg',265,199,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ロンドン郊外の住宅街で小型機墜落、5人死亡

| 未分類 | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空中浮揚核融合反応炉


面白い記事を見つけたけど翻訳するにはかなり難しい。
無謀にもちょっとチャレンジ、でも内容は完全には保障できません。
興味ある方は読んでみてください。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/31/62/b0086362_0103846.jpg',175,263,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


March 27, 08MIT Successfully Tests The Levitation Fusion Reactor
http://www.nextenergynews.com/news1/next-energy-news3.27c.html

MITは空中浮揚核融合反応炉を成功裏にテストした。

MITとコロンビア大学チームは安全で信頼できる無限のエネルギー源になることができる核融合への道を開くことができる新しい原子炉を成功裏にテストした。試みは1998年に始まり2004年にテストを開始。去年の11月に初めて空中浮揚させることに成功した。

2番目の試運転は今年の3月21日~22日に実行された。これは初期の結果と照合することを含み、これらの実験はプラズマ制限(核融合反応をもたらすゴールへの重要な前進)における実質的な改善を示しすもの。

2つのタイプの原子が溶けるとき融合(太陽エネルギーを提供するプロセス)は起こります。そして異なる要素(一般的にヘリウム)を作成しエネルギーを放出する。その反応が非常な高温と圧力で生じる場合がある。材料が熱すぎるため、融合原子炉は帯電ガス(プラズマ)を装置の壁に触れないようにするために強い磁場と適度な状態に保つことによって作動する。

LDX 原子炉は、地球と木星を囲むそういう磁場を模倣することにより融合のための必要な状況を再生します。原子炉が稼働中のときは、別の強力な磁石によって500キロの磁石は巨大な真空槽の中で空中に浮揚させられる。

空中浮揚システムの利点はドーナツ形をしている磁石を囲む磁界の向きの線を妨げるどんな内部の保持装置も必要としないということ。それは原子炉の内側の電離気体をそして融合プロセスを崩壊させるどんな障害にでもぶつかることなくそれらの磁場線に沿って流れる。

それが達成されることができるならば多くの人々はそれが二酸化炭素排出なしで大量のエネルギー源を提供することができると考えます。海水から重水素燃料を得ることができます、そして実質的には無限の供給があります。

大部分の融合実験は磁石(ソビエト連邦から始まって、ロシアの名前Tokamakによって呼ばれるデザイン)によって囲まれるドーナツ型の部屋内で行われた。MITもアメリカ合衆国(Alcator C-モッズ)で最も強力なTokamak原子炉を動かします。そしてそれは新しいLDX原子炉と同じ建物にある。トカマクは円環体の壁のまわりで多数の磁石を必要とする。そしてそれらはみなプラズマを閉じ込めておいて融合を可能にするように適切に働かなければならない。

LDX でテストされる融合への新しいアプローチは磁石(双極子)で最も単純な種類を使う最初です-ちょうど2つの磁極(南北として知られている)を持つものは地球と木星の磁場にあります。トカマクと他の融合原子炉デザインは熱いプラズマを閉じ込めるのにはるかに複雑で多棒で支えられた磁場を使用します。

Tokamakデザインと異なりダイポール場ではプラズマが自然に凝縮する、そこではより大きい密度への熱いプラズマを凝縮するために磁場を狭くしなければなりません。振動は実際に密度を増加させるがトカマクではどんな乱れも熱いプラズマを広げる傾向があります。

LDX磁石は15度のケルビン下で冷やされるとすべての電気抵抗を失う超伝導のニオブスズ合金で作られたコイルを持っています。それは絶対4度(マイナス269度)まで冷やされます。これはどんな米国の融合原子炉ででも現在使われている唯一の超電導磁石です。

操作では、非常に冷たい磁石(大きな魔法瓶である二重の壁の船)は摂氏数百万度まで加熱されるプラズマによって囲まれます。ガルニエは、完全な活動においてはシステムが全く文字通りの「地獄の雪玉」であると言います。

いつか実用的な融合原子炉につながるかもしれないデータを提供する他に惑星磁場が働く方法について重要なレッスンを提供することができました。そしてそれはまだ十分に理解されません。したがって実験はエネルギー研究者と同様に惑星物理学者の大きな興味です。

巨大な磁石を正しい高さに空中に浮揚させ続けるのに8つのレーザー光線を使用して絶えず位置をモニターして、次にそれに従ってリフティングマグネットのパワーを調整する方式を必要とします。

「それは展開するために慎重を要しました」とガルニエが言います。そして実験の初めに「我々は2回、それを落としました」と。


以上。
あ~難しい。
難しくて何箇所もとばしました。

マイナス269度は液体ヘリウムの沸点。
で、検索したら
宇宙空間の平均温度もマイナス269度(絶対4度)
なんだか凄いなあ。

空中浮遊の原理はリニアモーターカーと似てるのかな?
人間も超電導磁気状態になれば空中浮遊できるかもね。


yasuさんに助けを求めて要約してもらった。
以下yasuさんのメールを添付
-----------------------------------------------
かなり適当に読んだだけだから、あくまで参考にしてください。

これまでの核融合炉(トカマク)とは違った構造の核融合炉の実験に成功したようで、
超伝導磁石を別の磁石で真空空間中に浮かせることによって動いている(LDX)。
地球と木星をとりまく磁界のようにS極とN極を持ったシンプルな双極の磁石を使って
いて、D-Dと呼ばれる重水素のみの反応を使うのも利点みたい。
錫合金が超伝導磁石として使われていて(niobium-tin alloy)、この摂氏-269度に冷
却された超伝導磁石が、摂氏数百万度の熱を持つプラズマに囲まれている。

☆星のかけら☆核融合☆
http://www.janjanblog.jp/user/yamanezumi/fusion/12210.html

高校生が手作り原子炉を作成! 核融合成功に近所はドン引き!
http://news.livedoor.com/article/detail/3170003/

おとといの新原子炉、軍事技術の応用らしい
http://www.tfg.or.jp/pr/20031204.html

------------------------------------------------

錫合金といえばケムのチャネリング詩に出てくる錫。
ケムの錫はどんな役目をするのか。
なんとなく、やっぱりねという感じ。

| 未分類 | 00:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

28の考察  「神の数字、悪魔の数字」


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/30/62/b0086362_13183254.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


まずは「28」についてのコメントの紹介から
-----------------------------------------------
■Commented by すず at 2008-03-27 12:39 x
28について、つながるかどうか・・・?
手許に「元素(モトス)の言霊」という一片の資料があります。
古代から伝わる宮舞の正統であるという「タマヤ舞」および秘匿されてきた「タマヤ古文書」なるものの継承者・藤原和晃(わこう)女史によるもので、50音に元素記号をあてたものです。以下の《 》は和晃女史が受け取った元素の名称。

例えばア行は、
ア=元素記号1番・H(水素)《ハアル》
オ=2番・He(ヘリウム)《オモム》
ウ=3番・Li(リチウム)《ウナラル》、
エ=4番・Be(ベリリウム)《エウル》
イ=5番・B(ホウ素)《イソ》

元素記号28番のNi(ニッケル)は《フッケル》と名づけられています。

ア~ナ行は「陽の正音」でニ=25番・Mn(マンガン)《ニンマン》まで
ハ~ワ行は「陰の正音」でヰ=50番・Sn(スズ)までですが、《不明》となっています。(余談:私は《ヰスズ・ゐすず》じゃないかと思うけど?)

またア・オの段が「天音」、エ・イの段が「地音」、真ん中のウの段ウクスツヌフムユルは「カ/ミ」となっています。カ(火~天)ミ(水~地)の融合を表すのでしょう。

■Commented by すず at 2008-03-27 12:46 x
大元のカミが枝分かれしてカミガミとなり、カとミの音霊・数霊をカミあわせて(咬み合わせて)元素や物質や生命を作っていったのだそうです。

「陽の正音」の表の中心は「ス」でタマヤ文字では◎、「陰の正音」の中心は38番「ユ」ですが、これらはなんと、スは「日見(ヒミ)の国・日本」、ユは「夜見(ヨミ)の国・ユダヤ」を表すそう。

陰陽をあわせた表全体で見ると、28番のフ:Ni《フッケル》と1行前の隣23番のヌ:V(バナジウム)《ヌシウム》の中間に中心点がきます。フもヌもカ・ミの融合するウ行です。
面白いことに、ニッケルの語源を調べると「悪魔・nickel」、バナジウムは「愛の女神・vanadis」とありました。

夜~ユダヤ~物質と支配の時代が役目を終わり、昼~日本~精神と共生の時代が来るということか?
28の意味するところはサタンさんのご苦労様なお役目が終わって(裏返って)アマテラス?へと変換するということ?面白いことに50音表の中心の何もない場所に、その裏返るゼロ地点がある。昼と夜の変わり目、ユダヤと日本の融合地点が・・・?

■Commented by kim at 2008-03-27 14:39 x
みなさん、初めて書き込みます。
単なる思いつき、28=H+H+O=水。
いつもためになる記事ありがとうございます。
毎日寄らせていただいてます。今後ともよろしくお願いいたします。

■Commented by uzm at 2008-03-28 01:08 x
28は完全数
まゆみさん、こんばんは。

数学では28は完全数と呼ばれます。完全数は現在39個見つかっています。
wikipediaより
>完全数(かんぜんすう)とは、その数自身を除く約数の和が、その数自身と等しい自然数のことである。例えば 6 (=1+2+3)、28 (=1+2+4+7+14) が完全数である。
些細な情報ですが、報告致します。

■Commented by すず at 2008-03-29 00:08 x
しつこくて恥ずかしいけど、28について最初に思い浮かんだほうも書いておきます。(2.3日休みで暇だったのです・笑)

28=7×4

虹の7色、ドレミの7音、7曜、7つのチャクラ・・・7は聖数ともいわれる。
4は4方向(十字)を表す。「渦の中心」には4方向の力がはたらいている(このブログ覗きたてのころ書いた)。

7が特別な数であることは、雪の結晶が6角形であることや、蜂の巣の6角形や、10円玉1個の周りには10円玉が6個並ぶことや、粘土の団子を並べてぎゅっと押すと団子が6角形になることなどとたぶん関係ある。6+中心=7だから。つまり7個集まって、あるいは7回繰り返してひとつの単位や周期となる性質がこの世にはある。「7つの時代」「7つの周期」で1つの大きな周期となるという考え方は神智学などにもある。

1単位(7つの周期)を4つの方向にめぐり終わると、出発点にもどる。(クローバーのような形を一筆書きで描くかんじ)

■Commented by uzm at 2008-03-29 01:02 x
7といえばこんなのもあります。旧暦の7月7日 七夕。
天の川、天の川銀河
http://members.jcom.home.ne.jp/starlit/StarlitSky/Tanabata/Tanabata-Main.htm
元々は、星祭りの1つであった乞功奠という儀式と、濃厚儀礼の儀式だったそうです。
星としては、 「中国の牛宿」と「中国の女宿」で、現在は「わし座の一等星アルタイル」と「こと座α星ベガ」らしいです。
明るそうなので、黒い星が通った場合には見つけることができそうです。

■Commented by すず at 2008-03-29 11:42 x
またまたしつこくお邪魔します(頭かきかき)。

太陽スペクトルの7色でもある「7光線」とははじめから7つに分かれるのではない。
1光線が2つに枝分かれして3光線となり、分かれた2光線はそれぞれ2つに分かれ、元の1光線と合わせて7光線となる(神尾学著「秘教から科学へ」より)

1→3(1+2)→7(1+2+4)

これは14、28と続く?
「完全数」とも関係してるっぽいですが・・・

「水」も気になっています。チベット~ヒマラヤ争奪戦では豊富な「水資源」もキィワードみたいだしね。
-----------------------------------------------

以上です。
すずさん、kimさん、uzmさん、コメントありがとうございます。

「28」の考察 

フッケルでフルを連想。
いつもフルに向かってしまってちょっと反省。
次にフツを連想。
フルはニギハヤヒ、フツはスナノオの父。

沸々と沸いてくるイメージ。
ニッケルで鉄、鉄で地球の核をイメージ。
地球の核も沸々と沸いてくるイメージ。
始まりを意味するような雰囲気。

すずさんのニッケルの語源が「悪魔・nickel」
なんだか凄いな。
数字の夢を時々見る。

今回は瞑想中の「28」
隣り合わせの「27」と「28」。
「28」が悪魔としたら「27」は神の数字?
「27」を神の数字と再認識させるために登場したのかな。

ということは
やっぱり悪魔と神は背中合わせ。
それは光と闇でも書いた。
地震の予知夢をみたときにいつも口癖のようにいう
「美しいものと怖いものは背中合わせ」
これも同じだ。

一人ひとりの心の中も悪魔と神が背中合わせ。

すずさんの28=7×4で考えれば「28」は逆に神の数字になる。
瞑想中の印象では神のほうかな。
どちらにしろ背中合わせには違いない。

ヴェーダで、「27」は、月の一周、各月の部屋。
これだとまたまったく違う意味になるね。

kimさんの「28」=水として考ても面白い。
uzmさんの「28」=完全数、言葉として完全を取り上げれば
完全なものは一旦必ず崩壊すると思ってるのでこれも面白い。
どちらも宇宙の創造にかかわってくる。


ノーベル賞ものと思える数式の夢も
過去に何度かみたけどこれは全然思い出せない。
起きてメモしておけば良かったとあとになってちょっと後悔。
まあでも思い出せなくても潜象レベルでは覚えているからね。
思い出せないものはまだ時期が熟していないのだと思う。
あるいは何でも教えてやると調子に乗ると思われてるのか
ぺらぺらしゃべると思われてるのかな。

カミガミの言葉が出てきたので、近いうちにカガミについて書こうかな。

追伸
こちらにも悪魔の言葉が。
”ニッケル”
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クローンステット(F.Cronstedt)が1751年に単体分離。
名称はドイツ語のKupfernickel (悪魔の銅)に由来する。
これは、ニッケル鉱石が銅に似ていながら これから銅を遊離
できなかったために、坑夫達がこう呼んだためと言われている。

| 未分類 | 12:04 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

太陽情報続報


太陽風が弱まり通常に戻りつつあるようです。
ただ放射線帯電子は非常に強くなっています。

昨夜はものすごい雨で
今朝、ようやく晴れて、南方面からうっすらと地震雲が出ていた。
写真撮ろうと思っていたらまた曇ってきた。

NICTの続報です。
2008/ 3/29 13:57
高速太陽風は後半を迎えています。放射線帯が100,000に達しています。かなり強まっており、注意が必要です。

2008/ 3/30 10:30 
太陽風の速度はゆっくりと下がっています。放射線帯が強まった状態は続いています。

| 未分類 | 11:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チベット考察 その5


米国が50年間支援してきて対価を何故まだ受け取っていないか。
これから何を受け取るのか?
これが気になって仕方ない。

harunoshinnさんからいただいた情報を全部読んで
今日になってあることがふと浮かんだこと。

ナチスの進撃の背後にチベットの僧がいた。
ということは?
あ!米国はすでに対価を受け取っているんだ!

チベット考察 その3より
『CIAはチベットで中国人に対して1956年から大規模な秘密工作を実行。
これが1959年の悲惨なチベット蜂起につながり何万人ものチベット人が死んだ。』

『ロジャー・EマッカーシーによってつくられたCIAチベットTask Forceは、チベット
ゲリラ軍と共に1974年までの15年間「ST CIRCUS」コードネーム活動を続けた。
マッカーシーは1959~1961の活動の後、ヴェトナムとラオスで作戦を続ける。』

チベットと僧の力を得るために1956年から大規模な秘密工作をし
蜂起の下地を作り、蜂起を起こし、支援し、チベットの僧の力を手に入れた。

チベット蜂起と同時期にヴェトナム戦争も始まった。
ロジャー・Eマッカーシーはヴェトナムとラオスで作戦を続ける。
これは偶然だろうか?
コードネーム「ST CIRCUS」はSTサーカス。
なんだかとんでもない名前。
サーカスって見世物でしょ。
本当に茶番だね、
サーカスの語源、調べてみた。
ラテン語の「円」(サークル)で、演技する円形の面を意味するそう。

ダライ・ラマに支援してきた50年間ずっと米国はチベットの僧の力を得ている。
湾岸戦争、アフガン、イラク、全部関係してるような気がする。

この力についてはharunoshinnさんご紹介のサイトを読んでください。
内容について私は凄く納得できる。

そしてふとマントラが浮かんだ。
マントラの怖さを以前書いたことがある。

そして今日、「ダライ・ラマ14世」のチャネリングをした。
何とマントラが出てきた。

そして記事を書いてから「チベット」のチャネリングをした。
また意外な答えが返ってきた。


色んな角度から考察するためにのろさんからの情報を紹介します。
-----------------------------------------------
Commented by のろ at 2008-03-29 16:37 x
まゆみさん、すごいですね。イラクのときもそうですが、最近では9.11の真相もはっきりしてきましたけども、一方の言い分だけでは動かないことが重要だと思います。中国側の言い分はどうでしょうか?しらべてみました。ダライラマ一派の行った、3.14暴動事件が中国テレビによって動画としてまとめられています。

■「人民網日本語版」2008年3月21日
http://j.peopledaily.com.cn/2008/03/21/jp20080321_85685.html
14日に拉薩で発生した暴力事件の模様(動画)
中央テレビ局(CCTV)は西蔵(チベット)自治区拉薩(ラサ)市で14日に発生した暴行・破壊・略奪・放火事件について、大量に入手した資料や取材報道を通じて、客観的に当時の破壊状況を報道し、暴動分子の狂気ぶりを明らかにした。事実が十分に説明するように、今回の事件は「平和デモ」などではなく、民衆の生命や財産の安全に深刻な破壊をもたらす重大な暴力犯罪事件だとした。(編集KA)

動画はこちらから: 
http://space.tv.cctv.com/act/video.jsp?videoId=VIDE1206170566970764 英語板

3.14事件記録動画、画像等  
http://space.tv.cctv.com/podcast/lasa314jishi

Commented by のろ at 2008-03-29 16:41 x
■チベット自治区主席、ラサの殴打・破壊・略奪・放火事件について語る 2008/03/18 -1
http://jp.china-embassy.org/jpn/zt/zgxz/default.htmから

・・・チベット自治区のチャンパ・プンツォク主席は17日、ラサ(自治区の区都)で発生した殴打・破壊・略奪・放火事件について記者会見し、今回の事件の状況について、次のように述べた。
---略
3月14日、ラサの市街地で殴打・破壊・略奪・放火という重大な暴力犯罪事件が発生した。これはダライ・ラマ集団が組織的に、計画的に、綿密に画策、扇動し、分裂を企む内外の「チベット独立」勢力が結託してつくり出したものだ。複数の僧侶が14日午前11時ごろ、小昭寺(ラモチェ)で当直の警察官を石で攻撃し、その後、一部の暴徒が八廓街(バルコル)に集まって、国家の分裂を求めるスローガンを叫び、ほしいままに殴打・破壊・略奪・放火を行った。

Commented by のろ at 2008-03-29 16:45 x
■チベット自治区主席、ラサの殴打・破壊・略奪・放火事件について語る 2008/03/18-2

この事件の発端は、3月10日に複数の不法分子が違法な集会を開きトラブルを起こしたことにさかのぼる。不法分子は警察の勧告を無視し、「チベット独立」のスローガンを叫び・・・当直の警官に暴力的攻撃を加えた。
---略
 これまでに私が得た情報によると、今回ラサで発生した殴打・破壊・略奪・放火の暴力事件で、暴徒は車両56台をたたき壊し、焼き払い、罪のない市民13人を焼き殺しまたは切り殺した。当直の公安と警察関係者数十人(うち4人が重傷)、武装警察関係者61人(うち6人が重傷)が負傷した。暴徒は300カ所余りに放火し、民家・商店214軒を焼き払った。暴徒は八廓街、林廓北路、色拉路、納金路、二環路、北京中路などを中心に、殴打・破壊・略奪・放火を行った。ラサ市第二中学、海城小学校、冲賽康マーケット、中国銀行チベット支店北京東路出張所、電信移動の営業所および、新華社チベット支局やチベット日報などの報道機関、複数の政府機関が殴打・破壊・略奪・放火に遭った。

Commented by のろ at 2008-03-29 16:47 x
■チベット自治区主席、ラサの殴打・破壊・略奪・放火事件について語る 2008/03/18-3

特に指摘しなければならないのは、今回の殴打・破壊・略奪・放火事件で暴徒が恐るべき、極めて残忍な手段を使ったことだ。例えば、罪のない市民1人が、暴徒にガソリンをかけられ、無残に焼き殺された。また、暴徒は当直の武装警官1人を棍棒でなぐって失神させ、臀部のこぶし大の肉を刃物で切り取った。
---略
憤りを感じるのは、ダライ集団と西側諸国の一部の人々が、暴徒の殴打・破壊・略奪・放火行為を「平和的デモ」と言いくるめ、我々が人民大衆の生命・財産の安全と社会の秩序を著しく害するこの暴力行為を法に基づいて取り締まっていることを「平和的デモを鎮圧」するものと言いくるめていることだ。まったく黒白転倒、言語道断だ。このような暴挙を容認する民主・法治国家が世界のどこに存在するかお聞きしたい。この事件を処理する過程において、我々の公安と武装警察が極めて自制的な態度をとり、法に基づく法執行、文明的な法執行を貫いたことも、ここで皆さんに明らかにしたい。事件処理の全過程で、いかなる殺傷武器も携帯、使用していない。

Commented by のろ at 2008-03-29 17:03 x
このチベット自治区主席の話は一連の動画で確認することができます。
まず考えるべきことは、ダライラマが追放される前にチベットでどのような支配をおこなっていたのか、だと思います。

前回紹介した下記のチベット人のロュ(x) 長豪と高元美共著の本のサイトだけども、もともとは日中愛好協会(正統)(チベット問題資料館)というとこにあったものだけど、
http://maoist.web.fc2.com/tib/index.html
紹介してすぐに、元サイトに戻れなくされたようです。知られてはまずいものだったようです。

ロュ(x) 長豪 高元美 共著 「新しいチベットを行く」  北京 外文出版社(1978年)
http://maoist.web.fc2.com/utopia/tib000.htm

Commented by のろ at 2008-03-29 17:13 x
ダライラマにとって知られたくないこと。
http://maoist.web.fc2.com/tib/nod000.htm
『塑像群《農奴の怒り》』[北京 外文出版社(1977年)]

旧チベットは、「政教合一」(政治・宗教の一体化)、僧侶、貴族の専制による封建農奴制社会であった。ダライ・ラマをかしらとする三大領主、すなわちチベットの地方政府、寺院、貴族がすべての土地と山林および家畜のほとんどを占有していた。
チベット人口の95パーセント以上を占める農奴と奴隷は、・・・
「抑圧のあるところには、抵抗がある」。百万の農奴が、農奴主階級の剣や銃、過酷な刑罰に屈したことは、かつて一度もなかった。歴史の記録には、1818年、チベットの北部尺牘県の農奴が、むしろ旗を押したてて蜂起したと記されている。かれらは女農奴ホラームの指導のもとに、「官吏打倒! 一切のウーラー労役の廃止!」というスローガンをかかげて、反動的な県政府を攻撃し、県長を絞殺した。それ以来、各地でおこった農奴の大規模な闘争は、50年のたたぬ間に、すでに百回をこえた。解放を目指す不とう不屈の闘争は、次々とたえることなくくりひろげられ、農奴主階級の反動勢力に手痛い打撃をあたえた。
-----------------------------------------------

以上です。
追加で以前いただいたコメントもついでに載せておきます。
のろさん、ありがとうございました。


----------------------------------------------
Commented by のろ at 2008-03-23 21:20 x
何度もおじゃまです。

毛沢東の少数民族に対する態度は非常に立派なものです。だから、当時のチベット社会がとんでもない社会にあったに違いないと考えて、どうだったのか、調べてみました。

ダライラマを頂点とする暗黒と恐怖の封建農奴制の社会。
「八日後、子供たちは供物の代わりに殺された・・・ダライは読経のたびに大勢の生きた人間を殺し、その頭、血、心臓、肉を生けにえとしてそなえるのだ。その年はちょうど全国解放の直前だったので、ダライはラサの広場でお経をあげ、中国革命と中国共産党を呪った。」 「ラサには「サソリの穴」が二つあった。一つは八角街に、もう一つはポタラ宮のとなりにである。民主改革前には、たくさんの農奴がサソリのうごめく穴に投げ入れられて、無惨に殺されたのであった。」
ロュ(x) 長豪 高元美 共著 「新しいチベットを行く」  北京 外文出版社(1978年)
http://maoist.web.fc2.com/utopia/tib000.htm

出口王仁三郎著「霊界物語」に確か、ヒマラヤあたりに極悪の大黒主(おおくろぬし)がいるという1節があったあったけど、もしかしたらこのことかしらとふと思ったのであります。
----------------------------------------------

| 未分類 | 18:42 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地下からは「初生の水」、空からは金属


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/29/62/b0086362_1335696.jpg',320,228,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


空から金属の塊が降ってきた
クイーンズランド(オーストラリア)の
James Stirtonさんの牧場に空から金属の塊が降ってきた。

「私が最初にそれを見たとき、それは私にものすごいショックを与えました。
私はそれが何であるか全くわかりませんでした。」とStirton氏。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/29/62/b0086362_13352492.jpg',320,244,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


宇宙廃品の奇怪なボール、それは宇宙からやってきた。
Stirton氏はオーストラリアとアメリカの航空専門家に尋ねたが
誰も明確な答えをすることができない。

ブリスベーンのPlanetarium館長のMark Rigby氏の見解では
太陽を調査することになっていた2つの人工衛星のうちの1つらしい。
細かく切られた金属の渦巻はロケットの一部であったと思われている。

???


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/29/62/b0086362_18342611.jpg',100,75,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
■地震・火山
大荒れのギリシャ M5.7
フィリピンもM5.7

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/29/62/b0086362_1336387.jpg',320,224,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
カナダ ブリティッシュコロンビアで続いている地震
巨大地震の予想が出ている、そして例のスロースリップ地震、
4月に入ると更に強くなるかもう一つの期間に入るとの予測
有害な地震が近いうちに起きる確率は20%

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/29/62/b0086362_1339945.jpg',213,320,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ハワイ キラウエア火山
有毒な二酸化硫黄の濃度が10倍になり危険に備える。
分析の結果期待しなかったものを見つかった。
それは水。
融解された地下のマグマから開放されたもので
過去に地球上のどこにも一度もみられなかった。
彼らはそれを「初生の水」と呼んでいる。

この水が出るとは何を意味してるのかな?

ロシア カムチャッカ半島 KoryakskyとAvachinsky火山がより活発に

環太平洋、依然活発!

■干ばつ・熱波
オーストラリア 南部で記録破りの熱波
15日連続の熱波を科学者は3000年で初のイベントと呼ぶ
ぶどう収穫(ワイン)に大打撃

要は熟しすぎるんだね。
国内でも値上げラッシュが続いている。
イタリア食堂「ha-na」のしげさんもどんどん値段があがってると言ってた。
ずいぶん前から言ってきた食糧不足と水不足。
ようやく国内でも見えてき出した。
本作りの紙も2月1日から10~15%上昇。



干ばつの西クイーンズランド地域では牛の大規模な脱出
必死な状況で約100,000頭の牛がクイーンズランド北部から移動

ニュージーランド 北島の干ばつはさらに悪化

中国 干ばつで小麦収穫に打撃
猛烈な干ばつと寒波の取り合わせで春の植え付け、小麦病
に最も大きな脅威をもたらす。

■気候変動
インド、バングラデシュ、パキスタンだけで14億人の人口。
やむをえない暮らしの変化を求められる南アジアの1億2500万人
中でも数百万の人々は危険な状況

気候変動でますますサハラ以南のアフリカの人々は
より良い生活を捜して移住する

■その他
海に浮かぶプラスチックのゴミが
食物連鎖として破壊的な長期中毒の脅威をもたらす。
汚染物質はDDTを好み、プラスチック粒子は磁石の働きをする。
微細なレベル(プラスチック)の汚染は恐れられるよりはるかにひどい
満潮時に集められる砂のサンプルの総重の4分の1はプラスチック粒子だと。

| 未分類 | 13:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

太陽情報

Mクラスの太陽フレアが26日に発生したことは書きましたが
翌日27日に高速の太陽風が到来しオーロラが活発です。
28日に太陽風は600km/秒を超えオーロラも依然活発な状態が続き
放射線帯の増加が始まっています。

今朝、NICTから太陽地球環境予報が届いた。
電子機器、心身への変化にご注意ください。

太陽地球環境予報
No. 29 2008年 03月 29日 09時 10分 JST 発令
【高エネルギー電子】
静止軌道における2MeV以上の高エネルギー電子フラックスが28日後半から高いレベルに推移しています。また、GOES11による観測では100000[個/cm^2/sec/sr]以上の非常に高いレベルに達した時間帯も見られます。この状態はしばらく続く可能性があるため、今後の推移にご注意ください。

宇宙天気ニュース
http://swnews.nict.go.jp/

| 未分類 | 11:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

追記 新原子炉とニビル


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/28/62/b0086362_23451840.jpg',200,150,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ロシアの科学者とイスラエルEnvironmental Energy Resources(EER)が
核廃棄物を不活性な使用可能な製品に変換する原子炉を開発した。
最初、誰もそれができるとは信じていなかったそう。
プラズマガス化するみたい。

New Reactor Converts Nuclear Waste into Inert Usable Products (英語)
http://www.nextenergynews.com/news1/next-energy-news3.25d.html

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/28/62/b0086362_23453798.jpg',200,148,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
この写真の黒い塊がそうみたい。



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/28/62/b0086362_23471681.jpg',320,242,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ニビルが存在しますか?もしそうでなければこの写真は何ですか?

Does Nibiru exist and if not, what is this photograph? (英語)
http://www.australia.to/story/0,25197,23040466-925,00,00.html

ニビルと他のナンセンス
接近している惑星または彗星についてのでたらめな話は間違っています。
Niburu and Other Nonsense (英語)
http://impact.arc.nasa.gov/news_detail.cfm?ID=125

| 未分類 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チベット考察 追伸


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/28/62/b0086362_16514924.gif',280,180,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

チベット考察に関してharunoshinnさんからいただいた情報三つ

グルジェフの「超人思想」の謎
http://www.asyura2.com/0311/idletalk6/msg/163.html

ナチスとチベットとグルジェフ
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha803.html

超人物語
http://www.geocities.jp/minase_bungei/d26.html


の「超人物語」を昨夜読んで以前の体験を思い出したので
きょうはチベット考察のメモ代わりにそれを載せてみます。

それにしても50年も続いている米国、CIAからの支援。
それに見合う対価はまだ受け取っていないはず。
これから受け取るとしたらどんな形になるのだろう。
しかし、彼らは本当に時間をかけるんだな、
辛抱強いんだな、と妙なことに感心する。
50年も待って与えられるご褒美は何だろう。

今はヒマラヤのエネルギーとしかいえないかな。



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/28/62/b0086362_15483630.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

夢日記 1996年4月18日(木)

ヒマラヤ山脈
チョモランマの頂上にて
ダウラギリ

「天上のお風呂」
「神々に最も近いお風呂」

と言葉にしながら
お風呂に入っている
テントの中に
ブルーのプラスチックの
小さな風呂桶を
男性二人が
私のために用意してくれる
とても気分がいい

夢絵日記にはこう書いてある。
実際には夢というよりは体外離脱の感じで
夜中に抜け出して男性二人に連れられ
暗いヒマラヤを短い時間で頂上まで登った。
少し寒かった。

何が起きるのだろうと思っていたら
何人かがチョモランマで亡くなった。
お風呂が棺おけみたいで遭難の予知夢だったのか、
あるいは、亡くなった人や過去に頂上征服した人の
チョモランマの頂上で一度お風呂に入りたかった記憶が
この場所に残っていてそれを私が体験したのかなと。

--------------------

整形の記事にも似たようなことを書いたけれど
きれいなもの、かわいいもの、見栄えがいいもの、
そして言葉巧みなものに騙される人が多い。

人はみかけによらないという。
最近は特にそう思う。
事件があるたびに
「そんなことをする人にはみえなかった。」
よく聞く言葉。

チャネリング詩にたびたび出てくる「見間違うなかれ」

年々見極めることが困難になる今
私たちは試されている。

頑固といわれてもいいから
”オカシイ”という気持ちは大切にしていきたい。

人に好かれようと思ってブログを書いているわけではない。
自分の役割のひとつだと思ってメッセージを発信している。
だから他者が書かないこと、書けないことをよく書く。
借りものではない自分の言葉で書く。

でも一日の大半を費やして書いていて
一体何をやってるんだろう?と思うことがたまにある。

気を取り直して
これは私のお役目と思ってまた発信しつづける。
こういう毎日です。

私が発信するものには心地よくない言葉も多々出てくるでしょう。
言えば袋叩きにあいそうなこともあえて言う。
精神世界は心地よい耳障りの良い言葉を多用する。
私はこれが好きになれない、なじめない。
こういうものに慣れている人は私の率直な言葉に憤慨することもあるでしょう。



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/28/62/b0086362_1550177.jpg',200,160,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
星雲NGC6751の中心にいる白色矮星

白色矮星は「消えゆく、死にゆく」星。
命の黄昏時にクールダウンする。
太陽がおよそ40億年になること
白色矮星は良いタイムキーパーで宇宙の年齢の手掛かりになる。

「我々が知っている最も冷たい白色矮星はおよそ2,500度です
これはおよそ100億年の銀河の年齢と一致します。」

「白色矮星のような脈動している星は振動します。その振動する
方法で我々はそれらの中に見えるものを決めることができます」

「あなたが銀のベルを持っているとしましょう、そしてあなたはそれに電話を
します。それは特定の音をたてます。またあなたは銀のベルと同じ形のア
ルミニウムベルを持っているとします。あなたがそれに電話するならば、そ
れは銀のベルのように聞こえません。それにはそれ自身のトーンがあります。
星もそうします。私は、『星の音楽』を聞きながら我々の仕事について考え
たいです」と、Judi Provencalは言います。そして、微笑みます。
「我々は星の波動を見てそれが脈動する頻度を計測し、そのモデルを開
発します。この方法によって、かつて太陽のようだった死んだ星が私たち
の太陽の理解を向上させるのを手助けしてくれるでしょう」



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/28/62/b0086362_15495853.jpg',200,160,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
土星の月のEnceladusから吹き出る熱い間欠泉
水蒸気と有機化合物であふれそうになっている。



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/28/62/b0086362_163857.gif',360,184,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
太陽黒点三つ

| 未分類 | 15:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

追記 世界の気象


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/27/62/b0086362_23402825.jpg',400,267,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ハワイ キラウエア火山 活発、変な新しい灰を噴出、大きな噴火になるか

タイ 10の州にあられを伴う嵐警告
トリニダードトバゴ島 高波が穏やかになったがまだ3メートル以上

オーストラリア 北西海岸沖でサイクロンPancho強くなる
海底油田の操業中止か

米 洪水警告が出ていたアーカンソー州 
州の半分が水浸し、35の郡は被災地域宣言、小麦収穫に打撃

ノースカロライナ州、メイン州北部、記録破りの低温
オレゴン州 高波

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/27/62/b0086362_23415431.jpg',100,63,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
西ヨーロッパ 遅い冬の嵐
ドイツ~ギリシャ~イタリア

ギリシャ 悪化している気象状況、強風、低温と雪、巨大な波
木は倒れ店の窓が割れ都市中の屋根が吹き飛ばされる。
強風の予想外の副作用は北ギリシャのKrystallopigiの森の大きな火事

オーストリア 国の大部分が冬の嵐、 最高50センチメートルの雪
一人死亡、37人怪我、A1高速道路で70台以上の大規模な玉突き衝突

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/27/62/b0086362_23421141.jpg',300,202,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ノルウェー(Alesund) 
地すべりで2004年に完成したマンション崩壊5人が行方不明、
最初の地すべりが建物にぶつかり建物が動き、危険で救助隊が入れず
ガスラインが破裂し数箇所で火事が発生、床が崩壊
第2の地すべりは瓦礫に衝突、ビルが18フィート動き2階が消えた

英国 ヨークシャー 川が化学製品の毒で汚染される

ロシア 1973年以来の暖かさ

鹿児島 竜巻のような風で50棟に被害

アフリカ 
100万人のソマリ族は不安定と飢えのため彼らの家を出た。
さらに 20,000は、毎月首都のモガディシュから脱出。
200万人のソマリ族は生き残るために援助を必要とする。
戦争と記録的食料品価格と超インフレと干ばつ

米の価格が急上昇。
30年間以上ぶりにベトナムはとんでもない価格1トン750ドルで砕け米を
フィリピンに販売した。ベトナムが金曜日に米の輸出の課税を決めたの
でタイは国内供給を増やし地方の価格を下げるために輸出を制限する
試みをしている。最初の10ヵ月で積荷を350万トンに制限した。ベトナム
による販売に対する制限はアジアの供給をさらに厳しくなる。輸出制限
は短期間にさらに1トンあたり最大1,000ドルから1200ドルの新価格、国
際的な米の非プレミアム価格をあおるかもしれません。 インドにとって含
意は重大であるかもしれない。世界一の生産者と消費者の間で既に供
給不足に直面している。

サメは圧力を感じる能力があり嵐を予測できる

| 未分類 | 23:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チベット考察 その4


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/27/62/b0086362_22281759.jpg',240,320,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


まずは、やまめさんとのコメントのやりとりから。
----------------------------------------------
Commented by やまめ at 2008-03-26 16:17 x
こんにちは。暇があるとよく覗かせてもらってます。
いつも貴重な情報と、示唆に富んだ内容に気づかされることが多く、まゆみさんには感謝しています。

さて、中国がチベットの独立を認めない理由ですが、私は地下資源にあるのではと考えています。中国が国内で採掘しつくしたレアメタルがチベットにはまだ残っているそうです。レアメタルの採掘をめぐって、中国とダライラマの背後にいるアメリカ(アメリカよりの大国)との資源戦争。
これが根本の理由では。

地下資源の採掘権というキーワードでブータンの変化を考えれば、
大国の思惑が見えてきますね。いつも苦しむのは何も知らされていない草民ですね。


Commented by mayufuru at 2008-03-26 20:33 x
やまめさん、こんばんは。
そうえいば地下資源の話どこかで聞いたことがありますね。それも含めてあのあたりには何かがあるのでしょうね。

本当にいつも苦しむのは素朴に生きている人です。地下資源と言えばアメリカインディアンの土地もそうですね。あそこはウランでしたね。


Commented by やまめ at 2008-03-26 21:53 x
まゆみさん、レスありがとうございます。

金属資源情報センターの資料です。
やはりチベット高原には地下資源が豊富に眠っているようです。
http://www.jogmec.go.jp/mric_web/current/06_36.html

もうひとつ 平成13年の国民新聞
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H13/1307/130710chibetto-mineral.html

ウランも記憶にあるのですが確認できていません。
アボリジニの聖地にもウランが眠っているとか。
古代人はウランの力を知っていたのでしょうね。


Commented by mayufuru at 2008-03-26 22:04 x
やまめさん、情報ありがとうございます。
明日にでもこの情報をブログで紹介させていただきます。

アボリジニもですか、そうなんですね、古代の人はウランの力を知っているからこそ悪いように使わないように守っていた人、守り人だったのでしょうね。いろいろとつながってきました。感謝です。

----------------------------------------------


地下資源といえば金属、そしてウラン。
ケムのチャネリング詩に出てきた金属は金、そして錫。

米国も中国も世界の権力者はこの地下資源を狙っている?
この地下資源の上に住む人々はいわゆるインデイアンが多い。
何故だろう?
ふと浮かんだのが彼らはきっと守り人に違いない。
神から委託された選ばれた人たちに違いない。
使い方を誤れば凶器になるもの。
それを守る人々に違いないと直感した。

地下資源の豊富な地の磁場を想像した。
これらの地はいわゆるきっとパワースポットに違いない。
身体でいう経絡が地球にも走っている。
この経絡を結ぶ重要な点、パワースポット。
地球のネットワークになっているけれど
宇宙に対しての発信地にもなっているはず。
金属は重要な役割を果たすはず。


その3に出てきたイラク。
イラクは米国の手にある。
イラクに米国が侵略したときに書いたのは
石油欲しさが理由ではなくそれはあくまでも付随したもの。
一番の理由はまったく別のところにあるんじゃないだろうか。
イラクといえば人類発祥の地、シュメール文明、ウルの地
その聖地を占拠することが一番の理由。
聖地のパワースポットを占拠してエネルギーを搾取し操作する。
イラクを混乱させ人々を恐怖に陥らせ
そして世界にその恐怖を発信するのが彼らの考え。
アグレイブ刑務所で行われたことが世界に発信されたのは意図的なもの。
普通はあういった写真は絶対公表されない。あえてそうした。
そう直感したから
彼らの策略に乗って恨みや怒りを持たないように伝えてきた。

アフガニスタンもご存知のように米国の手にある。
この地はイスラエルの失われた十氏族が住んだ地と言われる。
その地をイラク同様めちゃくちゃにした。

パキスタンも米国の手にある。
ブット氏暗殺事件はつい最近起きた。

中央アジアの五カ国
カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン
ここにも民主化の流れと絶えない紛争がある。
間違いなく米国が関与している。
タジキスタンは寒波で国家滅亡の危機に瀕している。
ウズベキスタンもエネルギーの豊富なトルクメニスタンでさえも
寒波でガスと電気不足に直面している。
キルギスには近い将来大きな地震予測がでている
カザフスタンは大規模洪水がよく発生し
バルハシ湖では深刻な重金属汚染と砂漠化。

イラクでは干ばつかと思えば初めての雪が降ったり
アフガンの今年の冬は大寒波で多くの人が死亡し食料不足。
パキスタンも数えきれない多くの洪水、干ばつ、寒波、食料不足。
中央アジアの五カ国では寒波で国家滅亡の危機に瀕したり
近い将来大きな地震予測がでたり大規模洪水が頻発したり
重金属汚染と砂漠化が進んでいる国もある。

何か共通するものを感じませんか?

アフガンから始まった一連の軍事行動、
ネパールの王族暗殺事件、つい最近のブータンの異変、
もしかしたらすべてはチベットに向かっているのだろうか。
単なる地下資源欲しさだけとは思えない。
チベットに何があるんだろう?
チベットの地下に何があるんだろう?

そのヒマラヤに巨大地震の予測がでたばかり。

昨夜、みなみさんからメールが届いた。
『今回のチベット、ネパール、ブータンの一連の動きも考慮すると、
米国を背景で動かしている連中が、ラストリゾートとして、ヒマラヤ周辺を
候補地に挙げたのではないか?』

| 未分類 | 19:33 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チベット考察 その3


ぶれおさん、ご紹介の情報です。
Tibet, the 'great game' and the CIA(英語)
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=8442

何箇所か飛ばしてますがざっと翻訳まとめてみました。
間違いがあればいつの記事でもそうですが指摘してください。
嫌いな英語の翻訳、アシスタントが欲しい。

Tibet, the 'great game' and the CIA
チベット、『大きなゲーム』とCIA

今回のチベットの暴動はチベットの外で
反中国のオーガナイザーによって計画され実行された。
3月14日のラサの最初の暴動は事前の計画でかなりの組織化されたもの。

チベット人の精神的指導者ダライ・ラマとCIAの50年間以上続く厳密な協力、
チベット開放運動とCIAの密接なつながり。

CIAはチベットで中国人に対して1956年から大規模な秘密工作を実行。
これが1959年の悲惨なチベット蜂起につながり何万人ものチベット人が死んだ。

CIAはダライ・ラマの抵抗戦士ために米国コロラド州レッドビルの近くに
対中国用に秘密軍事トレーニングキャンプを作り、訓練指導した。
訓練されたチベットゲリラたちは定期的にCIAの契約傭兵により
先導されCIAの飛行機でチベットに侵入した。

ロジャー・EマッカーシーによってつくられたCIAチベットTask Forceは、チベット
ゲリラ軍と共に1974年までの15年間「ST CIRCUS」コードネーム活動を続けた。
マッカーシーは1959~1961の活動の後、ヴェトナムとラオスで作戦を続ける。

1960年代の半ばまでにCIAは戦略を変えた。
チベットにゲリラ兵とスパイをパラシュートで投下することから
Chusi Gangdruk(ネパールのムスタンのような2,000人の少数民族
Khamba人ゲリラ戦士ベース)の設立に転換した。
このベースは1974年にネパール政府によって閉鎖された。

*参考資料
Khamba=カムバ、カム
カム人は熱心な仏教徒だがカムは昔”強盗の国”と呼ばれていた時期があり
金品を奪うことを仕事にしている者も多かったらしい。
殺人や強盗をしても仏に祈れば許されるという考え方が普通にあったとか。
ダライ・ラマがインドに亡命した後もネパールやインドの国境山岳地帯に立てこ
もりCIAの支援を受けゲリラ闘争を続けたが、70年代に中国に急接近した米国
に見捨てられ消滅する。

1962年のインドシナ戦争後にCIAはインド情報部との緊密な関係を進展させる。
中国との関係改善と同時ににインドとの関係悪化でこの活動は終わる。

ワシントンの多くはチベット問題が中国の大きな弱点とみていて
中国政府を打つ絶好の機会ととらえている。

CIAはインドとネパールの多くの組織からかなりの支持を期待できるから
チベット抵抗運動に指導、お金、宣伝を提供するのに全く苦労しない。

ただこの暴動が他の地域イスラムなどへ転移しないかと恐れている。
ただの反乱で終わるか本物に変化するか?

伝えられるところによれば以前に東部ブロックから大量の携帯兵器と
爆発物が過去30年にわたってチベットにこっそり持ち込まれている。
機会が現われるまでこれらは安全に隠され続けられる。
武器は、世界市場でまたは米国かイスラエルの軍隊のストックから得られた。
それらはクリーニングされCIAは否認でき追跡できない。

チベットの抵抗運動への公式支持が30年前に終わったが
CIAはまだその回路を開いていてまだ多くの資金を供給している。

CIAはチベットでもう一度「大きなゲーム」をしていますか?

重要な知性と準軍事的な存在が地域にあればそれには確かに能力がある。
主なベースはアフガニスタン、イラク、パキスタンと中央アジアの州に存在する。

ワシントンとCIAにとってこれが絶好の機会になるかも知れない、
どっちに転んでも有利な状況。


以上。

まるでオサマ・ビン・ラディンとアルカイダの役割にそっくり。
暴動が何かのきっかけで大逆転し本物の開放につながればいいけど。
弾圧的な中国と巧みに操作する米国の間で罠に陥れられていることに
チベットの人々が気づくことを祈りたい。
いつも翻弄され苦労するのは一般の人々。

米国が1960年代のチベット蜂起を起こす仕掛けをした理由は何だろう?
その4で考察します。


■その他の情報

CIAとチベット…THE SHADOW CIRCUS:現役雑誌記者によるブログ日記!
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50586178.html
阿修羅♪[AML 転載] 実事求是: チベット問題 ダライ・ラマ CIA (1)
http://asyura.com/0505/war72/msg/939.html

| 未分類 | 18:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チベット考察 その2


★阿修羅♪ブログCIAの役割:ダライ・ラマの聖なる僧衣の背後
http://blog.livedoor.jp/asyura200709/archives/51080796.html
阿修羅ブログより引用
----------------------------------------------
2008年3月24日 (月)
CIAの役割:ダライ・ラマの聖なる僧衣の背後
マイケル・バックマン

マイケル・バックマンによるこの鋭い記事は、ダライ・ラマと彼の組織とアメリカ諜報組織との関係の概要を説明している。

ダライ・ラマは、1950年代末以来、CIAから給料を貰ってきた。

とりわけ最近の出来事を考慮すれば、こうしたCIAとの長年にわたる関係を理解することが重要だ。北京オリンピックの数カ月前に起こるよう仕組まれた抗議活動の背後には、アメリカの諜報機関が恐らくいたのだ。

M. C. 2008年3月23日

ジャーナリストがダライ・ラマに挑戦することはほとんどない。

その理由には、彼が非常に魅力的で、人を惹きつけるからだということもある。彼に関わる報道記事の大半は、くすくす笑いや巧みなたとえ話を難しい答えの代用品にしている人物を軽やかに描きだすのみだ。だが彼は、恐らく自分自身を政府の首長として、現在、中国国民である何百万人もの人々の、広範な自治を求めている人物だ。従って、彼を政界の実力者として責任を持った人物としてとらえて当然だろう。

単なる宗教指導者というだけではなく、1959年に亡命した際、彼はチベット政府の首長だった。チベット政府は、貴族的で、縁故主義の僧侶たちによって運営される国家機構で、税を徴収し、反体制派を投獄し、拷問し、あらゆる全ての通常の政治的陰謀に関与していた。(ダライ・ラマの父親は、1946年にクーデター陰謀の結果、殺害されたことはほぼ確実だ)

亡命政府はインドで設立され、少なくとも1970年代まで、CIAから年間170万ドルを得ていた。

彼がそれで1989年にノーベル平和賞を受賞したダライ・ラマの非暴力支持という公的姿勢にもかかわらず、この資金は中国に対するゲリラ作戦の対価だった。

ダライ・ラマ自身1950年代末から1974年までCIAの給料を貰っており、月に15,000ドル(年間180,000ドル)受け取っていたと言われている。

資金は彼に個人的に支払われたが、彼はその全てあるいは大半をチベット亡命政府の活動に使っていた。主としてニューヨークとジュネーブの事務所の資金と、国際的なロビー活動のためだ。

現在の亡命政府の財源詳細は、明瞭とはほど遠い。構造的に、亡命政府は、7つの省といくつかの特別部局で構成されている。公益信託、出版社、インドとネパールのホテル、アメリカとオーストラリアの手工芸品販売会社などがあり、全て亡命政府大蔵省の元に組織化されている。

政府は全部で24事業の運営に関与していたが、そのような商業活動は適切ではないことから、撤退することを2003年に決定した。

数年前、私は、ダライ・ラマの大蔵省に予算の詳細を質問した。それに対し、当時、約2200万ドルの歳入があり、様々な厚生、教育、宗教、文化プログラムに使われていると答えた。

最大の項目は政治に関する支出で、700万ドルだ。次に大きな金額は行政で、450万ドルだ。ほぼ200万ドルが亡命政府の海外拠点運営に割り当てられていた。

亡命政府が行っていると主張しているものに対し、こうした金額はかなり少なめに思える。

寄付金がどのように予算に組み込まれるのかは明らかではない。寄付金は年間数百万ドルにのぼると思われるが、ダライ・ラマの大蔵省は、それについて具体的な受取り証や、資金源は提示しなかった。

確かに、国外居住しているチベット人の間には、構造的汚職や、ダライ・ラマの名において集められたお金の乱用について、数多くの噂がある。

多くの寄付は、ニューヨークに本部があるチベット財団、1981年にチベット難民とアメリカ国民によって創設された組織を通して流れ込む。財団は様々な計画に年間300万ドルを費やす、数百万ドル規模の組織にまで成長した。

その資金の一部は、アメリカ国務省の難民計画局(Bureau for Refugee Programs)から出ている。

多くのアジアの政治家同様、ダライ・ラマは至って身びいきが激しく、自分の家族たちを多くの重職に任命している。近年、チベット亡命政府の最高行政府、つまり内閣であるカシャグ・メンバー6人のうち3人は、ダライ・ラマの身近な肉親だ。

彼の兄はカシャグの議長であり、治安大臣である。彼はまた、1960年代には、CIAが支援するチベット・コントラ活動の長だった。

義理の妹は、亡命政府の計画審議会会長と厚生大臣をつとめた。

妹は、厚生、文部大臣であり、彼女の夫は亡命政府の情報・外務大臣だった。

彼等の娘はチベット亡命国会の議員だ。弟はダライ・ラマ個人事務所の上級職員をつとめた、また彼の妻は文部大臣をつとめた。

義理の弟の二人目の妻は、北部ヨーロッパ・チベット亡命政府代表で、チベット亡命政府の国際関係部門の長だ。こうした全ての立場によって、ダライ・ラマ一家は、亡命政府を代表して集められた何百万ドルにアクセスすることができる。

ダライ・ラマは今や有名かも知れないが、彼について良く知る人はほとんどいない。例えば、広く流布している思い込みと異なり、彼は菜食主義ではない。彼は肉も食べる。肝炎に由来する肝臓の合併症後、医師の助言で、そうしている(と彼は主張する)。私も数人の医師に尋ねてみたが、痛んだ肝臓には肉が必要、あるいは望ましいことに同意した医師は一人もいなかった。

チベット内部のチベット人に対して、ダライ・ラマは一体何を実際に達成したのだろう?

もしも、彼の目標がチベットの独立、あるいはより近年では、自治の拡大であれば、彼は惨めな失敗者だ。

彼は、チベットを世界中で第一面の話題にして来たが、一体何が目的だろう? 主な業績は、彼が有名人になれたということのようだ。彼がおとなしくしていれば、中国によって拷問され、殺害され、全般的に抑圧されるチベット人の数も少なかったろう。

ともあれ、今のダライ・ラマは72歳だ。彼の後継者、つまり生まれ変わりの子供が指名されようが、意味のある役を演じるようになるまでには長年かかるだろう。中国に関する限り、オーストラリアのジョン・ハワードやケビン・ラッドが現ダライ・ラマと会見しようが、しまいが、これは自ら対処すべき問題の一つであることは確実だ。
----------------------------------------------

こちらが元記事です。
The Role of the CIA: Behind the Dalai Lama's Holy Cloak(元記事)
http://womenslens.blogspot.com/2008/03/role-of-cia-behind-dalai-lamas-holy.html

| 未分類 | 14:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チベット考察 その1


ダライ・ラマ14世のチャネリングをしてみようかと昨夜話していたら
チベットのイメージがひっくり返る情報が入ってきた。
私の勘が当たってはいたけれど、それ以上のとんでもない闇の世界。

チベットの闇、CIAとの関係、地下に眠る巨大資源

CIAとの関係は50年以上で、
CIAから資金援助、武器供与、戦闘訓練を受け、ゲリラ闘争を続けていた。
亡命政府は1970年代まで年間170万ドルを得ていた。
ダライ・ラマ自身は1950年代末から1974年の間
CIAから給料を貰いその額は月に15,000ドル(年間180,000ドル)。
(CIAとの折衝役はダライ・ラマの実兄が務めていた。)

オウムからも資金を得ていたよう。

今は世界中から観光客が訪れるあのポタラ宮殿では日夜
貴族や高僧たちの権力闘争が行われ処刑も頻繁に行われていたそう。
かつてのチベット仏教の荒廃ぶりは耐え難いものがあり
僧たちは飲む打つ買うの何でもあり状態で、
女色、男色も普通でしかも尼僧院までもが同じ状態だったとか。

こうなってくると、のろさんからの情報も完全には否定できなくなってきた。
世界を牛耳っているのはチベットの高僧だとの情報もある中、さて何が見えてくるか?

すこしづつ分けてアップしていきます。。

| 未分類 | 12:56 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「28」


今朝、瞑想中に伝えられた「28」の数字。
内容は、宇宙そして物理学的な内容。
すべてが終了したとき、ある場所まで行くと一旦「28」に戻る。

元素記号を調べたら「28」はニッケル。
原子物理学用語の魔法数にもなる。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より
魔法数
特定の数の陽子と中性子から構成される原子核は特に安定となるが、
この数のことを魔法数(まほうすう)と呼ぶ。
現在知られている原子核の魔法数(後ろの元素名は、その魔法数で魔法核となる元素)
2 - ヘリウム
8 - 酸素
20 - カルシウム
28 - ニッケル
50 - スズ
82 - 鉛(陽子)
126 - 鉛(中性子)

また考察してみます。


今回のチベットとダライ・ラマ14世に関して検索してみたところ
一般的な内容以外、ほとんどどこのブログも取り上げていない。
どうしてなんだろう?
やはりタブーなんだろうね。
一種異様な雰囲気さえ感じる。
押し黙った触れてはいけないこの雰囲気は何なんだろう?
この雰囲気を作り出すものは個々が自ら科す一種規制のようなもの。
私はそういうものに縛られたくない。

| 未分類 | 20:44 | comments:23 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こころの痛み


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/26/62/b0086362_1448279.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


祝詞以外で手を使って病気治療するときがある。
でも最近はどちらもほとんどしなくなった。

ある夜、どうしても治らない胃の激痛に襲われたAさんの治療を手でやった。
Aさんの痛みが消えるにつれて私の手の小指が痛くなってきた。
Aさんはいつの間にか眠ってしまった。

でも私の小指の痛みは骨折でもしたかのように痛くなっていった。
そのうち痛みは指から腕に肩にとだんだん上に上がっていく。
治療したあとに腕が痛くなることは結構あるので
そのうち治るかなと思っていたけれど小指の激痛は初めて。

そのとき、「この痛みはAさんのこころの痛み」だと思った。

痛みの原因に気がつくと痛みも消えていく。
そう直感していたから治ると思っていた。

でも痛みは治まらずひどくなる一方、
翌日になってもまた次の日になっても痛みは更に広がり
日ごとに痛みは足まで全身にまで広がっていった。
こんなことは生まれてはじめての体験で
さすがののんびり屋の私でも少し心配になってきた。
ひどくなる一方の痛みに次にこう考えた。

「考え方をもっともっと柔軟にしなさい」というメッセージだと。

でも不気味な原因不明の痛みは増すばかり。
歯科医のS先生に痛みの話をしたら治療はしなくてもいいから
一度検査だけでもしたほうがいいと薦められた。

さすがの病院嫌いな私でも
ある日仕方なく検査でも受けようという気になって
少し暑いくらいの陽気の中を歩いていたときふとあることが浮かんだ。

この痛みはもしかして私のこころの痛みなんじゃないだろうか?

すると全身の痛みが魔法のように消えていった。
結局検査には行かなかった。

人の霊的なものを受けて処理できなくて痛みになったとも言えるけれど
こういう考え方よりも、基本的には心と身体の関係で考えるほうが好き。

こころはごまかせても身体はこまかせない。
こころには嘘をつけても身体には嘘はつけない。
ごまかしきれないこころの痛みは身体の痛みとなって現れる。

これは私が体験したこと。

原因不明の痛みがあるあなた、
あなたのこころが痛みを訴えていませんか?


----------------------


何かが起きているアメリカの続き

■消えたホワイトハウスの文書 
ホワイトハウスのコンピュータハードディスクが破壊された。

2003年から2005年までの消えた数百万通の電子メール。
それをめぐる論争が金曜日に連邦裁判所で明らかにされた。
White House: Hard drives tossed(英語)
http://www.usatoday.com/news/washington/2008-03-21-white-house-trashed_N.htm

■台湾に核の起爆部品を「誤配達」、米国防総省が大失態
米国防総省は25日、米国が2006年秋、台湾に大陸間弾道ミサイルの核弾頭を
起爆させるための部品を「誤って引き渡していたことが判明した」と発表した。

中国は、米国による台湾への武器供与に神経をとがらせており、今回の「誤配達」
に反発を強めるのは必至だ。

米国防総省によると、台湾に送られたのは、弾道ミサイル「ミニットマン」(射程1万
キロ・メートル以上)の弾頭に取り付ける電気式信管4個。核爆弾の起爆装置を作
動させるために使われ、内部構造は軍事機密に属する。

本来の積み荷であるヘリコプター用のバッテリーと取り違えて船便で送られ、台湾
当局からの通報で今月21日に発覚したという。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/26/62/b0086362_1431335.jpg',160,160,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
地質学者が大地震がヒマラヤを襲うかもしれないと警告を発した。(英語)
http://howrah.org/india_news/7824.html

私の夢とつながっている。


インドネシア 過去2週間にMentawai諸島で発生している20の地震
科学者は「大きいもの」がまだ来ていないのを恐れる。
Mentawai諸島が次の大きな地震の矢面に立つかもしれないと心配される。

キラウエア火山 1982 年以来の溶岩噴出
米 イエローストーンでM4.1


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/26/62/b0086362_135825.jpg',320,212,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
インド 降り続く雨は特にDakshina KannadaとUdupi地区に大きな破壊をもたらす。
広大な稲田の広がりが立木と共に洗い流され家が破壊され、ケララでは16人死亡
カシューナッツは手ひどい損害、作物のおよそ45パーセントに被害、
多くの川が危険レベルを超える
30枚の写真
http://mangalorean.com/news.php?newstype=broadcast&broadcastid=72193

Yadgirの2つの村では1000人以上が家を失う
稲田、唐辛子、綿に大きな被害

スリランカ 20日のノンストップの雨で更に米収穫減少
Dehiattakandiyaではすでに半分か多くの損失を報告していた。
もみの多くが既に発芽し始め、小さい子供を含む家族全員は
絶望的にもみを乾かそうと一日中働く。
気まぐれな天気で大豊作から一転した。

大規模洪水のカザフスタン、数千人が給水なし


米国 中西部を渡った洪水は80年で最悪の記録になった。
死亡者は17人に。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/26/62/b0086362_1359011.jpg',190,200,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
アーカンソーに大洪水警告

南カリフォルニア 焼けるような気温
ノースダコタ 干ばつ

干ばつ4年目で水不足のキプロス 緊急水配給制とギリシャから輸入を注文

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/26/62/b0086362_13592191.jpg',200,160,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
最も早く進化している動物は
生きた恐竜と呼ばれるThe tuatara.ムカシトカゲ



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/26/62/b0086362_141975.jpg',200,160,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

非常に超高度なエネルギー宇宙線ははるかかなたからやってくる。

Ultrahigh-energy Cosmic Rays Are From Extremely Far Away
http://www.sciencedaily.com/releases/2008/03/080321084612.htm


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/26/62/b0086362_1485653.jpg',360,208,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
太陽フレアMクラス発生

| 未分類 | 12:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スパムメモ

おかしい。
ようやくスパムが来たと思って4つのうち3つを削除して
あえてひとつだけ残しておいたのに、消えてる。
どうして自分で削除したんだろう?
改心したの?

| 未分類 | 21:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータンに何が起きたのか?


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/25/62/b0086362_19283927.jpg',320,174,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


インドと中国にはさまれた
世界唯一のチベット仏教を国教とする王国ブータン。
そのブータン王国が終焉を迎える。

ブータン(幸せを最高のゴールとした地)
精神の安寧を一番重要と考えてきたブータン王国。

ヒマラヤの静かな王国は初の議会選挙で
月曜日に1世紀以上の最高の支配を終える。
あきらめている王とは別に国民は満足ではない様子。
候補者は誇らしげに自身を君主制主義者と呼ぶ。

国民は誰もこの選挙を望んでいない、
変化を望んでいないとあるのに
何故、選挙が行われたのか?
ある労働者は投票を「胸が張り裂けるよう」だと言う。

民主化されたネパールとバングラデッシュが
災害の方向へ向かうをみてブータンの人々は狼狽した。
インドでしばしば行われる不正と混沌の政治をみせられて
ブータンの人々の心を悩ませる。
国民は南アジアで起きていることは要りませんと言う。

どうやら暗雲が漂っている。

民主化の声を合図に行われてきた多くの戦争
そして世界をひとつの価値に混乱に向かわせようとしている。
自由と平等と平和と民主化と…
なんと胡散臭い言葉。

長い間近代社会を拒絶して生きてきた美しい国ブータン。
つい最近まで電気も舗装道路もなく通貨もなく
物々交換形式の暮らしで観光客一人も入れなかった国。
故に素朴で美しい風景と人々がそこにはあった。
ヒマラヤ登山などの観光は規制されその他多くの規制があった。
(99年の一年間だけテレビとインターネットを許可したそう)

現代文明を拒絶してきたおかげで
環境が守られ原始のままの森があり
そして文化が守られ人々の心が守られてきたブータン。
私の好きだったブータンが変わる。

そして数万人のネパール難民がいるブータン。
彼らはどうなるのか?

ネパールといえば
ビレンドラ国王を含む王族の謎の射殺事件
そして3年前の非常事態宣言
そのネパールからの難民がいるブータン。

ネパールの次はブータン
今回の選挙ともつながっているんじゃないかな。

ヒマラヤ周辺の聖地が狙われている。
ブータンを「雷龍の地」とも言うらしい。
確かに国旗の絵がそうだね。

Bhutan will end royal rule(英語)
http://www.iht.com/articles/2008/03/23/asia/bhutan.php



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/25/62/b0086362_19345729.jpg',200,160,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

ダライ・ラマ14世について何か書いてみようと思う。
でもよく考えたらほとんど何も知らないことに気がついた。
何故知らないかといえば興味がないからです。
だから感じたままのみ書いてみます。

コメントにも書いたように
ダライ・ラマを映像でみたときに感じたのは
気の良い土建屋の社長さんみたいな顔だな、
世間で言われてるような聖人にはまったくみえない。
これだけでした。

ただ彼の栄養が行き届いたような体格、
余裕のある様子をみていると
チベットを移動するときに乗るベンツをみると
オヤ?と思う。

かなりの資金を持っているなと思う。
その資金はどこから出てるのかな?
想像すればすぐわかること。

ノーベル平和賞の授与。
ノーベル平和賞ってアル・ゴア佐藤栄作ももらったもの。
奇妙な胡散臭い平和賞。
最近ではブッシュから米国最高勲章も授与された。
どうして受け取るんだろう、
やぱり仲良しなんだね、って思う。

ダライ・ラマはイルミナティだと爬虫類人(レプティリアン)との噂がネット上にある。
この三つの言葉で検索すればたくさんヒットするはず。
それらに影響されたくないので私の感じたままを書いていきたい。
私なりにちょっとだけ検索してみた。

阿修羅♪ブログ
「ダライラマ14 世のもう一つの顔」
http://blog.livedoor.jp/asyura2007/archives/50950582.html
「ダライ・ラマグループ」と「ダライ・ラマ14世」とを混同する書き方は、無知か、意図的か?
http://blog.livedoor.jp/asyura2007/archives/50950103.html

この阿修羅ブログに
ダライ・ラマがかつてアメリカの支援を受け対中武装闘争を戦っている
その写真が紹介されている。
背後に米国がいるといった私の勘は当たってると思う。

さて、チベットはざっと知ってても歴史はよくわからない。

一体、ダライ・ラマとはどういうものなんだろう?
いつから存在しているの?
一体、何の化身なの?
ダライ・ラマの転生を探してダライ・ラマに仕立てて何になるの?
絶大なる権力の誇示じゃないの?
転生探しの裏には汚い駆け引きがあるんじゃないの?

ダライ・ラマ14世はどうしてこんなに多くの本を出しているの?
どうして多くのメディアに出ているの?
あなたが登場してから西洋人の仏教徒が増えましたね。
ハリウッドスターのリチャード・ギアは有名、彼が宣伝役になったのかな。

こんなことを率直に感じる。

彼はチベットの貧しい人々とは
異常にかけ離れた場所に住んでるようにみえる。

少し前に(NHKだったかな?)
チベットで大儲けをしている中国人の番組をみたことがある。
世界中から観光客がやってくる今や観光地になったチベット
その観光客向けのホテルの中国人オーナーが
貧しいチベット人を上手い話で釣って雇用するお話。
雇ったチベット人を案内人(交渉人)にしてチベット各地に入り込み
現地の人と交渉させ、文化遺産的な仏像や宝物をタダ同然で買占める。
案の定、それらを自分のホテルで文化遺跡として展示し高額で販売していた。

これだけではあきたらず
今度はチベットの神事に目をつけ
神事をホテルで開催させてまたまた大儲けをたくらむ。
こんなドキュメントだった。

どうなってしまうのかと心配してみていたら、
雇われた若者があまりにひどい雇用契約に怒って辞めていった。
チベットの人の魂を見せられたようで感動的だった。
彼はあれからどうしてるのだろう?


チベットの地震と暴動のこともあるので一年前に書いた
ヒマラヤの噴火か地震を連想させる夢の記事を載せておきます。
地震予想(2007-02-02)
http://cocorofeel.exblog.jp/6423147

| 未分類 | 19:37 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スパム考察

海外からのスパムに混じって
東京都内東京都の大学から送られてきたスパムがあった。
あとで大学名とIPアドレスを公開するかもしれません。
自宅(携帯)から送るとまずいので大学から送ってきたと予測。
携帯だと一人思い当たる人がいる。

環境設定をまた元に戻して様子見ます。

海外からのスパムは
もしかして最近のぶっ飛びケム考察がいい線行ってるのかな?
当たってるのかな?
123さんのアドバイスを抜きにして考えれば
スパムが来る理由はこれしか思い当たらない。

英語のスパムが必ずしも海外から送られてきていないと
直感してたので勘が当たった。

この記事書いてからスパムがまったく来ないのは何故?

| 未分類 | 13:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

洪水の夢


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/25/62/b0086362_12343165.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


今朝の夢

国内のどこかはわからないけれど町が水浸しになっていた。
み覚えのある町のようでもあり見知らぬ町のようでもあった。
洪水の町を歩いた。
水の深さはおよそ建物の半分くらい。

ある男性(仮にAさん)と共に最後に訪ねた家はお店だった。
ここは水が床下ぎりぎりくらいだった。
畳に座っていた男性がこちらを振り向き
Aさんの顔をみて、奥にいるらしい店主に向かって
「どきどきさんがきてはるよ~」と言った。
私は、どきどきさんって何だろう?と思った。
Aさんはどうやらテレビ局の人らしい。
Aさんが担当するテレビ番組のタイトル名をギャグで言ってるようだった。
(本当は”時々何とか”とかいうように)
呼び声を聞いて奥から男性の店主が出てきた。
茶色に染めたたっぷりとした長髪を頭の上に束ねていた。
店主は誰かの訴訟にかかわっているようでAさんとその話しをした。
Aさんは訴訟の費用のことは心配しないでいいからとかなんとか言ってた。

こんな夢だった。
ということで、現在まったく気配はないけれど
このテレビ局に該当する地域で洪水が起きるでしょう。


-------------------------------


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/25/62/b0086362_13391637.gif',100,75,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
チリ M6.1

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/25/62/b0086362_13404358.jpg',100,64,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
米アーカンソー州 川の水位が上がり続ける

■カリブ海のサンゴ礁、高波で大打撃
先週米国北東部に停滞した低気圧の影響で高波が発生、
ドミニカから南米ガイアナまで最大約9.1メートルの波が襲った。
重さ3キロ以上のサンゴの塊を含め破片が大量に打ち上げられた。
バージン諸島では20日に4.6メートルの高波を記録。

■ドバイ 急速な人口増加と経済発展で水の急激な需要が増え
3つの巨大な貯水池を建設しはじめる、15カ月後に出来上がる予定

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/25/62/b0086362_13411298.jpg',200,160,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
■インドが油と鉱物が豊富なアフリカに接近している。
インドの企業は100億ドルの潜在価値がある取引について議論するために
アフリカ33諸国からの代表とニューデリーで会合している。
(アルジェリア、エジプト、ナイジェリア、南アフリカを含む)
写真はナイジェリアのガス田

■中国でガソリンスタンドに長蛇の列
原油価格の世界的高騰と中国国内での統制価格との差が拡大したため中国
各地の主要都市で軽油とガソリンが品薄になり各地のガソリンスタンドに24日
長蛇の列ができた。

品薄は中国南部と内陸部から始まり、沿岸の大都市にも広がりつつある。ガソ
リンスタンドは調達が難しくなり、上海のガソリンスタンド4カ所は同日、当日分
の軽油がまだ届かないと語った。

上海経済委員会は同日、上海にはまだあと10日分以上の重油があるとの情報
をウェブサイトに掲載。「価格は政府が決めているため、消費者が価格急騰を
恐れてパニックに陥ったり、買いだめする必要はない」として平静を呼びかけた。

中国は長年、国内の油田からの供給で需要をまかなってきたが、1990年代の
経済成長に伴い輸入量が増大。現在需要の半分近くを輸入に頼っており、輸
入量は昨年12.3%増えて11億バレルに達した。

国営メディアの報道によると、原油価格が1バレル当たり100ドルを突破する中、
小規模の石油会社は生産の縮小や中止に踏み切っている。中国国有の石油
大手2社は、主要都市および農業、公共交通機関といった主要産業への供給
を確保するよう政府から命じられ、一部地域でガソリンスタンドへの販売を制限
しているという。

■輸入メロンにサルモネラ菌か 米当局が処分勧告
ワシントン(AP) 米食品医薬品局(FDA)は22日、中米ホンジュラスの業者ア
グロペキュアリア・モンティバノが生産したマスクメロンがサルモネラ菌の感染源
だった可能性があるとして、青果取り扱い業者に処分を呼びかけ、消費者にも
注意を促した。

アグロペキュアリア社のメロンを食べた後に体調を崩し、サルモネラ菌の感染症
状を示した人は、全米16州で50人、カナダで9人にのぼっている。死者は報告
されていないものの、14人は入院した。

-----------------------------

あとでブータンとチベットの記事を書きます。

| 未分類 | 12:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

追記 国内で広範囲な揺れ


発生時刻 2008年3月24日 12時40分ごろ
震源地 福島県沖
深さ 40km
規模 マグニチュード 5.3  
最大震度4

栃木、福島、茨城、宮城、群馬、埼玉、千葉、東京
神奈川、岩手、山形、新潟、山梨、長野、静岡

発生時刻 2008年3月24日 22時29分ごろ
深さ 60km
規模 マグニチュード 4.8

最大震度3
福島、茨城、宮城、栃木、山形、千葉、東京

-------------------------


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_17263018.jpg',360,248,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ハワイのキラウエア火山の大きな写真
(火山監視員がみているけれどこのときはまだ噴火前)
19日の午前3時00分前後に1924以来初めて爆発的に噴火した

昨日の記事の恒星の爆発エネルギーが届いた40分後に噴火している



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_17272425.jpg',360,244,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
今は11年の太陽サイクルの一番静かな時期
その太陽に先週末に多くの活動があった
日曜日に新しい太陽黒点が二つ発生
写真は22日の太陽南東部の磁気フィラメント(1027トンの核爆発)
"monster prominence"

太陽にも影響が出てるんじゃないかな

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_2024041.jpg',100,76,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
20日、コロラド州で緑の火球目撃

| 未分類 | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

考える自由



行動や発言に不自由さはあっても
考える自由は世界中の誰にでもある

頭の中は宇宙より広大で無限

神さまがすべての人に区別なく与えてくれたものが
自由だとしたら、それは考える自由

昨日ふとそんなことを思った。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_14195399.jpg',240,320,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


一昨年の情報だけど
あっと驚く「金とウイルス」の研究発表をみつけた。

ウイルスが撒かれているといわれるケム、
ケムのチャネリング詩に出てくる金、
この二つの名前が出てきてビックリ!
しかも小さくて強力な電池が作れる。
錬金術じゃないかと言ったけれどまさしく錬金術。

■遺伝子操作したウイルスを使い薄型の大容量電池を開発
米国のMIT(マサチューセッツ工科大学)の研究者たちが、遺伝子操作したウイル
スを用いて従来よりもより薄い大容量のリチウムイオン電池を作ることに成功。ウイ
ルスを遺伝子操作することで、ウイルスにコバルト酸化物の分子および金を集める
タンパク質のコートを形成させ、ウイルス自らが電力を通す直径6ナノメートルのナ
ノ細線として機能するように並ばせることに成功。このウイルスを用いたナノ細線、
コバルト酸化物と金を利用することにより、従来のバッテリーの2~3倍の大容量が
実現する。

このナノ細線を通常の技術で作ると温度や圧力などを調節するのに高額な機器
が必要になるが、ウイルスを使用すればその必要がなく、そして一度バッテリーを
作るためにウイルスを遺伝子を操作しておけば、あとはウイルスをクローンすれば
簡単に複製できるので製造コストが抑えられる。


Researchers build tiny batteries with viruses(英語)
http://web.mit.edu/newsoffice/2006/virus-battery.html


リチウムイオン電池を検索したら
ノートパソコンや携帯に使用、最近は車にも使用され始めているよう。

めちゃくちゃぶっ飛びだから無視してもらってもいいけれど
この研究発表の記事を読んですぐ直感したのが
遺伝子操作ウイルスが大気中に撒かれ金とコバルト酸化物を集め
錬金術で大気が電池化する、そんな絵を想像した。
電池をそっくりそのまま空に置き換えてこれを応用しながら
まったく別の組み合わせの錬金術を考えたほうが理にかなうかも知れない。
いくらなんでもぶっ飛びすぎかなとは思うけれど
空で何かしらの錬金術が行われているのは間違いないと思う。

仮に良いように考えて
何かから守ろうとして空で錬金術のようなことをしたとしても
結果的には気象や動物や人間に大きな影響を与える。
それでなくても宇宙爆発で大きな影響があるのに
自然なサイクルが更におかしくなるでしょう。

悪いように考えたら
宇宙爆発との相乗効果で更に悪影響が出そう。


それからyasuさんが探してくれた情報
昨日の記事にもある「ガンマ線」も登場。

■金は中性子星の衝突でできる。
中性子星は、超新星爆発の際、恒星の核がつぶれてできる超高密度のコンパクトな
天体で、地球の百万倍もの質量を持ちながら、大きさは大都市ほどしかない。そして
この中性子星は、しばしば2つペアとなって発見されることがある。

そこでRosswog博士らは、2つの中性子星が衝突した際に何が起こるかを検証した。
その結果、宇宙で最も大規模な爆発現象である「ガンマ線バースト」を説明できるだ
けのエネルギーが放出され、ブラックホールが生成されるとともに、大量の金やプラ
チナなどの重元素が生成され、その一部は宇宙空間に投げ出されることがわかった。

Rosswog博士は、「これはすごいことだよ。結婚指輪の金が、はるかなかなたで星ど
うしの衝突により生成されたと考えると、わくわくするね。」と話している。


星の錬金術 金などの重元素の生成に関する新説(日本語)
http://www.astroarts.co.jp/news/2001/04/09gold_formation/index-j.shtml


昨日の記事、
ブラックホールの爆発といい恒星の爆発といい、
爆発と共に金もやってきたかな。

いま、空の上で何が起きているんだろう。


--------------------


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_14114697.jpg',100,75,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
■地震
アラスカ 6.2

崑崙山から始まった新疆ウイグルの地震はすでに12回の余震、
犠牲者は出ていないが建物に被害が出てきている
2,200の家が損害、あるいは倒壊、数百の家畜小屋と温室が倒壊
44,000人に影響

米 アイダホ 21日、マジックバレーの居住者は
「地球が鳴動して震動しているのをような気分である」と
メールを送っているが地震学者は、それらの震えが機材に現れないと語る。
何十もの問い合わせが報告がマジックバレーからあった。
「それは様々でした、誰かが家に押し入ってきたような、
屋根の上で誰かが振動させているような」
科学者の理論では岩石の沈殿物からの水の噴出(泥地震)ではないかと。

■高波
http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_14121240.jpg',300,180,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_14123320.jpg',200,127,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
英国 巨大な波がサフォーク海岸線を襲う

トリニダードトバゴ島 荒れ狂う高さ15-20フィートの波で大きな被害
http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_14142028.jpg',219,131,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
キューバ Baracoa海岸でも高波、800人が避難、20の家が崩壊

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_14144456.jpg',200,160,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ベニス 海面上昇で建物の高さを上げる計画
オーストラリア アデレードでもベニスと同じ課題がある

■洪水
http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_14163631.jpg',100,82,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
バングラデシュ サイクロンで12人死亡、北東部地区の4つの村で3,000が倒壊

インド ここ数日タミルナドに激しく打ちつける雨、9人が死亡
多くの地域で大きな被害、70の村は寸断、9つの地区の4万233エーカーの立木に被害
Manaliでは地すべりで4人が死亡、道路がふさがれ数百の車が立ち往生
シルシtalukでは激しい雷雨、 3月のこの時期の雨はほとんどの農業者にショックを与えた。
ほとんどの村では今はビンロウジュを乾燥させる時期だから品質低下と
季節はずれの雨で受粉が損なわれビンロウの花は腐敗し始める。

フィリピン ダバオの住宅地で地すべり、3人死亡、7人負傷

モザンビーク サイクロンJokweで約176,000人がホームレス
511の家がひどい損害、153が倒壊、村民の半分以上は現在家がない。
豪雨が続き多くの家が毎日崩壊し、雨に濡れた多くの人々は寒さで
胸部感染症とマラリアに罹っている。

米 大雨と洪水でミズーリ、アーカンソー、オハイオの住民は疲れきっている。
洪水の水は新記録に近いレベルを記録、
少なくとも200の家と13の企業が避難、他にも避難勧告が出される。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_14162234.jpg',100,82,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
洪水に加えて長引く嵐は土曜日に中西部の地域に多くの雪を落とした。

■病気
ブラジル リオデジャネイロ市でデング熱報告が上昇し軍が援助する準備
2008年に入ってから48人が死亡

| 未分類 | 14:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙のうねりと地球のうねりと意識のうねり



最近多くなった宇宙に関する新発見と出来事
これらは私たち人類に何を伝えようとしているのか。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/23/62/b0086362_2131367.jpg',320,320,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


■宇宙で最も巨大な怪物ブラックホール
太陽180億個に相当する質量、全銀河の大きさ
アメリカ映画「双子」のように
重いブラックホールはそばに微弱な一対の片方を持っている。
天文学者は、小さいブラックホールの軌道の観察によって
以前よりも強い重力場で一般相対性理論をテストすることができる。
一般相対性理論によって予言されたように
最も最近の爆発は2007年9月13日に起きた。


18 Billion Suns -A Galaxy Classic: Biggest Black Hole in Universe Discovered―and it’s BIG
http://www.dailygalaxy.com/my_weblog/2008/03/18-billion-suns.html

----------------------------


宇宙のどこかで起きたことは同時に他の場所でも起きる。
もちろん人間の意識にも大きな影響を与える。
集合無意識、集合意識になにかしらの変化がでるはず。
良いことも悪いことも関係なく。
意識の爆発ともいえる。

さてその2007年9月13日にそれ以降に何が起きたか。
こういうときに過去の気象と宇宙の記事が役に立つ。
ブログ検索する前に真っ先に思い浮かんだのが
あ、彗星ホームズだ!
彗星ホームズの謎の巨大爆発はもしかしてこれがきっかけかも知れない。
彗星17P/Homesが前代未聞の謎の巨大爆発を起こしたのが10月23日。
明るさは100万倍にもなり太陽よりも大きくなったあの彗星ホームズ。
科学者にも理由がわからない謎の大爆発。
彗星ホームズが何故か異常に気になって毎日のように記事にした。

このまえ書いた「宇宙津波のサーファー」のように
笛を吹く役割をするものが爆発エネルギーの中にあると思う。

9月13日以降
M7以上の地震が相次ぎ10個くらい起きてると思う。
(98年に到達した例の未知のエネルギーの影響がまずあるだろうけれど)
アジア、中米、アフリカの歴史的な大洪水
米国も洪水続き、干ばつ、カリフォルニアでは歴史的な山火事
奇妙な台風の連発、バングラデッシュの巨大サイクロン
ペルーでは大きな地震と謎のクレーター
世界中で高波が異常に増えたし、火山噴火も多い。

世界中で頻発する異常な高波、
私はこれが気になって仕方ないと何度も書いてきた。
宇宙のうねりと地球のうねりと海のうねりと意識のうねり
これらは密接につながっている。

ミャンマーとチベットの暴動なんかも間違いなく関係あるでしょう。
宇宙で何かが起きると地球でも何かしらのムーヴメントが起きるはず。
清濁あわせたムーヴメント。

占星術で考えれば、星の爆発は人間の性格と同じように爆発の性格もいろいろ。
人間が星からできていることで考えても心身への影響は大きいはず。


この記事を書いている途中に別の星の爆発のニュース
さてこの爆発はどんな影響を人類に及ぼすのだろう。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/24/62/b0086362_1043147.jpg',292,219,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


■75億光年の彼方で星が爆発、肉眼でも観測 
ワシントン(AP) 米航空宇宙局(NASA)は20日、地球から肉眼で観測できる物体
としては最も遠い距離にある恒星の爆発を観測衛星がとらえたと発表した。
爆発した巨大星はこれまで知られていなかった銀河系にあり、地球からの距離は75
億光年。「宇宙の果て」までの距離の中間地点に位置するという。爆発で放出された
ガンマ線が19日に初めて地球に到達し、NASAのスウィフト衛星が午前2時12分に
とらえた。
爆発の光は非常に明るく、肉眼でも見えるほどだったという。これまでの記録によれば、
肉眼で見えた物体の地球からの距離は250万光年が最長だったが、75億光年はこ
れを大幅に上回る。「これほど遠い所にありながらこれほど明るいものは見たことがな
い」とNASA職員は話している。
爆発が起きたのは、宇宙ができてから現在までの年月の半分に満たず、地球もまだ
誕生していない75億年前。爆発前の星は、太陽の約40倍の大きさに膨れ上がって
いたという。爆発で、近くにあった惑星は蒸発した。
しかし、この輝きが観測できたのは1時間足らずだったため、天体観測で見つけたと
いう報告は寄せられていないという。

NASAの情報はこちらから

http://www.nasa.gov/centers/goddard/news/topstory/2008/brightest_grb.html
----------------------------

>ガンマ線が19日に初めて地球に到達し、
NASAのスウィフト衛星が午前2時12分にとらえた。

ガンマ線が地球に届いたのが19日、崑崙の地震の前の日
「カタカムナ ウタヒ 21首」を掲載した日
21首のぶっ飛び解釈が妙にマッチしている。

わっ!1時間後に沖縄で地震が起きている。
19日のブログを再掲載
---------------------------
発生時刻 2008年3月19日 3時26分ごろ
震源地 沖縄本島近海
深さ 40km
規模 マグニチュード 4.0

17日の22時27分に揺れを感じて地震の発表はなかったけれど
気のせいにしては結構揺れたし、何だろうと思ってたらようやく発振。
29時間後の揺れ。この時間差は何だろう?
しかし最近各地で揺れ続けている。
----------------------------

29時間前に私だけ揺れを感じたのは爆発を感じたのかな?
爆発=振動
国内の頻発する揺れもきっとこの影響に違いない。
久しぶりのめまいの原因はもしかしたらこれかも知れない。
90年代後半に中医学の先生がめまいの人が増えていると言ってたけど
ここ数年まためまいの人がかなり増えていると聞く。
地震でもめまいを感じる人が結構多いからもっと増えるだろうね。

あ!面白いものを発見!
「やっぱり、気象操作」の記事に海外から突然スパムが来はじめた日が17日。
削除していたら123さんから「スパムも学ぶべきところがあるのではないか」と
言われたけれど、もしかしたらメッセージだったのかも知れない。
「やっぱり、気象操作」の記事にスパムがくれば普通は嫌がらせと取る。
良いように解釈すれば、気象操作じゃないよとも受け取れる。
スパムを別の次元で考えればまったく違う受け取り方もできる。
気象操作じゃないよ、宇宙爆発だよ、何か(ガンマ線)が届くよ、
別の方角をみてごらん、応援してるよ、
と思わぬメッセージを送ってきたのかも知れない。

良いように考えすぎ?

あ、いま気が付いたけれど123便もひふみなんだね。

スパムの内容が私のサイトを応援するようなほめるような言葉ばかりで
しかも同じ記事に集中していたので理解不能のスパムだった。
そして海外なのに日本語読めるのかな?と。
でもリンクに何かが仕込んであると迷惑をかけるので削除した。
インド経由のスパムのリンクを一つyasuさんが見てくれたら金融関係だったとか。
あ!金だ。
こじつけすぎだね(笑)

その後「半角英数記号のみのコメント・トラックバックを受付けない」設定にして
来なくなったけれど、今日また受け付ける設定に戻してみた。
ちょっと様子をみてみよう。

夢で「立つ位置を変えればこの世は天国にも地獄にもみえる」
と教えられたけれど、本当にそう思う。

やっぱりいろいろと、リセットだね。

宇宙を考えると、やっぱり本来の私の考え方に戻ってしまう。
HAARPやケムトレイルやその他のことが陰謀だとしたらちっちゃなこと。
陰謀なんてやってる場合じゃないでしょ。
宇宙爆発で考えれば無意味なこと、手も足も出ない。
それとも宇宙爆発に対処しようとしてるの?

ここでふと、爆発→防御→HAARPやケムが浮かんだ。
一発逆転ナチュラル思考で、HAARPやケムは
未知のエネルギーや宇宙爆発から守ろうとしているとも考えられない?
どんなものでも100%の悪も善もないことで考えても。
人類すべてを守ろうとしてるのか自分たちだけを守ろうとしているのか
そこは皆さんで考えてみてください。

立て続けに起こる宇宙爆発は人類にどんな影響を与えるだろうね。
こういうことを考えるのはとても楽しい。

ケムのチャネリング詩の金について
また新しい情報をみつけたので時間があるときにまとめてみよう。

追伸
設定を戻した途端にすぐスパムがきた。
この速さは絶妙かも。

今日の昼間、茨城県土浦市で通り魔事件があったよう。
記事によれば「刃物を振り回し、うなりながら襲い掛かってきた」とか。
こういったことも関係あると思う。

| 未分類 | 21:35 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャネリング詩「無題」


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/23/62/b0086362_1057359.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


「無題 その40」


それはそこにみえている
すでにみえている
気づきなさい
君にはみえているであろう
よくみないとわからないようにしてある
一から十まで手取り足取り教えても
意味の無いこと
ハタラカず
機能せず
とことん教えてもわからぬものはわからぬ
教えても無駄なものは多い
こそこそと嗅ぎまわるものは打ち捨てるべし
逃げも隠れもしないものは
どうやってもやっていける
粉砕しながら進むものは
逃げ道を失うなり

良からぬことにかかわってはならず
火の中に飛び込んではならず
水の中に身を横たえながら
星を見上げるとき
それはやってくる

一番星の向こうに隠れているもの
見事に咲かせたくなくても咲くもの
輝くことを欲せず、ただ生きること
生きることの厳しさと楽しさ
紅の海に沈む太陽
とくとくと注ぎ込まれるもの
本当に生きることの楽しみ

それぞれに預けられた生命
預けられたものは返さなければならず
奪い続けてはならず
与え続けてはならず

何事も時期があり
けじめがある

良きに計らうこと



2008/03/13 (木)

| 未分類 | 10:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだありそうな地震


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/22/62/b0086362_16475665.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

今日も少し地震雲

夜中から久しぶりにめまいがある。
単なるストレスなのか地震を感じてなのか今日はわからない。
眠れない異常に明るい月夜の空にも地震雲があった。

体調とは別に大きな地震がまだありそうな予感。



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/22/62/b0086362_1649938.jpg',100,75,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
崑崙山の地震は2002年以降中国で起きた地震で最大のもの
まず崑崙(正式にはクンルン)山で揺れ、
それ以降の5回は新疆ウイグルでYutian郡で揺れた
被害はない模様

大きな地震の場合、起きる前からイライラしたり怒りっぽくなったり
人間の心身にも影響が出るのでチベットの騒乱は地震も関係あると思うし
騒乱が起きたから地震が起きたともいえるし
タイミング的にみてこの地震は深いメッセージを伝えようとしている。

makaさんから届いた崑崙に関するメールです。
『崑崙
鍼灸の膀胱経の経穴でもあるので、本で調べてみたら
足の外踝(崑崙山)のところにあるツボだからとありました。
首の後ろ、腰、背中の治療にも使う大事なところです。
後頭部、首が凝っていたので、私も崑崙にお灸をしました。
maka』



カリフォルニア ダブリンの近くで20回以上の群発

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/22/62/b0086362_16493348.jpg',100,73,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ハワイ 84年ぶりのキラウエア火山噴火で国立公園の一部を閉鎖

環太平洋、かなり活発だね。

ドミニカ共和国 大西洋岸で高波、1人不明、125人が襲われた
トリニダードトバコ サンフェルナンドで怪物波


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/22/62/b0086362_16495377.gif',203,152,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/22/62/b0086362_1650116.jpg',203,152,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/22/62/b0086362_16501066.jpg',203,152,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
米国 中央部の3日間の豪雨、洪水の写真

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/22/62/b0086362_1651534.jpg',100,66,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
今度は中西部の川が上昇、シカゴでは雪

カナダ ピーターバラで記録破りの3メートル4センチの大雪

中国 北部の内モンゴルAutonomous、氷流により川が決壊し洪水
南岸の6つの村の13,000人が避難

チェコ共和国 激しい吹雪で100台の車が大きな玉突き事故


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/22/62/b0086362_17112663.jpg',320,224,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
1月、2月に大寒波に襲われた中東、そのときの写真
不思議な光景


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/22/62/b0086362_16515595.jpg',241,320,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
英国南部の浜辺に数千のヒトデが打ち上げられる


■温暖化対策で原子力利用の拡大不可欠 原子力白書
国の原子力委員会(近藤駿介委員長)は21日、地球温暖化対策には原子力
エネルギーの平和利用の拡大が不可欠として、国際的な共通認識の形成と枠
組み作りを積極的に働きかけるべき、などとする平成19年版原子力白書を閣
議に報告した。

■イタリアのチーズにダイオキシン
ローマ(AP)イタリアを代表するチーズの原料として使われる水牛のミルクから
高濃度のダイオキシンが検出された。バッファロー・モッツァレラチーズメーカー
の業界団体は21日、新聞に全面広告を出して安全性のアピールに躍起にな
っている。 

ダイオキシンが検出されたのは、イタリア南部カンパニア州のバッファロー酪農
場数カ所で生産された乳製品。報道によると、モッツァレラメーカー29社の製
品から許容量を超えるダイオキシンが見つかったため、当局が酪農場からミル
クのサンプルを収集して調べていた。

ANSA通信は、ナポリの検察が詐欺などの容疑で109人を取り調べていると
伝えた。 こうした事態を受けて同州のバッファロー・モッツァレラチーズメーカー
でつくる業界団体は21日の全国紙に全面広告を掲載。品質保証の認定マー
ク「DOP」が付いた大手のモッツァレラチーズは品質管理が徹底しており、安
全性が保証されているとアピールした。汚染ミルクが押収されたのは、業界団
体に加盟していない酪農場だったとしている。

モッツァレラはピザやオードブルに使われるイタリアの代表的なチーズで、DO
P認定製品の年間生産量は3万3000トン。多くが国内で消費されるが、日本
や欧州各国へも輸出されている。

カンパニア州では先に、マフィアが支配する廃棄物業界が有害廃棄物を不法
投棄して大きな問題になったが、今回のダイオキシン汚染との関係は分かっ
ていない。


イタリアって農業がしっかりしてるのにね。酪農も同じだと思うけれど。。。

| 未分類 | 16:58 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「コンロン」


崑崙山は聖地ですね。
ということは聖地での地震。

コンロンの夢で崑崙山を教えてくれた人が同時に
崑崙山を越える「アネサ鶴」を教えてくれました。
私が当時よく鶴の夢をみていたので教えてくれたそうです。

崑崙山、初めて検索してみた。

崑崙(こんろん)
http://www.pandaemonium.net/menu/devil/konron.html

なんと日月の言葉が出てきてちょっとびっくりです。
崑崙は多くの仙人が住むまるで桃源郷のような美しい神の世界だとか。
そして崑崙は世界の中心で頂上で北極星や北斗七星と繋がっていて
星々を回転させているともされていたそう。

夢のコンロンの意味することが少しみえてきたかな。

追記
夢に出てきた女性は上のサイトにある西王母(せいおうぼ)か?
あるいは鶴の化身か?

そして同じく上のサイトに
『同じく巨大樹の建木との関連性が考えられる。』
大樹で檀君王、そして古代ユダヤを想像。

今回のチベットの騒乱と崑崙の地震、大きなつながりを感じてきた。
何かを予感させるような。。。

| 未分類 | 23:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

追記  やはり地震の予知夢だった


赤字のところ追記しました。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/21/62/b0086362_1456541.jpg',160,160,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


夢で予想した1週間以内の海外でのM7以上の地震
ぎりぎり発振した。
4以上の余震が10回以上続いているようだけど被害状況は不明。

何度も書いたけれど予知夢の地震の場合は
規模の割りには死亡者はほとんどいないのが特徴。

中国 新彊でM7.2 深さ37キロ
MAP 7.2 2008/03/20 22:33:00 35.445 81.392 22.9 XINJIANG-XIZANG BORDER REGION

チベット騒動とこの地震、何かつながってるような気がする。

のろさんからこの地震が崑崙山脈と聞いて夢日記を出してきた。
崑崙だとまさしくチベットで起きた地震。

92年6月14日(日)の夢日記より

女の人が日本に行きたいけれど
理由があって普通のルートでは行けない
コンロン経由だと行くことができると私に話す
とにかくコンロンという地名が印象に残る

私がいる現在地はコンロンより左斜め下で
場所は特定できないけれど魂が抜け出して建物の中にいる感じ。

この夢を見たときはコンロンのことはまったく知らずに
あとで知人から崑崙山脈があることを知った。


フィリピン M6.0
ギリシャ アテネ M5.5


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/21/62/b0086362_15252665.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
いま外をみたら大きな地震雲
15時20分ころ撮影、西の方角だから中国の余震かな?
右のほうにまた青い色が写っている、何だろう?


-----------------


また米国でミステリーブーム
アイダホで17日にミステリーブーム
地震ではない謎の振動で一晩中不安な人々からの電話が鳴りっぱなし



http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/21/62/b0086362_14584815.jpg',100,100,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
米国 13人が死亡した中央部で激しい洪水を引き起こした嵐、雷雨は
その後、ケベック、東海岸に移動している。
最も激しい雨はアーカンソーとニューヨークの間に降る予測
ケベックと北ニューイングランド地域には雪の予測

中央部の洪水は数日間続き南インディアナと北ケンタッキーでは浸水で通行止め
イリノイ、テキサス、インディアナは豪雨記録更新
テキサス トルネード
アーカンソーは広範囲な洪水
ミズーリ セントルイス地域も記録更新
オザーク山地区域は36時間の連続雨
スプリングフィールド-ブランソンナショナル空港は3月の記録更新
東南ミズーリを襲っている嵐は非常な珍しさ
「2月からあらゆる災害を経験しています。これは記録に残るでしょう」と。

フロリダ 水曜日に高波

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/21/62/b0086362_16363569.jpg',100,83,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
ハワイ 水曜日にキラウエア火山のHalema'uma'uクレーターが1924年以来始めて噴火
キラウエア火山のWebcam
http://hvo.wr.usgs.gov/cam3/

インド グジャラト 季節はずれの雨で農民は眠れない夜をすごす
当局は損害の可能性に直面している正確な農作物の損失と主要な作物評価の
州全体の調査を命令した。ここ数日間のunseasonalの軽い降雨は立木、特にクミン、
小麦、マスタード、ヒヨコマメが大きく破壊されンゴーは主要な損害に直面。
ここ数日の霧はペスト攻撃、ミバエの病害虫攻撃だけに終わらないかも知れない。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/21/62/b0086362_14594487.gif',359,287,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
太陽サイクル最新版



■水不足レポート
2025年までに水不足の解決策を探さないとこれから数十年間の間に
大量の人口移動、そして戦争にまで発展するとの警告が国連から出された。

発展途上国の200万人以上の人(大多数子供)が毎年不衛生な水に関連する
メキシコシティー、ジャカルタ、バンコクでは地下水を使い果たしている。
北京では1600万が家で使う水のため帯水層は30年間で12メートル落ちた。
病原体と化学汚染は開発途上地域で水の多くを病気と毒性の倉庫に変えた。
しかし自暴自棄によって人々はやむを得ずこれらの汚染している水を飲む。
現在の水の浄化方法は高価で頼り無いまま、完成するのに何年もかかる。
上昇する海面によって何千万もの帯水層は塩水に変化し
アフリカ、南ヨーロッパ、アジアの大きい帯状の領域では更に干ばつが激化する。

サウジアラビア
水のために次の20年間に600億ドルを使う。

パレスチナ 
この夏は、10年で最悪の水不足に直面する

イスラエル
夏の終わりまでに主な飲料水源からの汲み上げの中止警告
「ガリラヤ湖からポンプで送るのをいつ止めなければなりませんか」
既に使い果たされた帯水層、「状況は非常に悪いです。私たちが
さらに帯水層からポンプで送るとき水の品質は落ちるでしょう。」と。
この冬は平均のおよそ50-60パーセントの雨量
6月まで時々の雨の日があるが雨季は今月終わり梅雨は10月頃に始まる。
水不足にもかかわらず平和条約によってヨルダンへの水の提供量を減少させないでしょう。
ヨルダンの干ばつはイスラエルのよりはるかにひどい。
イスラエルではここ数週間に水を農業者に提供したので50パーセント以上減少した。

イエメン
水悪夢へ夢中歩行するイエメン
イエメンの水および環境大臣は水資源の崩壊についてそのように記述する。
「人口増加と非常に少ない水容量、地理学、気候のために避けられません。」と語る。
イエメンは地下水に頼っている。
そして年間3%以上増える2240万の人口と歩調を合わせる水不足。
「南(タイズ)は10年前に崩壊しました。Amranとサヌアの水は崩壊する日が非常に近いです。
最北のSaadaは次かもしれません。人々は再生資源に頼っています。」
サヌアの最も深い井戸は現在1,000メートル、深くなったために石油掘削装置を必要とする。
イエメンの水不足は世界で最も大きなもののうちの1つ。
また地下貯水は20年間以上汚染され過剰開発された。

パキスタン 
多くの地区の農民は水の深刻な不足に直面している、小麦収穫に打撃

ケニヤ 
北ケニヤで非常な水不足、貴重な必需品を捜すために人々は数キロ歩く

米国
サウスカロリナ 800年で最悪の干ばつ
フロリダ 水不足で砂糖生産が足りない
カリフォルニア 30%の水削減で数人の南カリフォルニアの栽培者が
数百の健康なアボカドの切り株を取り除き始めた。
農民は作物計画を再考、かぼちゃ、じゃがいもおよびスイカの植え付けを削減、
何人かの柑橘類の栽培者は木を削減しなければならないだろうと言う。

オーストラリア 
南部の柑橘類栽培は損なわれ続ける
ネーブルは20%低下、 裁培者は農業を捨てると決めている。

北朝鮮 
慢性の食物不足は更に悪化し平壌のエリート市民にまで

| 未分類 | 15:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

重力波はトルネード(竜巻)を作る


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/21/62/b0086362_13514927.jpg',500,222,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
写真は重力波の雲
地震雲、スカラー波、ケムとそっくり

Gravity Waves Make Tornados(英語)
http://science.nasa.gov/headlines/y2008/19mar_grits.htm

「重力波は竜巻を作る」
要約しながら他の資料も入れて解説(頼りないけれど)していきます。

気象学者のティム・コールマン氏によると
重力波が回転する雷雨とぶつかるとき竜巻に変化するそう。
大気重力波とは海洋の表面の波と同じ原理で空の海と考えればいいかな。
海で波と波がぶつかるときを想像してみてください。

大気重力波は海洋の表面の波と同じ原理
(NICTにわかりやすく載っている)
http://salmon.nict.go.jp/snews/airglow/note/index3.html


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/21/62/b0086362_13491470.jpg',320,207,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/21/62/b0086362_13492545.jpg',240,320,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
写真は2005年5月のアラビア海の大気重力波の衛星写真


大気重力波の動画、必見!
http://jp.youtube.com/watch?v=yXnkzeCU3bE


何らかの事象が励起となり大気が擾乱され重力波が始まる、
池の中に放り投げられた岩の周りのできるさざ波のようなもの。

重力波が回転する雷雨に迫ると嵐を圧縮し嵐は回転し始める。
これを理解するためにコールマン氏は
腕を伸ばして回転するスケーターで説明する。
「彼女が内部に腕を引くと彼女の回転は増加します。
重力波によって圧縮されるとき角運動量を保存するためにキリキリ回ります。」と。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200803/21/62/b0086362_13495170.jpg',320,135,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
1999年1月22日に北西アラバマで回転する雷雨とぶつかった重力波が
嵐をいっそう強くしている実際のドップラレーダ画像

コールマン氏は重力波が時々セットで登場してますます強くなると指摘する。
そして、重力波には風の剪断があるとも書いてある。

『せん断』
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
せん断(せんだん、剪断)とは、ある物質内の任意の平行面に関して、それぞれの面に反対方向に力を作用させた場合に発生する変形。具体的には、四角いものを平行四辺形に変形させる力のかけ方のことなどである。はさみでものをきる場合に2つの刃はすれちがうわけで、切られる材料は違った方向に変形させられる力によって破壊される。板金加工などにおいて、板の打抜きを行うことをせん断加工という。自動車の雪道用タイヤは、タイヤの溝の中で圧縮された雪の「雪柱せん断力(せきちゅうせんだんりょく)」によって、トラクション(駆動力)やグリップ(耐横力(たいよこりょく)や制動力)を得ている。

超高層大気の風と波より引用
一般に大気重力波の振舞いは以下のようなものと考えられている。重力波は下層大気(対流圏)中で励起され、下層の大きな運動量を 成層圏・中間圏の高度まで輸送し、砕波してジェット気流や中層大気中の 温度バランスの形成に重要な役割を果たす。またこのほか、赤道域東西風に現れる 準2年周期振動(約26ヶ月周期)などは、太陽光の加熱(1年周期)と直接 結びつかない周期性を持っているが、こうした一見不自然な風の動きを作り出す 過程においても重力波が重要ではないかと考えられている。
http://www.sgepss.org/sgepss/kyoiku/II-07/atmos_wave.html


コールマン氏はこれに取り組むために気象の仕事を辞め専念するとか。

この大気重力波、スカラー波、HAARPでもできそうだね。


去年スカラー波を検索して偶然見つけたんだけど
去年の6月28日の「何だか世界は凄い状態になってきた」の記事の
「人類の集合意識レベルを知るためにずっと長い間
国内で報道されない、地球・気象変化のニュースを書いてきたけど
まさか、ケムトレイル、スカラー波、HAARPの三つ子に出会うとはね。
予想してなかった。」

この私の文章が
○○○の日記というブログの2007/07/03(火)に
そっくりそのまま、私の名前もブログ名もリンクも何も紹介されずに載っていた。
これじゃまるで自分が書いたかのようでマナー違反。
削除依頼しようと思ってもコメントできないようになっているし
どうやらこの人のブログの記事は全部そうやって作られているらしいし
しかも普通の状態では誰も読めないような小さな字で書かれている。
わけのわからない人がいるもんだ。

| 未分類 | 13:56 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT