2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

浅い場所と関東地方の発振

1月1日 
14時2分ごろ 福島県会津 深さ ごく浅い M2.8
6時55分ごろ 茨城県南部 深さ 30km M3.0
1時59分ごろ 沖縄本島近海 深さ 20km M3.4

12月31日 
20時4分ごろ 三重県中部 深さ 10km M2.8
18時34分ごろ 岐阜県飛騨 深さ ごく浅い M2.6
0時48分ごろ 千葉県東方沖 深さ 40km M4.7

30日 
23時25分ごろ 新潟県中越 深さ 20km M3.9

| 未分類 | 21:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハードカバーと布装丁


昨日yasuさんから追加の写真詩集「うた」が届いた。
昨日は忙しくてさっき詩集をチェックしていたら
ハードカバータイプと布装丁の上製本の見本が底に入っていて
思わぬプレゼントに、にっこり。
ありがとう、yasuさん。

ハードカバーにするとグレードアップするね、
布にすると更にグレードアップ、
なんともいえない懐かしい本の香りがする。
布はやっぱりいいよね。

遠距離編集ということもあるけれど
チャネリング詩集(縦書き)の編集が難しくて一向に進まず、
どうしようか思案していたところへ届いた上製本の見本。
チャネリング詩集、写真無しにして布装丁にでもしようかな。

| 未分類 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ここにいる」


これは普通の詩です。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200901/01/62/b0086362_154310.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


「ここにいる」


私はいる
ここにいる

あなたを待つために
ここにいる

立つことをせず立つ


私はいる
ずっとここにいる

あなたを待つために
ここにいる

息をせずに立つ


あなたを経つために
ここにいる

私を経つために
ここにいる



2008/12/19 (金)

| 詩/写真 | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガザ爆撃

29日にharunoshinnさん家で
イスラエルのガザ爆撃のYou Tubeがアップされていて
みなくても内容が想像できるのでと思いつつもみてしまった。

怒りを持たせるためにこういうことが行われていると知っていても
こういうのをみるとやっぱり腹が立つし、辛くなる、涙も出る。

私のほうでも紹介しようか迷っているうちに二枚目のビデオは削除されてしまった。
一枚目はみれます。
http://harunoshin.exblog.jp/10013273/

イスラエルは31日、攻撃を続行する方針を決めた。

harunoshinnさんから追加情報です。

空爆下・ガザからのメール(3)
http://peacemedia.jp/topics/081229gaza2.html

| 未分類 | 14:39 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

筋肉痛のお正月


起きたら、あれ?ちょっと筋肉痛だ(笑
筋肉痛のお正月なんて初めて、嬉しいなぁ。
体の使い方が上手いのか筋肉がないのか
子供のころから筋肉痛になかなかならないので嬉しい。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200901/01/62/b0086362_1461692.jpg',283,203,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

                       フォトショップで描いたもの


昨夜は出先のお店で年越し。
「タイミング逃しました」と12時過ぎに店の人から
クラッカーを手渡され、生まれてはじめてポンッとやった。
火薬の匂い、好き。

沖縄で一番印象に残った年越しは2003年12月31日の夜に
Earth Blue & Moon Cafeでミニコンサートやったとき。
(私は祝詞と詩の朗読、短い歌を歌った。)
コンサート後、糸満に年越しに行こうということになりすぐ出発。
糸満に着いてこのあたりかなと車を停めたとたん、頭上に突然の花火!
待ってましたよ、といわんばかりのタイミングに皆で大喜び。
外にでたら即席のステージや屋台がたくさん、人もたくさんいた。
沖縄でしか味わえない映画のような不思議な年越しの時間だった。
屋台で沖縄そばの年越しそばを食べた。
今思い出しても楽しいな。

内地で一番印象に残ったのは諏訪大社の年越し。

あとで12月に書いた詩をアップしようかな。
30日に受けた伝言もなるべく早くアップしますね。

| 未分類 | 14:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |