2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

宇宙からもミステリーブーム(謎の轟音)


http://pds.exblog.jp/pds/1/200901/12/62/b0086362_1654499.jpg',106,160,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

奇妙な電波雑音は予想より6倍大きく、うなりは
遠方の宇宙からやって来ていて科学者たちも理由がわからない。
宇宙の多くのものは電磁波を放つが
今回新たに検出された信号は予想よりはるかにやかましい。(英語)
http://www.msnbc.msn.com/id/28548425/

| 未分類 | 16:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「カムランド」から朝鮮半島、シュメールまで


http://pds.exblog.jp/pds/1/200901/12/62/b0086362_160017.jpg',320,111,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


カミオカンデの跡地にできた「カムランド」

直訳すれば
「神の土地」の意味

最先端の科学がどうしてここまで「神」の言葉にこだわるか?
しかも神にこだわっているのはこの神岡で。
神岡には何があるんだろう?

神社は朝鮮半島から来たの? その4
にも書いたように
「カム」は朝鮮半島の言葉です。

昨日私のニュートリノの記事を受けて龍さんが神岡と神通川の記事を書かれた。
読み始めて理由もなくゾクゾクしてきて、普段理由がなくゾクゾクするのはないので
何を感じてるのだろう?と今朝瞑想中に考えた。
(いつも考え事タイムになってて全然瞑想じゃないけどね)

神通川は富山に抜けるんだからすぐ先は朝鮮半島。
過去に朝鮮半島から多くの人びとがあのあたりに上陸したのはもうわかっていること。
きっと神岡鉱山は朝鮮半島と密接な関係があるに違いない。
鉱山で働いた人も朝鮮半島からの人が結構いただろう。


さてここからぶっ飛び考察に入ります。

龍さんによると
『神岡鉱山は、奈良時代より採掘が始まり、当時は金を献上、
明治七年、当時の三井組が経営権を取得し、
2001年6月には採掘を中止、東洋一の鉱山として栄えた』とある。

金といえばアヌンナキ(ごめんなさい、いつもワンパターンで)
マヨさんの情報では金といえば天皇家
天皇家といえば朝鮮半島
そして、カムランドの「カム」、カミオカンデの「カミ」、
どちらも朝鮮半島からきている。

ここで一気に朝鮮半島が浮上。

じゃ、三井は?
何の情報もないのでぶっ飛びで
三つで単純に三韓、三国で朝鮮半島(中国もありかも)
三菱もしかり。
財閥で考えてもきっとそうでしょう。

血脈というのは必ず何らかの足跡を残すと思うので。

神岡鉱山の所有者は今は誰だろう?
ま、いいや、三井でも国でもどちらも由来は朝鮮半島だろうから。

そうすると
ニュートリノの実験の真の仕掛け人、支援者は?

そして
「1300億円もかけて、今後、国内は要注意かな」
の記事にある
『ソウル大学校物理学科の方亨燦(パン・ヒョンチャン)教授は「韓国が天文学的な予算を投入して巨大な加速器施設を建設しなくても、長期間にわたってジェイパークを自由に利用できるチャンスだ」とし「韓国政府が積極的に参加すべきだ」と話している。』

どうして東海村の「J-PARC」に韓国なの?
と思っていたら
なつはなさんが日本のノーベル賞と韓国の関係の面白い情報を入れてくれた。
でも2チャンネルになってもいけないので情報源はブログには載せないでおきます。
興味ある方はコメント覗いてください。

昨日の記事で
ニュートリノの観測で韓国の原発がいつ稼動した止まったかが分かるとあったでしょ。
なんで韓国なの?って思ったけれど意外とこういうことがあるのかも。
元は同じだから仲良しなんだよね、それとも派閥争い?

ニュートリノと日本
この国を日本という国に形成した渡来人が牛耳っている国として考えれば
このニュートリノの実験は実は一体誰が進めているんでしょうね?
朝鮮半島、大陸からの古代史はいまでも続いているわけです。
日本、日本と騒いで喜んでいる人たちは、古代史を知ってるのかしら?
ま、私は気にしなし、これ以上古代史を深追いしても仕方ないし。
でも誰がこういった実験をやりたがっているのか?
ということは知っておいたほうがいいでしょうね。


「カムランド」とはまさしく彼らがいうところの「我々の土地」という意味でしょう。
この「神」{我々を朝鮮半島由来にするか、一気にシュメールまでもっていくか。
それは読者にお任せしようかな。


カミオカンデ=神を噛んで(まゆみ解釈)
以前も書いたけれど、古神道でカミカムというのがあります。
上あごが火で下あごが水でよくかみ合わせると健康になるという意味。
じゃ、この古神道はどこから来たかというとまたもや朝鮮半島。


全然違う意味では
「神を噛む」んだから、いわゆる「神の欠片」とも考えられるけれどね。


とここでまた
なつはなさんからの情報。考察する前に一旦アップしておきます。
....................................................................................................................
Commented by なつはな at 2009-01-12 05:01 x
webを散策してましたら、昔の記事で光電管のお値段など書かれてました
「スーパーカミオカンデの建設には104億円かかった。世界最大の増倍管は特注品で1本当たり約30万円かかる。 わずか5秒間で失った倍増管を再製造すると20億円以上になる」
http://www.nararika.com/butsuri/news/011124kamiokande.htm

J-Parkで行われてるミュオンという粒子の実験もちょっと気になりますね。
ニュートリノほどでは無いようですが、かなりの透過能力の放射線らしいです。地下1000mスーパーカミオカンデのバックグラウンドノイズになるほどです。
http://www.c-technol.co.jp/pdf/321fbn.pdf
ここで分かりやすくいろいろ書いてありますね。
「ニュートリノ、パイ中間子、ミュオンは法で規定する放射線には入っておりません。(省略)。が、これらの放射線は電離作用(間接を含め、)を引き起こす放射線であることはに違い有りません。」

ミュオンについてはここが分かりやすいですか。
http://msl-www.kek.jp/muonscience/index.html
電子に似てる性質(要するに置き換えられる?)とミュオン特有の性質・・電子の207倍の質量(非常に狭い空間に押し込められる)、2.2マイクロ秒(約1/500.000秒)の寿命を利用して新しい核融合も出来るようです。

| 未分類 | 12:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |