2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

彗星「Lulin」


4日にテールが切断された彗星「Lulin」(太陽風で吹き飛ばされたとの説がある)
今度は二つあるテールの一つが最接近の24日に消えた。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/28/62/b0086362_21564338.jpg',320,246,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


彗星「Lulin」のテールは何故2個あるか?
地球を通り過ぎていた24日にどうして1つが見えなくなったか?

http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/28/62/b0086362_21565926.jpg',320,240,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


どうやら「Lulin」の頭部に一時的に隠されるらしくて
3月の初旬に再現するとか



http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/28/62/b0086362_21575534.jpg',320,320,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

26日現在、衝突した衛星の破片は354~414個あるみたい

| 未分類 | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノート 6


20~15年ほど前のノートから
http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/28/62/b0086362_1910452.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

                        昨夜の食堂にあった花を撮ってみた





ひと息ごとに
人は
生まれ変わるもの



| 未分類 | 19:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浄化の雨


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/27/62/b0086362_22312577.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/27/62/b0086362_22313490.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
今日もイタリア食堂「ha-na」でランチ(ナーベラーとナスのピリ辛パスタ)



http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/27/62/b0086362_22335724.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
その後、宜野湾の「CAFE+MORE オウチ。」でお茶(ぱぴる文庫の営業を兼ねて)


一昨日の夜に大祓い祝詞と雨降り祝詞をしたと書きましたが
昨日、makaさんが「浄化の雨が降るなら今日明日でしょうね。」と言っていたら
その通りになって、お茶してるときに雨が降り出した。
降ってくれたという嬉しさ。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/27/62/b0086362_2230646.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

「わ~、雨だ。浄化の雨だね。」と言いながら水滴の写真を撮っていたら、
そこへmakaさんからyasuさんに電話がきて、雨が降って嬉しいと喜んでいたそう。



夕方、Rと待ち合わせの首里駅までyasuさんとモノレールで行った。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/27/62/b0086362_22301976.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/27/62/b0086362_2230315.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
モノレール内から撮ったもの


首里に着いて迎えの車の中でRにその話をしたら、
R「だから、今日はこんなに道が込んでるんだ~。
祝詞しなくてもいいよ。水不足でもいいよ。」
まゆみ「実は私も最近そう思ってるの。水がなければないで仕方ないかなと。
ただね、植物や農家の人が困るかなと思ってつい祝詞してしまう。」
R「祝詞なんてするからマモノに眼をつけられるんだよ。」
まゆみ「そうか、そういう考えもあるかもね。」

こんなことをいうRだけれど私の祝詞をえらく気に入って
二人で二回コンサートしたときに私は祝詞をしました。

三人で食事した場所は普段行けない食堂でほとんど海外からの人。
私はベジタブルカレー。安くて美味しくて食堂の空気も雰囲気も良くてビックリ。
前にも書いたけれど、黒人の人って肌がきれいでやっぱりカッコいいな。


下の記事に
『今日は一気に日差しが変わった。
太陽の光は強いけれど穏やかで優しい。』


と書いたけれど、
こうやって今日の写真をみるとやっぱり変わったのがよくわかる。
嬉しいな。
makaさんが一番喜んでいると思う。
makaさんの大切な沖縄だからね。

| 未分類 | 22:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彗星「Lulin」の影響と思える「副振動」


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/27/62/b0086362_21514551.jpg',320,218,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
九州沿岸の港や湾内で24日深夜から25日早朝にかけ、
潮位が短時間で急上昇する現象「副振動」が発生、
家屋の浸水被害や船の転覆が起き、26日も副振動が観測された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000146-yom-soci


yasuさんに今朝、このニュースを聞いてちょっとビックリ。
なぜかというと、25日早朝といえば、私がマモノに襲われた時間帯。
24日は彗星「Lulin」が地球に最接近した日でしょ。
24日に最接近し翌日に遠ざかっていくわけだから、
それを映像化すると、引力の関係で地球に圧がかかりまた減る。
海だと、波が押し寄せて引いたり、引いて寄せたりするんじゃないかな。

私は彗星の影響と思う。



| 未分類 | 21:52 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

制作者としてのヒオキさんへ


写真詩集「うた」とチャネリング詩集「伝言」をヒオキさんに郵送しました。
たとえ解散しても、喧嘩になっても、
手作り本を始めたヒオキさんは制作者として本を見たいだろうから
送れば喜ぶんじゃないかなと思って、yasuさんにも提案していました。

いまyasuさんが沖縄にきているので、
昨日再度話し合って送ろうということになりさっき送りました。
ヒオキさんも快く受け取ってくれるでしょう。

天心さんのお茶を魔法瓶に入れて、きょうもまたyasuさんとお出かけです。
夜はプロデューサー兼音楽家のRさんと会う予定。
Rさんとはあることで全く話が合わなくて、
その話になると嫌な流れになるけれど、好きな人、縁を感じる人。
そういう意味では、ヒオキさんとも縁があるんだろうな。
あれだけ大喧嘩できるということはそういうことなのかも知れない。

きょうはyasuさんが会いたいということで会うことになりました。
毎日お出かけできて子供のように嬉しい。

| 未分類 | 12:45 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

下の記事の補足です


久しぶりに安眠できました。
昨夜またお灸と大祓いをした。

女性がいなくなったせいか
今日は一気に日差しが変わった。
太陽の光は強いけれど穏やかで優しい。

今になって考えれば
最近眠れない日が続いていたのは地震を感じていたのではなく
今回のことを察知してたのかも知れない。
不眠=地震を考え直さなくては。

昨日の朝、明るくなってからうとうとしているときに夢で浄化。
悪いものが排出された。
その後makaさんに会ったら、
すっきりした顔をしていると言われたのでこの夢の話をした。

お灸で昨日気がついたこと
はじめて怖いものに襲われたのが16年前。
16年ぶりに怖いものに襲われて、一昨日の夜お灸をしたのが16箇所。
偶然でも面白い。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/27/62/b0086362_11282650.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


マモノの記事は最初短く書いていたのですが
その後の女性の言動で長くなりました。
長くなった経緯を簡単に書きます。

25日7時22分にその女性からメールがきました。
メールの一部転載。

『いままでたくさん の気付きと学びを頂戴しました。
ありがとうございました。
お陰さまで私は私の道を歩んで いけます。』

このメールの30分後に
その女性は私の友人との電話で、私の悪口を言い、
非常に強い口調でくどくどと説教をはじめ、私と縁を切ったほうがいいと言ったそうです。
おどしのようで凄く嫌な感じがして聞いていられなくて
しばらく受話器を離してから、忙しいのでと電話を切ったと友人は言ってました。

みえない世界の話を抜きにしても
こういった二枚舌を使う人間は大嫌いです。
それだけで信用できません。

そして
女性は在籍する団体から一体何を学んでいるのだろう?
と素朴に疑問を感じます。

こういう二枚舌を使う人は正々堂々としてないので
あちこちで陰口をいうのは眼に見えています。

そして、こういったタイプに共通するのは、あっちとこっちの両方に足を入れる人。
自分にとって利益があるほうに、いつでも転べるように、両方に足を入れておくのです。
良い言い方をすれば、変わり身の早い人、
悪く言えば、欲深い人と言えるでしょう。

両方に足を入れる人の話、
例の弁護士が映画「七人の侍」の例を出してよく話していました。
こういうタイプは閉鎖的な場所に多い、これを広げれば日本人に多いと言っていた。

| 未分類 | 11:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

非公開

マモノの記事を最初にアップしたときに、一日経過したら
非公開にするか内容を縮小すると書きましたが、しばらく非公開にします。
コメント途中の自然さん、よかったらこのページにでもコメントください。

書き忘れ
あちら側の出方(攻撃が強くなったりなど)によっては再度公開するかも知れません。

| 未分類 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カフェめぐり


カフェでyasuさんのぱぴる文庫を置いてもらうため
営業がてら昨日からあちこちのカフェにお出かけ。
カフェ好きな私としては久しぶりの嬉しいカフェめぐり。

99年に私が「Earth Blue & Moon Cafe」をOpenしたときは
カフェと名のつくものは私のカフェを入れて二軒だけだったのに
いつの間にかカフェがたくさん出来ていてビックリな嬉しさ。
以前に比べてセンスも良くなってきたね。
yasuさんとまたカフェ作りたいねと話した。
私はやっぱり空間をデザインするのが好き。
本当はインスタレーションを一番やりたい。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/26/62/b0086362_2112529.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
昨日は沖縄市にある「salon cuttho」でベジタブルランチ
やはり那覇より沖縄市のほうが個性的な感じがする。

そのあと宜野湾の「Cafe Unizon」でお茶(写真なし)



http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/26/62/b0086362_2120073.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
今日はおなじみイタリア食堂「ha-na」でベジタブルランチ
玄米の代わりに胚芽パンにしてもらった。



http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/26/62/b0086362_21125723.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
その後、北中城のベーカリーカフェ「PLOUGHMANS LUNCH BAKERY」でお茶



http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/26/62/b0086362_21133570.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
そして、中村家を初見学



http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/26/62/b0086362_21142010.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>
その後、トロピカルビーチへ
海に手足をちょっと入れるだけで浄化されるのがよくわかる


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/26/62/b0086362_2114369.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/26/62/b0086362_21144854.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/26/62/b0086362_21372085.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

彗星「Lulin」の影響なのか、太陽がとても強くて、光が研ぎ澄まされている



| 未分類 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノート 5


20年近く前のノートから
http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/26/62/b0086362_12124337.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



一瞬
一瞬の
閃きが

真理へと
つながって行く

| 未分類 | 12:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浄化


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/26/62/b0086362_8295456.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


おはようございます。

昨夜、makaさんから
ヨモギの煙が怖いもの系の浄化にいいというメールが届き
(西洋の場合はセージだそう)
ヨモギは持っていないので、
あ、お灸だと思い、ただ燃やすのは勿体無いので
昨夜はあれから自分で手足にお灸を16箇所ほどした。
もぐさの材料ははヨモギなのでこれで正解だった。

そして二度目の大祓い祝詞もしました。
ついでに雨降らし祝詞も奏上しました。
貯水率が55、7%になったので様子見ながら
雨降らし祝詞をやっていかないといけないようです。

相手が一人だろうが大勢だろうが
こうなったら肝っ玉をすえるしかないなと、一種の開き直り体勢になりました。
だから寝るのは怖くなかった。
寝汗を少しかき、咳が出てきてさっそく浄化が始まったようで良い傾向。
吸ったものは吐き出さなくてはいけない。
少し風邪気味?

女性が来沖された一昨日24日は彗星「Lulin」の最接近日。
何が起きるかと思ったら、こういうことでした。

そして
昨夜電話で聞いたところによると
一昨日、鹿児島は過去に体験したことがない雷だったそうです。

朝起きると夜中に天心さんから心配のメールが届いていた。
同じように雷が凄かったようです。


お灸について
私は自分で手軽に出来るカマヤミニを使っています。
温灸、棒灸はもっと手軽に出来ていいですよ。
これは長年使用していて体験済みなのでお勧めできます。

内地の鍼の先生も言っていたけれど、もぐさには浄化力があります。
昔はそう言いながらよく人にお灸をしてあげました。
浄化が必要な人はお灸の煙が体に吸い付くようにはい回ります。
換気扇の真下でお灸をしても煙は換気扇に流れず
その人の体に吸い付きます。驚くほどです。
背中に多めにお灸をしてあげると一眠りしたようにすっきりします。
カチカチ山の狸さん状態に10個以上並べて一気に火をつけます。
興味がある方はやってみてください。

| 未分類 | 08:21 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深さ10キロ以内の発振

24日 
11時52分ごろ 新潟県中越 深さ 10km M3.3 震度4
15時50分ごろ 兵庫県南西部 深さ 10km M3.3

| 未分類 | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マモノ


いくつか追記しました。
相手側の攻撃が始まったのでこの記事はこのままにしておきます。
”化けの皮がはがれるぞ”の伝言を公開したのが尾を引いてるようです。


コメントにも書きましたがブログのほうにも書きます。

15日の記事『今朝の夢』の
http://cocorofeel.exblog.jp/10355860/

最後のほうにこう書きました。

『ある一人の女性の映像がクローズアップでみえた。
私に親切そうな女性はどうやら良くない人らしい。』

この女性が何者かわかりました。
昨日、内地から私に会いにみえた女性です。
その女性は例の○○○○○○の関係者です。
○○○ではありません。

夢の女性について”良くない人らしい。”と
あえてサラッと書きましたが、実は重要なメッセージの内容でした。

騒動になるといけないので○にしましたが、中身はコメント欄に書いてあります。

私に会いにみえる前からこの女性かと想像してhiroには話していましたが、
一縷の望みでこの女性ではないことを願っていましたが、
やはり勘は当たってました。
事前にみた写真の女性とは全然違っていました。
写真はまったく当てになりませんね。
友人も全員、写真とは全然違うと言っていました。

真正面からみたら、髪型から顔の造作、形、完璧に夢の人でした。
もうビックリでした。
それで昨日は思案しました。
気がついたらその女性にほとんど言葉を発しない私がいました。
冷静沈着な私がいました。
冷たいくらいだったかも知れないけれど、無意識に身を守っているから仕方ない。


さっき暗い時間帯に、人生で二度目の怖いものに襲われました。
昨日も予告の夢をみていました。
今日はなかなか寝付けず、ようやく寝付けたと思ったら…

メールと電話もまったく違う印象の人でした。
普段からメールもよく届き、最近は電話もきて
(声を気に入ったらしく電話をしたくなるといわれてました。)
電話ではいつもその女性は興奮状態でした。

電話から感じた異常な落ち着きの無さ、
何をいってるかわけの分からなさで、その女性の霊的なものはわかりましたが、
取り越し苦労であって欲しいと願ってましたが、会ってみるとまったくその通りでした。
霊的な内容については書くのをひかえます。
実際会ってみて、makaさんと会話をしているのを横で観察してましたが
電話と同じく何をいってるのか分かりませんでした。
言葉が言葉としてまったく聞こえないのです。

しかしここまで夢の女性と全く同じ顔だとは、ビックリです。
普通は少しは違うはずなのに。
今後はコメントもメールも電話も一切断ることにします。
私もあちらのブログにはコメントを一切しません。
あさってまで沖縄に滞在されるのですが、面会は断ります。

魔物でした。

チャネリング詩の「近づくものには気をつけろ」ですね。


昨日は思案しながら女性をずっと観察していました。
昨夜、その女性と別れてから友人たちにもこの話はすでにしてあります。
私の額に青い光がみえる沖縄の友人は
その女性と会った瞬間にあることを感じ取っていました。さすが!
この友人は非常に冷静に客観的に物事を判断する貴重な存在です。

昨日、友人にも話しましたが
過去に私がしたハタラキの一部をわざとその女性に話して観察もしました。

怖いものに襲われたことはこの時間帯なのでもまだ友人は知りませんが
朝になって知ったら更に驚くでしょう。
昨日の異常な暑さもその女性の関係です。

女性だと思って少し気を許したのがいけなかった。
生まれてはじめて魔物の言葉を使いました。
昨日その女性を観察した報告書の一覧を書きたいくらいです。

実際に会って感じたことはみな同じように友人も感じていたので間違いないでしょう。
沖縄の友人が感じた内容がある意味、一番凄い。

明るくなってきたので少し横になります。
その後、大祓い祝詞します。


10時11分追記
今パソコン開いたら、ブログアップの一時間後に例の女性からさよならのメールが。
makaさんからは朝まで何をやっても眠れなかったとのメールが届いていた。

そして、さっそくその女性から私への攻撃が始まった。
しかもまず私の友人へに向けて。
向こうはバックがあるから、私一人では対応が大変かも知れないけれど頑張るしかない。

彼女のバック(在籍する組織)について質問したいことがいくつかあったけれど、
何も聞けずじまいでそれが唯一残念だけど、もうみえたというか、再確認したかな。

先ほど大祓い祝詞しました。
さっそく天気が崩れてきた。
浄化の雨になればいいけれど。

| 未分類 | 06:32 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノート 4


20年近く前のノートから
http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/24/62/b0086362_1415214.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



右の足を踏み出して
次に
左足を踏み出す

その一歩が
またたく間であり
又、
永遠でもある

| 未分類 | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スパム

いま、LHCの記事にスパムコメントが一気に三つあった。

前にも書いたように、BBS閉鎖してから数は少ないけれど
今までほとんどなかった海外のスパムメールが続いている。
ニュートリノ関係?偶然?

エキサイトブログ、まだ使う予定ないけれど、承認待ち機能ができたんですよ。

| 未分類 | 14:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日からお客さま


今日から読者の方が私に会いにみえることになり
これからmakaさんと空港まで行ってきます。
今回は女性の方です。無事に会えるかな?

夕方にはyasuさんもやってくるんです。
沖縄好きのyasuさん、メールで嬉しいといってた。
夜は久しぶりにみんなと会食予定。

今日は暑くて暑くて夏のよう。
出先から戻ってきて今、Tシャツとショーツ、アイスも食べました。

出先で太鼓やってました。
エイサーではなく和太鼓。
和太鼓の人にしてはいまひとつ野暮ったいなと思ったら
自衛隊の各駐屯基地のチームだった。ゴメンナサイ、自衛隊さん。
和太鼓の人たち、カッコいいからね。
太鼓の音が好きなのでずっと聞いていたかったけれど
時間がなくて、2チームしかみれなかったけれど薩摩より熊本が上手い。

帰り道がてら太鼓の音がずっと聞こえてくる。
ふと、中世の戦争、日本の戦国時代にトリップ。
こうやって太鼓を使ったんだろうなって。

| 未分類 | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食の見直し その4


今コメントの返事にも書きましたが
『間違いだらけの健康常識』が気になる点の一番は
徹底しすぎていることより
代わりの商品を売っていること(化粧品とか)なんですね。

「危ない化粧品」シリーズの本が信用できたのは
代わりの商品を一切売っていなかったからです。

この理由と
あとミネラルに関して今一つ自分の中で消化できていないたことがあったので
一年近くもサイトを紹介しなかったわけです。
ミネラルは液体ミネラルを半年以上摂取して実験しました。

だからといって『間違いだらけの健康常識』に
書かれている内容が嘘だとかそういうことはないでしょう。
はっきり断定して書かれているところと、予想で書かれているところがあるので
自分で読み取っていくしかないでしょう。
おかしいなと思えば自分で調べるなり勉強してください。

あまり細かいことを気にしていたら何も紹介できなくなるので
そのあたりをお汲み取りください。

ということで
何ごともご自分で判断してください。
前にも何度も書きましたが、情報は鍛錬です。

最初の記事、「16年ぶりに食の見直し」にも下のようにきちんと書いています。

本当は自分の体で実験してからでないと紹介しないけれど
そんな時間もないのでブログで紹介することにしました。
なのでご自分の判断でお読みくださいね。

食でも何でもそうだけど
一人一人違うので自分にあったものを選んでくださいね。

| 未分類 | 13:12 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュートリノと地震とラドン


きょうもまた硬い話でゴメンナサイ。
さてこの絵は何でしょう?

http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/24/62/b0086362_10252370.jpg',400,348,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


この前、パウリ効果の記事を書いたけれど
そのパウリがニュートリノを予言した人です。

ja7hoqさんが20日の記事で私のブログ「ニュートリノと地震」を紹介してくれている。
私のブログのリンクが切れているけれど。
http://pub.ne.jp/ja7hoq/?daily_id=20090220

ja7hoqさんの記事で「ラドン」の文字が眼にとまった。
ラドンといえばラドン温泉、地震前兆現象。
ちょっと検索してみたらまずヒットしたのが

『ニュートリノの信号を見つけるには,雑音源であるラドンを取り除くことが必要不可欠です。』
そこで登場するのが上の絵の大塔コスモ観測所

■大塔コスモ観測所 (Oto Cosmo Observatory)
『大塔コスモ観測所は大阪大学から南に約100kmほどの奈良県の五条市(旧大塔村)にある大塔天辻トンネルの中間点付近にあります。』
http://wwwkm.phys.sci.osaka-u.ac.jp/info/syoukai/oto.html

■ラドン検出器の開発とその応用研究
『岐阜大学で,スパーカミオカンデ実験という基礎物理学研究のために開発されたラドン検出器は世界最高のラドン検出感度を持ち,超純水中極低ラドン濃度測定,直下型地震予知のための地下水中ラドン濃度の連続観測,大気循環と地球環境の解析など,たくさんの応用分野の研究に利用されている。』
http://lll.physics.gifu-u.ac.jp/radon/DEV.html

ラドンが多い神岡鉱山跡地にわざわざカミオカンデを作ったのは
やっぱり原発に近いから?
検索したら偶然ヒットした。

■ニュートリノ話
『カムランドは,敦賀や柏崎の原子力発電所(平均約175kmの距離)で発生する低エネルギーの反電子ニュートリノを観測します。』
『KEK内では1000tのタンクに800本の検出装置を備えた「ベビーカミオカンデ」を設置。ここで20秒に1個捕まるニュートリノが,スーパーカミオカンデでは2日に1個程度。大気ニュートリノ問題の検証ができます。』
http://ha2.seikyou.ne.jp/home/Kiyoshi.Shiraishi/lec/nu2003.txt

他にも理由があるだろうけれど
やっぱり原発に近いからこの場所を選んだんじゃないかな。
おまけにKEKにも「ベビーカミオカンデ」があることが判明。
スーパーカミオカンデでは2日に1個、KEKは20秒に1個、
どうしてKEKのほうが多いの?

これは2チャンネルというのかな?
【鹿児島】岩盤浴タイルから規制値を超える放射線、製造の農業法人「ラジウム混ぜた」
http://mobile.seisyun.net/cgi/read.cgi/newsplus/mamono_newsplus_1235260389/l50

カミオカンデでラドン被爆していたことが書かれてある。
私は知らなかったけれど有名な話らしい。
あと相関図のようなものが。そのまま貼り付けます。
これどうやってみるんだろう?

317 名前:名無しさん@九周年 [2009/02/22(日) 19:11:34 ID:WqtE36UE0]
原子力産業
モナザイトー>ウランパウダー(イエローケーキ)ー>高濃縮ウランー>原発ー>カスー>地層処分
\ー>ラドン温泉のもとー>ラドンガスー>健康産業ー>一般ゴミ
砂利、生コン業界ー>コンクリート、石膏ボードー>ラドンガスー>住宅業界ー>ラドンバリアー建築材
\ー>政府ー>ガン死亡ゾウー>年金口減らしー>医療産業

■地震の予知とラドンのことなど
『放射線はニュートリノとかミューオンなどの宇宙線や,岩石に含まれるウランなどからのそれであり,地球内部や地球史についての情報源です。ラドンもそれですが,これが阪神大震災(1995)直前に異常に大量放出されたことを発見されたのが安岡由美会員達のグループです。』
http://www.geocities.jp/semsweb/Uyeda_radon.html

■兵庫県南部地震前の西宮市における地下水中ラドン濃度変動
『地震前兆現象としての地下水中ラドン濃度変化を世界的に有名にしたのは1966年のタシケント地震である。・・・・・
地下水中ラドン濃度連続測定装置は、岐阜大学教育学部が1990年に開発に成功した、ラドンの壊変によって放出されるα線を半導体検出器で計測するものである(図5)。この装置は岐阜県の「カミオカンデ」のニュートリノ観測における地下水中のバックグラウンド放射線をモニターする目的で開発されたもので、カミオカンデ内に24台の検出器が設置されている。カミオカンデにおいて周辺の地震活動に関連すると思われるラドン濃度変化がいくつか観測されていることから、地震予知の目的にも適した測定装置であると考え、新たに4台の測定装置を製作して西宮市南部地域に設置した。』
target="_blank">http://sakura.canvas.ne.jp/spr/george-i/research/kobe.html


しかし、本当に知らない間に色んな施設が出来ているんだね。
扱うものも眼に見えないけれど、実験施設もカーテンがかかってみえないね。

| 未分類 | 10:32 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みつめている主体 その16


インフルエンザで間があきましたが、1月19日の続きです。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/23/62/b0086362_2026383.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


ホログラフィによる意識のモデル


ボーム「わたし流にいえば、ホログラムは”包み込まれた”(エンフォールド)あるいは”内蔵された”(インプリケート)秩序の例です。」

ウェーバー「内蔵秩序のモデルを示していただけますか。」

ボーム「われわれはロンドンである装置を工夫しました。これはガラスでできた二つの同心円の筒からできており、その二つの円筒の間にはグリセリンのような非常に粘性の高い流体を満たしてあって、その粘性流体が拡散しないように大変ゆっくり円筒が回転できるようになっている。そこで不溶性のインクを一滴その粘性流体の中に注ぎ、ゆっくり円筒を回転させるとインクは眼に見えない糸にまで引き延ばされます。次にそれを逆に回転させると急に再び見えてきます。卵がケーキの中に混ぜ込まれるように、その糸は液の中に包み込まれていたといえます。

しかし卵をケーキからもう一度取り出して見せることはできませんが、この場合は糸を(点にまで)”抜き出す”(アンフォールド)ことをができます。なぜならこれは粘性のある混合であって、拡散してしまう混合ではないからです。拡散が起きないようゆっくり逆転させることでインクの一滴をグリセリンから抜き出すことができます。いま別のインクを一滴グリセリンの中に包み込むとします。すると同じように見えても、包み込まれたインクの先の一滴と後の一滴の間には区別があります。なぜなら両者は抜き出されたとき、おのおの別の滴となるだろうからです。この区別は”包み込まれた”秩序の中にあるのです。われわれが現に見ている秩序、つまり実在の普通の記述方式である”抜き出された”秩序の中とは異なる。

普通われわれは時空上の点はそれぞれ判然と分離していると考え、時空内のあらゆる関係は隣接する点の間の関係だと思っていますね。包み込まれた秩序では第一に、インクを一滴取って包み込むとそれは全体の中に存在しており、全体のすべての部分がその一滴のなりたちに寄与することがわかるでしょう。今、さらに別の一滴を加える状況を想像してみましょう。すると二つの水滴は別の場所にあるわけですが、包み込まれると互いにいわば交じり合います。いいですね。」

ウェーバー「それは交じり合うのですか。それとも全体にわたって分布するのですか。」

ボーム「全体にわたって分布し、かつお互いの中にお互いが散らばり合う、つまり、相互に浸透し合うわけです。しかし抜き出すと再び分離してもとの二つの水滴になる。そこでもしこのような状況が日常言語で記述されないものだとすれば、ここには全体の中での相互浸透という言葉があてはまります。そして水滴をここに作り出す全体、あそこに作り出す全体、二つの水滴を作り出す全体といったふうに区別しなければなりません。物理学上普通の記述秩序はデカルト主義の秩序です。そこにはデカルト座標の基礎目があり、すべての点は完全に互いの外部にあって隣接関係をもつだけです。

ところがこの円筒では例えばなめらかな曲線を作ることができますが、そのなめらかな曲線を包み込むと、すべてが相互に浸透し合う全体ができ上がる。しかもそれを抜き出すとなめらかな曲線が現れてくる。別のなめらかな曲線も包み込むことができる。結果は先の曲線の場合と酷似しているでしょうが両者は別物です。だから普通のデカルト的秩序でのそれとは違う一群の区別があることになります。つまり巨視的な見方や普通の見方では異なって見えないがその実、異なっている包み込まれた秩序があるというのです。」

ウェーバー「それでは、デカルト主義のモデルは原子論的なモデルでしょうか。」

ボーム「究極的にはそうです。原子論的な対象か連続的な流れです。連続した場はなおデカルト主義のモデルです。すべての結合は隣接関係にすぎない。つまり場は時空上ごく近い場の要素とのみ結合関係をもつだけで、遠く離れた要素とは直接の結合関係をもたない。しかし包み込まれた秩序では事情が異なってきます。

いま別の比喩、別のモデルを示してみたいと思います。先ほどの機械を何回か回転させてインクの一滴を包み込み巻き込むことにします。それを「n回」とします。いま別の一滴を別の場所に注いでn回巻き込みます。すると前の一滴は2n回巻き込まれたことになりますね。n回巻き込まれた水滴と2n回巻き込まれた水滴とでは微妙な違いがあることになります。両方とも同じように見えながらn回逆転させると後でそそいだ一滴が戻ってくるし、2n回逆転させると最初の一滴が戻ってくる。もう一度巻き込んだ状態にして、また別の一滴を少し違う場所にそそいでn回円筒を回転させたとすれば、各々のインクの一滴は順次n回、2n回、3n回巻き込まれたことになります。

この作業を繰り返して沢山のインクを滴下することにします。そこでこの機械を逆転させると、インクの一滴が現れてきてわれわれの視覚に顕前化(マニフェスト)し、そして次々に、少しずつはなれた場所に一滴一滴が現れるという具合になります。さて人間の眼の解像力以上の速度で逆転させると、一つの粒子が場の中を連続して横切っていくようにはっきり見えるでしょう。

しかし運動する粒子をこのように記述すると、デカルト主義の記述とは全く違ってきます。デカルト主義の記述方式では一つの場所を占めることを本質とする粒子がまず存在し、それが次々と場所をかえて行くことになります。それに対して、ここでは顕前化して出てくるのは全体です。粒子は常に全体です。ただその全体の部分が顕前化して出てきているだけなのです。つまり全体がわれわれの眼に顕前化してくるのは、インクの濃度、密度がある点を越える時だけで、その時だけわれわれの眼はその水滴を見ることができるわけです。だから非常に密度の高い状態まで擬集した水滴だけがその時見えるのです。

そしてそれが消えてゆけばまた別の一滴が次々現れ出でてきて、こうして粒子が横切っているのが見えるわけです。ただ注意してもらいたいのは、横切っていく粒子はわれわれの視覚に顕前化している抽象であって、真の実在は包み込まれた秩序であり、それは常に全体であり、本質的には時間とは独立なものだということです。時間と関係ないというのは、相互に密接に関係する二つの要素は順次抜き出されますが、もともとはすべて全体のうちに交じり合っているものだからです。だから基本的な関係は時空とかかわりません。」

つづく

次回は「見えるものと見えないもの-時空を超えた全体の中の内蔵構造」

| 未分類 | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石油は実は多い?


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/23/62/b0086362_20205475.jpg',320,213,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

科学者は見落とされたデータの中に石油をみつけた
2006年5月13日、NASAのメキシコ湾の衛星写真

| 未分類 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食の見直し その3


『間違いだらけの健康常識』も徹底しすぎているし
玄米正食も徹底してるし
間をとっていこうかな。

と思っていたら

ちょうどタイミングよく、読者のKTさんからメールが届いた。
KTさんはにがりの害をこちらで知ったそうです。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/23/62/b0086362_15574633.jpg',200,190,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


『⑯ 自然塩に含まれる苦汁分(ニガリ)は、人体には有害である。』
http://horebore.2.pro.tok2.com/sp1-16.html

『苦汁分を利用して豆腐を作ったのは先祖の知恵であり、苦汁分の害を消す為の一つの手段だったのです。苦汁分の持つ性質が、大豆の蛋白質に働いた結果が豆腐です。 豆腐は、苦汁分が働いてしまった結果ですから、苦汁分の性質は無くなり、人体に対しては無害となるのです。 そのように、先祖は工夫しながら苦汁分の害を消して食べていたのです。そして、料理とか漬物には、苦汁分を含んでいない塩を食べてきました。 

流下式塩田法の開発者であり、塩作りの大家と呼ばれていたのが西本友康という人物で、国内における塩作りの指導者でありました。 その塩作りの大家であった西本先生自身が、「自然塩に含まれる苦汁分(ニガリ)は、人体に対して有害である。」と言われていたのですから、西本先生が生きておられる時には、苦汁分(ニガリ)を含む塩が良いと宣伝する人はいませんでした。しかし、西本先生が亡くならた後に、・・・』


KTさんのおすすめは値段も手ごろな「天外天塩」だそうです。
http://www.kisojibussan.co.jp/shio/index.html

サイト覗いてみると、にがりがかなり少ないとあるし
この塩はヒマラヤ山の水がモンゴル大平原の
岩塩の地層に湧き出したもののようだからきれいでミネラルが豊富かも。
一度取り寄せてみようかな。

最近の海の汚れをみてると山のほうがいいかなとも思う。

科学的に精製してにがりをとるよりも
自然に精製してにがりをとるか、
自然のものでにがりが少ないのがいいと思う。
にがりを完全にとる必要もないでしょう。(ここは自信なし)

去年の春、ミネラルの本を読んだとき
世界の長寿の人たちがみな高地に住んでいるのは
ミネラルが豊富な水や野菜を食べているからじゃないかとあった。
私たちが普段食べている野菜はほとんどミネラルがない。
土地が痩せてしまってるからなの。
これは公的な資料でも確認できます。
せっかく有機栽培で育てても、ミネラル、エネルギーががないとね。


あ~、食は難しい。
すぐ結果が出ないし、間違ったら痛い目にあいそうだし。

今お米屋さんに電話したら、
分つき米でも何でも1キロから配達してくれるそう。
7分つき米を食べよう。
白米も食べよう。
実はお茶漬けが大好き人間なのです。
実家から送られてきた玄米は非常食用にとっておこう。
玄米は食べたくなったら食べよう。

これでしばらくやってみよう。
何らかの変化が出たらまたいつか報告します。


天然だから良い、
人工だから悪いというのは間違っている、
と言ってきたのは合ってる。



| 未分類 | 15:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一家に一台、加速器?


ニュートリノに関する箇所だけコメントを転載します。

......................................................................................................................................
Commented by 海空天心 at 2009-02-23 00:22 x

・・・・・久しぶりにテレビを見ていたら、癌の放射線治療特集をやってましたが、最新式は、水素から、陽子を取り出し、加速器で照射するそうです!病院の地下に加速器です。
東京近県に7台程在るようです。場所が、ちらっと出ましたが、規則性が有ったような、、、
エックス線は光なので、照射すると、身体を突き抜けてしまい、健康な細胞まで、破壊して良くないが、陽子を加速して照射すると光ではないので、身体を突きぬけず、癌細胞だけ破壊できるそうです。因みに、保険は利きません。ミニ加速器は、ひょっとしたら、至る所に在るのかもしれませんね。

Commented by mayufuru at 2009-02-23 11:59 x

・・・・・病院に加速器なんてはじめて知りました。ビックリですね。主要な大学にはもちろんあるでしょうね。東北大学には絶対ありそうな気がします。そのうち、一家に一台、加速器なんて時代がくるのかなと、SF映画を想像しました。

Commented by 月のひつじ at 2009-02-23 13:40 x

・・・・海空天心さん、こんにちは、初めまして。放射線治療に加速器!...ドキッとしますね。調べてみたら陽子線と重粒子線(炭素線)の2種があるそうで、国内に11ヶ所程治療施設があるようです。↓(下の日本の所)
http://www.nirs.go.jp/research/division/charged_particle/himac/himac_09.shtml

放射線医学総合研究所がメインに進めているようですが、大雑把に見た感じでは、元々がんセンターがあった所と、原発や加速器がある所なんかに作られている印象で、つくばはKEK、若狭は福井原発群、兵庫はSPring-8(もちろん加速器は別みたいですが^^;)関連?。福島郡山にある南東北がん陽子線治療センターは、東北大関連かな?と思って見てみましたが、どっちかというと国立がんセンターがらみかな?という印象です。すみません、あくまで大雑把な印象です...^^;

Commented by mayufuru at 2009-02-23 14:38 x
月のひつじさん、早速調べていただいてありがとうございます。いつのまにやら、こんなものがこんな場所にという印象ですね。チャネリング詩を想起します。

KEK、先日の福井の地震のときにも書いた原発銀座、原発群に近い場所の神岡を選んだという勘は当たってるかもです。そしてこれも前に書いたSPring-8、勢ぞろいの感ですね。

東北大は神岡で行われているカムランド実験は東北大が中心なので間違いないでしょうね。それで女川原発なのかなと。東北大の副部長だった人がKEKの機関長だったと思います。ニュートリノといえば、東北大のイメージが強いです。あとよく東大とどこだったか忘れてしまいました。またみつかったら書きますね。

連携大学院に出てくる大学もそうでしょうね。
http://www.kek.jp/intra-j/daigakuin/daigakuinsei/renkei.html

専門機関と原発と大学の線に、新しくがんセンターですか。この国は放射線だらけですね。

.......................................................................................................................................

| 未分類 | 14:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

常識の非常識 (食の見直し その2)


昨日の『間違いだらけの健康常識』を読んでると
白米にしようかなと思ってしまうほど説得力がある。
おかずはあってもなくてもいいとあってこれは玄米食でも同じだね。
ただ玄米食でミネラルが失われるならミネラルを補充しないといけない。

おかずを少なくする!
私の今後の一番の見直しはこれかな。
でもご飯ばかりだと胸焼けするよね。

玄米より怖いのが「にがり」とある。
にがりは体に良いものと思っている人がほとんど。
にがりは内蔵を体を硬化させるんだね、特に生のにがりが悪いとある。
豆腐やこんにゃくは凝固させたあとなので大丈夫みたい。
自然塩、味噌、しょう油、漬物、塩漬けのものなどが問題みたい。
最近では、にがりダイエットなるものがあるようで
スーパーでも目にするけれどあれをそのまま飲むの?

早速、母に電話で教えたら喜んでいた。
父が病気回復中に進んで飲んでいた玄米スープ、
回復してから玄米をパタッと受けつけなくなったのは正解なのかも。

除草剤については昔、
yasuさんと出していたちっちゃな新聞に書いたことがある。
あちこちで普通に撒かれている除草剤に驚いて
当時住んでいた信州のとある市に抗議の電話をしたら
返ってきた答えは「水源地でも撒いてるから大丈夫ですよ。」

もう一つ
川で大量の泡をみつけて同じように市に抗議の電話をしたら
返ってきた答えは「洗剤で川がきれいになっていい。」

漫画みたいな話だけど、これ本当の話。
もちろん当時の新聞にも書きました。
当時より、意識が向上してればいいけれどね。


こんなものみつけました。

『米辞典』
http://www.iy-place.com/

私は白米だったらタイ米が大好き。


・・・・・


昨年大噴火したチリのChaiten火山が木曜日に再び噴火したみたい
CERNのアンカーがある場所だから、CERNで何かやってる?

アンカーに関しては去年の6月の記事を参考にしてください。
『わざとポールシフトを起こそうとしたの?』
http://cocorofeel.exblog.jp/8695151

北京では4ヶ月続いた38年で最も長い干ばつに困り果て、木曜日に
人工的に雪を降らせたら大雪になって、北京の周囲の12の大きな道路が閉鎖に

| 未分類 | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「J-PARC」と関東の発振 10 (東北も含む)

23日 
5時21分ごろ 宮城県北部 深さ 10km M2.9

22日 
18時40分ごろ 宮城県北部 深さ 10km M3.0

21日 
18時22分ごろ 茨城県沖 深さ 30km M3.5
7時29分ごろ 宮城県沖 深さ 50km M3.8

| 未分類 | 12:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深さ10キロ以内の発振

どうしてこんなに多いの?

23日 
17時15分ごろ 兵庫県南西部 深さ 10km M3.1
5時21分ごろ 宮城県北部 深さ 10km M2.9
3時57分ごろ 西表島付近 深さ 10km M3.4
3時43分ごろ 和歌山県北部 深さ 10km M3.0
0時0分ごろ 内浦湾 深さ 10km M2.9

22日 
18時40分ごろ 宮城県北部 深さ 10km M3.0
12時40分ごろ 岐阜県美濃中西部 深さ 10km M3.6 震度3
11時3分ごろ 長野県南部 深さ 10km M2.6

| 未分類 | 12:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彗星「Lulin」


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/22/62/b0086362_15364770.jpg',360,237,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/22/62/b0086362_16222638.jpg',360,227,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

輝きを増す彗星「Lulin」


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/22/62/b0086362_1537213.jpg',226,170,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

NASAも観測に成功(紫外線、X線イメージ)
毎秒3千リットルの水を吐き出しながら飛んでいて
太陽の紫外線で水素と水酸基に分解され
直径40万キロメートルの範囲にまで雲状に広がっているそう。

| 未分類 | 15:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「伝言」のプラトンつながりで


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/22/62/b0086362_14151732.jpg',300,175,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>

昨日、「伝言」の記事に
イオさんが『紀元前4~5世紀に生きたプラトンから、
ソロン~サイスの神官~アトランティスへとつながりました。』と
コメントしてくれて『Is this Atlantis?』のニュースを紹介してくれました。
http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/article2255989.ece

そのニュースが今日、国内でも配信されました

『Google Earthでアトランティス大陸発見か? Googleスポークスマンが正式表明。』
http://www.excite.co.jp/News/column/20090222/Rocketnews24_5070.html

ついでにこんなニュースも
『伝説の幻獣! 30メートル級のヘビ型幻獣がボルネオに出現』
http://rocketnews24.com/?p=5021

| 未分類 | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

16年ぶりに食の見直し


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/22/62/b0086362_12223341.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


インフルエンザのときに
玄米は消化に悪いからといって母が白米を送ってきた。
病気のときは、玄米クリームとかスープにすればいいけれど
一人でいるときは出来ないからね。

思い出せないくらい久しぶりの戸惑いながらの白米をとぐ感触。
水が真っ白で、何だこりゃって感じで面白かった。
お米の手触りも違うし、とにかく楽しかった。

もちろん、外食ではときどき白米を食べるけれど
家では93年以降白米を炊いていないので。

写真は昨日の夜の豆ご飯。
EMでえんどう豆があったので大好きなまめご飯を作った。
3杯一気に食べた。母の味がした、涙。


インフルエンザを機に
自分の中で変化が起きているけれど
食も見直そうと思ったのです。

私は一日二食。
家では大体、昼間にパンを食べ夜に玄米のパターン。
だから玄米食といっても一日一食。
夜が外食になれば玄米がゼロになることもある。
主食を主にしておかずは少しが体に一番いいけれど
玄米は重いから私はお茶碗一杯しか食べれないので
どうしてもおかずのほうが多くなってしまう。
また、古市家がおかずがやたら多い家庭だったのでそれもあるかも。

家にいるときは昼間が手抜きになってしまって栄養不足の可能性あり。
栄養不足を感じたのは手抜き以前に栄養が身についていない気がする。
だからどんなに食べても太らないんだと思う。
元々親譲りで胃腸が強くないので食べても身についていない気がする。
玄米は特にそうかも知れない。
しっかり噛まないので消化不足になって身についてない気がする。

あと、沖縄では手に入る有機野菜の種類が非常に少なくて
かなりバランスが悪くなっていると思うことと
子供の頃から食べていた好きな野菜が食べれないのはとても哀しい。
私は沖縄の野菜はイモ類以外は苦手で食べれない。

だから沖縄にいる間はこれからは有機にこだわらず、
たまにはスーパーで普通の野菜買おうと思って
早速この前、菜の花をみつけて買って食べたら美味しくてバクバク食べた。
でもできるだけスーパーでは買いたくないな。

そして一番こだわっていた長年の玄米食も見直そうと思った。
それでふと浮かんだのが、yasuさんのお店でよく出していた分つき米、
よく3分つきとか5分つきとか7分つき米とか、言うでしょ。
yasuさんとこは7分つき米だって。
私が口当たりで一番好きなご飯が実は分つき米なの。
口に入れて一番美味しいと思うご飯、それに切り替えようと思ってる。
あと白米のときは雑穀を入れて食べようと思って早速、十六穀を買ってきた。
玄米はたまに食べようと思ってる。

そう気持ちを切り替えたときに
去年の春頃にミネラルの検索でみつけたサイトに
玄米食のミネラル不足について書かれてあってそれを思い出した。
玄米のミネラル不足は知っていたが、にがりの害までは知らなかった。

本当は自分の体で実験してからでないと紹介しないけれど
そんな時間もないのでブログで紹介することにしました。
なのでご自分の判断でお読みくださいね。

食でも何でもそうだけど
一人一人違うので自分にあったものを選んでくださいね。

サイトの運営者である浅井さんは
完全無農薬、有機栽培の良質な「白米」、主食中心の粗食を強く推薦されています。
分つき米も発芽玄米も駄目だそうです。
玄米は病気を治すために食べるもので、毎日長期間食べるものではないと。

『間違いだらけの健康常識』
http://www.global-clean.com/index.html


そして
海空天心さんから届けられた天心さん配合の野草茶を
木曜日から飲み始めているけれど、いきなり効果があって驚き、味も美味しい。


今年は色々と見直しの年になりそう。
変化のきっかけはやっぱり、Nとの久しぶりの再会から始まっているね。


| 未分類 | 12:27 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伝言29



ソクラテスのように振舞いながら
プラトンの涙に生き
我が身をとことん痛めつけ
それでも尚、痛めつけ
やがて海の中に沈む
一滴の滴よ
我の大海に帰るべし

2009/02/21 (土) 18:49


この紺碧の空に我は鎮まりたり

ああ、我の声を聞くべし

ああ、我は我なり
我は何者でもない
我は我なり

スウカイ(数回?)の中に見えてくるものは何なり

ああ、打ち鳴らせよ
我を打ち鳴らせよ

18:50分台


| 未分類 | 19:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最終覚醒とブラックホール


読みかけ途中で放りっぱなしの情報科学(理論)の本を開いている。
数日前からブラックホールのページを読んでいるんだけど、
私が以前考えた「最終覚醒」にチラッと似ているような気がしたので
今日はそれを書いてみようかな。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/21/62/b0086362_1330954.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


「最終覚醒」の言葉を聞いたのはもう5年以上前になるかな。
インドのある聖人?のお弟子さんという人が一週間の予定で
わざわざ沖縄まで私に会いにこられその席で聞いた言葉。
仮にその人をAさんとしましょう。

覚醒の言葉自体、興味もないのにそこにいきなり
「私は最終覚醒をした者です」といわれてもなんのことやら。
Aさんによると、覚醒にも段階があるそうなんです。

このAさんに私はヴィシュヌだと言われたんですね。
「まゆみさんは最終覚醒をしましたか」とも尋ねられました。

Aさんを観察して思ったのが
上級クラスの瞑想者だというある人とタイプが似ているなということ。
上から目線はいいとしても
そういう人が覚醒した人だったら嫌だなっていうこと。
傲慢の人だらけのそんな世の中おかしいと思った。

ある夜、友人ともども集まって「最終覚醒」についての話し合いの場を持ちました。
その席でいきなり私はAさんに向かってこう言いました。
「私の考えが合ってるなら、あなたは最終覚醒をしていませんよ。」
いきなりのまゆみストレートパンチ。
私って本当に嫌われることを言うんです。
でもAさんは面白い人だし個性的だから嫌いじゃないのに
これで私に嫌われたと思ったのかAさんは来なくなってしまった。
これくらいで懲りないで欲しいな。

さて私が考える「最終覚醒」です。
当時、Aさんに伝えたものをそのまま、少し丁寧に、
童話っぽく書いていきますから想像しながら読んでみてください。
でも相変わらずぶっ飛びですよ。

私は何か分からないことがあるときは
大きなことを小さなことに、小さなことを大きなことに、
置き換えて考える癖があります。
そこで人間の身体を宇宙として考えました。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/21/62/b0086362_1331149.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


私たちの身体の内側を全宇宙としましょう。
身体の中にしか存在できない細菌やウイルスのような生きものを人間としましょう。
細菌やウイルス(人間)たちはみな、自分たちが生きやすい場所で生きています。

しかし彼らは、この身体の内側でしか
生きることができないのです、存在できないのです。
物理的に外に出ることは一切できないのです。
だから身体の外見、外側の世界を知ることは一切できないのです。
完璧にノー。
外の情報も一切入ってきません。

しかし、身体の外側の世界があることを何となく感じ取っています。
僕たちがいるこの身体の外見はどんなだろう、と想像するものもいます。

ある日、Bという名のチャレンジャー君が
身体内の脳や臓器や血管や骨や筋肉を隅から隅まで旅しながら、
ついに身体のおおよその外郭(全宇宙の)を認識したとしましょう。
これを仮に覚醒とします。

そんなある日、
宇宙開闢以来の一大事が起きてBが身体から外に出ることになったのです。
身体から外に出る途中でBが体験することは言葉に出来ないほどでしょう。
ます出る途中で生命が消えるでしょう。
仮にBが一瞬、身体の外面や世界をみたとしても
それを内側にいるものに伝えることは一切できない。
「アッ」です。

これが「最終覚醒」なんじゃないかと思ったのです。
どうですか、伝わりましたか?

最後のほうが、ちょっとブラックホールに似てませんか?
LHC実験もある意味、この外部の世界をみるために行われているものでしょうね。


「悟り」についてどう思うかとAさんに質問されて答えましたが、
Aさんには言わなかった「悟り」の一つは前にも書いたように
「悟り」とは「我は小さきなり」です。
どんなに知ることが出来ても成長しても進化しても
「我は小さきなり」と思い生きることが「悟り」だと思ってます。
悟りの漢字にそう書いてあるでしょ。

でも「覚醒」という言葉、やっぱり昔も今も全く興味ないな。
覚醒を目標にして生きるなんて、私にはつまらない。
「我は小さきなり」で生きるほうがどんなにかいいか。


追伸
Bはもちろん外側では生きていけないけれど
でも案外生きているかもしれません。(これは私の希望)
でも内側では一切知ることはできない。

万が一、生き延びて身体の外見をみたら驚くだろうな。
顕微鏡でしかみえないちっちゃな生きものが
人間の足元に立って人間を見上げてみてください。
そして周囲を見渡したら…


ね、凄くない!?
うう~ん、凄いけれどね、でも、でも、これだけなんだよ。
そのうち、見飽きない?
だったらまた別の人間や世界を探索すれば?
うう~ん、また同じじゃないかな。


やっぱり神は退屈なんだろな。


| 未分類 | 11:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深さ10キロ以内の発振

昨日は眠れたけれど今日はまたあまり眠れなかった。これで三日。
近場でM5.2だ、しかし、浅い発振がよく続くね。

21日 
23時38分ごろ 兵庫県南西部 深さ 10km M2.9
19時43分ごろ 三宅島近海 深さ ごく浅い M2.0
9時13分ごろ 奄美大島北東沖 深さ 10km M5.2
7時34分ごろ 福井県嶺北 深さ 10km M2.8
7時17分ごろ 福井県嶺北 深さ 10km M3.5

| 未分類 | 11:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT