2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

漆喰

久しぶりに漆喰を塗った。
漆喰はやっぱり面白い。

| 未分類 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お便り紹介


http://pds.exblog.jp/pds/1/200903/14/62/b0086362_18205846.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



福岡市のRosyRibbonさんから嬉しいお便りをいただきました。
ありがとうございます。

......................................................................................................................................
---Original Message---
From:
Sent: Monday, February 23, 2009 2:45 PM
To: e-water
Subject: 書籍 「伝言」、食について   


ふるいちまゆみ様

先日は 伝言 を早々に発送頂き、誠にありがとうございました。
メッセージカードも嬉しかったです。こちらも大事にします。
手作り本って良いですね~初めてでしたが良いです。
心より感謝申し上げます。

全部読ませて頂きました。
日頃、本を読まないので、読むのにすごく時間が掛かるのですが、
伝言 は一気に読めました。
私はチャネリング詩の書籍購入は今回が初めてです。
スサノオのチャネリング詩をまずは拝見したくて、
伝言 から購入させて頂いたのですが
衝撃的でした。 ショックでしばらく言葉にならないほどでした。

チャネリング詩を今まではブログ等で拝見させて頂いてましたが
こうやって書籍として、チャネリング詩を連続して拝見すると
すごい迫力がありますね。  圧巻と言った感じでした。 

・・・・・
 
RosyRibbon 

| 未分類 | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノート 15


15年前のノートから
http://pds.exblog.jp/pds/1/200903/14/62/b0086362_1381997.jpg',300,400,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



光と影をみて
人間は
底知れぬ錯覚に
落ち込んでしまった


光を遮るものがなければ
影は出来ない
光を遮るものとは 
光を見ている
その人そのもの

影を作り出したのは
その人自身

・・・・・


注:
影が悪いという意味ではないけれど
このあと友人たちに太陽と惑星の絵を描いてクイズを出しました。

「まんべんなく光を浴びるには?」

私の答えは
「止まらないこと」と
一番大切なことは「…」
「…」はここには書きません。


世間で言われている闇とは影のことではないでしょうか。
闇と影は全然違うものです。
そして光に影はつきものです。

大切なことは、影を悪者にしないで、忌み嫌うことをせず、
影をどう考えるか、影とどう付き合うかだと思うのです。
常日頃、自分で自分を観察することが一番でしょう。
これに勝るものはないと思う。

何度も言いますが、
自分を救えるのは自分だというこです。
他の誰でもない、自分でしか救えないということです。

そのことを伝えるためにも
こうやって私は毎日ブログを書いているわけです。

| ノート | 13:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暗闇


暗闇という言葉、不思議だなと思う。

闇は黒で夜のイメージがあるのに
しかも黒より更に深い永遠なる黒のイメージがあるのに
なのにどうしてまたわざわざ暗いという言葉を足すのか?
たとえば赤で考えれば暗赤色で色彩的に理解できる。
暗い闇って何だろう?

闇が光なら、暗い光という意味になるし
あるいは別の意味なら…
この前、カタカナの、「ヤミ」と「カミ」の字って似てるなって書いたでしょ。
闇がカミなら暗いカミになるね。

暗という字にも音が入ってるね。
そして日(光)も。

一体この暗号は何だろう?

| 未分類 | 11:10 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |