2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

チャネリング詩二題


いのころさんのことをHNと本名で訊いてみました。
個人の場合、何度か訊いたほうがいいと思います。
生まれ持ったものがずっと変わらない人、変化しやすい人、
時代や環境の変化によっても違うでしょうから。
ということで、ゆるゆる読んでください。

いのころさん、元気で頑張ってくださいね。さようなら。
返事は要りませんからね。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200905/16/62/b0086362_20231999.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


「いのころさんとは何ですか」


それはよくできたもので
おかしさと哀しさが同居している
ゆっくりとやってきたのに
急ぎ走ろうとするもの

母の涙に暮れる日を想う子供のように
無邪気な気持ちを抑えきれぬ子供のように
悲しみの中に怒り苦しむときもある
横道に逸れたくなるときもある
おかしさばかりが先行して
道を見失うもの

ところどころに散りばめられた宝石
輝かせんと動き回り
のた打ち回る
いかんせんよく出来たものである
愛しさと哀しさが同居しながら
揺れ動く

墓石を掘り続け
生まれ出でようとする
見事なものである
道化に徹するもよし
神ゴトするもよし
神に逆らうもよし
好きになされなされ

きびすを返すも
行方不明にならぬよう
気をつけること

見事に咲かせよ
己の花を
見事に刺し貫けよ
己の意思を

神はただ、見守るしかない
全てはあなたにかかっている

人を翻弄せず
己を翻弄せず
見事に生なさい

繰り返しのイノチはきつかろう
よきに計らうこと
神、見守りたり



2009/05/15 (金)


http://pds.exblog.jp/pds/1/200905/16/62/b0086362_20233125.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


「井上明彦とは何ですか」


きびすを返すもの
転げまわるもの
一旦、振り出しに戻るもの
一から十まで教えなければならぬもの
とことん掘り下げることの出来ぬもの

それはよく計られている
見事に計られている
神のハタラキぞ

行方不明になった我が子を捜すとき
供に連れて行きたくなるものよ
愛しきものよ
後悔するものよ
生まれ変わるものよ
とことん生き続けるものよ
全ては虚しく行き違ったものよ
こそこそと逃げ回ることをせぬものよ
ああ、愛しきものよ
我の手に触れんとするものよ
よく生きてきたものよ

素っ頓狂な生き方をしてはならず
夢に隠れてはならず
倒壊してはならず
謀の中に生きてはならず

鳥取の海に沈めた宝
イチジクの実に宿した種
ことごとくひっくり返すもの

かなたから聞こえてくるものに
耳を澄ませよ
一網打尽にしてはならず
ケサを持てよ
とことん生きよ
踏ん張れよ
見事に咲かせよ
我、一輪の滴を与えるなり

滑らぬよう
転ばぬよう
よ~くみて歩きなされ
足元に灯を燈して歩きなされ
夜道は暗いぞ



2009/05/15 (金)

| 未分類 | 20:34 | comments:35 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝詞

今日も祝詞しました。
しかし祝詞するといつも内地が先に雨になってしまう。
ごめんなさい。(ペコリ)
沖縄は今日は暑くて、近いうちに雨が降りそうな空気感だった。

ちっちゃなひまわりが咲いていた。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200905/16/62/b0086362_1841149.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


出先で”星野文昭さんを取り戻そう”という十万人署名をやっていた。
無実の罪で34年も収監されている方だそうで、初めて知った。
沖縄はこういった活動が多くてデモも時々みかける。
冤罪について何か画期的な方法ってないのかなって、考えながら歩いた。

もらったチラシに、
”47都道府県を廃止し、全国を10州程度に区分けする道州制”と
書いてあったけれど、これもはじめて聞いた。
この計画はどれくらい進んでるのだろう。
市町村合併はこれの布石なんだろうね。
内地に戻ったらまた新聞購読しようっと。

デモで思い出したイアンの話
イアンはアボリジニと三ヶ月暮らしたことがある自然が何よりも好きな人。
昔から環境保護のことをしていて研究であちこちの大学を出たり入ったりしている。
彼の書いた白神山のリポートをジャパンタイムスで読んだことがある。
昔、オーストラリアの環境保護オフィスの電話が盗聴されていたそうで
それを検証するためにあえて嘘のデモの情報を流したら、やっぱりそうだったと言ってた。
イアンと仲の良かった人はその後、グリンピースに入ったそうだけど
グリンピースのことよく知らないけれど、直感だけど良い印象がない。
去年大干ばつになってから未だにイアンからメールが来なくて心配。

| 未分類 | 17:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二通目のお便り紹介です。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200905/16/62/b0086362_1116492.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


読者のMさんからのお便り紹介です。
このメールで初めて知りましたが、協会の正会員だったそうです。

光文書が積さんで、ヒツクノカミ通信がKomyoshiさん(旧受信者)のはずなので
Mさんのお便りにある光文書はヒツクノカミ通信だと思うので、今、Mさんに確認中です。
確認のために久しぶりにKomyoshi.comを覗いたら、新受信者さん同様、
旧受信者さんも「ヒツクノカミ」から「アマツヒツク」へと名前を変えられています。
おい、おい、って感じですね。
伝言 「ヒツクノカミの受信者 化けの皮がはがれるぞ」 がよほど影響したのでしょうか。

確認が取れました。Komyoshiさん(旧受信者)のヒツクノカミ通信です。

________________________________

From:
Sent: Thursday, May 14, 2009 2:48 PM
To: まゆみ
Subject: お久しぶりです!


こんにちは!まゆみさん

Mです。

お元気ですか?
暫く見ていない間に「精神学協会」の件が取り沙汰されていて
自分、びっくりです。

何故かって…それは昨年の○月頃入会しちゃったからです(苦笑)。
でも何か腑に落ちなくって、根気がないというか飽きっぽいのも手伝って
2期目から放棄しました。
1期目も2~3回もまともに実行出来なかったです。
今では不幸中の幸いかと(はい)。

入会の手続き云々を問うた際の誠実さに欠ける対応とか
対話がないのが、拍子抜けというか
積さんから直接メールを頂けると思っていたのが甘かったのか
や、しかし、そこで気づけよと(とほほ)。

1期目の用紙と共に、会員書のような御札が送られてきました。
う~ん、これも宗教っぽいなと違和感を覚えつつ
一応書かれた教義を実行するも集中できないし
頭がおかしくなるのも身体が壊れていくのも嫌だしなーと
(多分そんな事が書かれてあったような気がします)
うん!触らぬ神に祟りなし!と決め、次回からお断りしたのでした。

元々のきっかけというのが
Koumyoushiさんのブログとヒオキさんのブログがリンクして
引っ掛けられたと思います。見事に釣られました。
巧妙な罠ですかね??
このシンクロは何なんだ!?もう入会するしかないぞ!と
なんて単純な思考回路でせうか・・・。

自分が何がしか社会を良い方向へと変えられるのではないかという自惚れ
甘さ、そして欲深さに気付いたので1万円は安い授業料だと思っています。

光に繋がるようにと唱えるのですが、あれは魂を売るような行為ですね。
繋がっていくのは闇かも知れません。
というか、光と闇は唯一無二の存在ですよね。

以前「レイキ」というヒーリング(ニューエイジムーブメントの流れですよね)を習い
教師の資格まで取得したのですが
それからも講習を受け続けたある日のセッションでのこと
最後のグループセッションで自分は将来何になりたいか?とお題がありまして
私は一言「将来は穏やかな人になりたい」と答えたのでした。
あなたの傍にいるとほっとするわ~と言われたいのであります。
今でもそう思ってます(それも囚われた観念だとは思うのですが)。
普段は平然を装っているのですが、元来気性が激しいので(あはは)。

あ、話が脱線しました。
問題は、そのセッションの中で先生が「超能力を得たい」と言われたので
心の中で「ええー!?」と
超能力って、勉強し続けた中での一つのおまけみたいなもんだと思ってましたから
それが目的となると・・・「はぁ~?」って
いっぺんに興ざめ、レイキは手放しました。
それから「船井幸雄」からも遠ざかり、各種精神論の本も処分し

なのに、なのに
この罠に引っ掛かってしまう私は懲りない「精神論信者」かも知れません。

「恍惚となってはいけない」と、チャネリング詩にあったように思うのですが
私はこの言葉をブレーキ代わりに又軌道修正に、常に思い出すようにしています。

ドラッグも音楽も恋にしてもスリーS(スクリーン、スポーツ、セックス)にしても
各種ギャンブル、音楽でさえも
のめり込むと、他はどうでも良くなってしまう心地良さ。
この恍惚感と引き換えに、他はどうでも良くなってしまう怖さ。

これを確認させてくれた「恍惚となってはいけない」という言葉をありがとう!
まゆみさんに改めて「ありがとうございます」

さて、件のレイキの先生ですが、風の噂では亡くなられたそうです(合掌)。
魔物という意識集合体に吸収されたかもしれませんね。
(不謹慎ですね)(すみません)

ここにきて、何故まゆみさんが執拗に精神学協会の件を取り上げるのか
自分なりに考えてみました。

麻薬、新興宗教、ニューエイジムーブメント
世界○○機構に関わるエトセトラ。
みんなまやかしで詐欺でお金儲け。
ああ、この世は本当に詐欺に満ち満ちていますね。

そんな流れを水際で食い止めてくれているのがまゆみさん。
その時を見逃すか見過ごすと、我々は濁流に飲み込まれてしまいますね。
立ち止まって自分の足で歩こうよと勧めてくれているのですね。
それは人が大好きの証しですよね。
体型は華奢だけれど(見たことないのに御免!)強い精神力の持ち主ですよね。
で、正直!自分への信頼度が半端ない。

そうなんだよね。自分が自分を信じなくてどうする!?と
ブログを見る度に刺激を受け、一度自分の頭に入れ発酵させてます。
あれれ?まゆみさん論になってしまいましたか?

とまれ、「自分を生きる!」に出来るだけ集中していきます!

さて、話が又かわりますが、神って「しめすへん」ですよね。
で、「しめすへん」をグーグルで検索したら、なんと一番最初のページに
おお!漢字と古代神への生贄の儀式がつながるとは!
ここです。
http://homepage1.nifty.com/forty-sixer/simesuhen.htm

・・・・・

もう、ご存知でありましたならば失礼仕りました。
じゃー「申」とは?天地人をくしざし?
これも検索すればいろいろと出てくるかも知れませんね。
ビバ!ネット!

長文になりましてすみません。
では又!


From:
Sent: Friday, May 15, 2009 10:15 AM
To: まゆみ
Subject: おはようございます!

まゆみさんへ

最初に

> 恍惚はまったく覚えがありません。
> 他の言葉かも知れないですね。
>
この件に関し、まことに申し訳ございませんでした。
虚ろですね、私(汗汗)。
本当にすみませんでした。
こういう思い込みの連鎖で誤解が広がったりするんでしょうね。
まゆみさんが率直な方で良かったです~~。

・・・・・

補足しますと
ヒオキさんのブログを見始めたのが昨年のことで

まゆみさんのブログより以前に
精神学協会の中の漫画を見ていました。
それが積さん主催の「精神学協会」だとは知らずにですよ(苦笑)。
で、まゆみさんから積さんの事を知り得たわけです。
驚くというよりは、ああこうやってつながって行くんだな~と
自然に受け取る私はお気楽人間まっしぐらです。

komyoshiさんの光文書は同じ時期に読んでいたでしょうか??
定かではないです。

で、ヒオキさんの言葉と光文書さんの言葉が同調したような
何か同じポイントを突かれたような感じで
ポンと入会への手続きのボタンを押したというような訳です。

これが巧妙な罠?仕掛け?マジック?
高揚感に満ちている時こそ、立ち止まり、クールに対処しなければ
(これを勉強させてもらいました)

会員さんのブログは全く興味なく読んでいません。

それでは宜しくお願い致します。
いつまでも、まゆみさんの勇気に甘えてるな~私。

では!!


| 未分類 | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お便り紹介です。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200905/16/62/b0086362_10474398.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


先日に続き
ギリシャ・ローマの文化史を勉強されている
Aさんからのお便り紹介です。

________________________________

From:
Sent: Thursday, May 14, 2009 9:15 AM
To: まゆみ
Subject: Re: Aです5/7


まゆみさん、コメントしようと思ったのですが、突っ込んでお話ししたかったのでメールにします。

前にも、お話ししたと思うのですが、、、、
マザー・テレサ、本当に胡散臭いですよ。
私が知り合ったインド人実業家は、日本でのプロモーション担当のようなことをやっていました。
地元、ボンベイでのマザーの活動も支援していたようです。
ヒンズー教徒でした。
高校時代、ボクシングで南半分のチャンピオンと言っていました。
インドの格闘技や、ヨガにも明るくて、、、所謂「身体」の使い方をよく知ってる人でした。
手を繋いでも、ツボのようなところを握るんですよ。
けっこう、身体の奥まであっと感じました。これ、危ないかも、、、
でも、身体表現のレッスンで、ヒトの身体の不思議さ、感覚の豊富さは経験してましたから、、、
危うさも知ってました。
もちろん、単刀直入、ヒンズー式のセックスも誘われました。
断り続けると、今度は、グアムの大麻パーティーに誘われました。
グアムといえば、米軍基地。
日本では法に触れるけど、アメリカだから大丈夫だと、、、
仲間で持っている別荘があるから、普通のホテルじゃないから絶対大丈夫だとも、、、
どうも、マザーが世界中伝道しているのをお世話をしながら、
おいしい商売をしている一団があったようです。

大学時代のことです。1980年代初め頃。
留学したり、サーファー仲間では、大麻はけっこう一般的でした。
当時、そんな事聞いても、あまりびっくりはしませんでした。
もちろん、全部断って別れましたが、、、
全然、タイプじゃなかったし、、、
インド大使館の、かなり権威のあるパーティーにも連れて行きたいと、
ドレスコードまで指定してきたから、、、、わりと本気だったのかな、、、

今、思い返すと、、、、こういう事だったのですね。
危なかった、、、

貧者の味方をしている人は、たくさんいるし、派手な世界行脚なんて必要ない。
やっぱり、地道に当たり前に生きながら、考え、考察は自由にぶっとぶのが一番です。
それと、直観、直観、あまりはずれたことはありません。


| 未分類 | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |