2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT


http://pds.exblog.jp/pds/1/200907/07/62/b0086362_2321124.jpg',500,375,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>



「青に」


水の色

あなたに青

青に愛

青に追い越し

追いかけられる


あなたに空

空に乞う






                                      ふるいちまゆみ 2009年6月


| 詩/写真 | 23:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深さ10キロ以内の発振


7日 7時35分ごろ 沖縄本島近海 深さ 10km M5.7
   5時42分ごろ 沖縄本島近海 深さ 10km M2.8
6日 16時12分ごろ 長崎県北部 深さ 10km M3.0
   7時0分ごろ 福島県会津 深さ 10km M1.8
5日 20時54分ごろ 栃木県南部 深さ 10km M2.5
4日 13時50分ごろ 大分県西部 深さ 10km M3.4
    0時21分ごろ 和歌山県北部 深さ 10km M2.5
    0時13分ごろ 和歌山県北部 深さ 10km M2.2
3日 4時40分ごろ 和歌山県北部 深さ ごく浅い M2.4
3日 4時5分ごろ 宮城県北部 深さ ごく浅い M1.8
2日 20時25分ごろ 和歌山県北部 深さ ごく浅い M2.4
   18時6分ごろ 紀伊水道 深さ ごく浅い M3.1
7月1日 5時48分ごろ 五島列島近海 深さ ごく浅い M2.5
      3時32分ごろ 岩手県内陸南部 深さ 10km M3.2
      1時51分ごろ 和歌山県北部 深さ ごく浅い M2.4

6月30日 1時21分ごろ 長崎県北部 深さ 10km M4.1
29日 14時25分ごろ 大分県西部 深さ 10km M2.5
28日 20時2分ごろ 長崎県北部 深さ 10km M2.5
    時0分ごろ 長崎県北部 深さ 10km M3.3
    10時14分ごろ 長崎県北部 深さ 10km M3.2
    9時35分ごろ 長崎県北部 深さ 10km M4.1
    9時25分ごろ 和歌山県北部 深さ ごく浅い M2.2

| 未分類 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しかし、なんで今頃になって宇宙線なの?


http://pds.exblog.jp/pds/1/200907/07/62/b0086362_21473071.jpg',320,178,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


少し前にへいさんとこから入って地球の記録さんとこで紹介されていた
東京工業大学の丸山茂徳教授が語る「宇宙線と地震」(ビデオ)

ビデオの内容をざっとまとめると

地震、火山噴火、雷は宇宙線がトリガーになっている
ミューオン、ニュートリノなどの小さな粒子は
地球や人体を通り抜けるが何のいたずらもしないということではない
例えば火山の場合、サイズの大きな粒子がどういういたずらをするかというと
コーラを揺するとボンと出るように、触れずにマグマからガスを作るのが可能

宇宙線の照射が激しくなると火山が噴火しやすくなる
桜島が危ない、浅間山も白根山も

浅い場所ほど宇宙線が入ってきやすくなる
地震は昔は力学だったが今は科学の要素が強い
予知はトリガーの研究である
太陽と宇宙線は相関関係があり、
太陽活動が弱くなると宇宙線が入りやすくなる
今年の一月からかなりの宇宙線が入ってきている

こんな内容です。

宇宙線に関しては過去に何度も書いているので検索してください。
宇宙線で22件、未知のエネルギーで12件、出てきます。
三つだけ下に掲載しておきます。

ケムトレイルと宇宙フレアの関係
地球の生命を守る太陽
更なる地球の磁場の減少

それから
e-waterの資料室
「未知のエネルギー」と「超新星爆発の影響に対する懸念」をアップしてあります。

そして隠せなくなったのか今頃になってNASAは
地球温暖化は太陽の活動周期によるものだと発表。
温暖化ではなく寒冷化、氷河期に突入の発表も近いかも知れないね。


浅い場所ほど宇宙線が入ってきやすくなるということは、浅い地震が増えるということ。
深さ10キロ以内の地震の統計を取っている私としては、素直になるほど、ヤッパリと思いたい。


でも何か変だ!


人工ニュートリノ振動実験の目くらましじゃないの?
以前より強力な人工ニュートリノ振動実験が始まって
浅い地震が多発しているので「こりゃ、まずい!」ってなったんじゃないの?

http://pds.exblog.jp/pds/1/200907/07/62/b0086362_21481629.jpg',320,298,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


浅い地震が多発しているのは
人工ニュートリノ振動実験が原因じゃないかとずっと書いてきた。
それで、深さ10キロ以内と「J-PARC」と関東の発振の統計を取っている。
浅間山のすぐそばがコースになっているので噴火の危険性も書いた。
地下の水タンクの危険性も書いた。
カミオカンデの光電管破損事故は、人工ニュートリノ振動実験が原因じゃないかとも書いた。
数え切れないほどニュートリノと地震、火山噴火のことを書いてきた私としては
人工ニュートリノ振動実験を絶対に外せない。

ニュートリノと地震、火山噴火のことを書くと決まって嫌がらせの荒らしがやってくる、
これも一つの目安。


丸山さんの話を聞いていて
光電管破損事故の人工ニュートリノ振動実験原因説はますます濃厚になってきた。

フランスとスイスとフランスの国境にはCERN、
アメリカにはフェルミ国立加速器研究所がある。
ネバダのエリア51でも実験が行われていてアンカーでもある。
アメリカでもCERNでも多くの実験が行われているのは間違いない。
CERNからローマ近郊に向けて人工ニュートリノ振動実験が行われている。
南極には想像を絶する巨大ニュートリノ観測装置『IceCube』があるしね。
だから極の浅い地震が多発してるんだよ。
この『IceCube』はかなりの危険性を感じる。

もちろん、宇宙線の影響はあると思う。
けど一番は実験だよ。
地下を通るんだからね。
そりゃ、マグマも活発になるでしょ、
地震も多発するでしょ。
海もうねるでしょ。
水への影響は大きいでしょう。

丸山さんの話を聞いて
私が言ってきたこと、かなりいい線いってると思った。

地震の予知というのはトリガーを探ることだと
丸山さんは言っているけれど、それは難しいんじゃないかな。
だって何がトリガーになるかわからないでしょ。


しかし、なんで今頃になって宇宙線なの?

| 未分類 | 20:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次は大本?


http://pds.exblog.jp/pds/1/200907/07/62/b0086362_1214375.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


龍さんのメールに「大本神諭」の言葉がちらっとあって
そうえいば王仁三郎好きの霊能者の鍼の先生から
無理やり「大地の母」という本を読まされたけれど
「大本神諭」は読んだことはないなと思い、
王仁三郎が書いたものかなと思って検索したら違った。
「大地の母」は面白かった。

出口なお『大本神諭』
出口王仁三郎『霊界物語』

「大本神諭」はなおさんのお筆書きになるのかな?

ひふみ、一二三、日月が大本の流れなら
いつか大本を訊いてみようかと昨日思った。

しかしその場合、
大本を訊けばいいのか、
大本神諭を訊けばいいのか、
霊界物語を訊けばいいのか
出口王仁三郎を訊けばいいのか
出口なおを訊けばいいのか。。。

たくさんあってどうしよう。。。
王仁三郎と霊界物語が気になる。

先に書いた王仁三郎好きの鍼の先生が
例のK神社のY宮司(有名な女性宮司)と私を無理やり引き合わせたのが縁で
時々その神社に鍼の先生と出かけたり、宮司が来られることもあった。
私は宮司に霊感があると言われ悪いものが寄ってこないようにと
祝詞を勧められ、神棚を祭り、毎日大祓い祝詞をするようになった。

その後98年に、その神社で出会った人がこの前書いた沖縄のOさん。
このOさんの縁で沖縄に越すことを決め、
Oさんに沖縄を守って欲しいと言われ、那覇に決めた。
私は沖縄への引越しを機に神棚はその神社に返納。
だから今は神棚なしで祝詞しています。


ウシトラからひな型へと、そして出雲、ヒツジサル、そして…
にumeさんが弁才天に関してコメントしてくれた情報で
私はやはり瀬織津姫と関係がありそうだとわかってきた。
そして富士山に縁がある理由もわかってきた。
富士山の祭神が元々はかぐや姫だったから。
umeさんが教えてくれたサイトに出てくるものほとんどが私と縁があった。

このK神社のことでさっきumeさんからメールが届いた。
記事で紹介したいくらい。
メールにはK神社、弁才天、沖縄久高島、杉山茂丸、後藤新平、岸信介、
児玉よしお、東久邇宮氏の名前があった。
それらがひょっとして日月神示とつながる可能性が出てきた。
umeさんがいうように、マヨさんの分野だな。
K神社がらみの井戸、地下、洞窟、女神の話も面白い。
umeさんの探査能力凄いな。
もう、umeちゃん探偵団と呼ぼう。


前にも少し書いたことだけど
鍼の先生は、私とY宮司がそっくりに思えたので会わせたかったそうなんです。
でも会うと私は反発、宮司も反発していたはず。

祝詞覚えて一年経ったころ
友人が事故を起こしたとき現場に呼ばれ、
現場に着くと相手は意識不明で救急車で運ばれていった。
困った私はすぐ鍼の先生に電話、鍼の先生はすぐ宮司に電話。
すると宮司は「ふるいちさんがいるから大丈夫」と言った。

「ふるいちさんがいるから大丈夫」と言われても、
何をしていいやら困ってしまった私はとりあえず
男性が入院されている病院にその友人と行き、
先生に様態を伺ったところ、非常に危険な状態だった。
(耳から脳みそが出ている状態)

もう祝詞しかない。
そう思ってその後、病室に戻り
奥様にご主人の生年月日と氏名を聞いて、その夜、大祓い奏上した。
そして夢で意識不明のご主人が元気な姿で出てこられ
雪が融ける頃、数ヵ月後に意識が戻ることがわかった。
翌朝、奥様にそれを伝えたところ素直に聞いていただいた。
そして本当に雪が融ける数ヵ月後に意識が戻られたのです。
これで雨を降らせる以外にも祝詞の凄さを再確認したのです。
意識が戻られた男性は事故の前とは性格が変わられ穏やかになられたそう。

| 未分類 | 12:16 | comments:45 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |