2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「閉じ込められた神が動きだした?」シリーズの資料 追記


「閉じ込められた神が動きだした?」シリーズの資料

にこう書きました。

話題の宮内庁長官、羽毛田さんって不思議な名前。
日本的ではないよね。
はけた・・・

もしかして元は「馬毛田」?
馬に関係ある?
それとも「秦」の間に「毛」が入ってる?
あっ、代議士の羽田さんってこのあたりじゃなかった?
そうなら、「羽毛田」はやっぱり、「秦」の間に「毛」が入ってる?
「はけた」の「け」と「た」を入れ替えれば「はたけ」(畑)になるよ。
やっぱり、「ハタ」になるね。



そこへ神子田さんという方からこんなコメントをいただきました。
私の勘は見事的中でした。
.....................................................................................................................................
Commented by 神子田 at 2010-01-02 16:05 x
羽毛田氏を検索していたら辿り着きました。先月まで二ヶ月、出張で長野に滞在していた折、羽毛田家24代目当主という方とご縁があり、いろいろ話を伺いました。ご推察の通り、渡来系の秦氏の末裔です。馬の世話などをしていたため、馬の毛の「毛」の文字を「ハタ」の真ん中に入れて「ハケタ」となったそうです。そのように「ハタ」の前後や真ん中に別の字を入れた名字の秦氏族は全国に見られるようです。長野の羽毛田という地名も、一族がいた場所でっあたことが地名の由来だそうです。
石を扱う自由人より

Commented by mayufuru at 2010-01-02 20:32 x
神子田さん、はじめまして。

やはり馬に関係があり、しかも「ハタ」の真ん中にケが入って「ハケタ」となったんですね。勘が当たってましたね。秦氏に間違いないのですね。ありがとうございます。

HP拝見しました。彫刻家でありアーティストであり石工というのが面白いです。各地のお城の石垣修復にかかわられているのですね。

......................................................................................................................................




| 未分類 | 21:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今夜、これみる?


忍者「今夜9時からたけしさんのこんな番組有るよ。

『ビートたけしの教科書に載らない日本人の謎2010
・・・太陽と怨霊と天皇?“日本建国”の秘密に迫る①なぜ初日の出を拝むのか②
なぜ仏滅・大安を気にするのか?③たけしの故郷足立区はなぜ“足立”なのか 他
▽ヒミコ殺害説と犯行動機▽出雲と東京守る“霊力”とは▽たけし熊野古道へ ビー
トたけしが日本人の精神のDNAに迫るスペシャル第二弾。』

そして10時からは昨日の続き第四部から六部まで日本と朝鮮半島2000年 」

まゆみ「テレビ見てみようかな。。」

忍者「たけしさんの故郷、足立区の”足立”がそく足立寺に繋がるのか?どうか?も
楽しみだしね。熊野古道や出雲も出て来るからさ。」

まゆみ「面白そう。
今日ね、実は午前中、アニメ見ちゃった。びっくりでしょ?
前にも言ったけれど漫画は絶対読めないんだけど、
アニメは内容によってはみれるの。
たぶん漫画のようjに字がないからだと思う。
字を映像化してみる癖があるから漫画は読めない。
宮崎さんのアニメは二つ三つみたことがある。

今朝、テレビをつけたら昨夜の教育テレビになっててアニメをやっていた。
ぱっと見た瞬間の雰囲気でちょっとみてみようと思って見始めたら
面白くてお昼までずっとみてた。
たぶん、NHKの再放送をまとめたものじゃないかな。
三つか四つくらい連続してやってたよ。
タイトルは「獣の奏者 エリン」なんかね、凄くいいよ。
明日も見れるのかな?」

忍者「そう、それは良かった。最近はNHKもアニメは力入れてるみたいだよ。
先にも黒澤監督の「七人の侍」のアニメ版「SAMURAI7」ってやってて大人気だったよ。
NHK教育のアニメは明日も有るよ。朝の8時から「エリン」は御前9:45分から。
これが沖縄の明日の番組表
http://tv.yahoo.co.jp/listings/?area=nawa&starttime=7&detail=1&gcode=0&cal=0&date=20100103&span=6&type=normal&category=TV&mitai=1&page=0 」


マヨさんからもコメントが入っていた。

マヨ「やばい!「渤海」は今晩の11時半から午前一時までだそうです。
僕は寝てる時間なので、後日ビデオで見るつもりです。」


まゆみ「ガ~ン!
沖縄今夜はたけしの番組やってない。
たぶん何日か遅れると思う。」



追伸
下の記事に関して忍者さんから。

忍者「・・・・・・・ ・・・・・
刀鍛冶さんの知り合いも居るんだけど、性格上、サイトとか持たない方なのでね。
刀剣は鎌倉時代のものが最高に良い刀が作刀されて居て、たいてい、どの刀匠も
目指すは鎌倉時代の刀剣の再現。でも砂鉄の質が落ちた事や秘事とされる事が多
いらしく難しいらしい。古来から日本刀は”折れず曲がらず”と言われる所以は、
その製法過程にあるんだけど。火加減、水加減などなど秘事は沢山あるそう。僕
の所持する刀は現代刀(現代の刀匠の作)だけど切れ味は最高だよ(笑)刀は年
代で古刀、新刀、新々刀、現代刀と簡単に分けるとこんな感じかな。蹈鞴製鉄。

鎌倉期の刀剣を買おうと思ったら○千万は最低でもするかな。とても手が出無い
位に高い。でも一見して見ただけで、その優れ物で有る事が分かる。まあ博物館
などで眺めるのがせいぜい。」

以上。

ちなみに私は忍者さんの日本刀を使う武芸の動画を見てますが、
カッコいいです。姿が美しい。



| 未分類 | 20:49 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

閉じ込められた神が動きだした? その56 (サ行は鉄、そして数字の一から十は…


http://pds.exblog.jp/pds/1/201001/02/62/b0086362_15472650.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


まずyasuさんのメールから

....................................................................................................................................

---Original Message---
From: yasu
Sent: Thursday, December 31, 2009 4:35 PM
To: ふるいちまゆみ
Subject: 鉄


朱蒙見てたら、プヨを出たあと本渓山に居を構えて、まず鉄鉱石の産地である中山を掌握しようとするんだけど、高句麗建国の地、今の本渓市は鉄鉱石の産地で冶金の中心地。中山がどこかわからなくて検索してたら、信玄の隠し金山で中山金山ってあって穴山の地名もあった。

あと下のサイトに鉄が「さ」だって書いてあるよ。
信濃の国の鉄ものがたり、一番下の諏訪の神様の、記事180
http://www.weekly-ueda.co.jp/tethu/index.html

図書館で鉄と日本刀って本借りてパラパラ見てるんだけど、古代の日本刀の鋼の方が優れてるみたい。前テレビでも昔の鉄くぎの方がさびないって見たことがあるし。優れた鉄をつくる技術って言うのは、最先端の極秘の技術だったんだろうね。今の原子力や素粒子の技術みたいな。

今年も終わり、荒天の年明けになりそう。

..................................................................................................................................


サ=鉄の私の勘は当たってたね。
ここにも中山があるんだ。。。


諏訪の神様(信濃の鉄ものがたり)、めちゃくちゃ面白い。
内容が充実していて読みやすいので是非是非、読んで下さい。
これを書かれた人に感謝ですね。
特に朝鮮半島を差別する人は読むべき。


最初読み始めたときに
「建御名方神」も閉じ込めれれた神かと思ったけれど
土着の「洩矢神」と上手くやっていたみたいだからそうではないかもね。

次に「藤」の言葉を発見。
「藤」ですぐこの記事を思い出した。(よく出てくるね、この記事)
「穴と鉄から「金屋子神」へ、そしてとんでもないことに」

「金屋子神」はみかんと藤を好むみたいなので
即効で「建御名方神」は金屋子神に関係あると思った。
そうすると、「建御名方神」は金属の神になる。

読み進めていくとやはり、「建御名方神」は「製鉄神」とある。
ピンポン!

古い製鉄法を持つ「洩矢神」のところへやってきた
新しい砂鉄採取や製鉄技術を持つ「建御名方神」。

『信濃二の宮の小野神社に、長い矛に鉄鐸や麻幣が取り付けてあった。』
の言葉をみつけて、あっ!嬉しいかも。
実は90年代に直感で、小野=斧だと言っていたので、勘は当たっていたね。

諏訪湖の氷が隆起する「御神渡り」の意味も非常に納得、面白い。

「お粥」の「粥」はたたら用語で、
「銑(ずく・銑鉄)」のことを古代韓国語で「ジュグ」といい
銑鉄は粥状に流れ出るものだそう。

動物トーテム(氏族の神聖視される動植物)は日本の家紋と同じみたいだよ。
「諏訪」とは「鉄の場」の意味

「藤の枝」は「鉄穴(かんな)流し」による砂鉄採取の技術の象徴とある

「穴」は「鉄穴」を暗示していて「鉄穴」とは鉄鉱石が地面に露出している所をいうそう。

「蛇」は韓国式の音読みで「サ」となり、
鉄=「サ」だから大蛇は製鉄・鍛冶集団のお頭のこと(大蛇に化身した甲賀三郎)

手の俣から漏れ落ちた少彦名(すくなひこな)神は鉄砂(砂鉄)を表しているそう。
この話、いいな、好きだなあ。

「下照姫」=「鉄の地、取り付ける(世話する)姫」もことで、
鉄の産地を探し当てる役割の女性なんだって。

面白いなあ。

「鹿」で表記された「シガ」は「鉄磨ぎ」を表し、製鉄王を表すんだって。
ほら、この前アップしたカタカムナウタヒ8首の暗号解読にも「鹿」が出てきたでしょ。
奈良の鹿も製鉄王を意味するんだろうね。

わ~、面白いなあ。

諏訪大社の神事に蛙狩(かわずがり)があるそうで
この「かは(わ)ず(づ)」の語源の一つに「製鉄場(鍛冶場)の貴人」の意もあるんだって。

わ~、凄いなあ。

薙鎌(なぎがま)も古代韓国語だと、「(鉄)の開祖の磨ぎ間」とか「開祖の鎌」に読め、
諏訪明神は「鎌は我々の象徴だ」「諏訪は鉄処さ」って、語れるんだって。

神代に遡って、神の血を引く社家に中世末に滅亡した金刺氏が存在していて、
この金刺氏の語源が「鉄の城」という意味の韓国語の吏読(りとう)表記なんだって。

韓国の「金」という名は、金か金属から来ているのかなって
最近思っていたけれど、鉄なんだね。

時々ね、語りの中で片目の魚の話とあるじゃない。(前に記事にした)
あれは、製鉄のたたら炉のホト穴より熔鉄の状態を視つめ
隻眼となった鍛冶職を象徴した話だろう、って。
私は確か、たたら製鉄中に怪我をした人って書いたと思う。

九州の阿蘇の名の由来
「御柱」の意味
神紋の「梶」の話、梶の意味・・・
色んなことが書かれてある。


建御名方神は「藤の枝」をもって洩矢神に勝ったと書かれてあって

それで考えるなら

藤=建御名方神
藤といえば、金屋子神

そうすると

藤=建御名方神=金屋子神になるでしょ。

そして金屋子神はニギハヤヒ、物部と関係あるでしょ。

Wikiの「金屋子神」を再掲。
『尚、饒速日尊物部氏と関係が深いとされる三瓶山は古来、佐比売山と呼ばれていた。また、三瓶山の西、約5kmに、石見国一宮で、石上神宮と表裏一体であると言われる物部神社が鎮座する。また、岡山県英田郡西粟倉町に伝わるタタラ唄に『金屋子神の生まれを問えば、元は葛城 安部が森』との言葉が残る。』

そうすると

藤=建御名方神=金屋子神=ニギハヤヒ、物部?
更に藤原家も?

三瓶山、佐比売山も「サ」だから鉄だ!
じゃ、やっぱり、ニギハヤヒ、物部は鉄だ!

洩矢神をどう扱うかなんだけど・・・
建御名方神ともしかして親戚かも。

金屋子神の物語にもこのサイトにも「白髭神社」が登場する。
金屋子神は白鷺に乗って出雲国能義郡比田村黒田の奥の桂の樹の枝に飛来したそうなの、
ということは、「白髭神社」も鉄になる。


サ・シ・ス・セ・ソはきっと鉄なんだよ。

セブリのセは鉄だものね。

あっ、そういえば、
金屋子神が高天原から天降った播磨国志相郡岩鍋(兵庫県宍粟郡千種町岩野辺)の
宍粟郡(シソウグン)の「宍」と「穴」は似てるね、六と八の違いだねって
前に書いたけど、ピンポンだよ。

シ=鉄
穴=鉄


http://pds.exblog.jp/pds/1/201001/02/62/b0086362_15502398.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


このサイト読んでると、八=鉄に思える。
スサノオも八だし、スだからね。

穴に八が隠され、宍に六が隠されているなら、
六も鉄になるのかも知れない。
六所神社、六ヶ所村もそうかな?

そして上の「三瓶山」もサで鉄でしょ。
ということは三も鉄かも。
三がつく地名はたくさんあるよね。
99本の包丁盗難の三木市もそう、近くに三田市もある。
伊勢の三重もだ。


数字の一から十は、もしかして金属の種類別?
どこにどんな金属があるかわかるようにと、
地名や神社に数字を充てた?
漢字に忍ばせた?

もしかして大発見!?



「神社は朝鮮半島から来たの?」で信州と高句麗のことを書いたけれど
このサイト読んでると、信州はもう朝鮮半島一色って感じ。
昨夜の番組でも朝鮮半島にある「科の(のの漢字は忘れた)」が出てきて
これってまさしく信州の「信濃」でしょって思った。
蓼科の科もそうだね。


最後に別の言い方をすれば
「建御名方神」はやっぱり閉じ込められた神だと思う。
この事実が表に出てないからね。


yasuさんが言うように「朱蒙」をみてもそうだけど、
古代、優れた鉄をつくる技術が最先端の極秘技術に違いないよね。
その鉱脈地に最先端科学の実験施設があるということもうなづける。


yasuさん、ありがとう。



| 未分類 | 15:55 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NHK「日本と朝鮮半島2000年」 追記


どうやら2時半までの番組みたい。
遅いからそんなに長くみてられない。

下の記事に
「この番組をみていて強く感じるのは
天皇が訪韓されるための布石として作られたんじゃないかな、と言うこと。」
って書いたでしょ。

その後の忍者さんとのやり取り。

忍者「布石、大正解だと思うよ、NHKだしね(笑)

こうしてメディアを通してクッションを作る事、良くするもんね。韓国ドラマを
流入させた事も、日本人の気質を知った上での事でも有ると思うし。でも良き効
果だと思う。こうして本当に”和”が”輪”になって繋がって行く事は嬉しい事だから。」

まゆみ「韓国ドラマは確かにそうかもね、さすが。
韓流ブームに火をつけたのはNHKでしょ。
そのころからきっと布石が敷かれていたんだよ。

天皇の2001年12月の百済発言、
ここからスターとしてるとは思うんだけど、

いま見ている「日本と朝鮮半島2000年」なんだけど、
百済と日本は仲良しだったんだよって感じの作り方。
ひたすらこの一色。
日本と韓国の学者が”ある意”に沿って
”ある命”を受けて番組で話しているって感じだよ。

仲良くしてもらうのは嬉しいけどね。」

忍者「NHKはそういう類の番組作りが多いんだよね~。特にこうした○○特集で
放映される特集は、それが目立つ。だから注意してみないとならないよ。」

まゆみ「確かにそれはいえる。
昔からそういうパターンだよね。」



| 未分類 | 01:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |