2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

武道の話へのコメント


忍者さんから武道の話
へいただいたコメントと、忍者さんと私の会話を含めてアップします。


「剣道一筋で育ってきたのですが、師匠である父とよく話すのは剣道を絶対
オリンピックの種目にはして欲しくないよねということです。オリンピックの種目
になることで武道がスポーツになってしまい、本質が見えなくなってしまう。言い
方が悪いかもしれませんが安っぽいというか重みが無いというか。

私の父が開いていた道場の旗には『心』と書かれています。祖父が書いたもの
でした。そのせいもあってか私は『心』という字が好きで今でも筆でよく書きます。
武道は『心』だと思っています。勝ち負けだけではなくもっと深いところにある人
とのつながりを感じることができるものだと思います。
80歳以上の方とお手合わせをお願いしたことがありましたが、絶対に一本とる
ことが出来ませんでした。若さや体力だけでは極めることは到底無理なんです。
オーラがすごくて攻めることもためらいましたし、打ち込んでもすべて受け流さ
れてしまうんです。絶対にかなわないと思いました。 

うまく言えないのですが、それが武道だと思うんです。心と心の積み重なりで一
人の剣士が出来上がっていく感じでしょうか。剣道は地味に続いていって欲しい
と思います。華やかさは必要ありませんね。」


まゆみ「圭さん家いいですね。武道好きの私としては、ちょっとあこがれます。
私もスポーツになるのは反対です。オリンピックみてて悲しくなります。それは
違うでしょ!って思ってみますね。

前に書きましたが、日本の武道は相手が一人ですよね、一対一ということは相手
は自分自身だと思うのです。だから好きなんです。弓道は相手が的ですが、これ
も自分自身ですよね。圭さんがいう「心」です。大勢でするスポーツは戦争の形で
すよね。だから好きになれません。」


忍者「武道にルールが出来、試合になると、それはスポーツ武道となってしまう。
それが良い悪いでは無くね。そこから真に武道という事に関心を持つ者が出て来
るかも知れないしね。本来の武道にはルールなんて無い。試合は死合だから。
勝ち負けじゃ無い生死の世界だもんね。」


まゆみ「そうか、ルールになるからいけないんだ。そういうことなんだね。」


az「最近思うんですが、日本人にスポーツが必要なのか疑問に感じています。私
は身体を動かすのは好きで登山やサイクリングはやりますが、それらは私にとって
瞑想の一種で、ひたすら無我の境地をめざしています。座禅みたいなものです。
特にオリンピックは代理戦争ですから無くなってほしいです。あとノーベル賞もイン
チキだからやめてほしいです。西洋人の思考からは離脱すべきです。」


まゆみ「私自身、スポーツもしないし、ノーベル賞も要らないと思う人間ですが、日
本人がスポーツをするようになったのは戦後ですよね。昔からいわれる「3S」です
ね。戦後何が一番変わったかというと、食です。まず学校給食でパンとミルクを食
べるようになったことです。米から小麦に変えられたことです。パンにあうおかずは
洋食になりますよね。一番は肉です。草食動物と肉食動物を比較するとよくわかり
ます。食を日本食に戻すのがなにより一番かと思います。私が肉を食べなくなった
のは93年からですが、でもそれ以前からスポーツはしてはいません。寝る前と朝に
軽くストレッチをします。あとは散歩。弓矢が子供の頃から好きで、弓道を習おうと
思ったことがありますが、重いということでやめました。もすこし体格がよければ、剣
道、空手、弓道、流鏑馬などやってみたかったです。柔道はみるのは好きですが
やりたいとは思いません。」


ぽぷら「柔道は私自身はやったことがありませんが、昔、習っていた人から冗談で
軽々とひっくり返されたがあります。(笑)両ひじだけを使ってひたすら畳の上を進
んで行く子どもらの練習風景を見学したことことがあり、徹底したものを感じました。
一時期、日本選手の一本背負いが世界を舞台にした場面で見られていた時には
湧いていましたが、西洋的なルールや判定基準が濃くなると日本人の目には異質
に見えるところがありますね。」


まゆみ「私もひっくり返されたいな。いいですね。柔道をオリンピックに入れたこと自
体が間違ってたのではいでしょうか。なんで入れちゃったんでしょうね。悪く考えれ
ば日本潰しですよ。」




| 未分類 | 19:51 | comments:30 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイケルからのメッセージ 



マイケルが一番好きな曲、チャーリー・チャップリンの「SMILE」
優しい声と子供のような笑顔をみていると涙があふれてしかたない。






昔も今も私の気持ちにぴったりな曲「Childhood」
美しいメロディー、美しい声、美しい映像。





私の場合は子供の頃は全く辛くなく、毎日が天国のように楽しい日々だった。
もしも過去に戻れるなら、あの田舎暮らしの子供の頃。
田舎で育ててくれた両親に今でも感謝している。

忍者さんはマイケルのコンサートに2回行ったそうでいいな。
いいなといっても、当時はマイケルにまったく興味がなかったから仕方ないね。



| 未分類 | 14:57 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |