2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ニュース

いま一番書きたいのはボームの「断片と全体」なんだけど忙しくて書けない。
これを伝えていくのが私の役割かな、と最近思っています。
今日こそは、と思ったけれどまた伸びそう。
でも夜中の「朱蒙は絶対みるからね、いま一番の楽しみなんだもの。
元々のんびりタイプ型だから忙しいのは苦手。

今度扱う予定のコパイバの関係で色々と勉強していたら、
昔yasuさんと活動していた頃を思い出して環境・農のことをまたやりたくなった。


忍者さんからMIMICです。



メキシコ湾の原油流出(4/20)は意図的なものじゃないかと書いたけれど
やはりそうみたいです。読者さん、奇兵隊さんによると
3月末にゴールドマンサックスがBPの株を4割ほど放出しているそうです。

私が思うに、目的はこれだけではないと思う。
鳩山さんと同じように案外オバマ政権狙いもありそうかなと。
この流出事故が長引けばオバマ大統領に批判の声が高まってくると思うから。
なので様子みてます。

この4月20日は都農町の和牛3頭の口蹄疫感染の疑いが確認され公表された日。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,

■松田光世さんのTwitterより
『調査の結果、「なりすまし菅直人」の大量発生は、自民党の代理店・電通の仕業と判明。いい加減にしないと、公職選挙法違反で社長が逮捕されちゃいますよ、とできるかぎりやんわり忠告しておく。ネット選挙解禁まだ立法化してないし。電通には、リクルート事件を朝日新聞横浜支局にチクッた過去もある。 約4時間前 webから 』

電通の悪い噂は本当なんですね。


■文化「省」 格上げ提言 「首相交代、痛手」の声も (朝日)
『・・・さらに報告書は「文化は国家なり」とした。部会長の宮田亮平・東京芸大学長が書いた。文化を「産業のコメ」と位置づけ、文化産業を国の基幹産業にするよう求めた。 こうした強い表現で文化振興が書かれた背景には鳩山首相の存在があった。内閣官房参与として文化政策を諮問されていた劇作家の平田オリザ氏は文化政策部会などに出席し「鳩山総理は文化政策を重視している」というメッセージを繰り返し発信した。  官僚は、予算を確保できるか、まだ不透明なことから報告書を慎重な表現にしたがった。平田氏は「政治主導」を強調し、「官僚の言葉」から「政治家や有権者を感動させる言葉」に変えるよう求めた。その結果、宮田部会長が一部を書くことになった。 平田氏や委員の意向で、重点施策の記述も、言い切りに近い強い表現に変わった。文化芸術団体などへの助成制度は抜本的な見直しを掲げた。分配先を公正に決めるための評価機関、芸術評議会の導入も打ち出し、「早急に調査研究を行う」と明記した。 ・・・そして、首相交代が影を落とす。文部科学行政に詳しい政府高官は「文化政策の分野は政治家の関心度によるところが大きい。熱心だった鳩山首相の辞任は痛手」とみる・・・ 』

早速ここにも弊害が。


■トルコ軍艦遭難から120年 和歌山・串本町で慰霊式典 (朝日)
『オスマントルコの軍艦「エルトゥールル号」が和歌山県串本町沖で遭難してから120年。亡くなった乗組員を追悼する式典が3日、遭難海域に停泊した海上自衛艦上であった。現場を望む慰霊碑前では、トルコ軍楽隊がオスマントルコ以来の伝統の軍楽「メフテル」を披露した。 1890年にトルコから日本に派遣されたエ号は、台風によって串本町沖で座礁。オスマン・パシャ提督以下587人が死亡したが、地元住民らが69人を救助した。以来、エ号遭難者の救助は両国友好の原点とされ、串本町では毎年慰霊式典が行われている。海底に沈んだ遺品の引き揚げ作業も進められている。 式典には、提督のひ孫でパリ在住のオスマン・テキタシュさん(67)のほか、三笠宮寛仁さまと長女彬子さまらが参列した。 』

慰霊式典が行われたのが三日。
鳩山さんの辞任演説の翌日。
三日は小沢さんの地元奥州で震度3の地震。

「エルトゥールル号」に関しては
「世界を支配する王」 トルコ、モンゴル、ブルガリア、金と題して二月に書いたばかり。
皇室のことも書いています。

エルトゥールル号は明治天皇に親書と勲章を献上し帰国途中で台風に遭い沈没。
これまで鍋や硬貨、弾丸など計約6800点が引き揚げられ、
二月に菊の紋章入りの皿が発見されている。
トルコ人と日本人がモンゴル高原に同じ起源を持つ兄弟民族であると言われているし、
皇室とは密接な関係があるし、天皇家のルーツという説もある。


,,,,,,,,,,,,,,,,,,


■探査機はやぶさ13日地球へ 7年ぶり、豪砂漠に (47ニュース)


■環境団体と仏漁船が衝突 地中海のクロマグロ漁場 (共同通信)


オマーン サイクロンで少なくとも15人死亡、2人行方不明

ヨーロッパ中部で洪水の第二波

| 未分類 | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木星でまた巨大なフラッシュ

読者のsayaさんによると木星で巨大な光がまた観測されたようです。
二人のアマチュア天文家が6月3日20時31分(UT)に観測。
日本時間では4日の早朝になるでしょうか。
またというのは去年7月19日に木星と金星でも起きたからです。
こちらがその記事。
何かが木星に衝突した
金星でも異変


今回の木星の巨大な光を海外のサイトで探してみました。

New impact on Jupiter before & after by John H.Rogers
http://alpo-j.asahikawa-med.ac.jp/kk10/j100604r.htm

こちらが動画。




6月6日のレグルスと火星

| 未分類 | 20:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

普天間移設のストーリーを書きます。



沖縄に越してきてまもなくの頃、辺野古基地建設の反対運動をしている人から
力を借りたいと言われたときに、直感というか反射的にこう答えました。

「アッと驚く方法で解決しますよ、だから心配はしていません。」

普天間移設のストーリーはこれが土台になっています。

米国は自ら出て行くと、ずっと思ってます。

今回、辺野古移設の反対運動が大きくなり日本中に広がり、
更には世界中に広がることを鳩山さんは望んでいたと考えました。
そして実はアメリカもそれを望んでいるのではないかと。
米国としても立場があり普通の交渉で出て行くのは立場的にカッコ悪い。
しかし、反対の声が世界中に広がれば出て行かざるをえない。

本音では出て行きたい。

じゃ、日本の防衛はどうなるかというと、
すでに用意は出来ていると思っています。

アレ」があります。
あれ」もあるからです。
「あれら」もあります。

しかし、反対の声は沖縄と徳之島だけで終わってしまい、ストーリーは崩れ去ってしまった。
だけど、完全に消えてしまったとは思っていません。

このストーリーを書くことによって、
良い方向に向かえば、つながれば、いいなと願っています。

| 未分類 | 15:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何故、原発はなくならないのか 2

何故、原発はなくならないのか
の記事に今日久しぶりに書き込みがありました。
コメント内容が、原発を調べるな、首を突っ込むな、
という一種の脅しだと感じ、そう返事しました。

ただ原発といっても私の考察はぶっ飛びなので
原発建設というよりも原発を含む考察が当たっているのかも知れない。
当たっているなら国家機密、戦略的な内容になるので触れられたくはないでしょうね。
(もちろん、大外れということもありますが。)

例のブログ台風(口蹄疫の組織的な書き込み)のときに
この記事にも50件以上の書き込みがあり、それが奇妙で
まだ考察途中だけど私の考察が当たっているのではと思ったのです。
マヨさんも問題は口蹄疫以外のことじゃないかと言ってました。

『Commented by nighter at 2010-05-16 22:19』
以降の50件以上のコメントは例のブログ台風(口蹄疫の組織的な書き込み)です。

| 未分類 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

moon cafeより業務連絡

コパイバについて

お待たせしてしまって申し訳ありません。
新しく探したコパイバが一昨日到着し、
テストを始めましたのでしばらくお待ちください。

| 未分類 | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |