2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ニュース

今日も湿度が非常に高く、20時頃に大祓祝詞しました。
私の嫌いな人が来日したし、民主党も変だから、しばらく祝詞続けます。



マリンピアで魚大量死 (新潟日報)
『新潟市中央区の水族館「マリンピア日本海」で18日、同館最大の「日本海大水槽」で飼育されているイワシなど約40種類約7千匹の魚が死んだ。飼育員が水を消毒するため投薬作業したところ、魚が次々と死んだという。同館では大水槽のある本館を立ち入り禁止にして原因を調べている。同館によると、午前10時から投薬作業を始めたが、魚が死に始めたため投薬を中止。しかしその後も魚が死に続けた。水槽にはイワシ約5千匹のほか、ウマズラハギ、スズメダイ、20年前の開館時から飼っていたエイもいたという 』

朝日新聞では塩素を入れたとありますね。
いつもより多めに入れたのでしょうか。
ちなみに私は塩素でかぶれます。
大変な思いをしたことがあって、それ以降プールが怖くて泳いでいません。


比内地鶏、折り重なって圧死…低空に米軍機 
『秋田県大館市比内町大葛の養鶏場の鶏舎内で、比内地鶏86羽が折り重なるようにして死んでいたことが17日、分かった。JAあきた北によると、死骸が見つかったのは14日午後3時頃。餌やりに鶏舎に入ったところ、大量に死んでいた。同日、米軍機数機が鶏舎上空を低空飛行するのを養鶏場の関係者が目撃しており、同JAでは、騒音に驚いた地鶏が鶏舎の隅に押し寄せ、下敷きになった鶏が圧死した可能性が高いとみている。養鶏所の関係者は当時の様子を、「『ドーン』というごう音を響かせながら、機体の腹部がはっきり見えるほど近くを戦闘機3機が飛んでいった」と話した。』


河川敷に多数の足無しカエル=原因不明、水質など調査へ-北九州市 (時事)
『北九州市は18日、市内の河川敷から片足が無いなど奇形のツチガエルが多数見つかったと発表した。市立自然史・歴史博物館が捕獲した90匹のうち、45匹に異常が見つかり、担当者は「これだけ高い比率で奇形のカエルが見つかるのは国内では珍しい」としている。・・・』

*地元のchaicoさんからです。
「奇形のカエルですが、板櫃川の上流に山田緑地やゴルフ場などがあります。 
ここは戦時中は化学兵器工場や山田弾薬庫もあります。いまでも立ち入り禁止
区域があり、地元では奇形カエルは有名です。1度に大量に出たのでしょうね。」


ジュゴンの海、緊急調査へ 普天間移設の辺野古沿岸 (朝日)


浜名湖で中学生ら20人乗ったボート転覆 1人死亡確認 (朝日)
詳しい内容はこちらです。↓
「ひっくり返ったボートに閉じこめられ…」 浜名湖事故 (朝日)


★忍者さんニュース二つ。
ダライ・ラマ来日 善光寺で19日平和祈念 (信毎)
『19日から3日間の日程で長野市を訪れるチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は18日朝、亡命先のインドから成田空港に到着した。招待した善光寺(長野市)の僧侶4人や、ダライ・ラマの日本代表部事務所の関係者ら計約30人が空港で出迎えた。・・・』

私もこのニュースをみつけたけれどこちらのほうが詳しいですね。
下のニュースにも書きましたが、この人がくるとろくなことがない。
前も変なことが起きたし、ボート転覆事故が気になります。


ササユリ手に優雅に巫女の舞 - 奈良・率川神社「ゆりまつり」 (奈良)
『「ゆりまつり」として知られる「三枝祭(さいくさのまつり)」が17日、奈良市本子守町の大神神社摂社、率川神社で営まれた。祭神の媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)は神武天皇の皇后で、ササユリが咲き誇る三輪山のふもとに住んだとされる。この日は、ササユリで飾った酒だるを神前に供えた後、鈴木寛治宮司が祝詞(のりと)を奏上。境内には甘い香りが漂い、ササユリを手にした4人の巫女(みこ)が、「うま酒みわの舞」を奉納…』

さえぐさの読み方は後になってからなのかもですね。
さいくさ。。。。。。何か感じます。
三輪もあるし、三枝は家紋や県旗の三とつながりそうな予感。

あっ、イサクだ。


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


<小惑星>「ヒメジ」と命名 関勉さん91年発見

古代史的に面白い。

コロンビアの炭鉱で爆発、20人死亡 坑内になお60人 (朝日)

キルギス国内の避難民30万人に、中国も千人以上保護 (CNN)

脱原発政策、30年ぶり転換=建て替え法案を小差で可決-スウェーデン (時事)

・ミャンマー西部ラカイン州の2カ所で17日までに記録的な豪雨で土砂崩れが相次ぎ、
少なくとも57人死亡。バングラデシュでも土砂崩れや洪水で55人死亡

| 未分類 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュース (検証用)

消費税増税が危険な状況になってきました。
更に海上自衛隊のインド洋での給油活動、再開に踏み切るようです。

これじゃ、民主党ではなく民死党になってしまいます、って
明日にでも民主党にメール出します。

前に書いたように、鳩山さんが首相を辞めてから
民主党は応援はしていないけれど国のことは心配ですからね。


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


長島防衛政務官、インド洋での給油再開に意欲 (読売)
『長島昭久防衛政務官は17日、ワシントンで開かれた日米安保条約改定50周年を記念するシンポジウムで講演し、「日本はインド洋での海上活動の再活性化を検討すべきだ」と述べ、鳩山前政権が中止した海上自衛隊のインド洋での給油活動再開に意欲を示した。・・・菅政権の外交・安全保障政策については、「鳩山さんは夢見る人、理想主義者だという指摘があったが、菅さんは極めて現実主義者だ」と述べ、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題などをめぐって日米関係を混迷させた前政権との違いをさりげなく強調した。』


菅首相の所信表明「非常に有益」 元米国務副長官が評価 (朝日)
『アーミテージ元米国務副長官は17日、ワシントン市内で講演し、菅直人首相が11日の所信表明演説で日米同盟の重要性に触れたことについて「非常に有益だ」と評価した。 アーミテージ氏は、・・・』


鳩山前首相の口ぐせ「対等な日米関係」…「あまり使いたくなかった」と岡田外相 (サンケイ)
『岡田克也外相は18日の記者会見で、鳩山由紀夫前首相が掲げた「対等で緊密な日米関係」とのキャッチフレーズについて、「今は対等ではないと認識されかねないので、あまり使いたくなかった」と述べ、内心では否定的だったことを明らかにした。岡田氏は「私が鳩山政権の外相ということを離れて過去に『対等な日米関係』という言葉を使ったことはほとんどない」と述べた。』

対等日米「嫌だった」=岡田外相 (時事)


社説:参院選民主公約 外交は一転、対米配慮 (毎日)
『民主党の参院選マニフェストに盛り込まれた外交・安全保障政策は、昨年の衆院選マニフェストからの方針転換となった。日米関係の内容は、日米地位協定改定の提起を除いて自民党のそれと大差ない。対米配慮の姿勢がにじむ。これが、菅直人首相の強調する「現実主義を基調とした外交」なのだろう。衆院選公約との大きな違いは三つある。第一に、・・・』


首相が公務員人事で苦肉の4方針 (サンケイ)
『菅直人首相は18日の閣議で、内閣人事局の設置まで国家公務員幹部人事を凍結するとの鳩山前内閣の方針を撤回し、今夏の幹部人事を従来通りの仕組みで行うと正式に表明した。同時に、局長以上は官房長官に相談▽能力実績主義▽府省を超えた人材交流▽積極的な女性登用-の4項目を踏まえた人事を進めるよう指示した。凍結解除はするものの、官邸主導の人事を行っている姿勢を示すための苦肉の演出のようだ。・・・』


消費増税と炭素税導入を=岡田外相 (時事)
『岡田克也外相は18日の記者会見で、菅直人首相が消費税率の10%への引き上げに言及したことについて「異論を言うつもりは全くない」と支持した。その上で「歳出削減の努力だけではやっていけず、将来的には増税を考える必要がある。具体的には炭素税(導入)と消費税(引き上げ)を挙げている」との持論を述べた。』


仙谷官房長官:消費税増税 総選挙で国民に信を問う (毎日)
『仙谷由人官房長官は18日午前の記者会見で、消費税増税を巡り菅直人首相が自民党の提起している「10%」を参考にする考えを示したことについて「(参院選の)当然争点になる。大いなる議論、争点化がなされればいい」と指摘した。その上で「(増税を)実施するときは、首相は国民に信を問うことになるのではないか」と述べ、実際に消費税率を引き上げる際には、首相が衆院解散・総選挙で国民の理解を求めるとの見通しを示した・・・』


鳩山氏「首相退任 悔いなしと言えば嘘に」 (朝日)

「辞任、昨年末から考えていた」鳩山前首相インタビュー (朝日)


取り調べ可視化:対象事件「限定」、法相方針 民主党公約の「全面」、現実にらみ転換 (毎日新聞)
『千葉景子法相は18日の閣議後会見で、取り調べ可視化の対象事件を限定して法制化を進める方針を発表した。検察の取り扱う事件は年間約200万件に上り、交通違反、事故など供述の任意性が争いとならない事件が対象に含まれるほか、コスト面の負担が大きすぎると指摘。「実務上の課題を踏まえると、全事件の可視化は現実的ではない」と結論づけた。民主党は昨年衆院選で作成したマニフェスト(政権公約)で全事件・全過程の録音・録画の実施を明記。千葉法相も昨年の就任時には「基本的には全面可視化」と発言していた。だがその後、・・・』


【石原知事会見詳報】参院選公約「菅君ずるい。ぱくられちゃった」 (サンケイ)
『東京都の石原慎太郎知事は18日の定例会見で、次期参院選での民主党の増税案に「『赤信号、みんなで渡れば怖くない』って、自民の言い出したことをかすめて『一緒にやりましょう』とは戦術的。(菅直人首相は)良く言えば巧妙、悪く言えばずるい」と述べた。会見の詳報は以下の通り。・・・』


「小泉進次郎議員が党の顔とは妙な話」平沼氏、新著で自民党に喝 (サンケイ)

ダライ・ラマ14世:来日、善光寺などで講演へ (毎日)

嫌いだということを差し引いても、
この人が来日すると毎回嫌な感じがします。
この時期に来るなんて更に怪しさが増す。


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


最近、皇室の動きが活発な気がしてまとめてみました。

・3日、オスマントルコの軍艦の慰霊式典に三笠宮寛仁さまと長女彬子さまらが参列
・秋篠宮家の長女、眞子さまが7月4日から8月15日まで、アイルランドで語学研修
・三笠宮寛仁さまと長女彬子さまが7月7日からトルコを非公式訪問
・17日午後、皇太子さまがスウェーデンのビクトリア王女の結婚式に出席するために出発 
・18日午前、天皇陛下、千葉の医療器具メーカーを訪問
・常陸宮ご夫妻が7月8日から15日までモナコを公式訪問することが18日の閣議で了解された

| 未分類 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MIMICと

昨日今日と同じ読者さんから送られてきたものです。








| 未分類 | 15:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに堀江さんのブログを覗いて

目についた『魚住昭さんの特捜部解体論』より一部転載します。

『・・・かいつまんで内容を要約すると、こういうことだ。

明治維新後、薩長メインの新政府は陸海軍や内務省・大蔵省などの要職を押さえ、司法省などの当時2流・3流と思われていた官庁は維新の第二勢力であった肥前や土佐の勢力にあてがわれる。その中でも行政府にはマシなものが行き駄目な人間が判事・検事になっていたのだそうだ。そこに入るのが後の総理大臣となる平沼騏一郎だ。

彼は日糖疑獄を機に汚職摘発が民意を刺激し政治的権力を持つことを知る。そして、大逆事件や帝人事件という戦前の検察の暴走事件を指揮し、ついには政治的な対抗勢力を出し抜き、政治結社を作って最終的には総理にまで上り詰めるのだ。しかし戦後のGHQの司法制度改革は骨抜きにされてしまう。軍部の暴走や特高警察の暴走の影に隠れる形で自分たちの悪事をすべて彼らのせいにし、自分たちはGHQ幹部の疑獄をバーターにむしろ戦前よりも権力を持つ形になってしまう。それが検察官面前調書の証拠採用を有利に進める仕組みと、起訴便宜主義だ。そして独自捜査権も「必要に応じて捜査ができる」を拡大解釈して、特捜部の創設に漕ぎ着ける。その後はみなさん知ってのとおりだ。

いわば暴走を約束された組織とも言える。
小沢一郎元秘書のドキュメントや厚生労働省の事件についても言及があり、検察ウォッチャーには必読の書籍である。』


以上、転載終わり。


相変わらず読みやすく上手い文章ですね。
私はこういったことに詳しくないけれどそれでも面白い。

戦前より力を持つようになったとは考えもしなかったけれど
確かにそうかも知れない。

マヨ博士はどう思いますか?
奇兵隊さんも詳しそうだし、皆さんの意見を聞かせてください。


>汚職摘発が民意を刺激し政治的権力を持つ

これはなるほどと思う。
鳩山さん辞任のときに何度も書いたように、やはり一番は民衆なんですよ。
だからこそこれも書いたように、マスコミを使うんですよね。

| 未分類 | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どこもかしこも断片化だらけ (口蹄疫編)

前にも載せたことがあるむかし描いた絵。
ちょうど牛だったので牛の記事のときは使ってみようかな。
絵といってもこれは落描きですが。


先日も紹介した奇兵隊さん情報の”口蹄疫は治る”と断言される
医学博士・野島尚武さんのTwitterより転載します。

『宮崎県で野生動物への対応に、口蹄疫の防疫作業関係者が苦慮。牛や豚と同様にイノシシやシカもウイルス感染の恐れがある「偶蹄(ぐうてい)類」であるから。野生動物は配合飼料を食べさせてもらってないから、実は口蹄疫に感染しない。科学者が本当の原因が化学肥料からの栄養障害に気がついてない。

大分県豊後大野市がすべての市の施設で、口蹄疫が発生した宮崎県内11市町の住民の利用を断る方針を決めた。自衛手段のつもり。口蹄疫の感染ルートの遮断だけを行政が科学者の指導でやるから、こうなる。真の原因が配合飼料を食べる家畜側にあって、その本質は栄養失調だったので簡単に治療が出来る。

全国保険医団体連合会(保団連)の調査で、患者の経済的な理由による治療の中断や中止が、この半年間に約4割の医療機関にあったと。経済の問題に医療の質が加担。治さない医療が問題なのだ。医療費負担を理由に患者から検査や治療、投薬を断られたことが続出している。治さない医療は無間地獄なのだ。

科学者が現代病の原因を見失って、もう何億の国民が死んでいった。ガンと診断されたらもうダメだ。糖尿病は不治の病で脳梗塞と心筋梗塞で早めに死ぬ。ここに来て、SARS、新型インフルエンザ、家畜の口蹄疫等の新興感染症には科学は後手後手に回っている。本当の原因を捉えていないから悲劇が続く。

科学者が目が覚めない限り、現代社会が抱える「ガン・糖尿病等の現代病」も「ヒト・家畜の新興感染症(新型インフルエンザ、口蹄疫)」も解決することは不可能である。科学者の指導のもとに法律が作られるので、科学的に無意味な、税金の無駄遣いになる施策が繰り返される。解決法がもう既にある。

先人は化学肥料の施肥という画期的な農産物増産法を編み出したが、度肝を抜く大きな問題が内在していることに、科学者が気がつかなかった。作物が畑の土の栄養素を置き忘れていた。微量元素(金属)という栄養素が不足すると、ガン・糖尿病等の現代病になり、ヒトも家畜も最近問題の新興感染症になる。

「ひとが感染する新型インフルエンザ」と「牛・豚が感染する口蹄疫」というこの新興感染症に分類される感染症が未だに解決されず、我々の社会を脅かしている。実は裏があった。不覚にも科学者の見落としがあった。科学者の目が、病原体のウイルスだけに行っていて、感染する側の宿主に向けられてない。

携帯電話が世界で48億の累計加入状況のようだ。農産物、水産物等の不当安価販売が回避され始めた。社会が健全な市場経済を後押して、貧富の差に起因する犯罪、テロ等の対立が減少する気配がある。いいことである。それにしても、ガン、糖尿病等の現代病がその市場経済が起因する病気なのだけれど・・

厚生労働省の発表はおかしい。75歳未満で3年間で6%減少したのを受け、調子に乗って「10年で20%減」だと嘯いている。統計処理を工夫して得た数値に過ぎない。実態は、ガンはリンパに転移があれば2年もたないし、リンパ転移がなくても5年後10年後20年後どんどん再発して亡くなっている。

こども手当ての目的は子育ての支援することで、惹いては出生をあげて人口増を狙っている。少子高齢化が社会生活の趨勢と思いきや、実は、女性自立の少子化はウソで、不妊症であるというのが現実である。微量元素補充で若い夫婦がどんどん妊娠。化学肥料を使う農業で世界中の国民が現代病と不妊で悩む。

口蹄疫に感染した家畜が、配合飼料に欠乏していた微量元素を投与すると、簡単に治るのは当たり前。獣医師は口蹄疫が家畜の現代病であることを知らないから、無実の家畜をワクチンをうって殺処分するしか思いつかない。人間の現代病も農業が原因だと医師が気がつかないから、人間が医薬品で処分される。

今回の宮崎の口蹄疫問題は水牛が感染源だったので、弱い家畜の牛から症状が出始めた。普通はもっと配合飼料だけを食べて弱い豚がどんどん発症する筈が、牛から発症したのは水牛での口蹄疫の発見が遅れたからである。保菌者としての抵抗力の強い水牛では典型的な水泡等の症状が出てないのだ。

水牛の調査がやっと出始めた。補菌者で今回の口蹄疫に自然感染した状態で輸入された水牛が問題だった。抵抗力の強い水牛では症状は風邪程度。だから、保菌者という感染原として見逃され、宮崎では大事故になった。水牛も日本に来てからは草だけでなく、油がよく取れるように配合飼料を食べたから。 』


転載終わり。


野島さんは稲田さんのHPで知っていました。
ミネラルに関しても一昨年二冊の本を読んだので内容はわかります。

口蹄疫も狂牛病と同じように問題はまず飼料にあるということですね。
狂牛病なんて酷い話で菜食の牛に肉食、共食いをさせていたんですから
そりゃ牛だっておかしくなりますよ。

私は飼料だけでなく工場生産されるような牛の生れ方育ち方にも大きな問題があると思う。
バイオテロの話は横に置いておいても、そういったことを見直しなさいという機会だと思うのに
一向にそこに目を向けようとしない。
完璧な西洋、西洋医学の考え方ですね。


>科学者の目が、病原体のウイルスだけに行っていて、感染する側の宿主に向けられてない。

粒子の実験とまったく同じ話で観測者も観測対象に入れなきゃ、話にならない。
こういうのを断片化というんですよ。

ボームが言ってるように
量子論も相対性理論も全体性を言ってるのに、
肝心の科学者がこれに目を背けている、無視している。
目を背けないでいるとブライアン・ジョセフソンのように変人あつかいされる。

前も書いたけれど、牛も人間もまったく同じで免疫力をあげればいいこと。
一番大事なのは本人です。
一人がインフルエンザに罹ったら
その家族、学校、会社、地域の人たちにワクチンを打って閉じこめて全員殺しますか?
これを動物にやっているんですよ。

工場製品のように造られ、育ち、都合が悪くなると廃棄処分。
動物たちの命の尊厳はどうなっているんでしょう。

| 未分類 | 13:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読者さんからカメの動画です。
仰向けになった亀を一生懸命おこしてあげる亀。
凄く可愛いです、和みますよ。


| 未分類 | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |