2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

MIMICとニュース

読者さんからMIMICが届きました。
これも初めての現象で驚きですね。
何が起きているんでしょう。。。




メキシコの熱帯性暴風雨がハリケーンに、原油回収に影響も (ロイター)

クリントン元大統領、油井爆破の可能性に言及 米原油流出

中国貴州省で山崩れ、107人生き埋め 捜索続く
『中国南西部、貴州省関嶺県の大寨(Dazhai)村で28日、降り続いた豪雨の影響で山崩れが発生し、107人が生き埋めになった。一夜明けた29日も、約600人の救助隊員が懸命の捜索を行っているが、生存者がいる可能性はごくわずかだという。・・・中国では、南部や東部、中央部でこの2週間以上にわたって豪雨が続き、洪水や山崩れが相次いで発生していた。中国政府当局によると、今月だけで豪雨に関連した事故などで、少なくとも235人が死亡、100人以上が行方不明になっている。・・・』


七尾大田火力発電所でぼや=空気予熱器、けが人なし―北陸電力

夏の青森巡業中止に 「青少年健全育成の趣旨に合わず」


アラスカの都市が水資源の輸出を検討
『人口が少なく、広大で深い湖に恵まれたアラスカ州は、世界の水不足を解消できるだろうか。大量の真水を船で運ぶことは輸送上の問題が多く容易ではないが、ある野心的なアメリカ企業は水資源の輸出が可能であると確信している。アラスカ州東南部の都市シトカには、青く輝く宝石のようなブルー湖がある。豊富な降雨、降雪、氷河の雪融け水が流入するダム湖で、地元の深海港とパイプラインで結ばれている。過去10年近い間、シトカではこの豊富できれいな水資源を国内外の企業に販売する試みが進められてきた。興味を示す買い手には、1ガロン(約3.8リットル)につき1セントで年間最大95億ガロン(約3600万キロリットル)、つまり貯水量の約8%を販売する契約を提示している。 ・・・』


メソアメリカ文明の高度なゴム製造技術(ナショナルジオグラフィック)
『チャールズ・グッドイヤーが19世紀半ばに加硫ゴムを発明する3000年も前、メキシコと中央アメリカの広範囲にわたり繁栄した古代文明では、既にさまざまな用途のゴムが製造されていたとの最新研究が発表された。メソアメリカ地域に栄えたアステカ、オルメカ、マヤ文明では、植物から採取する樹液に似た乳白色液体(ラテックス)からゴムができると知っていた。メソアメリカは、メキシコ中央部からホンジュラスやニカラグア周辺に広がる地域を指す。 当時のゴムは、・・・』


バイオニック義肢の猫(動画)
『・・・最終的には、オスカーの皮膚がインプラントの周囲を覆って、接合部分も体の一部になることが期待されている[金属インプラントの上に特別な素材をコーティングしており、骨の細胞が直接その上で成長できるようにしているという]。あと6カ月ほどの間、感染症などを起こさないか観察を受ける。また、いまは義足は足の形をしていないが、全てがうまくいけば、もっと猫の足らしい形にする予定だという。いまのところはうまく行っているようだ。動画にあるように、足取りは完全ではないが、オスカーは使い方を学んでいる[術後4カ月で歩けるようになった]。ペーパータオルの山に登ることもできる。』




★忍者さんニュースです。

浄妙山12年ぶり扇子新調 祇園祭 地元出身画家 金泥施し宇治川急流も


終息願い「オバレ」 木城・中之又地区で神楽奉納

| 未分類 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連絡

今回の件について発端となった最初のメールのやり取りを
三つ下の記事にアップしてあります。

| 未分類 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気分転換に

写真の無断転載禁止します。

moon cafeより、未来のお知らせ

取り扱いの再開はいつになるかわかりませんが
旧ショップで扱っていた生成りのコットンシャツです。


hiroが着ているのがLサイズ
hiroは体格がいいのに、小さなサイズも着れたりして不思議です。

私はSサイズ
デザイン違いを5枚ほど持ってます。



これはショップで飾っていた写真
生地の雰囲気がつかめるでしょうか。

| 未分類 | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日常で起きないことが何故ネットで起きるのだろうか。 その3 (この私という存在)

いくつか追記しました。



私の生き方は、やりたくないことをしないで生きる「消去法」の人生です。
その延長で時間をとるかお金をとるかで時間を選び、自営業で生きてきました。
時間をとったのだからお金に苦労するのは当たり前、
二つを手に入れようなんてそれは欲というもので、私には考えられないこと。
だからどんな時も苦労と思ったことはなく、苦労の言葉も一切使ったことはありません。
そして誰かに特に力がある人に頼ることは嫌いです、しません。

ただ人に恵まれた人生です。
こんなに人に恵まれる人間もいないのではないかと思うほどです。
しかも良い人ばかり(同時に個性的でもある)で、私には一番の宝物。

こんな恵まれた人生を送ってきたから、世の中には悪い人はいないんだと、
そう子供のように思ってきました。
ところがネットは違います。

内地では結構な数の人が知っていますが、私は子供の頃から
人がたくさん寄ってくるタイプで、よく吸い寄せられると言われます、
私は何処にも出かけないのにあちこちから人が集まってくるのです、
海外からもやってきます。

沖縄に越してくるときに知り合いに挨拶状を出したのですが、なんと5百通!
多いでしょ。自分でもびっくりです。
その後、減らして減らして、それでも2百通。
顔がみえないネットでも人が寄ってくるので不思議です。

鍼の先生からは、私には愛情とお金に飢えた人が集まってくると言われました。
そして人に与えてばかりで、自分で受け取ることをしないから
それができるようになるといい、お金を汚いと思うな、と言われたこともよくある。

人の厚意を受け取らないのは、自分に対してケチだと言われた。

そんな金無しの私にも一度バブル?がやってきて
一日60万円の売り上げがあったことがあります。
それまでは一ヶ月で60万円の売り上げもなかったからビックリでした。
一ヶ月18万とかも普通にありましたよ。(利益じゃないですよ。)
一ヶ月18万の売り上げでも目の前にお腹を空かした人がいれば、その人にあげてしまいます。
このやり方をお金以外のことに何にでもやってしまうのです。
過去生で王様だったのでしょう、気前がいいとこだけ残っているようです。

先を全く考えません。本当にその日暮らしのタイプ。
人生絶対なんとかなるという、ハチャメチャな絶対的な自信があります。
実際そうなってますが。

一日60万円でざっと一年で考えたら二億!
(当時、驚いたせいか間違って一億と思ってました。)
天地がヒックリ返るほど驚きました。
嬉しいなんて微塵もなく、すぐにこんなことをやっていてはいけない、
仕事を止めようと考えました。
変てこな人ですね、私という人間は。

すると翌日から売り上げが下り始め、それでも一日8万あるので
もっと下げようと思い、ショップの雰囲気を変えるために改装をし
商品を減らし絞り込みました。

こういう人です。

もちろん扱う商品も私が良いと思う個性的なものだけ。
他のショップで扱っているものは扱いません。
売れる、売れるだろう商品は一切扱ったことはありません。

商品を仕入れて売るだけで利益をとっていいのだろうかと
悩んだこともよくありました。それでカフェを作ったのです。


カフェはオーガニックベジタリアンカフェです。
自分が普段食べているものをそのまま提供していました。
最初作ったカフェはオープンキッチンだったので
特別注文があれば目の前で昆布から出汁をとり
一人分二人分のお味噌汁を作りました。

よく店と自宅が違う人がいますが、私は同じです。
そんな器用なことはできません。
生き方が不器用なんですよ。

利益だけを取るのは嫌だと思ったからこそ
ネットショップ「moon cafe」で扱うものをよく考え、
人のためになるもの、環境に良いものだけを扱おうと決めたのです。



そして場を共有する人たち全員に私なりの気を使います。
赤ちゃんがぐずると赤ちゃんの気持ちがわかるので、すぐ空気を入れ替えたり
音楽を変えたり、話しかけたりと赤ちゃんにあわせます。
するとすぐ泣き止みます。

外でも何処でも気を使います。
唯一気を使わない場所が一流ホテルです。

気を使うのも性分です。
たとえばこれが良い例でしょうか。

内地にいる頃にY君とお蕎麦屋さんで食事をしたときに
閉店時間近くになったので帰ろうかと立ち上がったら
男性客が入ってきておそばを注文しました。
それをみて私は座り直しました。
Y君はわけが分からずぽかんとしていました。
そして男性客が食べ終わるのをみて席を立ち外に出ました。

「私たちがあのまま帰ると男性は一人になってしまうでしょ、
そうなるとあの男性は落ち着いて食べれないから
それで食べ終わるまで待っていたんだよ。」

こうY君に言うと偉く驚いて
「まゆみさんの気遣いをあの男性は知らないでしょ?それでもいいの?」
「全然かまわない。知られないほうがかえっていいよ。気が楽。」
「まゆみさん、そんな生き方で辛くない?」
「だって空気を吸うようなものだから。」

昨日も歩いているときに
左の側道から車が出てきて私をみて止まりました。
だけど私は真っ直ぐ行かずに車の手前で左に曲がりました。
すると車が大通りに出たのですが、申し訳ないなと後悔しました
せっかく待ってくれているんだから、真っ直ぐ行けば良かったのです。

こういう人です、私は。

しかし、反面、鈍感なところも同じくらいあるので、
それで救われているようです。



利用については、この話が分かりやすいので書いてみましょう。

私の知り合いに有名な今井○○さんがいます。世界的に有名な人です。
私はこの今井さんを自分の利益、名声を得るために一度も利用したことがありません。
今井さんは色んな世界の有名人を私に逢いにこさせましたが
逢って話すくらいでそれ以上の関係を作らないできました。

ある日とうとう、今井先生が痺れを切らしたのか
良いモノを作っているところを紹介するからといわれ、
無理やり連れて行かれたときも最終的には話を断りました。

こういったことがどうしても嫌なんです。
この私の性分は持って生まれたものなので格別な理由はありません。

ただし、私が芸術的才能を伸ばしてやろうと思った人には
積極的に今井先生を紹介し、「私を利用しなさい」と当人に伝えました。
これが本来のあるべき利用法ではないでしょうか。
(*しかし、誰も今井先生に逢いに行く人はいませんでした。)

悪利用、善利用

これを断片と全体、そして内蔵秩序で考えれば、
悪利用は断片化であり、全体性を生きていないということになるでしょう。
そこには秩序が存在しないということです、無秩序。
この悪利用は氾濫する今の世の中のお金第一主義を象徴しています。
人類が全体性を生きるようになれば、悪利用も存在しなくなるでしょう。


こういう生き方をしてきた私としては、今回のこと、
その後のhさんの行動も、其処に集う人たちの行為も信じられないことです。
価値観の違いで考えれば、私の行動が信じられないことになるのでしょうか。

| 未分類 | 14:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日常で起きないことが何故ネットで起きるのだろうか。 その2

これが発端になったメールのやりとりです。
名前をイニシャルと伏字にします。

-----Original Message-----
From: iberico
Sent: Wednesday, June 23, 2010 6:52 PM
To: info
Subject: まゆみさんへ、 hです~イベリコのこと~


まゆみさん、

こんばんわ。

最近ばたばたしていて、ご連絡が遅くなりました。

○○○○さんとあれから、ちょこちょこメールのやり取りをしています。
イベリコ豚のことに、大変興味を持ってくださって、○○○○さんの
今構築しているサイトの方で、イベリコ豚を取り扱うことを検討してくれています。
というか、もう取り扱うつもりで準備をされています。

どうなるかは分かりませんが、新しい展開が生れているので、本当に嬉しいです。
これも、まゆみさんを通してのつながりですし、あの時まゆみさんに
無理を言って○○○○さんに連絡をとってよかったな...って、思います。
○○○○さんによると、ちょうど新しいサイトを作りあげた、ちょうど
その時に私が連絡したと言っていました。
とても運命的なものを感じました。

サイト運営が本格化したら、きっとブログで告知をされると思います。

またご連絡します。取り急ぎ。

h


-----Original Message-----
From: info
Sent: Wednesday, June 23, 2010 8:14 PM
To: iberico
Subject: RE: まゆみさんへ、 h です~イベリコのこと~


hさん、こんばんは。

イベリコ豚を売るために
○○○○さんのメールを教えてくれといったのですか?
そうだとしたら生活が苦しいからといっても酷くないですか。
○○○○さんだって私を信用してのことですよね。

こんな言い方はきついかも知れませんが
私を利用しないでくださいね。
最近コパイバの○○さんのことがあったばかりだから気になります。

私のブログの読者の方に販売するのはいいですが
私は本やお茶を売るためにhさんを利用してないし
hさんのブログも利用してないし
他のブログへ出かけて営業もしていませんよね。
もちろん誰も利用していません。

何でも運命的なつながりになるんですね。

まゆみ

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


>私のブログの読者の方に販売するのはいいですが

もちろん私に関係ないところでという意味です。誘導は駄目です。

>○○○○さんの今構築しているサイトの方で、

このサイトに、hさんのブログと私のブログが縦に並んで紹介されているのを
読者さんが発見してくれて、昨夜そこの管理人さんに私のブログを削除して欲しいと
メールを出しました。

それから、hさんがどういう風な仕事をされているか知りませんでしたが
ブローカーだそうです。

追伸
12時21分にサイトの管理人さんからメールが届き、リンクを外してくれたそうです。


次ページでは、石玉さんへの返事も兼ねて私の生き方を書いてみます。
利用の良し悪し、中身についても書きます。

| 未分類 | 12:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「朱蒙」 第二章45話、46話

昨日の会話です。



忍者「今日は気分が良いね。昨夜は痛快だったね。イェソヤが軟禁されたり、
ソソノが君長を下りたりと有るけど、それは大業を成す為の通過点、なので心
配無く見れた(^-^)心強い臣下も加わって一気に変わった。朱蒙は顔がま
た変わったね。本当に王としての風格が出て来た。今回は今までの憂さを晴
らしてくれる展開、うれし涙の回だったな。」

まゆみ「私も気分がいい。 臣下の右の人は左大臣の人だよね?朱蒙は顔が
ガラッと変わって凄いなと感心した。服装も似合ってるね。」
右の人というのは写真を見ながら会話しているからです。

忍者「そうだね、左大臣。そして発見した事、三人の中で一番左の方。この方
は、オイと同じく「IRIS」の出てる。オイと同じく北の工作員の一人として。」

まゆみ「そうなんだ。しかし、この三人は心強いね。嬉しくなる。 」

忍者「三人は本当に心強い!三人だけど何百人分に相当するね!これに鋼
鉄剣が有るんだから、漢にとってもプヨにとっても、近隣国にとっても脅威にな
るのは当然。ヨミウルも加わったし\(^o^)/あとはソソノといつ合流するか、
それだけだ。最強王国の誕生まで、もう秒読みだ。」

まゆみ「そうだね、何百人分だよね。 ヨミウルも加わったしね。ソソノと合流する
の凄~く、楽しみ。イェソヤが軟禁されたでしょ、あれがソソノだったら朱蒙助け
に行ったと思うよ。そう思いながら見てた。」

忍者「そうだね、つながりの深さが違うからね、イェソヤとソソノじゃね。まあでも
ちゃんとイェソヤの敵討は遂げたし、約束を果たしていく姿は素晴らしい!大
業を成就にのみ集中したいところだろうけど、そこが朱蒙だよね。ヘモスの教え
を貫く強い意志には感動する。

いや~、今日はもう、朱蒙の活躍で一日気分は良いね。テソに一太刀浴びせ
て切り付けた、あの後更に交戦してたらテソは命が無かったはず。また次回の
話では、再び相まみえる事になるんだね。今度は殺さないまでも、テソを捕虜
に捉えて朱蒙の砦に投獄するくらいまで行って欲しいな(^。^)そしてクムワを王
に復権させ、イェソヤを解放させる。そんな上手く行かないか(笑)ヤンジョンの
娘、スルランも居るからな。」

まゆみ「はははは。気分いいね。テソの悔しそうな顔ったらね。忍者さんのスト
ーリーいいね。」

忍者「漢もテソも、朱蒙の軍勢は大した事無いと踏んでの攻撃だから、その分
コテンパンにやられてテソは捕まれば良い!と思ってるんだけどな~。だって
もう漢の鉄騎軍も鋼鉄剣には太刀打ちできないんだしね。鉄の鎧も切れちゃう
鋼鉄剣だろうから、テソの反撃も無駄な戦い。強い三人の臣下も加わったんだ
しね\(^o^)/」

送り忘れてた一枚。これは、あのソルタク?だったか?イェソヤの親を殺し氾濫
を起こして一族を乗っ取って漢に寝返った輩を、遂に追い詰め倒した後の朱蒙。
命乞いをされて助けちゃうかな~って思ったけど、今回は許さなかったね!そ
れこそ神剣が振り下ろされたんだね。

また朱蒙の話しになるけど、とりあえず目の前をブンブン飛んで煩い蠅(テソ)を
ギャフンっと言わせて、おとなしくさせてほしい。そして、ソソノ達を貶めたソンヤ
ンの野望を打ち砕き、チョルボンを制圧して、ソソノの無念を晴らして欲しい。」

まゆみ「朱蒙が馬で走るシーンをみて、乗り方が上手いなと思った。なんていう
のかな、体を低くして馬と平行にする感じでカッコいいなと思った。」

忍者「そうか。馬はね、早く走れば走るほど振動が無くなるから楽なんだよ。競馬
のジョッキーも前かがみで乗るでしょ、でもね、何かの拍子に馬が急停止とか、減
速した場合は、そのまま前に飛ばされちゃうので怖いね。競馬は見れば分るけど、
鐙の位置が高くて膝が凄く折れ曲がった姿勢で乗るよね、兎に角、スピードレー
スだから風の抵抗も考え、あの姿勢が良いんだろうね。忍びは馬の横腹に隠れる
ように乗ったりしたようだね。馬の横腹に隠れて、馬だけが掛けて来たように見せ
たりしたようだよ。馬の群れが一斉に駆けて来たと思ったら、とたんに人がヒョイっ
て姿を表したら、そりゃビックリだしね。奇襲で使った様だよ。」

まゆみ「へ~、減速したら飛ばされるんだ。 知らなかった。忍びは横腹なら馬が
一人で走ってるようにみえるのかな。」

忍者「要はバランスなんだけどね。重心が前に有れば、馬が急に減速したり、急
停止したら、勢いに乗って、そのまま人は前に飛ばされちゃう。なので鐙に掛ける
足の操作は大事かな。僕もまだまだ初心者に過ぎないから気を付けないと、いつ
か飛ばされる(笑)」

| 未分類 | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |