2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

お知らせ

ブログ引越ししました。
新しいブログはコチラです。

コメントは閉じていますので、何かあれば新しいブログにコメントください。

新しいブログが不都合な時はこちらで更新します。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

| 未分類 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大祓い



本日は大祓いの日です。
祝詞できる方はどうぞ半年の汚れを落としてください。

忍者「仕事を少し抜けて、東京の伊勢神宮と言われる、東京大神宮の
”夏越しの祓”の神事に参列して来ました(^O^)/今日は曇り空だけど、
まあまあの感じ(蒸し暑いけど)。夕べの雷雨で綺麗に洗い流された東
京、半年の罪、汚れは、祓い流されたかなo(^-^)o僕はまたゼロになり、
いや常にゼロで居られるように、毎日が祓禊の日です。感謝と喜びの
日々でありたいから。」

忍者「これが祓の詞として配られたものです。」



| 未分類 | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

植芝盛平翁の武産合気(たけむす あいき)

忍者「植芝盛平翁の武産合気(たけむす あいき)。いや~、もうね食い入る
ように見てた。植芝翁は、大本教にもいらした方だからね。これを神業という
んだろうね。凄い。」













まゆみ「植芝盛平の一だけみた。カッコいいね。昔の日本人は全然違うね。
質が違うというかなんだろうね。植芝盛平、踊ってるみたいで忍者さんの武
術の動画を思い出したよ。 私も男になりたい。内地に戻ったら忍者さんに
習おうかな。本気で。」

忍者「そうだね、質が違うね。無駄が無いし、無理もして無い。体は大きくな
い方だと思うけど、その体の大きいとか小さいとか、そんな事も感じさせない、
何だろうな、膨らんだり縮んだりというか、そして、たぶん相手になってる方
は、植芝翁が消えたり現れたり、そんな感じを実感してるんじゃないかな、
と映像見てて思う。そして完全に操られちゃってるもんね(^。^)これじゃ勝て
ないよね。」

まゆみ「あと、面白いなと思ったのが座ってしてたでしょ、あれって何故?」

忍者「座り型というのが有るんだよ。それがね非常に難しいんだ。この座り
型が自在に出来るというのは、より高度な武芸の持ち主と言う事が分る。
足の自由を奪われた形で、立ってる時と同じ捌きが出来るという事は、技
の習熟度が高いという事になる。」

まゆみ「確かに高度な感じはした。普通では出来ないような、そんな印象。」

忍者「安座とか胡坐とか正座とか有るでしょ、その、どの座り方からも、どんな
攻撃を受けても回避するのが、日本の古武道の凄さかな。まあ、それだけじ
ゃないけど。」

まゆみ「”植芝翁が消えたり現れたり”、って凄いな。 武術まったくできなく
ても、感覚的にわかる感じがする。」

忍者「うん、まゆみさんなら分ると思って、消えたり現れたりという表現を使っ
てみた。空間に溶け込んじゃうからね。消えたり、現れたり、遠くに居たかと
思うと、目の前に居たり、とかね。掴み所が無い、といった感じかな。」

| 未分類 | 11:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |