2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「詩」

未完成なのでタイトルは「無題」にしておきます。
mayumi写真


「無題」


あなたの想いに
手を重ねると
少しほころびはじめた
幸せの裏面が
声をあげて泣く




2010年12月13日



| 詩/写真 | 23:50 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニュース

昨日の大量のケム撒き効果か、今日は雨でした。

今海外のニュースを見ていましたが
エジプト、イスラエルを含む中近東で台風のような嵐、洪水、雪。
砂漠に雪の光景はやはり異常な感じがしますね。

ネットで検索してみたら一部ちらっと出ていました。

中東・エジプト天候大荒れ、暴風雨に砂嵐 ひょうも(AFPニュース)

・南極沖で韓国漁船が突然沈没、5人死亡 17人不明
・米中西部は積雪50センチを越える猛吹雪、
ミネソタ州で12日ドームの屋根の一部が雪の重みで崩壊


triplecme_strip.jpg
CME(コロナ質量放出)が三つも発生してますね。
まさかケムはCMEから防御するため?
だといいですけどね。


ウユニ塩原の危機です、
energy-lithium-salt-desert-bolivia-mounds_30250_big.jpg
■ウユニ塩原、ボリビアのリチウム開発(ナショナルジオグラフィック)
『塩の小山が連なる南米ボリビアのウユニ塩原。この「世界でもっとも平らな場所」が、今後の電源インフラの方向性を決めるかもしれない。ウユニ塩原の地下には、かん水(塩分を含んだ水)に溶けたリチウムが大量に眠っている。世界の埋蔵量の約半分に相当し、電気自動車48億台以上のバッテリーをまかなう量に匹敵する。・・・』

energy-lithium-salt-desert-bolivia-hands_30247_big.jpg
■豊富な鉱物量、ボリビアのリチウム開発(ナショナルジオグラフィック)
『これが最も軽い金属元素、リチウムの原材料だ。ボリビアのウユニ塩原のリチウム抽出工場で現地人労働者が見せてくれた。鉱物成分が豊富な“かん水”をくみ上げ蒸発濃縮してから採取するという。ウユニ塩湖のかん水には他にもナトリウム、カリウム、マグネシウムなどが含まれ、リチウムはその中から分離・精製される。 この湖は他の金属元素の含有率が高くリチウム抽出にはコストがかかるが、資源量が豊富なため日本やイラン、韓国など各国の投資家たちが目を付けている。日本とイランはボリビアが目指すリチウム利用開発に関する協定に調印した。』

■水問題、ボリビアのリチウム開発(ナショナルジオグラフィック)

やっぱりね、という感じです。
海外の資源開発には必ず日本が入ってますね。


■世界最強のレールガン:動画(WIRED NEWS)
『米海軍研究局のレールガン開発チームは12月10日(米国時間)、砲弾の運動エネルギー33メガジュールを達成した。世界新記録であり、これまで開発された中で最も強力なレールガンとなった。これまでの記録は2年前の10.64メガジュールだ。レールガンには、可動部品や火薬はなく、非常に大きな電磁エネルギーによって発射体が飛び出す。・・・』

ニュートリノ砲を思い出しました。
ニュートリノ砲については前に書いています。

ニュートリノと地震 2009.02.19 Thu
ニュートリノ砲 de 大芝居? 2010.03.26 Fri




| 未分類 | 22:50 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本についてサリンジャーについて 2 (2003年)


-----Original Message-----
Sent: Wednesday, May 07, 2003 9:51 PM
Subject: 前書き?のようなもの書いてみました



何故、ひとは本を読むのでしょうか?
それとも本を媒体にして何か別のものを読むのでしょうか?

親から与えられた本の世界の中で、思いっきり想像を膨らませて主人公になりきり
まるで自分が本の中の主人公のように感じ、喜び、悲しみ、驚き、涙した子供の頃。
それでもやっぱり外で思いっきり遊ぶほうが楽しくて、毎日が天国のようだった。

子供の頃、毎日のように学校の帰りに遊んだお花畑は
今は誰が遊んでいるの?

父さんや母さんに叱られるのを忘れて遊んだ満天の星空は
今は誰が遊んでいるの?

天国のようなあの頃は
今は誰のものなの?

もういいかい?
まあだだよ

もういいかい?
まあだだよ


何かをきっかけに、ある日突然消えてしまった天国の日々。
変わりに姿を現わす自我。
自由奔放な私と重ね合わせるように読んだ本。
そして、時々の洋画。
自我を表現したくて書いた詩、絵、音楽。
そして益々自由奔放になっていく。
でも何か満たされない、違うと感じる私がそこにいた。

そして時間はあっという間に過ぎてゆく。
たくさんの優しい人、出来事、感情と出会い、驚くほどの刺激的な人生。
出会いによって読んだたくさんの本。
まるで生き写しのように自分にそっくりな主人公を見つけては震え、感動した時間。

やがて夢という圧倒的なリアリティの世界が押し寄せてくる。
不思議な夢の世界からのメッセージの答えをを知りたくて読んだ、多分野にわたる本。
本と夢が螺旋のように重なり合っていく。
答えあわせで読んだ本の中に見つけた、たった一つの言葉に背中がぞくぞくして
こらえきれなくなって歩き回ったりした。
数え切れないほどたくさんの本と出会って、もう読む本はないだろうと思われたのに
気が付くとまた本屋の本棚の前にに立っている自分がいる。
満たされない心を携えて。

本って何だろう?

今、どうして本を読むの?と尋ねられたら、さて何と答えようか。

Mayumi 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

以上。

本はたくさん読んできましたが、最近はぐっと減っていますが
経験上、情報的な本、思考が固定されるような本は読まないようにしています。


| 未分類 | 10:20 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |