2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

政府はあえて世界中の目を辺野古に注目させているように思えてしかたない。


今日はぶっ飛びを書きます。警視庁の機動隊投入をみてずっと考えていることがにわかに再浮上してきました。ご存知のように、辺野古を自衛隊が使いたがっているというのは何度も書きましたが、実は並行してもう一つの考えがあります。辺野古をわざともめさせて騒ぎを大きくし、海外からも注目させて、米国に辺野古要らないと言わせるためじゃないかという考えです。問題はこの後です。何もせずに沖縄に返すか、それとも自衛隊基地を作るのか、ここはまだわかりません。考えれば考えるほど、政府はわざと問題を作り(裁判闘争も含め)、世界中の目を辺野古に注目させているように思えてしかたないのです。要は政府は辺野古に新基地を作るつもりがないということです。いまやっていることはお芝居ということです。そうすると、十数年以上前に私がよく言っていたこと。「アメリカはアッと驚く理由で沖縄から出ていくので辺野古に基地はできない」という考えというよりも直感にもつながります。なのでどこかに安心感があるのです。ただし読みが外れることを考慮して頑張っています。実は更に超ぶっ飛び考察があるんですが、書くと大ひんしゅくを買いそうでちょっと書けません。想像しただけで怖い。(笑)だけど本当はこれを一番書きたい。。。この超ぶっ飛びが当たったらホント世界って芝居そのものになってしまう。舞台で演じる側と観客だけの世界。ずっと夢の中。


9e9f65fd6f36bf88d780f01817402048.jpg

警視庁機動隊を初投入 シュワブゲート前 衝突激化で逮捕者、救急搬送も(琉球新報)
http://j.mp/1Miimp2

CTA8Pw_UsAAZTGU.jpg

警視庁機動隊投入 背後から隊員の手 逮捕男性、直後にバランス崩す(琉球新報)
http://j.mp/1MjknRW


CTBDdeFUwAAPdc4.jpg

辺野古抗議の市民ら排除続く 機動隊員ら200人投入(琉球新報)
http://j.mp/1MjoEVj

辺野古 国強硬 怒号と悲鳴 警視庁機動隊に猛反発(沖縄タイムス)
http://goo.gl/mGIR8S

グリーンピース船、辺野古に寄港できず 国が申請却下(琉球新報)
http://t.asahi.com/impl

辺野古監視委寄付問題 防衛局、回答せず 県きょうにも指導(琉球新報)
http://j.mp/1MiiiWn

/////////

米海兵隊員、女性殴った疑いで逮捕 本人否認 沖縄(琉球新報)
http://t.asahi.com/impi

自民「沖縄の基地負担軽減を考える会」新会長に山本氏(沖縄タイムス)
>会長の島尻安伊子参院議員=写真左から2人目=は沖縄担当相就任に伴い「沖縄振興に専念する」(同氏)として、会のメンバーを外れ、後任の会長に元沖縄担当相の山本一太参院議員=同3人目=が就くことを決めた。

次の選挙を考えて逃げたんでしょ?

「日本国民全体が沖縄県民に甘えている」自民・高村氏(朝日)
>さはさりながら、当面の問題として何が一番大事と言ったら、普天間(飛行場)の危険除去だ。現実的な可能性として辺野古移設しかない。その点をよく理解頂きたい。

結局そこに帰結するのね。

宮古に来秋巡視船3隻配備 海保、副知事に報告(沖縄タイムス)
http://goo.gl/hp4CCN

夜間中学スコーレ生徒、戦中・戦後の苦難1冊に 「まちかんてぃ!」発行
http://j.mp/1Miii8K

PICKH20151105_A002000010L200006_l.jpg


PICKH20151105_A002000010L200007_l.jpg

久米島でハチクマ確認 淡色と暗色型の2羽(沖縄タイムス)
http://goo.gl/Lqnj2Z






| 沖縄 | 23:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言190」


アヌの伝言

神に似たものよ
神に似せたものよ
天は自らを裂き
自らをわけあたえたが
それは貧困であるが故に
施しをされたのではなく
すべてのものに息吹を吹き込むためである

2015/10/29 (木) 16:28




| チャネリング詩・伝言 | 10:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝言189」


とくとごらんあれ
皆の衆
一から出てもハナに散る
見事な侍たちよ
次々と花火を打ち上げ
見事に散った戦士たちよ
ところどころに置かせた
その天然記念物の見事さよ
ゆえに幻に生きることをせず
見事にハタラいたもの勝ちよ
一網打尽にするではないと
何度も伝えたことの意味が
ようやくわかってきたであろう

天から抜けて駆け抜けて
その漁火に似た業の深さに
埋没するようにみせかけて
ハナから信じることもせず
打ち鳴らすタイコの音よ
いきなりやってきたものにも
施しを与えよ
天は自らを裂き、自らを与えられた
己が狭い心の内に閉じこもるな

2015/10/29 (木) 16:16




| チャネリング詩・伝言 | 09:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |