2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

『市民が軍をコントロールする時代は沖縄・那覇から』


mayu 218

今日も雨降り祝詞はお休みしました。

///////

梶川泰司さんの犬のしっぽブログより
(2015年4月7日のメッセージ)

犬のしっぽブログ  Yasushi Kajikawa
http://www.two-pictures.net/tail/


シビリアンコントロール( civilian control of the military)

選挙で選ばれた市民が軍部をコントロールできるという
民主制の<シビリアンコントロール>の定義からみれば
日本では貪欲なグランチに操られた政治家たちが
市民をコントロールするという
合議なき支配によって見事にその定義は反転させられてきた。
(その実行は官僚に任せるが、彼らは選挙で選ばれるわけではない。)
『我が軍』の主導者たちは、
軍部が市民の支配下に置かれるという歴史観が衰退した結果
生まれてきたのである。
市民が軍をコントロールする時代は
沖縄(那覇 Noah=Naga)からなのである。
彼らの恐怖感は、つねに那覇からの反撃にある。



///////

沖縄核密約 『嘉手納、那覇、辺野古の核弾薬庫を使用可能な状態で残しておく』

やんばる🌻ぐらし(こんな人たち系)‏

日米核密約によって、米国はいつでも核兵器を沖縄へ再持ち込みする権利を有しているとされる。密約により「何時でも使用できる状態に維持」されている辺野古弾薬庫。新基地建設はV字滑走路と軍港機能に加え、核兵器貯蔵施設としても利用可能な弾薬庫との一体化を実現する明らかな基地機能強化である。

DJbdJExV4AAP2BS.jpg


ヘントナー大佐 (v.o.c)‏

一晩たって、NHKスペシャルの「沖縄と核」検索したら日本大好き普通の日本人(自称)の方々が怒ったり嘲笑したりしているのがちらほらと

過去に核ミサイルの誤射事故があって、那覇市が核で吹き飛んでいた可能性もあったと当時の米軍関係者が証言していたら、怖いし怒るのが普通と思ってますが、それでも冷笑されたり反日扱いされたら、どうしたらいいんですかね、て気分



///////

島風☆琉球防衛局(琉球民族)‏

宜野座村松田区
国道沿いにこんな看板が建っていた。
区と島ぐるみ宜野座、県民の想いは辺野古新基地建設反対!戦争反対!

DJGPMRIUwAETK83.jpg
DJGPTJ0UIAEee9q.jpg



/////////

vlZJ7Ukt「遠い話と感じていた」
「遠い話と感じていた」「機動隊の思いは」 東京都市大生、辺野古ゲート前訪問(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/140437

/////////

欠陥オスプレイ、ばれるとまずいから操縦士のミスにしとこうね。

804d82cc04346caff69c098cb0622bde.jpg
困難な気象と操縦ミスが原因と発表 機体不具合「要因の兆候なし」 名護のオスプレイ墜落事故で防衛省 事故発生前に給油接続複数回失敗、帰還中に発生(琉球新報)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-572722.html

「操縦士のミス」 名護のオスプレイ墜落、防衛省が報告書公表(沖縄タイムス)
https://goo.gl/M6nYYV

副知事「納得できない」 安部オスプレイ墜落 「原因は機体不具合ではない」との米軍説明に(琉球新報)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-572751.html

防衛相の大嘘。
img_a39139f3d6c3aa0898bfb9ca89979050126144.jpg
オスプレイ、墜落現場は東村? 名護市長「なぜ」(沖縄タイムス)
https://goo.gl/G3gm1Z
防衛省が11日発表した米軍オスプレイ墜落事故の調査報告書は、「着水場所」を沖縄県名護市安部ではなく「東村の南東2カイリ(約3・7キロ)」と表記している。報告書を読んだ地元名護市の稲嶺進市長は「意味がよく分からない。意図的にそういう表現を使っているのか」と不信感を示した。防衛省は一時、オスプレイのプロペラと空中給油機の給油口が接触したのは沖縄本島東のホテル・ホテル訓練区域だと説明していたが、報告書は鹿児島県与論島の南東15キロと翻した。稲嶺市長は「全くつじつまが合わない。防衛省はちゃんとただしたのか」と疑問を投げ掛けた。沖縄防衛局は11日午前、オスプレイが配備されている普天間飛行場がある宜野湾市に説明に出向いたが、名護市には正午時点で打診はない。稲嶺市長は「(事故現場の)地元でなくて宜野湾に行くというのは理解できない」と不快感を示した。・・・』

大袈裟太郎‏

映像撮っといてよかった。
米軍の報告書【東村沖3,7km】は大嘘です。
オスプレイ墜落現場は名護市安部の海岸から15mほどです。

沖縄県名護市安部 オスプレイ墜落現場 コックピットに肉薄
https://www.youtube.com/watch?v=3QANgDbb78U&feature=youtu.be



////////

くおちゃん

「洗濯物を干していたら、オスプレイが真上を低空飛行して腰を抜かした」
「米国機はアメリカの住宅地の上では、絶対に飛行しません。野生生物のすみかの上でも」
オスプレイの飛行ルートは、政府でさえ知らされていない。
女性自身9月19日号、がオスプレイを取り上げています。



////////

沖縄県外移設、なぜできなかった? 普天間第二小元教員、元児童が手紙 鳩山氏と7年越し面談
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-572125.html

////////

雲研究者の荒木健太郎さん、
「気象サイエンスカフェin那覇」で来沖されているんですね。


荒木健太郎‏

これでもかってくらい雲が燃えて空が焼けてた.

DJWs_EHUEAADMLF.jpg

沖縄ですごい彩雲に出会った.
まるで鳳凰のような,鮮やかな空の彩り!肉眼でもハッキリ見えて本当にすごかった.この彩雲は太陽を隠した雄大積雲のすぐ近くに現れ,もう少し離れた空には幻日も!幻想的な空にしばし見惚れてしまった.

DJWZ5_YVAAA5-rf.jpg
DJWZ5_YVAAEMELP.jpg
DJWZ5_ZVwAIG1T1.jpg
DJWZ5_ZVwAMrChq.jpg




| 沖縄 | 22:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

沖縄と核


沖縄の核については以前記事にしました。
辺野古に秘密核貯蔵庫があることも取り上げました。

2016.02.20 沖縄には返還前に1300発の核兵器があったといわれています。
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-15444.html

2015.03.14 ニュース(冷戦下、米沖縄部隊に核攻撃命令?)
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-13809.html

////////

NHKスペシャル公式‏

現在、沖縄のアメリカ軍基地のおよそ7割を占める海兵隊。
1950年代末に沖縄に移転してきました。海兵隊が、沖縄に基地を求めた背景に、核兵器の存在があったことが明らかになりました。
「スクープドキュメント #沖縄と核 」
http://nhk.jp/special

NHKスペシャル



////////

沖縄の核については周知されているものと思っていたのに、
テレビの影響は凄いですね。

沖縄に関心を持ってくれる人が増えるといいな。

NHKスペシャル「沖縄と核」は沖縄局の制作なんですね。

昨夜、「沖縄と核:」が放映されたことを知ったのは菅野さんのツイートからでした。

菅野完‏

「結局、日本は沖縄を選んだ」


「沖縄と核:」をみた人のツイート拾ってみた。

佐藤龍一

かって沖縄で広島の原爆と同規模の核弾頭を搭載したミサイル(ナイキ)が間違って発射されて水平に飛んで海に落ち、米軍が秘密裏にそれを回収したという話。隠蔽された核事故。#NHK #沖縄と核


murata koji‏

NHKスペシャル「沖縄と核」。1954年に米軍が行った伊江島の土地接収は、核戦争を前提にした訓練場をつくることが目的だった。住民の暮らしの場で、低高度爆撃法による模擬核爆弾の投下が行われ、犠牲者も出た。阿波根昌鴻さんの資料館で模擬原爆を見たことがあるが、こういうことだったのか…。

「沖縄と核」。米海兵隊は1955年に日本本土で核兵器を配備することを計画。しかしその前年にビキニ環礁での第五福竜丸の事件があり、日本人の反核感情が高まる中で配備を断念。米軍統治下の沖縄に海兵隊を移転し、核兵器も配備する。やっぱり地理的優位性とかでなくて、政治的な理由じゃないか…。

「沖縄と核」。緊急時には沖縄に核兵器を持ち込む、との密約に関わった米国側当事者の話。 「我々は日本を守りたかった。もし核兵器を沖縄に持ち込めないとしたら、どこか別の場所を探さなければならない。結局、日本は沖縄を選んだ」。 結局、日本は沖縄を選んだ…。いつまでこれを繰り返すのか。


TOYO‏

NHK衝撃的スクープでした。1959年の沖縄で広島原爆クラスの核弾頭を積んだ迎撃用ナイキミサイルが誤って海に発射されていた。場所はなんと那覇空港。極秘に回収されたという。一歩間違えば那覇は壊滅していたかもしれない。

DJX0RjDVoAEs4ZVNHK衝撃的スクープでした。

「沖縄と核」でやっていた恩納村の「メースB」の発射基地。グーグルマップで探してみました。本当にあった。手前に見えているのは「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」と「PGMゴルフリゾート沖縄」でした


小川一‏

NHKスペシャル「沖縄と核」。キューバ危機の時、沖縄の米軍は中国に核ミサイルの照準を合わせていた‥。いつでも発射できる表示の「HOT」。貴重すぎる歴史的写真に絶句します。そして核ミサイル発射基地の中に初めてカメラが入りました。圧倒的スクープの連続です。

DJXR3t0UEAUk331小川一‏
DJXR3tzUEAADqTh小川一‏
DJXR3uxVYAEhm0U小川一‏
DJXR3v0V4AAzq7Q.jpg

これは極め付きのスクープドキュメントです。NHKスペシャル「沖縄と核」。沖縄にはかつて1300発の核があり、伊江島は核攻撃の訓練場だった‥。息を呑みながら見ています。

スクープドキュメント 沖縄と核
http://www6.nhk.or.jp/special/sp/detail/index.html?aid=20170910


白井とおる@小金井‏

NHKスペシャル「スクープドキュメント 沖縄と核」。1959年極東で最も集中して核兵器を配備されていたという沖縄。那覇に近い基地で核弾頭を積んでいたミサイルを誤発射で海兵隊が1人死亡。ミサイルは沖縄の海に着弾、核爆発が起こっていたら那覇は吹っ飛んでいたという…。米は徹底して隠蔽。


knamekata‏

NHKスペ・沖縄と核。未公開映像、機密資料、証言を元に、膨大な核爆弾が配備され、訓練の被害や破滅の危機に立たされた事実、返還時の日米政府の核密約で緊急時の持ち込みが約束され、今なお、抑止力の名の下に、沖縄に過重な負担を押しつけている理不尽を告発した。本土の人々にも深く問いかけた。

DJXZxBpVwAESVCjNHKスペ・沖縄と核。未公開映像


toriiyoshiki‏

今夜のNスペ「沖縄と核」は沖縄局の制作なんだね。アメリカとヤマトの思惑に翻弄され続けてきた“沖縄の怒り”を背負った力技で、ほとほと感服しました。

それにしても。きちんと情報が開示され関係者が証言に応じるアメリカと、総てを秘密裡に葬り去ろうとする日本の政府当局との体質の違いを痛感せざるを得なかった。

しかし、キューバ危機の時点で沖縄が核攻撃開始の秒読み状態にあり、核戦争が起こった場合には中ソの反撃で沖縄の壊滅は必至と考えられていたこと、そしてそれを沖縄の人たちは(当然ながら)全く知らされていなかったという事実の重さにいまさらながら慄然とする。

「沖縄と核」は一年ないしそれ以上にわたる長い取材期間を経ての放送だと思うが、“北朝鮮危機”が叫ばれるなかで結果として極めてタイムリーなものになった。アメリカが(日本政府でさえも)現地住民の生命など露ほどにも配慮していなかったことは心しておくべきだろう。それはいまも同じだろうから。


Shoko Egawa‏

米軍基地に土地を奪われていただけでなく、知らないうちに核兵器1300発も配備されて、とんでもない核ミサイルの事故も起き、核戦争の拠点にもなってて、沖縄をその地に選んだのは日本政府だった…なんて、沖縄が怒るのも当然だわ…


ひしお りゅう‏

NHKスペシャル「沖縄と核」驚愕の大スクープ。1959年から米軍は沖縄で核武装と訓練を秘密裏に進め、キューバ危機の時、核戦争の瀬戸際に。沖縄の日本復帰後も日米密約で「嘉手納、那覇、辺野古の核弾薬庫を使用可能な状態で維持」を確約。辺野古の新基地建設にこだわるワケがよくわかった。


田川滋‏

沖縄核密約
”嘉手納、那覇、辺野古の核弾薬庫を使用可能な状態で残しておく”。

端的に言えばこれが、日本政府が辺野古の返還を求めず「普天間の代替は辺野古以外にない」事にしようとする理由でしょうね。 #NHk


おーしろしょー

「沖縄と核」を見て、戦後から今でも沖縄という場所は日本からもアメリカからも都合のいい場所、都合のいい人達と位置付けられてるのを確信する。僕が育った島は日本やアメリカの政治屋(侮蔑を込めて言わせてもらう)のパワーバランスで巻き込まれて翻弄されるしか無いのかな。


Sandar‏

NHKスペシャル「沖縄と核」 キューバ危機で沖縄に1300発の核が配備されていた。 沖縄女性を妻にしていた元兵士は、核戦争目前の状態で恩納村のミサイル基地に缶詰め状態の中、家族にもう会えないと覚悟したと言う。

DJXfaK7UMAUBRRBNHKスペシャル「沖縄と核」
DJXfaK2VoAELrpnNHKスペシャル「沖縄と核」
DJXfaK-VYAAxtFFNHKスペシャル「沖縄と核」

「基地があるから沖縄は守られている」と言うのは寝言以下だとわかる、米軍の文書。

DJXmpIzU8AAmHjK基地があるから
DJXmpI-UQAAe3Fj基地があるから

【動画】NHKスペシャル スクープドキュメント 沖縄と核 21分ごろの那覇空港ちかくで起こった核弾頭の誤射再現CGがかなり衝撃的。 爆発しなくて良かったとか言う問題では無い。 今まで隠蔽されていたのかコレが… https://www.youtube.com/watch?v=L6lc470LDj0&feature=share


ホリーニョ‏

今夜の #NHKスペシャル にて核が格納されていたと明らかになった嘉手納弾薬庫。現在、弾薬庫の一部と基地に覆われた嘉手納町の戦前・戦後の変化を表した2枚のパネル。農村など穏やかな暮らしがあった場所は…やがて核兵器の弾薬庫へ。

DJXX0w7VoAE1m5R今夜の #NHKスペシャル にて
DJXX0w9VAAMWjnt今夜の #NHKスペシャル にて

沖縄にばかり危険を負担させ続ける日本の安全保障って一体なんなんだろう…。本土側の民意を反映させた結果だとはいえ、沖縄の苦しみを無視し続けてていいのかな…。#NHKスペシャル

圧倒的スクープの連続により新事実を明らかにした「沖縄と核」…すごい番組でした。番組制作された方々の苦労に感謝。#NHKスペシャル #NHK



////////

沖縄と核、アメリカ統治下の知られざる真実
那覇近郊で核ミサイルが誤発射されていた
http://toyokeizai.net/articles/-/187336

NHKスペシャル 沖縄と核
再放送 9月20日(水)午前0時10分~0時59分(19日深夜)
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170910



| 沖縄 | 19:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再び大きな太陽フレア発生


X8.2のフレアが発生しました。
6日に発生した11年ぶりの巨大フレアX9.3に近い大きさ。

私もすでに体調に変化が出ています。
敏感な方は注意してください。

太陽フレアが起き出してからの私の体調の変化。
体が熱くなる。
胃の不快感。
眠れなくなる。

昨日は帰宅し後から頭痛がはじまり
異様な眠気に襲われたので
普段は昼寝なんてしないのに少し夕寝をした。

夜は相変わらず眠れない。
熱も少しある。

20004年の大規模爆発のときと体調が似ています。

めまい、インフルエンザのような症状、背中の痛み、関節の痛み、
疲労、不安定感などの症状が出ている人はいませんか?

免疫力が落ちるのでインフルエンザが大流行します。

太陽に興味を持ってフレアのことを書き始めたのが2003年。

太陽って不思議な生命体で
これはやばいだろうという巨大フレアが発生したとき
地球のほうを向いていないんです。
それでいつも助かっている。

片岡龍峰‏

見たことない異常事態が発生中です。静止軌道では磁場の日変化が殆どなくなり、放射線帯の電子フラックスの日変化も消えて、まる一日中高いレベルで推移しています。原因はX9のCMEのウェイクの影響。これも速く論文書きたい…

DJWgaLKVAAApP7Z見たことない
DJWgdJAUQAAbeB6見たことない

X8フレアが発生。この位置はまずい…

DJYq5dHUIAAFqj1X8フレアが発生。

いま航空機に乗って緯度の高い地域を飛んでいる方々は、X8に伴うハードな太陽プロトンの影響で、通常よりも被ばくしています。GeVプロトンも発生しており、空気シャワーで出来た中性子が地上でも確認できるGLEが起こってしまいました。

DJYsuzaV4AEh9vSいま航空機に乗って

沈みかけのフレアは怖くて、いわゆるパーカースパイラルで太陽プロトンがガイドされて地球に直達する感じになるので、磁気嵐とかの心配はありませんが、航空機高度での被ばくなどが問題になります。というか今まさに、11年ぶりに、そういう状況です。

DJY1BzYU8AAovGl.jpg

コロナ質量放出の本体ほぼ真横に飛んで3000 km/s超え…先日のよりも、こっちが地球にヒットしていたら、これは災害だったかもしれない。

放射線が大量に来て雪景色のようになっています!

DJZWS54VwAAsbkA放射線が大量に来て
DJZWUEvVoAEXKe8放射線が大量に来て

太陽活動の極小期にかなり近づいていても、こういう本当にやばいイベントが無いわけではない、ということをはっきりと実感。たまたま地球と違う方向にコロナ質量放出が行ってくれて幸運でした。





| 地震・火山・体感メモ | 11:57 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |