2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「粘菌の知性」


c723cfde-sモジホコリ
347fb9c7-sモジホコリ
d56e000a.jpg

モジホコリは記憶を有し、情報処理能力はバイオコンピューターに
活用できると考えられていて、情報処理能力の高さは、人間が作った
実際の鉄道ネットワークより輸送効率が良く、アクシデントに強いそうです。

単細胞にも知性が備わっていた!高度な情報処理能力を持つ「粘菌の知性」
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51632627.html

「「単細胞生物は馬鹿だ」というわれわれの馬鹿げた認識を改めるべきだ。そう語ったのは粘菌の研究をすすめている北海道大学の中垣俊之准教授。モジホコリ(学名Physarum polycephalum)という真性粘菌(変形菌)の 一種は、内部に多くの核を持つ単細胞生物だが、この生物の中には驚きが詰まっているという。2月8日(米国時間)に『米国科学アカデミー紀要』ウェブサイトで発表された研究論文において、モジホコリは人間よりも栄養摂取のバランスを保つ能力に長けていることが明らかになったそうだ。」

どんなものにも知性はあるでしょう。

///////

ヒトと植物細胞の部分的な細胞融合に成功 16億年の進化を超えて保存される生命原理の解明の第一歩に/大阪大学
https://research-er.jp/articles/view/51600

「・・・植物と動物は、約16億年前に共通祖先から分岐し、それぞれ独自の進化を遂げてきたと考えられています。しかし、こうした長い進化の歴史を経て、お互いのどのような機能がどの程度保存されているのか、という点については明らかになっていませんでした。長い進化の歴史を経てもなお両者で保存されている機能は、生物にとって極めて重要かつ根本的なものであることが予想され、進化の謎を解く一つの手掛かりになると期待されます。今回、研究グループが確立した融合細胞は、ヒトと植物間での進化的保存について染色体レベルでの解析を可能にする、世界で初めてのツールです。・・・」




| ニュース  | 21:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨降り祝詞


奏上しました。

| 祝詞 | 20:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新潟知事選挙で自公が推薦する花角さんに森友と辺野古の暗い影どころか


実体そのものが見えてくる。

腹黒い人たちはどこまでいっても
同じ腹黒いもの同士でつながっている。

花角英世(はなずみ英世)

代の大阪航空局長の経歴を意図的に隠しているとか、森友問題の際の責任者だった等の事実無根の話がネット上飛びっていますが、事実と全く異なります。経歴を隠しているといった事実はありません。

菅野完事務所‏

あの土地の所有権が新関空に移転したのは厳密には2012年7月1日。同月某日には大阪音大が同地取得を断念してる。2012年7月…自民・公明のおす新潟県知事候補の花角さん。あなたあの時、大阪航空局長だったじゃないですか。


morizumi takashi‏ 

染谷さんが死んだ原因を究明してほしい。なぜ、海保は嘘をつくのか?司法解剖をなぜしなかったのか?航海日誌を破り取ったのはだれか?謎だらけの死。米軍辺野古移設の反対巡り? 謎の不審死 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版
https://dot.asahi.com/wa/2016031500181.html


大袈裟太郎🌾🌾🌾(おだやか太郎)‏

辺野古の抗議船船長不審死事件をご存知だろうか?複数の疑問があるにもかかわらず、海保が遺体の解剖もせず、捜査を打ち切った事件。 この事件の直後に海上保安庁次長になったのが、 新潟県知事候補、花角英世氏である。 #はなずみ英世


菅野完事務所‏

新潟知事選挙で自民党と公明党が推す花角さんが、大阪航空局の局長で、しかも「錯誤による所有権移転」という森友事件最大の謎を知る立場にある、とんでもないクソ野郎であることは以前から知ってましたが、海事局局長を隠すのは不思議ですねぇ

あ。海事局の局長じゃなくて、官房審議官の海事担当なのか。偉いさんじゃないですか。なんで隠すんだろう? なんか具合悪いのかな。

あー!!!そうか!!! 新潟知事選挙で自民党と公明党が推す花角候補は、辺野古移転で揺れる沖縄で、市民を暴力的に弾圧してた海保の責任者だったのか。あの沖縄の暴力的な海上での弾圧を指揮した過去を隠したいわけですね。なるほどー。


大袈裟太郎🌾🌾🌾(おだやか太郎)‏

辺野古で弾圧してる海保の責任者だった花角氏が新潟知事選に自公推しで出馬している件。結局、沖縄も新潟もつながってる。国の横暴を地方に押し付ける、そんな知事はいらないと思います。


ちだい(選挙ウォッチャー)‏

花角英世さんは、あんなに柔らかい雰囲気なのに、採算の合わない船問題の泉田県政の副知事であり、大阪音楽大学に土地を売らなかった時の元航空局長であり、辺野古基地に反対するカヌー隊を殺しかねない危険な弾圧をした時の海上保安庁次官でもある。実はいろいろと疑惑の深い方なんですよね。



| 沖縄 | 14:32 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |