2019年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年10月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

NASAは気候変動の原因が地球の太陽軌道の変化だということを認めている。


aachanges-in-earths-solar-orbit-and-axial-tilt-5.jpg
aachanges-in-earths-solar-orbit-and-axial-tilt-3.jpg
aachanges-in-earths-solar-orbit-and-axial-tilt-1.jpg
aachanges-in-earths-solar-orbit-and-axial-tilt-2.jpg

NASA admits that climate change occurs because of changes in Earth’s solar orbit, and NOT because of SUVs and fossil fuels
https://www.naturalnews.com/2019-08-30-nasa-admits-climate-change-not-caused-by-suvs-fossil-fuels.html

NASAは、気候変動が起こる理由を、SUVや化石燃料ではなく
地球の太陽軌道の変化が原因だということを認めている。

NASAは60年以上にわたり、地球の気象パターンに生じる変化が
完全に自然で正常であることを知っている。

しかし宇宙機関は人工温暖化デマを
人類の自由を損なうまで続け、拡大させることを選んだ。

NASAが地球の太陽軌道の変化と地球の軸の傾きの変化を
最初に観測したのが1958年。
しかしNASAは現在まで沈黙している。

2000年、NASAは地球観測所のウェブサイトに
ミランコビッチ気候理論に関する情報を公開し、
人間活動とはまったく関係のない外部要因により
地球が変化していることを明らかにした。

しかしこの情報はまだ主流になっていない。
約19年後、気候変動にとらわれた左翼が、
地球が過剰な二酸化炭素で死ぬまでにたった18か月しか
残っていないことを主張し始めている理由です。

ミランコビッチが最初に自身のモデルを提案したとき、
それは半世紀近く無視された。その後1976年に、
サイエンス誌に掲載された研究により、
ミランコビッチの理論は実際には正確であり、
歴史上の気候変動のさまざまな時期に対応していることが確認された。

この研究が発表されてから6年後の1982年、
米国科学アカデミーの全米研究評議会は、
ミランコビッチの理論を真実として採用し、
次のように宣言しました。

「...軌道変動は、数万年のスケールで気候変動を
最も徹底的に検証したメカニズムであり、地球の低層大気の
日射量をダイレクトに変化させる最も明確な事例です。」

しかし、この真実を受け入れるのではなく、左翼政治家と共謀する
主流メディアが参加する今日の「気候科学者」は、スーパーマーケットで
再利用可能な食料品の袋を使用せず、電気自動車を持っていないことが
地球を急速に破壊していると主張する。
我々はその解決策として地球規模の気候税を実施しなければならないと。

ハルターナーラジオショーのコメンテーター
「気候変動議論は科学に関するものではありません。
エリートが人類に対して政治的および経済的規制を課す努力です。」

「人為的な地球温暖化を信じる人とそうでない人、
すなわち分割して統治する別の方法です。」


| 世界の気象ニュース | 23:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本は断片化で完全に行き詰まっている


写真はNHKさんより拝借。
ブルーシートの多さを見ると被害の多さがわかります。
aaK10012083501_1909151827_1909151831_01_02.jpg

東京新聞の方が鮮明。
千葉台風EEhLFnVX4AI0vvr

昨日のツイート。

熊谷俊人(千葉市長) @kumagai_chiba

屋根のブルーシート張りを行う職人不足を私が国交大臣に訴えている報道をご覧になった神戸市の久元市長のお声がけで、大林組が大勢の職人を本日千葉市に派遣下さり、ボランティアセンター・市の相談窓口に要請されていた市民宅で対応頂くことになりました。神戸市、大林組、職人の皆さんに感謝します!


実際の被害は3万棟。

早川由紀夫 @HayakawaYukio
https://twitter.com/HayakawaYukio

台風で屋根が壊れた千葉県南部だけに大雨降ってる。

台風からもう一週間なのに、まだ1200棟と言ってる。

aaEEifFLgU4AA6nW2.jpg

NHKもそう伝えている。千葉県発表そのままだ。自分で見て考えてはいけないようだ。

避難は市町村、救援は都道府県、費用は国。これがそれぞれの役目だ。いまは救援段階だ。屋根にブルーシートを早くかけろ。ブルーシートは応急処理で救援だ。私有財産形成ではない。

教訓だとか対策だとかはあとにしろ。いまは救援に全力を尽くせ。

救援のためには被害把握が必要。しかしまだ全然できていない。

実際には3万棟だ。


Ryo @Ryo_koumei_m

#鴨川市 役所。レベルの違う雨の降りかたです。これは気をつけないと…
物資は「文化体育館」に集積していると役所の方に教えていただいたので、そちらに向かいます。

鴨川市役所 総合運動施設・文化体育館
〒296-0014 千葉県鴨川市太尾866−1
04-7093-5111
https://goo.gl/maps/RJmTaL3AzQCNMsw96

https://twitter.com/Ryo_koumei_m/status/1173399604877901825



あえて動かない、あえて現場に出ない、あえて放置、
あえて遅らせている。


「報道ステーション」コメンテーター後藤謙次氏、千葉の停電に
「政府の危機管理が見えてこない。
いまだに官邸に対策本部すら設置されていない。これは異常」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000057-sph-soci

「ジャーナリストの後藤謙次氏は「今回の大きな停電、政府の危機管理が見えてこないんです全く」と指摘した。その上で「この間に改造をやっていますよね。改造をやったために空白が生まれた。新しい大臣が登場した。まったく官庁組織を把握していないまま現場に飛び込んでっても何もできていない。いまだに官邸に対策本部すら設置されていない。これは異常と言ってもいいと思うんです」とコメントした。」

千葉の電柱倒壊・損傷2000本 台風15号被害、経産省試算
https://www.sankei.com/economy/news/190914/ecn1909140003-n1.html

「経済産業省は13日、台風15号による「停電被害対策本部」を設置し、千葉県を中心に電柱2千本が倒壊や損傷したとの推計を示した。昨年、大規模な停電を近畿地方で引き起こした台風21号と比べても、深刻な被害が発生していると分析した。」

まだ試算。
昔なら電柱が何本倒れたかくらい早い段階で確認できていた。

台風15号 千葉停電 経産省、やっと対策本部
https://mainichi.jp/articles/20190914/ddm/041/040/076000c

対策本部設置の設置の遅さは安倍政権の特徴。

千葉の電柱倒壊・損傷2000本 台風15号被害、経産省試算
https://www.sankei.com/economy/news/190914/ecn1909140003-n1.html

「経済産業省は13日、台風15号による「停電被害対策本部」を設置し、千葉県を中心に電柱2千本が倒壊や損傷したとの推計を示した。昨年、大規模な停電を近畿地方で引き起こした台風21号と比べても、深刻な被害が発生していると分析した。」

まだ試算。
昔なら電柱が何本倒れたかくらい早い段階で確認できていた。

停電中に陸上大会 熱中症で生徒2人搬送 千葉 市原
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190914/k10012082061000.html

このうちの1人は自宅が停電中で、
救急車も台風の影響で市外から呼んだため、
到着に時間がかかった。

やらなくてはいけないことせずに、
やらなくても良いことを強硬に実行する。
政府も自治体も皆同じ。
これ断片化です。
日本は断片化で完全に行き詰まっています。



| ニュース  | 11:21 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「純粋な喜び」


「子供の誕生、真っ赤な夕日、山の湖の夜明けなど、楽しい経験を思い出し、その思いを一定の時間を越えたところへもっていくと、「純粋な喜び」と呼ばれる新しい意識状態に到達する。アーユルヴェーダによると、純粋な喜びは生命の基本的な特質である。この特質はサンスクリット語で「アーナンダ」と呼ばれ、ふつう「至福」と翻訳される。東洋の教えが西洋で広く知られるようになると、「至福」という言葉はさまざまな肯定的感情を表すのに使われるようになった。しかし厳密にいうと、至福は具体的なものではなく、それ自体を経験することはできない。知的であることはできても、知性それ自体は経験できないのと同じである。知性と同様、至福も抽象的なものなのである。至福は量子力学的な体の中に純粋な形で存在し、適当な条件のもとでのみ表面に浮かび上がってくる。私たちは、至福を作り出すために協調して機能する脳や体の中の何千もの過程を、見ることも触ることもできない。しかし、私たちには確かに純粋な喜びを感じることがある。(アーユルヴェーダ)」

つづく


| こころとからだの健康/アーユルヴェーダ/ホメオパシー | 00:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |