2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

沖縄に新型中距離弾道ミサイル配備計画の黒幕は日本


強行スケジュールの中、
久しぶりに首里まで出かけた。
映画の予定があるので帰りはモノレール。
延長線の初乗り。
駅が新築で綺麗だった。

大急ぎで映画のチケットをもらって
桜坂劇場へ大急ぎ。
映画開始に少し遅れたけどなんとか間に合った。
超久しぶりのヴィム・ヴェンダース作品。
ヴィム・ヴェンダースだからね、
普通の終わり方はしないことはわかっていても、
なんとも言えないラストシーンだった。

///////

これ黒幕は日本ですよ。
軍事国家日本のため、自衛隊のため。
両者で前から企んでいたでしょ?


13cb28837de94ff270ae7d36d74446ec.jpg
米、沖縄に新型中距離弾道ミサイル配備計画 
ロシア側に伝達、2年内にも 基地負担大幅増恐れ
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1000469.html

I-VAN aka BLACKANESE @ivanOKINAWA

ん?核?沖縄に?

aaEF78ZKMVAAA-5aa.jpg
aaEF78ZKMVAAIAHSL.jpg



///////

竹富島の神聖なコンドイビーチを開発する
会社が住民らを訴えると言う。

aa1174b6b9c9dcdd1eaa864ae18ce50a1e.jpg
事業者、反対住民ら提訴 竹富コンドイリゾート開発 「守る会」争う方針 
事業者「悪質な名誉毀損」 守る会「スラップ訴訟だ」
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1001111.html

「沖縄県の竹富町竹富島のコンドイビーチ周辺で計画されているリゾートホテル建設事業を巡り、事業者のRJエステート(那覇市)は3日までに、建設に反対する「竹富島を守る会」側に損害賠償などを求めて那覇地裁に提訴した。守る会の運動における表現が名誉毀損(きそん)に当たるとして、2200万円の支払いなどを求めている。提訴を受けて守る会は3日、竹富島まちなみ館で緊急集会を開催。弁護団は「典型的なスラップ訴訟だ」とした上で、争う方針を示した。・・・・」

那覇の会社といっても沖縄の人とは限らない。
以前も書いたように、代表者の名前は内地の苗字。
沖縄のキャバクラ王で有名な人。
吉本も関係あるみたいだしこの会社、危険な匂いがします。

竹富島の神聖なコンドイビーチにリゾートホテルを作ってはいけない。
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-17033.html

ニライカナイの神を迎える神聖な浜にリゾートホテルを作ることは許されない
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-19574.html

同じく竹富島
7b5ca4708992efe9c7a22a441efde976.jpg
高位な人まつった? 竹富島の「坊主墓」は一体誰の墓? 
島の大きな謎解明へNPOが情報提供呼び掛け
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1001887.html

///////

「この闘いを全国、世界に広げよう」 辺野古ゲート前、
800人が新基地建設に反対の声
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/480254

新基地建設へ「県民の民意に従え」 気温30度超えるゲート前 機動隊が強制排除
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/479882

米側に捜査への協力要請していなかった 政府、2016年オスプレイ墜落で
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/479367

///////

バス賃を稼がないと学校に行けない…沖縄・中高校生のバス通学、
2020年度から無料化 対象は?【深掘り】
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/480088

///////

サンエー増収減益 営業収益、初の1000億超 8月中間決算
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1001760.html

しかし、「パルコシティの開業に伴い人件費などが増加したことから、
経常利益も純利益は減益。
沖縄パルコは売上目標に届かず。

高速船 無料実験へ/7〜11日 那覇−北谷間/通勤・通学の需要喚起
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/478781

手続きいらず、直接客室へ 邦企画開発・OCN ホテル管理システム
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1001759.html

JTA機内で 木製ストロー 航空会社で先進的取り組み
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1001758.html

2000年度からは国頭村産の木材を使用する予定。

獲れたて魚介 漁船でスマホ送信 全国から入札 沖縄本島北部でシステム導入へ
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/479600

///////

The Informed-Public Project, Masami Kawamura‏ @sirenamel

この小さな脆弱な島で、米軍基地を抱え、そのごみも引き受け、水の安全が脅かされていることは事実。 中部のこの地域が”Forever Chemical”と呼ばれる浄化の難しい有害物質で汚染され、これだけの負担がかかっていることを知らせていきたいです。

aakc5cjQlE.jpg
嘉手納基地内および周囲のPFAS(有機フッ素化合物)汚染状況マップhttp://ipp.okinawa/2019/09/09/map-pfas-contamination-kab/



//////

沖縄の青年会 道練り歩き寄付金募る 
那覇松島で旧盆道ジュネー 台風被害受けた千葉へ義援金贈る
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/479632

やさしいですね。

「シードライブラリー」、初めて知りましたが、面白いですね。
無料で種を貸し出し作物を育ててもらい、採種した種を返してもらう仕組み
aaaO9F6ci-.jpg
図書館だけど貸すのは「種」 
沖縄の伝統野菜 家庭で育てて増やして返す 那覇のブックカフェ
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/479578

「伝統野菜など在来作物の種を守り次世代につなごうと、那覇市久茂地のブックカフェ&ホール「ゆかるひ」が10月から、「シードライブラリー」の取り組みを本格化している。無料で種を貸し出し作物を育ててもらい、採種した種を返してもらう仕組み。オーナーの屋嘉道子さん(67)は「災害による絶滅リスクが減らせるし、家庭で種の成長を見守ることで命の不思議と素晴らしさを感じられる」と話し、利用を呼び掛ける。・・・屋嘉さんは2016年10月に店をオープン。基地問題から文化・芸術まで県産本を中心に約千冊を貸し出しており、今年6月に種を守る活動に携わる知人から「本を貸し出しているなら種も貸し出してみれば」と声を掛けられ、取り組む準備を始めた。貸し出す種は、自然栽培や無農薬栽培に取り組んでいる県内農家らの提供を受けたもの。島大根や長命草、ゴーヤー、ヘチマなど30種からスタートして扱う種を徐々に広げる考え。利用は無料だが、返却時は借りた量に「プラスアルファ」してもらう約束。「ライブラリー」の一角では、育て方や調理法などの関連本もそろえる計画だ。屋嘉さんは「種はそれぞれ個性があり、自然が多様性に満ちていることも教えてくれる。私たちの食を子どもたちにつないでほしい」と話している。」

///////

自立型住宅ってどこまで言うんでしょうね。
aabe47adc9ab1d52aa7a658914a955eb99.jpg
OISTの自立型住宅がベスト100に グッドデザイン、沖縄初 ミサワホームと共同研究
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1000645.html#prettyPhoto

幼稚園? 保育所? 認定こども園? 
縦割り行政やめます 沖縄県が幼児教育センター4月開所
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/479635

「全国でも例がない挑戦」バリアフリーな音楽会 
琉球フィルが12月開催 会場に障がい者の視点
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/479628





| 沖縄 | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天才は閉塞物を解消するエネルギーからなる。


ノートより

ボーム「科学においては我々は首尾一貫した適合する方法を見出そうと努めている。新しいものは何であれ、初めは思考を絶している。人間の考え方は固定している。我々の意識は閉塞物に囚われている。ニュートンはいっさいを疑うことによって重力に思い至った。天才は閉塞物を解消するエネルギーからなる。しかし、我々は皆、一定の領域内に閉塞物を持っている。(たとえば、アインシュタインは非局所性の可能性に思いいたることは出来なかった)閉塞しないためには、我々の精神は観念を自在に組み合わせることができなければならない。一つの問題は意識のプールである。観念は意識にのぼらず、そして我々が知覚できるよりも早く現れる。どうしたらいいのか?より高いエネルギー状態にある精神はこの過程を知覚できる」


| デイヴィド・ボーム/カール・プリブラム | 00:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |