2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

安倍首相搭乗の政府専用機でぼや


今夜、出先で聞いて思わずある言葉が出ました。
詳しくは書きませんが、当然首里城炎上と関係ありますよ。
普通、こんなこと絶対ありませんよ。

安倍首相搭乗の政府専用機でぼや騒ぎ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110300392&g=pol

白川郷でも小さな火事があったんですね。

31日にパキスタンで列車のガスボンベが爆発して
列車内に火災が広がり、70人死亡の事故もありました。

わたしの知り合いにも「チッ。」と言った人がいますよ。

こーへー @siganaiDK

安倍晋三が乗る政府専用機でぼや。一応言うけど思ってるわけじゃなくて世の中大勢の人の思いを代弁してるだけだからね。「チッ。」




| ニュース  | 23:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「桐油」について


首里城正殿
首里城正殿560px-Naha_Okinawa_Japan_Shuri-Castle-01

首里城正殿の漆に使われていた「桐油」を
無知な人間たちが批判しているけれど、
伝統工法として正しいもの。
琉球漆は世界に誇れる素晴らしいものです。
文句をつけられる筋合いはない。

何もなければ素晴らしい、素晴らしいの賞賛の声。
何か起きると一点悪者にされてしまう。

桐油(とうゆ)」を調べると
家具や木工品によく使われるみたいだし、
正倉院御物にも使われています。

元は中国から入ってきたものでしょうけどね。

桐油(とうゆ、きりあぶら、きりゆ)は
アブラギリの種子から得られる油で、
乾燥が速く、耐水性があるので日本では古くから
桐油紙・番傘などに使用されてきました。

厚手の紙に柿渋を塗り、その上に桐油を塗った
桐油合羽が江戸時代に使われていたそうです。

桐油を混ぜることで上塗りの朱漆をより鮮明に
発色させる効果があるそうなんですが、
耐水性があるなら台風から守るためにも
使ったんじゃないかと想像します。

アブラギリの原産地は中国で
中国の木造建築では桐油がよく使われています。

国内では福井県が有名で廃れた桐油をさせようと
プロジェクトが小浜で始まっています。

想像ですが、むかし福井と琉球は船で物資のやりとりをしていたので
ある時期から福井から仕入れていた可能性もあるかも知れませんね。

「沖縄県首里(しゅり)市を中心とした琉球諸島で発達した漆器。古記録には「応永(おうえい)34年(1427)中国明(みん)の宣宗(せんそう)が琉球から生漆(きうるし)を購入」した旨の記述があるが、漆芸創始の経緯は明らかでない。琉球王朝時代の1612年(尚寧王24)には後述の貝摺奉行(かいずりぶぎょう)についての記録があるので、そのころには活発化していたとみるのが妥当であろう。ゆがみや狂いの少ない沖縄特産の木地を用い、デイゴは大盆に、シタマギは椀(わん)木地に使用する。下地には速乾性を利用した豚血(とんけつ)と、特産の粘土(クチャ)粉にボイル桐油(とうゆ)を混合したものを用いる。この桐油を混ぜることで上塗りの朱漆(しゅうるし)をより鮮明に発色させる効果がある。高温多湿な沖縄の風土は漆の乾燥に適し、本土では困難とされる油を混ぜた朱漆の乾燥も、ここでは容易である。(琉球漆器)」


| 沖縄 | 22:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

首里城火災支援のクラウドファンディング2億円超え


開始が多分1日の14時半頃だから、
ちょうど丸三日ですね。

ふるさと納税(クラウドファンディング)
沖縄のシンボル「首里城」再建支援プロジェクト
https://www.furusato-tax.jp/gcf/717

首里城火災:那覇市へ寄付2億突破 全国、海外からも再建支援 
19時間で1億円積む クラウドファンディング 
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1020023.html

| 沖縄 | 14:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台風19号の被災に無償支援、PCやiPhoneのデータ復元サービスを米社が受付中


aaIW_DS03_l.jpg
台風19号の被災に無償支援、PCやiPhoneのデータ復元サービスを米社が受付中
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/interview/1215485.html

「台風19号の被害を受けたPCやiPhoneのデータを無償で復元する支援をドライブセイバーズが行っている。 申し込み期限は2019年11月15日までで、無償サービスの上限は最大1億円、概ね1000台ほどが対象になるという。具体的な対象機材はデスクトップPCとノートPC(SSDモデル含む)、外付けHDD、そしてiPhone、iPadとのこと。同社はカリフォルニアに本社があり、データ復元で30年以上の実績があるという。 ・・・今回の支援では対象外だが、ドライブセイバーズではRAIDやNASをはじめ、デジタルカメラ、USBメモリ、SDカード、さらに古いMOからもデータを復元できる。同社の説明によると、「Appleなどの大手メーカーからドライブを開ける認可を受けている」とのことで、復元サービスを利用した後も保証が受けられるという。また、依頼を受け付けた後も復元に成功するまでは費用支払いが発生せず、最終的に支払う金額も最初の見積もり以上にはならないシステムになっているとのこと。 ・・・」

東日本大震災の時も復元支援。
泥まみれのPCでも可能。

支援対象外のストレージの復元にも対応、通常の半額料金で依頼できる。
aaIW_DS04_l.jpg


| ニュース  | 01:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「旗を揚げよ」


昨夜出会ったツイート。

首里当之蔵はもめて取りやめ。

諸見里杉子★「消せない記憶 元学徒兵の苦悩」受賞感謝! @sugimaru35

11月3日に当之蔵青年会は旗頭、あーげーまーす〜〜!

悲報

なんか、無しになったようです。地域でいろいろ揉めてしまったようです。続報入りましたらまた連絡します。


「旗頭、あーげーまーす〜〜!」を見てハッとしました。
伝言236」の旗です。

「旗を揚げよ
天まで届く旗を揚げよ
ときところ間違わぬうよう
しかと申し伝えおく」

旗頭のことを言ってるのだろうかと思いました。

そして今朝の琉球新報のこれを見て
その気持ちが強くなりました。
だけど伝言には「ときところ間違わぬうよう」とあるので
違うかもしれない。

dcf1f1b1473c8b0d29e7fa78dca44bc9.jpg
復興願い青空に舞う旗頭 「首里城のために揚げる」
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-1019466.html

首里城の再建を願う「旗頭」 沖縄の伝統文化、各地で
https://www.asahi.com/articles/ASMC34TRCMC3TPOB001.html?ref=tw_asahi

旗頭、わたしは大好きなんですが、
どんな意味があるんだろうと検索すると
「村のシンボル、守り神」とあります。
旗頭の総重量は40~60キロにも及び、高さは7~10メートル。

aaa那覇大綱挽_50
「那覇四町と称される「西村・東村・若狭町村・泉崎村」での綱引が元となり、現在では県内随一の祭となった那覇大挽。そこに欠かせないのが旗頭である。地域ごとに繁栄の願いが込められた象徴であり、旗持ちが踊らせる、その姿は誇り高く勇壮である。・・・『那覇四町綱之図』には琉球王朝時代の色鮮やかな旗頭が描かれており、今と変わらぬ平和と繁栄への願いを感じることができる。広報わかさNo.92

村の守り神・旗頭/沖縄の歴史文化深掘り研究
http://www.okilog.net/tradition_culture/entry89.html

旗頭も中国からかも知れないですね。



| 沖縄 | 01:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2日で1億円突破


2日で1億円突破しました。
現在 152,672,326円
目標額は二日で達成しましたが、
引き続き支援を受付中です。

ふるさと納税(クラウドファンディング)
沖縄のシンボル「首里城」再建支援プロジェクト
https://www.furusato-tax.jp/gcf/717

那覇市が受け皿の銀行口座が開設されました。
首里城火災に対する支援金
https://www.city.naha.okinawa.jp/safety/sinsai/shurijousienkin.html


| 沖縄 | 00:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |