2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

電気的太陽実験


動画を見ると実験で太陽ができているのがわかりますよ。

全部じゃないけど、動画から書き写しました。
タイプミスがなければいいけれど。

Wal Thornhill: SAFIRE and the Future of Science, Part One | Space News
http://www.holoscience.com/wp/wal-thornhill-safire-and-the-future-of-science-part-one-space-news/

https://www.youtube.com/watch?v=FohQsaxf4ho&feature=emb_title


・・・一般の人々や多くの科学者には知られていないが、代替の太陽電気モデルが1979年にエンジニアによって提案されました。それはすべての電気ライトの重大な長寿を有し、銀河回路に接続されており、銀河回路は天体物理学者によって無視されているプラズマ宇宙論の基礎です。しかし、20世紀に実験科学者と技術者によって開発され、そして予測的であることが証明されました。数学的ビッグバン宇宙論とはまったく異なります。電気的太陽モデルのテストを可能にする状況が生じたのはほんのここ数年の事です。SAFIREプロジェクトと呼ばれます。

最先端のエンジニアリング会社Aurtas(アウルタス)Internationalは、電気的太陽モデルを実験的にテストするために連絡を受けました。Aurtas International Incorporated(アウルタス・インターナショナル株式会社)は、エレクトリックユニバースやザ・サンダーボルツ・プロジェクトに所属していない独立した機関です。最近、SAFIREチームはこれまでの結果に関する時別な更新を共有しました。

ウォレス・ ソーンヒル博士「SAFIRE(規制実験における恒星の大気機能)とは平易な言葉で言えば、地球の実験室で太陽のプラズマ特性を再現することを目的とした電気的太陽実験です。光球圏から宇宙空間に向かって、外向きに再現可能的に、そしてそれが自己調節であることを示すために。目的は、自然に我々が見せてもらうことです。モデルが正しい場合、太陽のような恒星が非常に恒常的に輝いている理由を。

それは電気的宇宙の初期の先駆者の側に続いています。ノルウエーの科学者、クリスチャン・バークランド氏と彼のテレラ、または小さな地球実験、それは彼が19世紀の終わりに行ったものです。バークランド氏は、真空チャンバーに囲まれた磁化された球体への放電を使用して、オーロラを実証しました。とりわけ彼は、電子とあらゆる種類の飛翔イオンで構成される地球と太陽の間の電気的接続を予測しました。現代的には、彼は太陽風を予測していました。

宇宙の電気の概念は19世紀には明らかにタブーではありませんでした。Aurtas Internationalの社長兼創設者であり、SAFIREプロジェクトのマネージャーであるMontgomery Childs氏は物理学者のMichael Clarage博士と共にこの実験の更新を提供しました。モンティはこの言葉を要約しました。「すべての実験と発見に置いて電気的太陽モデルとの間に”ズレ”はありませんでした。SAFIREの実験は、電気的太陽モデルを検証およびサポートをしていると考えています。」

これらの言葉の衝撃的な結果はすぐには明らかにならないかもしれません。SAFIRE実験は、電気的太陽モデルの独自検証でした。太陽エネルギーに関心を持つカナダのエンジニアリング会社urtas(アウルタス)Internationalによる。このプロジェクトは国際科学財団、(ISF)によって資金提供され、その使命はこう示されています。「科学の有望な新しい研究をサポートするために設立され、最初の科学的テストは満たしているが、認識や資金が不足していた、革新的なアイデアにスポットライトを当てています。ISFは、広範囲にわたる発見の見通しに最も高い価値を置いています。」

これらの目標は主流の科学では悲しいことに欠けています。そこでは、専門家は現状を守ることにあまりにも迅速で、そして馴染みのない提案は不可能であると宣言されます。危険に晒されていたのは、電気的太陽モデルを担当する多くの学者の人生の仕事でした。このようなリスクテイクは、今日の【発明科学】では見られないものであり、そこでは、モデルの失敗は日常的な出来事ですが、深刻な影響を受けることは滅多にありません。

一般的に”現象は完全には理解されていないなどの修飾子によって却下されます。これはイタチ言葉です。”より多くの資金を送ってくれ、我々が発明する、かも、しれない架空の粒子と力を探し続けるために、外観を保存し、ノーベル賞を獲得するチャンスごとに。”

これは現代の制度化された科学には並外れた反証が必要であることを示しています。SAFIREの結果が証明されました。宇宙論者と素粒子物理学者は恒星達を理解していません!

エディントン氏の複雑で検証不可能な世紀前のモデルは間違っています。私たちは、素粒子から銀河までのあらゆるレベルの宇宙とその間の全てを理解していません。ここでいくつかの電気的モデルの背景が必要です。」・・・





| 電気的宇宙論・電気的身体 | 14:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |