2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

新型コロナウイルス肺炎の続報(ドローンで空中から監視、マスク着用を住民に呼び掛け)


タイではみんながマスクをしててびっくりしたと
タイ旅行から戻られた知り合いの人が言ってました。

タイ政府「新型肺炎、エイズ・インフル薬で治癒」と発表
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55159240S0A200C2FF8000/

「使ったのはエイズ治療薬の「ロピナビル」と「リトナビル」、インフル薬の「オセルタミビル」(商品名タミフル)。感染確認から10日しても回復しない重症の中国人女性(71)に投与したところ、それから48時間以内に新型コロナウイルスが消失したという。」

え?インフル薬の違いがあるけれど、
これ中国ですでにやってますよ↓


中国で新型コロナウイルス肺炎の治療薬が発見される
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-20408.html

抗HIV治療薬のロピナビル/リトナビル(カトレラ®︎)を新型コロナウイルス肺炎患者に投与したところ、翌日には解熱、寛解へ


新型コロナウイルス肺炎の続報(武漢から帰国した人たち)
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-20427.html

#新型コロナウイルス肺炎 武漢大学に通う21歳の女学生、上海に戻って突然発熱・咳。22日に確定診断され、入院。使用したのはインフルエンザで使われるアルビドールとHIVで使われるロピナビル/リトナビル。1週間で退院。一般に軽症なら1〜2週間で治癒するとのこと。29日付新民晩報より。



///////

新型肺炎 フィリピンで中国人1人死亡 中国以外では初めて
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200202/k10012269431000.html

新型ウイルスの特効薬?
インド政府、アーユルベーダなど古来の治療法を推奨

https://www.afpbb.com/articles/-/3266237

新型コロナウイルス予防のためにインド政府が
代替医療の「ホメオパシー」を推奨

https://gigazine.net/news/20200131-india-recommends-homeopathy-treat-coronavirus/


///////

中国で拡声器付きのドローンでパトロールを実施。マスクをしていない人、武漢で不必要な外出している人に注意したり、街の人に「なぜ出歩いてるのか?帰宅して、手を洗え」と指示。もうびっくりですね。未来映画そのものを現実で初めて目にするのが中国だとは、誰も想像しなかったでしょう。中国のテクノロジーの凄さは知ってはいたけど、想像以上。古くて新しい国。

おばあさんにドローンが語りかける。
マスクをしなさい、家に帰って手を洗いなさいと。
ドローンを見上げるおばあさん。

イシケンのニュース解説 / 石田健 @ishiken_bot

うお、テクノロジーの進歩か、オーウェルのディストピアか分からないネタ…

・中国、拡声器付きのドローンでパトロールを実施
・マスクをしていない人や、武漢で不必要な外出している人に注意
・街の人に「なぜ出歩いてるのか?帰宅して、手を洗え」と指示

https://twitter.com/ishiken_bot/status/1223536366618677250



ニュースになってないか探したらありました。
aaa9_IltCNC.jpg
ドローンで空中から監視、マスク着用を住民に呼び掛け 中国
https://www.cnn.co.jp/tech/35148804.html?ref=rss

///////

宇佐美典也 @usaminoriya

コロナウイルス関連で出た日本で初めての死者が対策を担当していた公務員の自殺なんだな。なんか言葉が出ないわ。


桃子1号 @mXamp7zDS7LtCqr 1月30日

#イベリア航空 でアジア人差別を受けました。フランスースペインのフライト。乗客みなさんが機体前方に詰めて座っているなか、私だけ1番後ろに隔離され、周りには乗客がおらず。チェックインカウンターは日本語を少し話すフランス人だったのですが、アジア人=コロナウィルスなんですね。

AAEPgus--XUAA2cN-.jpg



///////

武漢火神山新型コロナウイルス感染肺炎専科医院がOPEN。
8日でできたのかな。

藤田康介
https://twitter.com/mdfujita

#新型コロナウイルス肺炎 2月2日、突貫工事で作られた武漢火神山新型コロナウイルス感染肺炎専科医院がOPEN。1,400人のスタッフ投入。一般の医療施設ではなく、人民解放軍が管轄。ベッド数1,000床。軍医大系の専門家が治療にあたります。通常の医療系統とは全く別です。

https://ishare.ifeng.com/c/s/v0042Nb8t0


新型コロナウイルス肺炎対策、エレベーターより階段。
中国語はわからないけれど、
狭いエレベーターだと感染しやすいですよね。

藤田康介

#新型コロナウイルス肺炎 中国語が分かる人には分かりやすいかも。どういう対策をすると良いか。エレベーター乗らずに階段というのは面白い。だいたいの日常生活を網羅しているのでは?

aaEPxU5TUUEAA0auq.jpg



糞口感染。手は綺麗に洗いましょう。
日本人でも洗わない人それなりに居ると思いますよ。
女性でも洗わない人いましたから。

藤田康介 @mdfujita

#新型コロナウイルス肺炎 まあ、現場からすると予想通りでしょう。患者の便から2019-nCoV核酸の陽性反応が出たというニュース。というか、大小便した後ですら手を洗わん人が多いこと自体、不思議で不思議で。上海でも昔から地下鉄や路線バスの手すりは汚いから絶対触らんというオバはんおられます。

#新型コロナウイルス肺炎 武漢大学人民医院の研究で、糞口感染することが分かりました。これで飛沫感染・接触感染・糞口感染が主な感染ルート。下痢の理由の一つが分かりました。嘔吐や下痢の消毒処理が重要。中国の衛生(トイレ)環境をどう清潔にするか対策をしっかりとしないとダメ。消毒+手洗。


原発事故でも避難した子供がいじめに遭いましたからね。

藤田康介 @mdfujita

厚労省は「中国・湖北省から日本へ帰国される方は、検疫官に申告する義務」ってあるけど、上海帰りも現実には周りに配慮して2週間自宅やホテルで自主的に隔離が会社で言われていたり。でも実際は買い物に出て行かないといけないし困ったという声も聞かれます。配慮が難しい。 https://mhlw.go.jp/stf/seisakunit

中国各地から日本に戻った沢山の日本の子供達が、「コロナちゃん」とかいわれてイジメに遭わないか真剣に心配しています。だとすると「インフルちゃん」イジメもこれからますます心配ですね。いや、きっと大丈夫・・・、と信じていますが。

上海から日本に会社命令で帰国する日本人。日本では上海以上にカゼ引けないなと皆さん心配。上海だったら熱が出ても市内110箇所にある発熱専門の外来に行けばしっかり検査もしてくれるけど、日本で且つ中国戻りと言うと診察すら拒否されるのではないかと皆さん心配されています。日本の情報不足気味。


中国の温泉。

藤田康介 @mdfujita

なんか最近、堅苦しいTweetが多くてスミマセン。
私は中国の温泉が好きで、平時であれば温泉療法を探しにあちこち出かけます。ここは江西省の温湯鎮。上海から1,000キロほど。源泉に沸いている温泉を汲んでおられます。皆さん何故お湯を汲んでいるか?実はお風呂に入るためではないんです。

https://twitter.com/mdfujita/status/1223577763027644418

実はこれ、足湯するためなんです。日本と違って、一人一人が個別のバケツで足湯。裸になってお温泉に入るよりも、こっちの方が簡単で清潔で良いらしい。クニによって違う温泉の楽しみ方ですね。中国は基本、欧米みたいに水着で温泉に入るエリアです。ですが、例外もあったりしますよ。

aaEPsNCR9U4AEPbXO.jpg

上海から2,600キロ行った雲南省大理。実はここも温泉が有名なんです。私は地図に載っていない公衆浴場を探すのが好きで地元の人に聞くとやっぱりありました。冬になるとチベット族がシャングリラから下りて来て湯治に来られます。彼もそう。服を浴室内で脱いで素っ裸で温泉に。もちろん源泉掛け流し。

aaEPsPwZrU0AEcyAS.jpg

↑しかしフツーの日本人はちょっと入浴ムリかも。でも最近の中国の温泉地のホテルにはこういう部屋ウチの温泉も多いです。バスタブは深くお湯は源泉100%。いつでも自分でお湯を入れます。加水しなければ熱いぐらいのお湯でした。本読んでもよし、スマホ見ながらでもよし。日本とはまた違う温泉文化。

aaEPsS5VXUUAAlGqv.jpg


中国では有効成分の含有量が多くないと高く売れない。

藤田康介 @mdfujita

仕事柄、生薬探しによく中国各地へ。ここは上海から1,900キロの甘粛省定西です。蘭州拉麺で有名な蘭州でレンタカーして運転して行きました。写真は生薬黄耆の畑。ここの農家は有機栽培に拘っておられました。中国では有効成分の含有量が多くないと高く売れないのです。こだわりの農家も増えました。

aaEPsWMhwUUAAnSh8.jpg


浙江省の農家のお宅拝見

藤田康介

浙江省の農家のお宅拝見(許可を得て撮影w)。靴を脱いでスリッパ生活ですね。日本みたいに裸足では足が冷たすぎて無理です。床はキレイに掃除されていましたよ。中国の農家も地域によって色々なんですが、総じて皆さん自宅ではキレイに暮らしておられました。

aaEPuk7BVVAAIyaXz.jpg
aaEPuk7B5U8AAPfJ0.jpg





| ニュース  | 23:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |