2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月

| PAGE-SELECT |




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

遅くとも2019年8月には新型コロナウイルスが日本へ上陸、 蔓延していた可能性が高いとの研究結果


福島淳也医師(消化器内科医・筑波大卒)の研究。
「遅くとも2019 8月には日本にCOVID19が上陸しており、
昨年秋に感染が蔓延していた可能性が高いと考えます。
2020年3月頃より第二波が開始していると考えます。」


福島 淳也
《拡散希望》MS Task Force for COVID19  代表 福島淳也 2020 5.5
https://m.facebook.com/100001830850140/posts/3734434503294208/?d=n

2019 8月にはCOVID19 が日本国内へ侵入し、蔓延していた可能性が高いとの研究結果を得ましたので報告致します。一人でも多くの世界中の尊い生命を救いたいという我々医師、医療従事者達の強い理念から今回、100名以上の同志達で、MS Task Force for COVID19 (以下MSF)を結成しております。MSFでは今回のCOVID19による感染がすでに昨年秋、日本国内で第一波が蔓延していた可能性があると考え、仮説検証試験を行なっております。・・・・・



日本バイオデータさんの
たぶん新型コロナウイルスは日本に何回も来てる
と関係してきそう。


フォートデトリックにある米軍生物兵器研究所では
安全基準を満たしていないとして
去年7月から無期限に閉鎖されています。

このの直後から
若年者の間で奇妙な肺の病気がみられるようになりました。
ティーンエイジャーを含む若年層を中心に、呼吸困難や
過度の疲労、体重の減少、胸部の痛みといった報告が急増。
症状が最も重い患者は、酸素治療を受け、
何日か人工呼吸器をつけなければならないほど
肺のダメージが大きく、何人かの患者は
生涯後遺症が残るとみられている。

これが電子タバコ肺炎と言われていますが、
調査した医師によると電子タバコではこのような症状は起きないそうです。

そしてコロナ騒動が始まった途端、電子タバコは消失。

この後電子タバコの記事をアップします。

同じ頃、、バージニア州の老人ホームで
死に至るウイルスの流行で呼吸器感染が発生し、
54人が呼吸器症状を訴え、2人が死亡、18人が入院した。
感染の最初は6月30日の最初の症例から始まった。


'Respiratory outbreak' being investigated at retirement community after 54 residents fall ill
https://abcnews.go.com/amp/US/respiratory-outbreak-investigated-retirement-community-54-residents-fall/story?id=64275865&__twitter_impression=true&from=singlemessage&isappinstalled=0

///////

パリ近郊の病院で昨年12月にコロナ患者を確認。パスツール研究所も「同国における感染は1月に海外から入ってきたわけではなく、現地で起きた特定できないウイルスによるものである」と。

人民中国雑誌社@PeopleChina

パリ近郊のセーヌ=サン=ドニ県にある2つの病院で集中治療室の責任者を務めているイブ・コーエン教授は3日、フランスのBFM TVのテレビ番組で、勤務する病院で昨年12月にCOVID-19の患者を確認したことを明らかにした。

aaEXOHLU7UMAAVzGR.jpg

コーエン氏は「昨年12月から1月にかけて肺炎に感染した患者に対し、改めて核酸検査を行った。当時はインフルエンザやほかのコロナウイルスを調べただけで、COVID-19の可能性は考慮していなかった。その結果24人の中から陽性が1人判明し同患者は12月27日に病院に来た」と述べた。

フランスのパスツール研究所もこのほど発表した報告には「同国における感染は1月に海外から入ってきたわけではなく、現地で起きた特定できないウイルスによるものである。フランス北部でしばらく感染がひそかに拡大したが、患者の症状は軽度、または無症状だったため注目されなかった」と指摘した。


mko@trappedsoldier

フランスのコロナ最初の感染は、昨年の11月であったことが判明。12月の中国より1か月前だ。WHOは他の国にも、調査を依頼した。フランスが最初でも「フランス・ウィルス」とは言わない。そもそも最初の犠牲国を誹謗することが、非人道的で非科学的で愚か。

https://twitter.com/qiaocollective/status/1258975217415749638



| ニュース  | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新型コロナウィルスにマラリア原虫が入っているから、ヒドロキシクロロキンが効くの?


新型コロナウィルスのゲノム配列に
マラリア原虫が入っているから
ヒドロキシクロロキンが効くんでしょうか。

そして電磁波を発するとあって
5Gを想起させます。

ツイートの量が多いですが、資料としてアップしておきます。

p@OdNezu

「武漢研究所は2000年代から特別コロナを専門に扱っているが、新型コロナが発生した時、私は同僚の情報生物数学家ペレーズの協力を得てゲノム、即ち配列の解読を行った。リボ核酸(RNA)からできたものだ。そして別のウィルスの配列の混入していることを確認したのだ。」(リュック・モンタニエ)

これはノーベル医学賞受賞者リュック・モンタニエがコロナウィルス人工説を最初に公表して大騒動になった放送からの引用です(4月16日)。

https://www.pourquoidocteur.fr/Articles/Question-d-actu/32192-Revelations-l-origine-SARS-CoV-2-Luc-Montagnier-Nobel-marginal-habitue-polemiques

「確認と言ったのは既にインドの研究チームが同じことを発見していたからだ。彼らは発表を試み挫折している。新型コロナゲノムの配列に混入していた異なるウィルスとは私にとっては大変な驚きだったがHIVのものだった。」(モンタニエはHIVウィルスの発見者としてノーベル医学賞を受賞している)

「インドチームが新型コロナウィルスにHIVの配列発見を発表したものの、撤回せざるを得なかったのは、勿論真実が明るみに出るのを防ごうとする大変な圧力の働いているせいだ。しかし科学的事実はいずれは日の目を見ることになるものだ。」

「(新型コロナにHIVウィルス配列の断片が混入しているのは患者の体内で起こった自然な変異の可能性では?) ゲノムにHIVの配列を混入させるには分子工学の道具が必要だ。それが出来るのは研究所の人間だけだ。数年前までは難しかったが今ではずっと容易になった技術だ。」

「私の想定では新型コロナウィルスは武漢にある最高レベルの安全性を保障するウィルス研究所で作られたもので、何らかの形で製作者の手から漏れ出てしまったのだろう。魚市場が起源とはうまい御伽噺だが、可能性はほとんどない。」

「武漢の研究者達はコウモリを宿主とするコロナウィルスをモデルに研究を進めていたが、それを加工したのだ。何故そんなことを行ったのか考えられる理由の中でもっとも理性的なものはHIVに対するワクチンを作ろうとしていたのではないかというものだ。」

「コロナウィルスをHIV抗原の発病性のない宿主(ベクター)に選び、ワクチンの開発を試みていたと想定できる。それが手に負えなくなってしまったという魔法使いの弟子の話ではないか。」

「分子工学は多くのことを可能にしたが、残念なことに我々が忘れてしまいがちなのは、太古の昔から存在する自然というものはなんでもかんでも出鱈目を許すものではないということだ。」

「自然は調和を求める。これは同僚のペレーズがここ数年探求している分野だが、あらゆる分子構造は自然な調和によって支えられており、それを乱す要素を排斥しようとする作用を持つ。」

「私が今伝えたいメッセージの二つ目は、現在起こっている現象は、自然が新型コロナに加工された異物を排斥しようとしているものだということだ。新型コロナウィルスは劇的に変異を続けているが、その際に加工されたHIV配列を本能的に排斥していっているのだ。」

「最近アメリカ西海岸、例えばシアトルで観察されるコロナウィルスは初期のものに比べてゲノムの配列が壊滅的になってきている。放っておいてもこのまま消滅する希望もあるだろう。まだしばらく死者の出ることは避けられないが。」

「このウィルスの自己崩壊過程を人工的に促進することも考えられる。例えばこのRNA配列の発する電磁波に干渉する電磁波を利用することでこの配列を破壊することができるかもしれない。それは新型コロナ患者に対しても利用できる可能性があるが勿論その開発には資金が必要だ。」

え!?電磁波!?と仰天したのは私だけでしょうか?

「(博士のご説明は明解な上ノーベル受賞者という肩書きもおありだが、それでも陰謀論と言われるのではないですか?)
 いいえ。陰謀論者は真実を隠そうとする相手側だ。私は中国に友人も多いし尊敬する国だが、中国政府が武漢研究所で漏洩事故が起きたことを認めれば事態はずっと容易になる。」

「真実はいずれ明るみに出るだろう。そもそも新型コロナウィルスのゲノム配列に混入している異物はレトロウィルス(HIV)配列だけではない。マラリア原虫のものなど他のものも混じっている。こうした操作は誰かがコロナウィルスに別の配列を加えてエイズワクチンの開発を試みたことを推測させる。」

え!?マラリア!?とまた驚く私…

「とにかく中国政府がそうしたことを認めさえすれば事態はもっと楽になる。現在、新型コロナウィルスの起源に関する研究発表は中国政府の許可なしで行えなくなってしまった。この決定は間違っている。今日の科学が真実ではなく、人間に左右されるような印象を与え、科学にとっては害になるからだ。」

「中国は今少しずつコロナウィルスを用いた研究を行っていたことを認め始めている。その際、アメリカから膨大な支援を受けていたことも無視できない。つまり危機発生元は中国だけではない。だがとにかく自らの誤りを認める大国であることを望む。」

クロロキンは抗マラリア薬だし…

新型コロナ発生初期にすぐ使用が試みられたKaletra は、現在EUが行っているヒドロクシクロロキンの効果を試す実験でも比較グループに用いられている抗HIV薬。何故に抗HIV???

「新型コロナ米中冷戦:中国は安価で入手容易、アメリカの製薬会社に依存しないヒドロクシクロロキンの使用を推奨。一方アメリカはGilead社が特許を持つ高価なレムデシビルの使用をゴリ押し。板場挟みとなったフランスの一万人超の死者はこの冷戦の間接的犠牲者と言える。」

https://blogs.mediapart.fr/abur/blog/020520/covid-19-la-france-dans-la-guerre-froide-sanitaire-entre-la-chine-et-les-usa

「フランスにはリューマチ治療のためにヒドロクシクロロキンを日常的に服用している患者が数万人いるが、何故彼らのcovid19感染率に関する調査が行なわれないのか?」(フランス元厚生省事務局長)



///////

p@OdNezu

「私はモンタニエ博士と一緒に十年来、発熱を伴わない慢性感染症と慢性疾患の関連について研究している(…)彼の新型コロナウィルスに関する発見については三月に聞いた。彼はゲノムの解読を88回行い、87回HIVの配列の断片を発見していた。」(ジェラール・ギヨーム医師)

「4月11日にモンタニエ博士は新型コロナウィルス配列解読の最新状況について話してくれたので、何故マスコミに話さないのかと言った。モンタニエ博士はウィルス人工説を公表すれば一斉射撃に遭うことを覚悟していたが、”私はもう87歳だ、恐れるものはない” と語っていた。」

「新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)の解読を始めると、以前のSARSに比べて非常に発展したことがわかった。この時アメリカのネットで、新型コロナには以前のSARSにはない領域が存在し、それを取り除くと配列が減少する代わりに、統一性を増すという報告を発見した。」(ジャン=クロード・ペレーズ)

「私達はその後、新型コロナウィルスのこの新しい領域内にHIV-1の微細な断片をまず三個、次に六個発見しプレプリント論文を(ピアレビューなしに)発表したが、まもなく理由のないまま削除された。インドの研究チームによる発表も同じ目に遭ったことを聞いた。」(ペレーズ、元IBM技師、情報数学者)

ジャン=クロード・ペレーズによるプレプリント論文はその後以下のリンクにアップされている。

WUHAN COVID-19 SYNTHETIC ORIGINS AND EVOLUTION
https://zenodo.org/record/3724003#.XrKYis3gqJB

「新型コロナウィルスが人工的に操作されているという我々の主張に対して中国は激しく反論している。簡単には説明できないが、このウィルスがコウモリ起源であるかのように見せかけるため操作は最後の段階で行ったらしい証拠も我々は論文内で提示している。」ペレーズ、元IBM技師、情報数学者)


最初の頃、抗HIV薬も使われていましたよね。

p@OdNezu

「新型コロナの被害はあまりに大きいため誰もが責任回避し発言を慎む雰囲気が蔓延している。特に武漢研究所にアメリカが多大な支援を行っていたことは事実だから皆萎縮している。私は引退し独立しているため言いたいことを言う。」(ウィルス人工説を唱えた仏ノーベル賞受賞者リュック・モンタニエ)

「武漢では以前からコウモリを宿主とするコロナウィルスを人間に感染させる試みが行われていたが受容体不在のために成功しなかった。新型コロナの配列を調べると一部に極微細なHIVウィルス断片が発見される。これは人工的に付け加えられたものだ。」

「こうした実験が行われたのはワクチンを開発するためと解釈することが我々にとっては最も受け入れやすい。新型コロナは速いスピードで変異するがその時にこの人工的に付け加えられた部分が最初に消滅し、ウィルスにとって異物であることを物語っているように思われる。」

「コロナウィルスのグループは高温度を苦手とすることと、速い速度で変異する中この人工的部位が消滅することから春になり気温が上昇すると共にウィルスも消滅することを期待したい。」

「未知の病原体が出現すると議論に熱が入るのは当然のことだ。新型コロナウィルスは極めて感染力が高いが致死率はそれほどない。しかし死者の出るのも事実だから治療が必要だ。最初に試みられたのがクロロキンで、効果を示しており、ラウル医師が機を逃さず即この治療を実施したことは賛美に値する。」

「何故クロロキンが有効なのかはまだよくわかっていないが、少なくとも新型コロナでは非常に強い酸化ストレスが現われるから、その症状である咳や呼吸困難への対症療法としての抗酸化剤の使用は合理的だ。」

「今では新型コロナはアンジオテンシン受容体から肺や他臓器の細胞に侵入することがわかっており、クロロキンや類型の薬を使用することは理に適っているし、風邪やインフルエンザ同様、肺の過剰炎症はウィルスによって始るが最後は細菌の作用だから、抗生物質のアジスロマイシンの使用ももっともだ。」


韓国ではヒドロキシクロロキンと抗HIV薬が推奨されている。

fdzaraf@fdzaraf 5月3日

先月、韓国疾病管理予防センター、韓国感染症学会、韓国抗菌薬治療学会、韓国小児感染症学会および結核協会は、新型コロナウイルス感染症 COVID-19の治療に抗HIV薬であるカレトラをヒドロキシクロロキンHCQと組み合わせて使用することを推奨しました。

彼らは、ヒドロキシクロロキン HCQを早期に使用することのプラスの効果として、患者が感染日数が短縮されることで、他者へのウイルス感染が減少し、それによって感染曲線がより早く平坦になることであると主張しています。

韓国でもヒドロキシクロロキンが推奨されていたとは知りませんでした。筆者やアメリカの一部の医師は、米大統領選に関わる政争で、医師と患者が治療薬を使う自由が知事や政治家によって制限され、さらに将来的に政治家があらゆる治療薬に介入することを警戒しているようです。


多くの科学者が反対する武漢研究所での危険なコウモリコロナウイルス研究を推進していたのはファウチ
http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-20926.html

| ニュース  | 21:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コロナウイルス対策「祝詞」25


奏上しました。


| 祝詞 | 19:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

多くの科学者が反対する武漢研究所での危険なコウモリコロナウイルス研究を推進していたのはファウチ


トランプと習近平は仲が良いので、
武漢ウイルス研究所についてトランプが
中国にいちゃもんつけているように見えるのは芝居でしょう。

武漢研究所に世界中の目を向けさせ、
ファウチらの悪巧みを公にすることが狙いでしょう。
ファウチも武漢研究所に資金を投入しています。

ファウチは悪党です。

この武漢研究所はフランスの支援で創設したもので、
オバマ政権時代には税金から武漢研究所に資金投入されています。
今年になってこの資金提供をトランプが止めました。

武漢で実施された数々の研究プロジェクトに
欧米のパートナーが携わっています。
そのパートナーの一人はテキサス大学のガルベストン国立研究所。

フランスを始め、色んな国や企業が技術や資金提供をしています。
[昨年末にコロナ患者 仏で判明]のニュースがあっても当然。

武漢研究所のコロナウイルス研究プロジェクトは
ファウチが2014年から推進してきました。

ファウチが推進する
プロジェクトの一部は2019年に完了。
その年から始まるプロジェクトの第2段階には、
コウモリコロナウイルスが人間を攻撃するために
どのように変異するかの機能向上研究が含まれていた。

ウイルスを操作して、
人間に感染する可能性を探る研究は
偶発的な放出からパンデミックを
引き起こす危険性を引き起こすため、
多くの科学者が中止を求めてきた。


///////

国防総省の「大量破壊兵器」研究予算が武漢ウイルス研究所に流れていた可能性が浮上|連邦議員が調査を開始

「米下院のガイ・レシェンソーラ議員(ペンシルバニア州選出・共和党)は、国防総省における650万ドルの細菌兵器研究助成金が、ニューヨークにあるNPO組織を経由して武漢ウイルス研究所に拠出されていた可能性があるとして調査を進めている。・・・」

///////

Why US outsourced bat virus research to Wuhan
https://asiatimes.com/2020/04/why-us-outsourced-bat-virus-research-to-wuhan/

newsweekの機械翻訳をアップしておきます。
おかしなところは修正しました。

Dr. Fauci Backed Controversial Wuhan Lab with Millions of U.S. Dollars for Risky Coronavirus Research
https://www.newsweek.com/dr-fauci-backed-controversial-wuhan-lab-millions-us-dollars-risky-coronavirus-research-1500741

aaarj2AZKyf.jpg

ファウチ博士は、リスクのあるコロナウイルス研究のために、米ドルで物議を醸している武漢研究所を支援

アンソニー・ファウチ博士は、ドナルド・トランプ大統領の顧問で、パンデミック危機の間、堅実で冷静な指導力を発揮したことで、米国民英雄のような存在です。 少なくとも1つの世論調査によると、コロナウイルスの世界的流行について、アメリカ人はトランプ氏よりもファウチ氏を信頼しており、ブラッド・ピット氏によってテレビで描かれている科学者はほとんどいない。

しかしつい昨年、国立アレルギー感染症研究所が、博士が率いる組織になりました。 ファウチ氏は、コウモリコロナウイルスの機能向上研究のために、武漢ウイルス研究所などの研究機関に資金を提供しました。

2019年、国立衛生研究所はNIAIDの支援を受けて、機能向上活動を含む研究に6年間で370万ドルを費やした。 このプログラムは、コウモリコロナウイルスの収集と研究のための5カ年370万ドルのプロジェクトの後、2019年に終了し、合計で740万ドルとなった。

多くの科学者が、機能研究の利得を批判してきました。これは、研究室でウイルスを操作して、人間に感染する可能性を探る研究です。それが偶発的な放出からパンデミックを引き起こす危険性を引き起こすためです。

SARS-CoV-2は現在、世界的な大流行を引き起こしているウイルスはコウモリに由来すると考えられている。 コロナウイルスは自然に発生したと米情報当局は主張した後、先月、武漢研究室からの漏出からパンデミックが発生した可能性があると認めた(現時点では、ほとんどの科学者はパンデミックウイルスが作られ、操作された可能性があるが、可能性は低いとしている)。

ファウチ博士は、ニューズウィークのコメント依頼には応じませんでした。 NIHは声明文で次のように述べた。"ヒトウイルスの出現のほとんどは野生動物から来ており、これらは2002-03年のSARSの流行や、現在のCOVID-19の大流行など、米国および世界の公衆衛生とバイオセキュリティーに対する重大な脅威を示している。科学的な研究では、示唆する証拠がないことが示されている。ウイルスが実験室で作られたというのです"

NIHの調査は2つの部分から成っていた。 第1部は2014年に始まり、コウモリコロナウイルスの監視に関わり、予算は370万ドルだった。 このプログラムは、武漢研究所のウイルス学者であるShi Zheng-Li氏や他の研究者に資金を提供し、野生におけるコウモリコロナウイルスの調査とカタログを作成しました。 この部分は2019年に完成した。

このプロジェクトの第2段階は、その年から始まったもので、追加の監視作業に加え、コウモリコロナウイルスが人間を襲うために変異するメカニズムを理解するための機能獲得研究も含まれていた。 このプロジェクトは、病気生態学の専門家であるピーター・ダザク会長の指示のもと、非営利研究グループ"エコヘルス・アライアンス"によって運営されました。 NIHは4月24日、つい最近金曜日にこの計画を中止したと、ポリティコが報道しました。 ダザック氏は、ニューズウィークのコメント要請には、すぐには回答しなかった。

プロジェクト提案では、"Sタンパク質配列のデータ、感染クローン技術、in vitroおよびin vivo感染実験、およびレセプター結合の分析を用いて、Sタンパク質配列における発散閾値の%がスピルオーバーポテンシャルを予測する仮説を検証する"としている。

俗人の用語でいうと、ウイルスが動物から人間に跳躍する能力を指す。そのためには、ウイルスがヒトの細胞内の受容体に付着できる必要がある。 例えば、SARS-CoV-2は、人間の肺などの臓器のACE2受容体と結合するのに長けている。

ラトガース大学の感染症専門家、リチャード・エブライト氏によると、このプロジェクト記述は、遺伝子工学の技術を使って、コウモリコロナウイルスの能力を高める実験を指しています。 大流行の後、それは注目に値する詳細である。

エブライト氏は、他の多くの科学者と共に、研究室からの偶発的な放出によってパンデミックを引き起こす危険性があるため、機能獲得研究と反対してきました。

ファウチ博士は、1990年代のHIV/AIDS危機に関する研究で有名です。 ブルックリンで生まれ、1966年にコーネル大学医学部を卒業した。 彼は1984年からNIAIDの代表として、ロナルド・レーガン以来、全ての米国大統領の顧問を務めている。

10年前、鳥インフルエンザウイルスの機能獲得に関する研究で論争があったとき、ファウチ博士は、この研究を進める上で重要な役割を果たしました。 彼は、この研究は、パンデミックが起きた場合や、その時に役立つ可能性のある抗ウイルス薬の検討などの準備を科学者が行うことができるため、そのリスクを負う価値があると主張しました。

問題の研究成果は、野生ウイルスを移植し、変異してパンデミックの脅威となる可能性のある形態になるまで、生きた動物を感染させる機能向上研究でした。 科学者たちは、ヒト間で感染しにくいウイルスを取り込み、感染性の高いウイルス(パンデミックウイルスの特徴)にしました。 この研究は、一連のフェレットに感染し、意図的に感染していないフェレットが病気にかかるまで、ウイルスが変異することを可能にした。

その研究にはベテランの研究者も心配するリスクが伴いました。 200人以上の科学者がその研究を中止するよう求めた。 問題なのは、研究室の事故によってパンデミックが起こる可能性が高まったことです。

ファウチ博士はその仕事を弁護した。 "(D)これらのウイルスの分子アキレスのヒールを測定することで、科学者は、危険性のある人々の感染を予防したり、感染した人々のより良い治療に使用したりできる、新しい抗ウイルス薬標的を特定することができます"と、2011年12月30日付のワシントン·ポスト紙にファウチと2人の共著者が書きました。 "何十年にもわたる経験から、生物医学研究によって得られた情報を正当な科学者や保健当局者に広めることは、適切な対策を生み出し、最終的には公衆衛生を保護するための重要な基盤となることが分かっています"

しかし2014年、オバマ政権の圧力を受けて国立衛生研究所は21の研究を一時停止した。

しかし、3年後の2017年12月、NIHはモラトリアムを終了し、機能向上調査を含むNIAIDプロジェクトの第2段階が始まった。 NIHは、研究の進め方を決定するための枠組みを確立しました。科学者は、そのリスクが正当であるかどうかを決定する専門家委員会の承認を得なければなりません。

確かにレビューは行われたが、内密にはNIHが批判している。 2019年初頭、サイエンス誌の記者が、NIHが2つのインフルエンザ研究プロジェクトで、機能法の利得を用いたことを承認したことを受け、この種の研究に反対する科学者たちはワシントン·ポスト紙の社説でNIHを非難した。

ジョンズ・ホプキンス大学のトム・イングルスビー氏とハーバード大学のマーク・リプチ氏は、"私たちは、こうした実験をそもそも行うべきかどうかについて、重大な疑問を抱いています"と書いています。 "(W)審議は非公開だが、政府がこれらの決定にどのように到達したかを理解したり、そのプロセスの厳しさや完全性を判断したりする機会はない"と述べた。


ネズミさん @Nezmi_san

中国に責任を負わせ「逃げ切ろう」とするフランス。更に「カナダ」の関与。ミステリー小説となってきた。
https://twitter.com/news_ntd/status/1255117206641311745

リヨンに関わる海航集団のトップの転落死(2018/7)とインターポール総裁・孟宏偉の中国による身柄拘束(2018/10)と妻の仏亡命、中国の米国資産400億ドル売却(2019/9)、海航集団の巨額債務で政府管理(2020/4)、どのようにかかわっているのか?

中国HNAグループ共同創業者が転落死、深まる謎
https://www.epochtimes.jp/p/2018/07/34607.html


𓉤箱コネマン𓁷@HAKOCONNEMAN

【速報】哲学者エリック・デル・ブファロ教授、「#新型コロナウイルス の起源とされる武漢ウイルス研究所には、オバマ政権時代の米国立衛生研究所(NIH)およびフランスのパスツール研究所と国立保健医学研究機構(INSERM)などから資金提供されていることが公開されています。」

https://twitter.com/HAKOCONNEMAN/status/1257933393729216519








| ニュース  | 13:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |