PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

「漢拏」から「漢那」のすごい共時性。


詳細は今時点では書けませんが
26日那覇で「漢那(かんな)」さんという珍しい名前の方にお会いしたのですが
漢那という姓は琉球国の王、尚氏の子孫だそうです。
(名刺をいただいていますがさすがにフルネームを載せると
まずいので苗字だけにしておきます。)

ちかちゃんがその場に居なかったらその事に気づけなかったけれど
偶然とはいえ、不思議な出会いでした。
準備されていた。

今日片づけ物をしていてあることに気づきました。
9日の高麗神社の宮司さんの講演の後の懇親会で
俳句をされている方に色紙をいただいたのですが
そこに漢拏(かんな)と書かれています。

以下のようにきれいな俳句が書かれていますが
全文アップするわけにもいかないので最後の部分だけ。

○○○
○○○○○
漢拏山


出来過ぎともいえるシンクロです。

なぜ色紙をいただいたのか理由がわからなかったのですが
きょうになってようやくつながりました。

講演会へ行くと決めた瞬間に、26日に那覇で「漢那(かんな)」さんと
お会いすることが決まっていたわけだから、なんかすごいですね。

漢拏山を検索してみたらウィキには
漢拏山(ハルラさん、かんなさん)は韓国の済州島にある山とありました。
ハルラとも読むんですね。

「ハルラ」ですぐ「ハルナ」が浮かぶ。
榛名山(はるなさん)の語源はこの漢拏山(ハルラさん)かな。

漢拏山国立公園
『漢拏山は三神山の一つで高さ1,950mを誇る「漢拏山」がそびえ立っている.天の川に手の屆くほど高い山という意味を持つこの山は昔から神仙が住んでいるということで「瀛州山(ヨンジュサン)」とも呼ばれたり,金剛山·智異山を合わせ韓國の「三神山」の一つとして崇められてきた.また,多樣な植生分布で學術的價値がとても高い動·植物の寶庫として1966年10月天然記念物第182に指定,保護されている.・・・』

これもつながってきます。
2007.02.18 沖縄の歴史、ぶっとび解釈

関連記事

| 未分類 | 18:38 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ハルナさんと聞いて私が思い浮かぶのは湯川遥菜さんでした。

| 11 | 2014/11/30 13:24 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

湯川遥菜さん、無事だといいですね。何故政府は湯川さんを放置しているんでしょうか。日本では考えられないことなので、まさか政府のスパイなんてことはないでしょうね。

| mayufuru | 2014/11/30 23:57 | URL |

母方が漢那姓ですが、漢那姓は琉球王家子孫ではありません。
確かに、由緒あるなまえではありますが…
おそれ多くも、琉球王家の方からクレームがきそうです。

| | 2017/11/26 02:55 | URL |

Re:

漢那朝〇と言って名前に「朝」がありました。この名前で苦労してきたので息子には朝をつけなかったと言われていました。同席していた沖縄の友だちが勿体ないと言ってました。友達に確認してみますね。

| まゆみ | 2017/11/26 11:09 | URL |

Re:

沖縄の友だちからのメールを貼り付けます。以下。

-----Original Message-----
Sent: Monday, November 27, 2017 11:03 AM

かんな性は沖縄ではそんなに珍しい方ではなく
学年に1、2名はいるので
だいたいかんな世の知り合いはみんないると思います。

かんな性皆んながショウ家ではなく、
朝という字を男性が継いでいる方たちが
ショウ家の流れです。

カンナ性で男性が朝という名乗りを
代々継いでいる家系。は直系ではなくて
親族なので
尚家に遠慮して向(ショウと呼ぶ)が唐名の苗字です。

直系は苗字が尚です。

歴史的な人物だと元県知事の屋良朝苗も
カンナさんと同じく、
向家。
尚家の親族です。

氏集を持っているので調べてみたら

向家には大城、喜友名、金城、少なくとも20種類以上に
苗字が分かれています。

| まゆみ | 2017/11/27 15:48 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT