PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

宿題


少し前にできた中田考さんのbotです。

中田考bot

「点」としての「現在」が存在しうるのか、というのは哲学的にも物理学的にも難問だが、少なくとも<私>にとっては連続としての現在はアプリオリだ。<私>が存在するために要する「時間」はプランク時間と比べても文字通り桁違いに大きすぎるからだ。<2012.03.26>

「アプリオリ」って初めて聞いた言葉なので、まずここから考えてみます。
後日また書きます。
読者の方も考えてみてください。

関連記事

| 未分類 | 20:43 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんばんは

a priori
フランス語で、「前提として」とか 「常識的にいうと普通には」とかそんなニュアンスだと思います。自分が使う時にはそういう風に使います、間違っていたらごめんなさい。

| ちくちく | 2015/01/25 21:35 | URL |

Re: タイトルなし

ちくちくさん、ありがとうございます。

| mayufuru | 2015/01/25 22:27 | URL |

お久しぶりです

中田考さん、非常に良い事を言っていますね。
点は理論的かつ宗教的に考えるとプランク時間=刹那という事になり、点がある=有(原子が振動した時に始めて存在する)点がない=無(真空)。是か非か。
点としての現在(点は面積も体積も持たない見えないもの)見えないものが存在するのか? その質問から宗教というモノが発生したんだと思います。神がいるか、いないか。その答えが出せない現在が存在するでしょう。
ZPE(zero point energy)は無はがらんどうではなく、energyに満ち満ちている、というお話を以前フラーと一緒に働いていたエドワードさんとお話した事があります。点というプランク定数を考える時間さえ無いのが現代なんでしょう。

| who | 2015/01/25 22:57 | URL | ≫ EDIT

Re: お久しぶりです

whoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。今度記事を書くときにコメントを一緒に紹介させていただきます。私の考えはそのときに書きます。

| mayufuru | 2015/01/27 12:00 | URL |

whoさん、はじめまして。
引用させていただきます。

>ZPE(zero point energy)は無はがらんどうではなく、>energyに満ち満ちている、というお話

これと同じようなボームの話を
以前まゆみさん、取り上げていませんでしたか?

プランク時間って(人間の想像し得る)=「永遠」
なのかもしれません。

と、思いました。

では、「ア・プリオリ」って(笑)?
カントはちょっと堅く考えすぎているように感じます。

※著作を「ちゃんと」読んだことはないので
 あくまでも「印象」です。

| うー | 2015/01/27 23:46 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT