PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

地獄へのスターゲート:あばかれたCERN/SATURN(土星)


いっぱい書きたいことがあって一度では書けそうもないので
中途半端だけど一旦アップします。


CERN LHC


世界各地で起きている異常気象、原因不明の地震・津波は
CERNの実験の結果じゃないかと何度も書いてきましたが
今回見つけたこの内容をみて確信に変わりました。

去年のものなのですでにご存じの方もいらっしゃるでしょうが
yasuさんに訳してもらいました。

Stargate to Hell the CERN Saturn Portal Machine Exposed

地獄へのスターゲート:あばかれたCERN/SATURN(土星)

2014年5月15日
悪魔は文字通り細部に宿る。

CERNのLHCは素粒子のブースターで、非常な高速度で陽子を双方向にビーム放出して加速して衝突させる。何十億年も昔に、暗黒物質や反物質を創りだし、ついには宇宙が創造された時と同じような宇宙の状態を再現できるだけの、膨大なエネルギーを生み出すために建設された。これは時空を曲げ、次元の入口を開く装置だと言う噂もある。

噂は事実であり、圧倒的な証拠がある。CERNは巨大な科学機器で、実際「スターゲート」、また「サターン(土星)マシン」(スペース/時間)として次元間の入り口を開く意図を持ってデザインされている。古代史でも、神々が、次元間を移動する複雑な機械を使い、場所から場所を旅する話がある。

古代シュメールにも、いわゆる神々が2重の柱からなるスターゲートを通ってやってきて、柱にはその偉業を表す彫刻がほどこされていたという話がある。古代人が現在のCERNのLHCのようなワームホールテクノロジーを使って旅する能力を持っていたというのは驚くべきことだが、それは真実だ。ここでもう一度、CERNがジュネーブにあることを指摘しなければならない。

ジュネーブや“Saint Geniis(ゲニウス)”は、「Genesis(創世記)」という言葉とよく似ている。CERNの目的は、人類と宇宙の起源を見つけることなのだ。彼らは別次元への出入口を開き、神を見つけたいと言っている。CERNが、角をもつ神ケルヌンノスの略語であることも偶然の一致なのだろうか?また、CERNが彼らの「神」を統御する実験を行うために地下深く潜らならなければならないのも、偶然の一致なのだろうか?ケルヌンノスは、地下の世界の神だ。

ケルヌンノス(Cernunnos) – 後にパーンとなるケルト族/ゴール人の角をもつ神。Pan-dimensional.
クロノス(Cronus) – エジプトの九柱の神々(エネアド)のSebまたはGebから派生したギリシャ神、後にローマの神 Saturn(サターン 土星)– Satan(サタン)となる『角をもつ者』。
Kroni – 古代の東インドの悪魔 – 悪の原始的な現れ – ローマキリスト教のサタンに類似している – 多くの特徴をカーリーと共有する破壊者。

CERNは、EUと日米欧三極委員会によっておこなわれているいくつかの秘密プロジェクトと関連している。またCERNはインターネットの元を作り、全世界的な持続性に関する調査を各政府のために続けている。

1999年、CERNは太陽からのアクシオンを探す量子渦実験を計画し、実行したと報告された。アクシオンは暗黒物質の構成要素となる仮説状の素粒子だ。アクシオンを見つけるために、CERNはSATAN(サタン)と呼ばれる廃棄されていた磁石の使用を提案した。それはソーラー アクシオン望遠鏡アンテナ(Solar Axion Telescopic Antenna)の頭文字だ。古代のスターゲートがあったと噂される古代バビロン(イラク)で、固定された入り口を作る試みのひとつがあった。

CERNトップの物理学者でさえ「LHCの次元間の『ドア』を通って『何かがやってくるかもしれない』と認めている。CERNのResearch and Scientific Computing ディレクターであるセルジオ・ベルトリッチは、「このドアから、何かやってきたかもしれないし、われわれが何かを送りだしたかもしれない」と語った。

CERNのもつ能力と証拠は、それが文字通り時空を歪める機械として現実に使われていることを示唆している。これはSATURNが活動を始める所となる。エリートが時空の神SATURNを崇拝しているならば、CERNはこの「神」に接続しているということなのだろうか?

結論からいって、それはまさに事実で、CERN/SATURNの(異次元への)穴は非常に深いものだ。CERNは、ケルヌンノス/パーン/Saturn(サターン)/Satan(サタン)/悪魔的な力が、この次元に現れるためにゲートウェイとして開かれる中心的で重要な場所、サイトだというのが私の評価だ。これはエリートによるNWO アンチキリストのビーストシステムのために行われているにちがいない。



/////////////////

あらましはこうです。

彼らエリート(EL-ITE)の最終目的は、
土星につながる次元ゲートウェイ(複数)を開けることで
古代の悪魔の目を覚まさせ、出現させようとしている。


CERNは土星(土星=時間・空間)と直接つながっていて
時間と空間を変えることが可能である。
実際CERNは土星の機械のようなもの。


CERNの入り口にシヴァ神


破壊のダンスをしているシヴァ神の像が
時間を示す丸いリング(土星)の中に置かれているのはこのためで
宇宙を破壊し、新しい存在に宇宙を支配させるという意味がある。

宇宙には人類が物質世界で見たり経験するものとは全く違う、
物質世界を越えたスペクトルな世界が存在するが、
一般人はその世界を見たり感じたりすることはできない。
これらの情報は秘密にされていて、公開されていない。

世界の支配層はこのような知識とテクノロジーを使って
想像もつかない悪の勢力をこの世界に解き放とうとしている。

エリートらはこのCERNを宇宙へのゲートウェイと呼んでいる。
異次元へつながるゲートウェイを開け、
古代の悪魔を出現させようとしている。

以上。

この記事をみつけて「伝言126」を非公開にしたのです。
「伝言126」のこの部分です。

「アトランティスが今また現れるなら
別の形態をとって現われるであろう」


そして

「風が時間を揺らし
時を呼び起こすように
時空の裂け目から顔を出す
アトラスはそのために作られた」


とあったからです。

この「伝言」を受けとったとき
「アトラス」でCERNの加速器ATLAS
(高さ22m、全長44m、重量7000tの大型粒子検出器)
思い浮かべました。

そして今回見つけたもので危険を感じたのです。


LHC(大型ハドロン衝突型加速器)


米国のイラク進攻の理由を当初から
イラクの聖地、ボルテックスのエネルギーを搾取したり汚したり
コントロールすることだと言ってきたけれど
今回のCERNの記事を読むと私の直感は間違ってないと思う。

今回、古代のスターゲートがあったと噂される古代バビロン(イラク)で、固定された入り口を作る試みのひとつがあったということを知り、私の直感は確信に変わりました。
だからイラクに進行し、破壊したのです。

2012.02.04 「米、普天間の辺野古移設を断念へ」(搾取するエネルギーが枯渇したから?)

パワースポット、ボルテックスと呼ばれる地球のツボです。
古代中国では地球の氣の流れを「龍脈」、
龍脈を流れる氣が地上に溢れる場所を「龍穴」と呼んでいます。

其処からのエネルギーを搾取したり、汚したり、あるいはコントロールしたり。

・・・・・コントロールといえば、地下で行われる最先端科学実験が大きな役割を担っているでしょう。(原発とのセットも多い。)

何度も書いてきたように、最先端科学はオカルトです。
地下の最先端科学実験で龍脈を寸断したりもできるでしょう。
地下の最先端科学実験と世界中に張り巡らせたHAARP網が増えてから
(日本にはそれらが揃っている。)
世界中で大地震や原因不明の高波・津波、竜巻、猛烈な嵐、そして心の崩壊が増えている。

この流れでイラクやアフガン侵攻も行われたと当初から考えています。
イラクはシュメールなど人類発祥の地と言われていますからね。
エジプトから始まった偽革命もこの流れが間違いなくある。



//////////////

96年に夢で見た大感動の空の巨大な目。
これは別次元へのトンネル(道)と考えています。
その後、映画「コンタクト」をみて確信しました。
はじめての方はこれをご覧ください。

2008.02.10 ガイド

1996年4月3日(水)
空に巨大な目が二つ

空に巨大な目が二つ

言葉で表現できない
もちろん
かつて一度もみたことのない
吸い込まれそうな
巨大な目が
開いたり、閉じたりしている

空に浮いてるのではなくて
宇宙の重心にまで
つながっているという感じ(トンネルのよう)
とにかく想像を絶する目だけれど恐怖ではない


2004年のメールもアップしておきます。

_____________________________________________

Sent: Tuesday, February 17, 2004 12:17 AM
Subject: ものすごく面白い

イラク戦争の原因を大川さんなどから聞かれたときに
原因は、石油や陣地とりなんかじゃなくて、
聖書、文明、人類の発祥から来てるから・・・て言ってきたことが
間違ってなかったことが証明できるかもね。まだわかんないけどね。
まだ読み始めたばかりだけど、滅茶苦茶おもしろい!
アヌンナキの兄弟の戦争とヴェーダの神話の神様の戦争と
同じだって言ったことも出てきそうだね。
みんな一緒だから。

マユミ☆



LHC(大型ハドロン衝突型加速器)


米国がイラク進攻したときに
バグダッドに入って真っ先に国立博物館へ向かいました。
真っ先に国立博物館へ向かうなんて普通ならあり得ませんよね。
金の強奪もあるでしょうが、イラクは人類の発祥地だからお宝があるからです。

宇宙人が使ったとされる古代の工芸品を盗んだとも言われています。
その工芸品は戦争兵器だと言われています。

博物館といえばイスラーム国を思い出します。
なんか同じようなことをやっている。

この時点でイスラーム国の使命は此処にあるのかと直感。
イスラーム国を空爆する名目で
人類・文明の発祥につながる地を破壊している。

偽のエジプト革命から始まった破壊づくし。
すべて歴史的に価値のある場所ばかり。
世界を混乱させるためだけではなく
人類・文明の発祥につながる地を破壊している。

いま中東で起きていることすべては「宇宙を破壊し、新しい存在に宇宙を支配させる」ためで、これらはCERNと密接につながっている。

/////////////

The Sumerian 'Stargates'
シュメールの『スターゲート』

関連記事

| 未分類 | 23:30 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

アルデバランが

気になりました、ウィキの説明です。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3#.E6.A6.82.E8.A6.81

>1等星のなかで、月に隠されることがある恒星は、他にレグルス、スピカ、アンタレスがある。

1等星でも月に隠されることがある恒星。この部分が私にはスターゲートに思えます。



>*シュメールの『スターゲート』

http://files.abovetopsecret.com/files/img/ik4f994b26.jpg
この画像参考になりました。ありがとう。

| ささきこうじ | 2015/04/15 02:50 | URL | ≫ EDIT

ジュネーブ

預言詩 9,44
逃げよ逃げよ、すべてのジュネーブから逃げ出せ
黄金のサチュルヌは鉄に変わるだろう。
巨大な光の反対のものがすべてを絶滅する
その前に大いなる空(天)は前兆を示すだろうが

ノストラダムスの預言詩を思い出しました。ジュネーブと光と反対のものが見事にリンクしました。
本当にとんでもない時代に入った感があります。

| やまめ | 2015/04/15 09:09 | URL |

cernは世界一古いWebサイトなんだそうですね。
http://www.webcreatorbox.com/webinfo/world-no1-website/

| othello | 2015/04/15 12:05 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

othelloさん、こんにちは。

> cernは世界一古いWebサイトなんだそうですね。

はい、もちろん知っています。Webの発祥地です。過去記事にも書いてあります。


| mayufuru | 2015/04/15 12:31 | URL |

Re: アルデバランが

一部、非公開にしているアヌの伝言を読み返していました。星とかターゲットとか出てくるので。

| mayufuru | 2015/04/15 12:32 | URL |

Re: ジュネーブ

> 預言詩 9,44
> 逃げよ逃げよ、すべてのジュネーブから逃げ出せ
> 黄金のサチュルヌは鉄に変わるだろう。
> 巨大な光の反対のものがすべてを絶滅する
> その前に大いなる空(天)は前兆を示すだろうが

わ~、これはぴったりですね。後程ブログで紹介しますね。

| mayufuru | 2015/04/15 12:33 | URL |

追記です

サチュルヌはフランス語で土星、農耕の神なんだそうですよ。

何を起こそうとしているのでしょうか?

| やまめ | 2015/04/15 13:12 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT