PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

資料(トルコ軍がロシア機撃墜)9


カタールの猫

Damascus郊外のSaidnaya軍刑務所で、数百名の囚人が拷問、病気、栄養失調などの理由で死亡しているという記事。シリアには国中にこういう刑務所があります。というか、まともな刑務所がひとつたりともありません。
http://goo.gl/aH7irx

ちなみに場所はここ。 http://wikimapia.org/#lang=en&lat=33.664639&lon=36.330070&z=13&m=b&show=/15352723/Saidnaya-Prison

Pendlesky

ダマスカスからセイドナヤの著名な修道院に向かう途中、通り過ぎる刑務所。1990年代中頃に書かれたポール・セローの旅行記にも出てくるので、注意深く風景を眺めた。当時から生きて出られないような場所と書かれていた 。「肺を悪くする」と

CRS@VDV ‏

実は英国王立統合軍防衛安全保障問題研究所が「シリアに派遣されているロシア連邦軍の」を調べ上げたレポートが公開されています。 https://rusi.org/publication/rusi-defence-systems/detailing-russian-forces-syria

このレポートには特殊作戦軍 隷下 特殊任務センター「セネーシュ」の狙撃チームが、人数不明ながらもシリアに派遣されていると書かれているのです。

CU_LG7RU4AAY_wv.jpg

ジュラブリョフ大尉は<特殊作戦軍 隷下 特殊任務センター「セネーシュ」>として勤務し、シリアにおいて狙撃チームの一メンバーとして派遣されるが同地での戦闘により死亡したと..この情報が事実であるならばロシア連邦軍はシリアの最前線で、自国の特殊部隊を運用していることになります

何れにせよ東部ウクライナで行われていたことが、シリアでも同様に行われておりますね。噂にはなっていましたがまさかの特殊作戦軍がシリア派遣されていたのは....

シリア政府軍と一緒に撮影した謎の兵士 クリミアで空軍駐屯地を包囲した特殊作戦軍 コンバットパンツが同じなのは偶然か???

CU_RSSfUsAAQMkS.jpg
CU_RSSkVAAAeEeR.jpg

シリア派遣疑惑がある特殊作戦軍 派遣されているのが狙撃チームというのがまた納得できるところですね 実際の狙撃任務よりも、空爆誘導や砲撃観測や偵察任務が主な任務であることが想像できますね。

経験が豊富なのでシリア政府軍の教育等なので、まさに主目的である海外における特殊作戦を実行していますね。ロシア特殊部隊の中でもその動向が注目されます。

工場はトルコの人道援助団体IHHが建設したもので、45000人ぶんのパンを供給する能力を持っていた。 そのうちアキバのケバブ屋も爆撃されんじゃないかと。
https://twitter.com/IHHen/status/671047246130057216


Taкahiro Shioтa ‏

ロシアは兵糧攻めを狙ってパン工場を爆撃してるんだろう。10日余り前にもこんな話があったばかり
https://twitter.com/SyriaDirect/status/667054786794033152

☪常岡浩介容疑者☪ ‏

プはこれだけ仏、米、そして土とのすったもんだがあっても、IS攻撃に専念する気もなければ、非武装市民攻撃を少々自粛する動きもない。むしろ、市民攻撃をエスカレートさせている。 毎日その他の国内外メディアが対テロ大連合云々を宣伝しているのがいかに実態無視で純然たるミスリードかということ

プが考える最大の脅威はNATOであって、その次が旧ソ連義勇兵と連携した穏健な反体制派。対するISは第3か第4程度の脅威に過ぎない。シリアから難民が欧州へ流れ込む事態は、EUの枠組みにすら崩壊の危機を引き起こし、当然NATOの弱体化も狙える。「ISは欧米と露共通の敵」とはならない。

土の露戦闘機撃墜は計画的なものだと思うが、つまり、米仏の対露宥和に警戒した土が敢えてのっぴきならない状況を演出したと思う。インジェルリク、ディヤルバクルの軍事空港を対IS基地化している米は、土につれなくすることもできないと分かった上だ。当然、報復も折り込み済みだろう。

ロシアの従軍記者が超クールにないことないこと伝えていると…
https://twitter.com/JulianRoepcke/status/670656787788513281

対IS大同盟構想って仏だけが画策していて、米は乗り気でなく、土は今回、計画的にそれをぶっ壊して見せたわけだ。露はパリ事件を受けて積極推進しようとしたが、土のために舵を切らされることになった。実はエルドアンは目的を達している。アサドよりIS打倒を優先する構想は土に利益がないから。

ただ、このあと、目論見通りISよりアサド打倒を優先するよう、米や有志連合を誘導する方策はエルドアンにはないようにみえる。どうするつもりだろう?

9月30日以来、ロシアは空爆によってシリアで1500人を殺害し、そのうち485人は非武装市民だった。
https://twitter.com/zaidbenjamin/status/671284144429756416

「原油価格が30ドルを切った場合、ロシアの国家経済は崩壊する」と、エコノミストは予想する
https://twitter.com/sanctionswatch/status/671280711584890880

土ダウドオウル首相:トルコはサウジと他の国々と共に、間もなくシリアで対テロ作戦を開始する
https://twitter.com/NorthernStork/status/671287424824274944

masanorinaito

イランがシリアのアサド政権に取り付いてしまうと、イスラエルは黙っていられなくな る。アサド政権が退陣して、スンニー派勢力が政権を握っても、イスラエルには悪夢。point of no returnを越えたシリア内戦の悪夢





関連記事

| イスラム | 20:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT