PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

小学生の頃から働く子供


琉球新報の一面「働く少年 抜け落ちた学校生活」を読んで朝から泣いた。
何度も思い出してしまってきょうは一日中気分が重かった。

子どもって本当のことを言わないから、辛くても大丈夫と答える。

5人兄弟の上から2番目のこの少年が幼稚園のころに
お母さんがお産で1週間入院中に再婚相手の父親から
朝晩のご飯を与えられず痩せた姿に驚いた先生から
ご飯をちゃんと食べているのと聞かれても
食べてるから、大丈夫と答えるんです。
だけど倒れてしまう。

中学生になって少年を心配した担任が
相談してと声を掛けても大丈夫と答える。
心配してくれる担任にも家庭があるから
自分の家庭のことで迷惑をかけれないと言うんです。

中学生になって建設現場で働くと日に6千円もらえるんですが
昼食代以外はすべて家に入れるんです。
学校にも行けないから漢字の読み書きもできなくなる。
(小学高学年から勉強がわからなくなったと言ってる)
友だちもいない以前に同級生の顔もわからない。
卒業アルバムにも彼の写真はない。

最後の箇所だけ書き写します。

『・・・中学時代を振り返り「学校に行く代わりに働いたことを後悔していない。失ったものはない」と言い切る。厳しい環境の家族を支えてきたという自負もある。それでも「学校で友だちとユンタクしているのとか、いいなって思う」と、経験できなかった学校生活に思いをはせた。「本当は」と何度か繰り返しうつむいた。「高校、行きたかった」(子どもの貧困取材班)----メモ:・・・・貧困状態にある子供は、自己肯定感が得られにくく、貧困の連鎖が起きやすいなどの影響がある。沖縄は、沖縄戦と27年間の米統治の歴史的背景から、保育園や児童館の整備も立ち遅れてきた。日本復帰後の急激な社会変化、失業率の高さや低賃金なども重なり全国よりも深刻と指摘されている。』

ヤマトが琉球を乗っ取らなければこのような悲惨な沖縄はなかった。ヤマトの乗っ取りさえなければ、沖縄戦も米統治も存在しなかった。

BARAさんがその記事をツイッターで取り上げているので
画面をクリックすると大きくなるので全文が読めると思います。
BARA

琉球新報「子供の貧困」シリーズ
沖縄の貧困・子どもの今(1)働く少年 抜け落ちた学校生活

CYVBr0aUMAEydGA.jpg


/////////

早朝から市民ら約20人が座り込み 工事車両は確認されず(琉球新報)
http://j.mp/1PWFBai

/////////

小4男児死亡 複数児童「いじわるされるの見た」(NHK)
http://nhk.jp/N4N84LhK

/////////

沖縄の高校球児、恒例の「運動会」 58校2千人が鍛錬成果競う(沖縄タイムス)
http://goo.gl/n55Pyn

/////////

<未来に伝える沖縄戦>食糧求め収容先夜逃げ 与那城剛さん(85)〈下〉(琉球新報)
http://j.mp/1OYQmUv

「平和の武器は学習」 ヌチドゥタカラの家 阿波根さんの思い継ぎ(琉球新報)
http://j.mp/1PWR0qK

/////////

『兄は沖縄で死んだ』 変わらぬ国民の思考停止(琉球新報)
http://j.mp/1OYOaw4

『さえこ照ラス』 沖縄の「日常」を解決(琉球新報)
http://j.mp/1OYOawc

『うちなーの夜明けと展望』 時宜得た熱いメッセージ集(琉球新報)
http://j.mp/1OYQmUj

/////////

CYVoU3pUwAAf_Z3.jpg

国吉さん119キロでV 本部町新里区で山いもスーブ(琉球新報)
http://j.mp/1OZ61TB

「マグロおいしいね」 農水産物フェアーで解体ショーや試食会(琉球新報)
http://j.mp/1PW2B9m



関連記事

| 沖縄 | 23:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT