PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

体質を知ることによって色んなことから解放される。


天気予報は曇・雨だったけれど晴れた。
祝詞を使わず、なるべく晴れるように意識を向けていこう。
(晴れ過ぎて水不足になっても困るしね。)

明日と明後日の予報は曇・雨。
火曜日、水曜日、木曜日は曇り。
金土はまた曇・雨。

こんな感じの天気が続いています。

mayu 173.jpg


アーユルヴェーダでは
冬の湿った寒い天気で気分が落ち込んだり、
鬱になるのはカパが増悪するためだと言います。

(カパ体質でなくても誰でもカパを多かれ少なかれ持っています。)

そうならないためには食事や日々や季節の過ごし方に注意すると良いそうですが
間違ったことを教えてもいけないのでわかることだけ書くと
増悪したカパを下げるのはカパの場合は乾燥した熱が良い。
カパは湿のドーシャだからです。
乾燥した熱はこたつやストーブでしょうか
晴れの日は日光浴をするとか太陽にあたるのが良いでしょう。

梅雨の長雨で気分が落ち込むのもカパの増悪でしょうね。

カパは蓄積(溜め込む)のドーシャだから
余計に落ち込むんじゃないかなと考え中。

同じく寒がりのヴァータは乾のドーシャだから
湿った熱のお風呂が良い。

ピッタは暑がりだから冬に強い人が多い。
寒さには強いけれど、暑いと怒りやすくなる。

寒い地域に生まれた人はピッタが多いとか
暑い地域にはヴァータやカパが多いとか
あるんじゃないかな、と考え中。

自分の体質を知ると色んなことから解放されます。体質を知ると予防ができるのでこれが良いですね。




関連記事

| こころとからだの健康・アーユルヴェーダ | 12:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT