PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

新聞労連ジャーナリズム大賞特別賞を沖縄の2紙が受賞


今日は久しぶりに良い天気でちょっと暑かった。

帰宅時に遠回り道を歩いたら汗ばんだ。
途中で見知らぬ人に声を掛けられた。
街灯の逆光で顔がよく見えなかったけれど
琉球新報の配達店の方だった。

お出かけですか?と聞かれて
ウォーキングを兼ねて少し遠回り道を歩いて
家に戻るところですと答えた。

明日集金と聞いてじゃ、ここで払いますねと言って
道端で支払いをすませた。

/////////

画像をクリックすると大きくなります。
宮城 康博

辺野古新基地の埋立土砂の採取場所及び搬入経路図。採取地域では、それぞれ反対する市民団体が立ち上がり「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会」が結成されている。

CYvlhJ1UEAALV8C辺野古新基地の埋立土砂の採取場所及び搬入経路図。.png



新聞労連ジャーナリズム大賞 特別賞に沖縄2紙(琉球新報)
『日本新聞労働組合連合(新崎盛吾委員長)は15日、第20回新聞労連ジャーナリズム大賞に、毎日新聞の「憲法解釈変更 法制局、経緯公文書残さず」など一連の内閣法制局報道など3作品を選んだと発表した。琉球新報と沖縄タイムスは「『報道圧力』問題をめぐる一連の報道と対応」で特別賞を受賞した。琉球新報は応募はしていなかったが、新聞労連は「紙面上で力のある記事を掲載していたことを選考委員が評価した」としている。優秀賞には北海道新聞の「北海道と戦争」と高知新聞の「秋のしずく~敗戦70年といま」が選ばれた。第10回疋田桂一郎賞は朝日新聞の「『隔離の記憶』をはじめ、ハンセン病をめぐるこれまでの記事」、沖縄タイムスの「『辺野古バブル』に揺れる島~奄美大島の採石現場から~」が受賞した。授賞式は22日、東京都で行われる。』

ハートたち(複数ハート)おめでとうございます。

防衛局、大浦湾で音波探査か(琉球新報)
http://j.mp/1QckjFE

宮古の陸自配備、防衛局が協議書 市と水源影響審議へ(琉球新報)
http://j.mp/1QbJJn1

朝日放送「正義のミカタ」をBPO申し立て 奈良-沖縄連帯委(琉球新報)
『米軍普天間飛行場移設問題を扱った朝日放送の番組「教えて! ニュースライブ 正義のミカタ」をめぐり、奈良―沖縄連帯委員会代表の崎浜盛喜さんが15日、番組で翁長雄志知事や沖縄県民を差別、愚弄(ぐろう)する発言があったとして放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会へ申し立てたと明らかにした。申し立ては13日付。・・・』

新電力、4月沖縄参入 洸陽電機、再生エネを自社発電(琉球新報)
『小売り電力事業者(新電力)の洸陽(こうよう)電機(兵庫、乾正博社長)は15日、琉球新報の取材に対して、4月から始まる電力小売り全面自由化に伴い沖縄地域に参入する方針を表明した。太陽光やバイオマスなど再生可能エネルギー分野の発電施設を整備し、自社発電により、県内のホテルや商業施設などに沖縄電力より低価格で電気を供給する考えだ。沖縄への参入方針を明確に表明したのは同社が初めて。天然ガス発電などを行う新電力の日本テクノ(東京、馬本英一社長)も同日、本紙に対して沖縄への新規参入を検討していることを明らかにした。現在、新電力大手のイーレックス(東京)も参入を検討しており、県内でも自由化をめぐる動きが本格化しそうだ。経済産業省によると、沖縄参入を検討している新電力はほかにも複数あるとみられる。・・・』

ハートたち(複数ハート)次から次へと色んな企業が沖縄を目指している。いま日本で一番の成長県だからね。


CYyb4fnUMAAHZFz.jpg

MICE4万平方メートル 県最終調整、週明けにも決定 経済界要望受け拡張(琉球新報) http://j.mp/1QbJKXX

慶佐次川再生 全体構想案まとまる 協議会20日に決定(琉球新報)
http://j.mp/1Q4ngpU


CYztro2UwAATN7b.jpg

沖縄県産スーパーフード知って ウコン、モズク認知度低(琉球新報)
http://j.mp/1QchTXy

ハートたち(複数ハート)海外の方がお洒落だと思ってるんじゃないかな。


CYyb3BIUsAE8YFw.jpg

狂言の奥深さ体感 浦添・宮城小 深田さんら実演(琉球新報)
http://j.mp/1QbJJmS

沖縄の企業が挑む 日本語音声→ミャンマー語に自動翻訳(沖縄タイムス)
『システム開発のOCC(浦添市、天久進社長)は、日本語の音声をミャンマー語に自動翻訳するシステムを開発している。ミャンマー出身で、琉球大在学中にミャンマー語の音声を人工作成する音声合成技術の論文を世界で初めて発表したチョジン・ウィン氏を中心に昨年6月から開発に着手。経済開放が進むミャンマーへの進出も視野に2020年までの完成を目指している。自動音声翻訳システムは日本語の音声を文字に変換し、データベースに登録されている単語や文章を基に外国語に翻訳。さらに音声に変換して、機器を通して音声が流れる。・・・』

ハートたち(複数ハート)沖縄の人は色んなことができるし、人がやらないことを考えることが好きな人が多い。

//////////

宜野湾市長選あす告示 一騎打ちの公算大(琉球新報)
http://j.mp/1QbJKr4

大接戦の宜野湾市長選 自民敗北なら官邸の亀裂が加速する(日刊ゲンダイ)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/173175

宮城 康博

現職の宜野湾市長は日本最大の右翼組織「日本会議」のメンバー。 / “園児が教育勅語を唱和…宜野湾市長が出席した大会の異様 | 日刊ゲンダイDIGITAL” http://htn.to/3WLRxfi

misato

だってサキマ決起大会で「福寿園を民営化して行財政改革した」って言ってるのびっくりやんかー。まさかの無償譲渡で宜野湾市民112人から住民監査請求されてますショッキング





関連記事

| 沖縄 | 23:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT