PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ハチマキは潜象と現象をつなぐもの



今年はCERNの実験のこともあって危なそうな雰囲気があるので
実験が終わるまででも大払い祝詞を出来るだけ毎日続けることにしました。

昨夜はものすごい月だった。
月を取り巻く二つの楕円(楕円は交差している)の
青いオーラが異様に光り輝いて青い花火のようで
月自体も太陽のように光線を発していた。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/18/62/b0086362_20234883.jpg',400,300,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


『もしかして、彼らはやけっぱち?』の記事のコメントで
http://cocorofeel.exblog.jp/8741679/
さすらい人さんと、穴から8、そして丼へとどんどん会話が広がり、
今度は『また8、しかも8が三つ』の記事のコメントで8、鉢、鉢巻が登場。
http://cocorofeel.exblog.jp/8795286/
まずはコメントのやりとりから( mayufurは私、まゆみです)

.................................................................................................................
Commented by さすらい人 at 2008-06-15 12:43 x
8・・・鉢つながりで。

『現代語源小辞典』より

鉢巻(はちまき)(近[代語=14世紀~17世紀]) 「鉢」は植木鉢の鉢と同じ。
何かことをしようと決意するときなどに、頭をしばる細い布。梵語のpatra(パートラ)[最初の"a"の上に"-"]の中国(シナ)訳「鉢多羅」の「鉢」。訳して器。僧侶が施しものを受けるのに用いる器である。ちょうどその器に似ていることから、頭蓋骨の呼称に転用し、さらに頭をさすようになった。

・・・以上転載。

8に関しては色々繋がっていますね。
”何かしようとする時”に、彼の連中は鉢巻をしているのでしょうか?

まゆみさんのこれからの考察に期待します。

まゆみさんはもう察しておられる事と感じています。

頭蓋骨・・。
この世界を支配しているグループの指導者が頭蓋骨になるわけではないのです。
では世界の頭蓋骨とは・・・?
その頭蓋骨の中に詰まっているのは・・・?

Commented by mayufuru at 2008-06-15 15:42 x
さすらい人さん

>8・・・鉢つながりで。

とっても面白いです。まだ考察してませんが鉢にまさかこんな意味があるなんて大変驚いています。ものすごく深いものを感じます。しばらく考察してみます。

鉢って、本当の金と書くんですね。

>まゆみさんはもう察しておられる事と感じています。

まだ全然です。

>頭蓋骨・・。
この世界を支配しているグループの指導者が頭蓋骨になるわけではないのです。
では世界の頭蓋骨とは・・・?
その頭蓋骨の中に詰まっているのは・・・?

頭蓋骨で宇宙の入れ物、大元のコンピュータ、意識、地球をイメージしました。

少し考察してみてまた書きます。こういったコメントは私の直感をくすぐってくれるので嬉しく思います。こちらこそありがとうございます。さすらい人さんも不思議な方ですね。

上に書いたのは、脳とつながっているいう意味でもあります。

鉢巻で、ヴァン・アレン帯、黄道帯を想起しました。
ヴァン・アレン帯はまさしく地球に鉢巻してる感じですね。

..................................................................................................................


鉢は、どうしても脳=宇宙を連想してしまいます。
そしてCERNの実験にもつながってしまいます。
さすらい人さんが鉢巻を出されたときに、
形が違うので書きませんでしたが、
実は、オウムの信者さんがしていたヘッドギアを思い浮かべました。
鉢巻というより包帯のカタチですが、
アサハラとダライの仲の良さを考えれば、
ヘッドギア=タントラマジックじゃないかと。
もちろん彼らは悪いように使ったのですが、
原理は元々良いものだと思う。

地球の自然の鉢巻はヴァン(バン)・アレン帯、
不自然な鉢巻はHAARPや地下の実験かも知れません。

CERN、LHCの実験は地下で行われるけれど、影響は地球全体を網羅する、
地球を網に捕らえる、
そして宇宙にも影響する。
みえない地球の内部は空をスクリーンにして映し出してくれる。

鉢が脳と違うところがあるとしたら、
半分のカタチだということ。
タントラの儀式で使う頭蓋骨のボウルは、半分の鉢のカタチ。
地球で言えば、北半球か南半球。
鉢を二つ合わせると球体になる、頭蓋骨になる、地球になる、宇宙になる。


http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/18/62/b0086362_2038176.jpg',320,178,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


ヴァン(バン)・アレン帯とは
赤道上空を中心に、地球をドーナツ状にとりまく高エネルギー粒子が
多量に存在している領域で、放射線帯とも言います。
地球磁場に捉えられた太陽風を構成する荷電粒子が集る二つの巨大なドーナツ型の帯で、
地球を危険な宇宙線から守る防衛線のような存在。

やっぱり鉢巻に似てませんか?
鉢巻のヴァン・アレン帯は地球を外的から保護し、北半球と南半球をつなぐ役割。
ヴァン・アレン帯が消えると地球は鉢のようにパカッと2つに別れてしまいそう。
そして包帯にも似てませんか?
ヴァン・アレン帯が消えると地球は粉々になってしまいそう。

彼らはヴァン・アレン帯を守ろうとしているのか?
壊そうとしているのか?

じゃ、次は実際の鉢巻はどうだろう?

http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/18/62/b0086362_2026224.jpg',320,227,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


鉢巻を巻くときは頑張ろうと思うとき、気合を入れるとき、
鉢巻の位置は前頭葉になりますよね。
脳の図をみてください。
鉢巻の位置を想像すると
各脳を鉢巻がつないでいるようにみえませんか?
地球に似てませんか?
脳は太陽系と相似しているといわれます。
前頭葉はどの天体に属していたかな?
対応する図を持っていたけれどもう手元にないので確認はできません。

前頭葉のハタラキで相似する天体がわかるかな?

感情、思考、知性など人間の精神的な高次機能に関係する前頭葉。
人間が感情を抑え理性的に行動できるのも前頭葉の働き。
前頭葉の機能が上手くハタラカないと我慢できなくなったり、
感情のおもむくままに行動したり、キレタリ…すると言われます。

■前頭葉
<引用開始>
前頭葉の働きを大胆に表現すれば、“低次’’から”高次”までを含む発展段階に
相応した”運動関連系”の範疇に属するものの総体であると言ってもよいであろう。

あらためてヒトの前頭葉とはどの範囲かと考えてみると、…
皮質の細胞構築の差異を基準にして皮質領野をアラビア数字番号記載方式で区分
したBrodmann6)の脳地図を借りれば、領野4,6,8,9,10,11,12,24,25,32,33
44、45、46などが含まれることになる。機能的には、一次運動野、補足運動野、前頭
眼野、前頭前野、嗅覚野および、辺縁系に属する中古皮質などに分けられる。
http://web.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/kokikawa/frontal_lobe.htm

<引用終わり>

http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/18/62/b0086362_20264436.jpg',160,93,'1');" OnMouseOver="this.style.cursor='hand'"/>


またまた8が、11が、33が出てきました。

そして今日、ayさんが
クンダリーニヨガでは伝統的に白いターバンを巻くのだそうです。頭部を包む事
で6番目のセンターAgya chakra(第三の目)に指令をだし、脳の半球の機能的な
回路の焦点をつくり出す。同時に頭蓋骨のセルフ調整の役割をするということらし
いです。
とコメントくれました。

一気にまたつながってきました。
本当に全部つながってくる。

鉢を二つ合わせるというのは数字の8、∞のカタチにも似てる。
このまえも書いたけれど
二つの目の間にある第三の目、DNAが交差する場所と鉢巻きの役目が似てる。

何かに突き動かされるように
多種多様な記事を書き、多種多様な会話をしているように見えながら、
実は読者の方たちと共にハタラキ、脳を活性させ、自己を活性させ、
地球を活性させ、太陽系を活性させ、宇宙を活性させ、
そして、一つの場所、宇宙の原初を目指している。
こうあればいいですね。

一人ひとりが直感でオカシイと思い、
そして洞察、思考を元にして本来のハタラキを機能させること。

嫌いな言葉だから本当は使いたくないけれど
”アセンション”の本来の意味はこういうじゃないだろうか。
この本来の意味が、意図的に歪められて広まったんじゃないだろうか。

>梵語のpatra(パートラ)[最初の"a"の上に"-"]

これ、いつもみても凄い。
本当はこれをみてるだけでいいんだけど。
関連記事

| 未分類 | 20:41 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

さすらい人さん

>「祈り」「意識」「祝詞」・・・。呼び方に拘るのは、まゆみさんの表在意識の現れでしょうね。

言葉を大切にしているせいかこだわってしまいすね。

90年代に大きな仕事をいくつか依頼され祝詞を使いました。(もちろんボランティアです)結果、成功して世界的なニュースになり達成できました。(国内では記者会見もありました) だから余計に、一人の意識で世界を変えられるとうぬぼれてしまいました。

雨を降らしたり、豪雨を止めるときに祝詞をするのは自主的にしています。一部ブログでも公開しましたが必ずできます。祝詞はもう通用しないとも言われてますが私の場合は何故か必ず届きます。祝詞といっても他の人とは違い、波動、振動でやっています。

地域、地域で、こういったことを出来る人がやればいいのになと思います。

| mayufuru | 2008/06/18 22:30 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん、はじめまして。
龍さんのところでこちらを知りました。
以前から訪問させて頂いておりながらご挨拶が遅れましたが、毎日たくさんの貴重な情報をありがとうございます。

驚きの連続です。

今日は、“月のまわりの青い光”が私の目の錯覚ではなかったんだー、と嬉しくてコメントしちゃいました。
人に言っても「月は黄色、目の錯覚」と相手にしてもらえなかったので・・・

それと、葉室頼昭さんの大祓いのCDを持っています。
どこで息継ぎしてるのかなァ?と思いながら聴いています(^^;

取り留めの無いことを書いてごめんなさい。
これからも拝見させていただきますので宜しくお願いします。

あと、まゆみさんの撮る草花の写真が好きです。

| 石玉 | 2008/06/18 23:25 | URL | ≫ EDIT

石玉さん、 はじめまして。

龍さんのところに今コメントしてきました。

青い光、勝手にオーラだと言ってます。きれいですよね。あんなに青いのに気づかない人が多いですね。私の友人も見えないといいます。今日の月、太陽のようでした。

青い光といえば、第三の目あたりに丸い青い光を見る友人がいます。誰の額にもあるわけじゃなく、ごくたまに見えるそうです。私の額にも見えるといいます。あ、今見えたよ、といいます。

こちらこそ宜しくお願いします。何でも書きたいこと書いてくださいね。

| mayufuru | 2008/06/19 00:42 | URL | ≫ EDIT


さすらい人さん、ありがとうございます。

>今の世の中はその「言霊」が乱れに乱れて(意図的に乱されていると感じています)、それが、人間関係の、社会の軋轢になっています。

これは強く感じますね。ちょうどいい機会なのであとで記事に書きます。

>なぜならば、善良な人でしかまゆみさんに近づけないからです。

これは子供のころからよく言われます。家族も友人もみなそう言います。人に恵まれてるって。いつも親切な人たちに囲まれてきたので、それで世の中には悪人はいないんだと思ってた時期がありました。(笑)見知らぬ人からもよく親切にされます。よく話しかけられます。周囲から嫌われ者の人からも親切にされるので得な人生だと思いますね。

| mayufuru | 2008/06/19 13:47 | URL | ≫ EDIT

>しかし、その人が気づいていない後ろに控えているものが問題ですね。

私はかかなり情に脆いタイプなので、善良な人間の背後についてはヒオキさんにもしつこく注意されます。さすらい人さんもよくわかられるんですね。ありがとうございます。

以前、内地で身体を診てもらっていた霊能者ふうの鍼師がいうには、まゆみさんは荒ぶる霊を鎮めることができるからみんな良い子になってしまう、だけど一歩外に出ると元に戻ってしまう、ずっと持続すればいいのにな、って言ってました。

私オリジナルのカウンセリングで心の病の人を何人か治したといいましたが、これがたぶん、霊を鎮めるからだと思います。治した方の心の病は今のところ再発はしてません。でも逆に寝た子を起こすところもあるので。。。危ないかもです。

沖縄で知り合った鍼と気功の先生がいうには、私からは非常に特殊な気が出ているので、周囲の人が良くなり山でも熊などの動物も襲ってこないと言います。

| mayufuru | 2008/06/19 13:47 | URL | ≫ EDIT

さすらい人さん

>大きな力を持つものは、それなりの責任が伴います。
その力を求めて多くの存在が渦を巻くが如く蠢いている事でしょう。

理解してるつもりでも改めてこういわれると身が引き締まる思いです。一層気をつけていきます。ありがとうございます。さすらい人さんのような方に暖かく見守っていただけること嬉しく思います。恵まれていると思います。

| mayufuru | 2008/06/19 15:30 | URL | ≫ EDIT

>前頭葉はどの天体に属していたかな?
見当違いならすいません、前頭葉に位置するチャクラが対応するのは月と聞いたことがあります。
> ttp://altreligion.about.com/library/graphics/chakras/bl_chakrachart.htm

| ay | 2008/06/19 19:29 | URL | ≫ EDIT

ayさん、いつもありがとうございます。

またまた怪しいサイト。図形が。

月は千里眼/霊聴力、左/右の脳の統合

なんだか凄いですね。ちょっとまた考察してみます。

それから、この前のノストラダムスの詩、まだ途中なので記事には出来ませんが、月と太陽で考えています。さわりだけですが、太陽はニビルになるかも。

| mayufuru | 2008/06/19 20:17 | URL | ≫ EDIT

8の字について
インドネシアのバリ舞踊でよく8の字の動きがでてきます。
あまり詳しくないけど、他の国の踊りにもあるかもしれないですね。
琉球舞踊では8の字の動き、聞いたことがありません。

| maka | 2008/06/20 21:32 | URL | ≫ EDIT

冷や汗のガムラン、思い出しました。バリは白魔術と黒魔術の世界だから、8が飛び交うのかな?バリ舞踊と8で考えると蛇っぽいかな。

| mayufuru | 2008/06/20 22:00 | URL | ≫ EDIT

蛇でピンときますね。
インドネシアのバティックも蛇柄?と思うものが
高貴な柄で、王族しか身にまとえなかったと聞きました。
踊り手は宮廷で踊るときだけその柄が許されたとか。

まゆみさんと皆さんのコメントのやりとり
おもしろいです。

| maka | 2008/06/23 11:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/tb.php/1530-13a046ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT