PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

資料(A級戦犯の死刑は本当に行われたのか)


こんなこと考えたことなかったけれど
(日本に限らず世界各地で)あり得そうですね。
絞首刑に立ち会ったのはシーボルトだけとは驚きです。

遺体写真も遺骨もないって。。。

本物黒酒 ‏

A級戦犯の絞首刑に立ち会った人物は、戦前の日本で弁護士をしていたドイツ系米国人、 シーボルト あの男の子孫 教誨を務めた花山信勝ですら、見たのは閉じた棺桶のみ RT"@pinkglalem:A級戦犯の遺体写真も遺骨も残っていないという不可解な処刑" @inumaru19

12月23日は、ホントに処刑されたかどうだかわからないA級戦犯の絞首刑日、天皇誕生日

立ち会ったのは戦前の日本で弁護士をしていたドイツ系米国人シーボルト右矢印1http://maesaka.sakura.ne.jp/bk/files/031001_toukyousaibannnosennpann.pdf
死刑前の教誨を務めた花山信勝氏は絞首刑の部屋にいなかった。見たのは棺桶。

67年前の今日12月23日、偽の絞首刑を終えたA級戦犯たちは、明仁15歳のお誕生会に参加したんじゃないのかな。そもそも天皇裕仁は正規の英国陸軍元帥として、大スパイとして日本人を騙して原爆実験で特許とったんだし @hikari666




関連記事

| 歴史・古代史 | 12:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT