PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

被災者支援も良いけれど、これじゃ本末転倒。


震災避難者支援 ニライカナイカード17年3月終了(琉球新報)  
http://j.mp/1PvwSLz
『東日本大震災後に被災地から避難した人たちが、生活必需品などの割引サービスを受ける際に利用している「ニライカナイカード」が2017年3月に終了する。2日に県庁で開かれた東日本大震災支援協力会議(県と県内企業・団体など188団体で構成)の本年度総会で「今後は自立に向けた対応も求められていく。一定の区切りをする」として終了の方針が報告された。17年4月以降は、カードの利用頻度の高いスーパーなどで利用できる商品券を提供するなど、新たな支援策を検討する。ニライカナイカードは県内の協力企業や団体が支援金を負担し、割引などのサービスを提供してきた。当初は16年3月でサービスを終了する予定だったが、避難者からの要望を受け1年延長していた。同協力会議が実施した15年度アンケート調査では、同サービスについて「大変役に立つ」との回答が91%に上った。利用度は「ほぼ毎日」が61%、「週2~3回」が41%だった。その上で避難者からは「ニライカナイカードを存続してほしい」「(カードの)利用の幅が狭くなっても、ライフラインに直結する支援は継続してほしい」などの声が寄せられた。協力会議の活動資金となる各団体からの15年度支援金は、ことし1月14日現在、49口の488万円余り。14年度の167口(613万円余)から大きく減少している。活動資金は事務局運営費ほか支援団体への助成金、ふるさと帰還旅費支援などに充てられる。事務局は引き続き寄付など協力の呼び掛けを行う。』

ハートたち(複数ハート)沖縄のゆいまーるですね。

あと福島から那覇市に避難移住された方に医療費が無料だと聞きました。
医療費は那覇市が持つのかな?
ゆいレールも無料だったかな?

肝心の被災地ではこういった支援は行われているんでしょうか?
沖縄以外では現在どこの自治体で行われていますか?

こんなこと書くと怒られそうだけど、書きます。被災者への暖かい支援はとても嬉しいと思う反面、なんか納得いかない。なぜ貧しい沖縄がこんなに支援しなきゃいけないだろうって正直、思ってしまいます。

避難移住してこられた人たちと接する機会が何度かありましたが
沖縄の人たちより圧倒的に裕福だと思いますよ。
マンションを購入された方もいらっしゃいます。

私の知る情報では
仕事もいろいろ世話してくれるみたいで
手厚い支援を受けられているように見えます。

避難移住してこられた方たちは沖縄の貧しさを知っているのでしょうか。
最近発表された「ひとり親世帯の43%、両親のいる世帯の25%が
必要な食料を買えなかった」ことを知っているのでしょうか。

支援が本当に必要なのは沖縄の(生活が苦しい)人だと思う。これじゃ本末転倒。

避難できる人は良いほうで、避難したくてもできない弱者の方達こそ一番の支援を受けるべきなんじゃないでしょうか。

/////////

CaLg9RxUMAATFUZ.jpg

辺野古 市民ら50人を排除 掘削調査確認されず(琉球新報)
http://j.mp/1NNMwfY

普天間負担軽減会議の再開を 宜野湾市長が知事に要請(琉球新報)
http://j.mp/1PvpArt

/////////

CaMy3W9UUAA-Z9R.jpg

県内企業、昨年解散・休廃業278件 後継者難、業績低迷が増(琉球新報)
http://j.mp/1QWrRg5

「地方創生」へ連携 那覇市、県内3行と包括協定(琉球新報)
http://j.mp/1PvwT2h
『那覇市と琉球銀行(金城棟啓頭取)、沖縄銀行(玉城義昭頭取)、沖縄海邦銀行(上地英由頭取)の県内3行はこのほど、活気ある個性豊かな地域社会形成を目指す「包括連携協力に関する協定」を結んだ。今後は人材育成や産業振興など、市の「地方創生」に連携して取り組む。城間市長は「締結を機に連携を強化し、互いの発展の道が開かれることを願う」と述べた。自治体と3行の連携は県内初。市と3行は(1)地域の人材育成(2)協働によるまちづくりの推進(3)安全・安心・快適なまちづくり(4)産業振興―の4項目で連携する。双方の知識や経験などを最大限に活用し、具体的な施策展開に結び付ける。・・・』

////////

花と食のフェス6、7日に開催 地産地消テーマに172団体出展へ(琉球新報)
http://j.mp/1NNYKFd

空港に「花看板」観光客歓迎 久米島高生、楽天ロゴ制作(琉球新報)
http://j.mp/1NNYLZW

////////


CaLCZ42UEAA7JQd.jpg

厄払い、幸ある1年に 宮古・サティパロウ(琉球新報)
http://j.mp/1PuZV1O

ハートたち(複数ハート)にわか仕込みの知識によると、パーントゥは平良島尻と上野野原の2地区で行われていて、両地区で内容は異なっている。今日の記事のは上野地区野原のパーントゥ。地元ではサティパライ(里祓い)とも言う。参加者は女性と子供で構成、成人の男性は参加しないそうです。

有名なのは平良地区島尻のパーントゥ・サトゥプナハ(里願い)
こちらは青年3人(来訪神は3体)

里祓いと里願い。二つで一つなのかな?

パーントゥ・サトゥプナハ(里願い)
この写真ですぐわかりますよね。カッコいいな。

66277d9dd8f7-681f-477b-806e-deeead229e95_m.jpg

662742f1fa05-ec5c-4023-9a67-171d83cbcba4_m.jpg

66277f2f2f83-be97-4ded-ac72-b9beac4807ad_m.jpg

日本一恐ろしい伝統行事!度肝を抜く沖縄の「パーントゥ祭り」とは
https://retrip.jp/articles/6627/

来訪神のパーントゥの仮面、西洋人かな?

>宮古島の歴史について書かれた『宮古島庶民史』(稲村賢敷、1948年)によれば、「パーン(食べる)+ピトゥ(人)」が訛化した言葉であると言う説が述べられている。(ウィキ)

人を食べるのかな?食べられると思ったほど怖かったのかな?

子どもが怖くて泣いているけれど、初めて西洋人?を見た時、
島の人はさぞかし写真の子供のように怖かったんでしょうね。
それを逆手に取ったお祭りかな?



関連記事

| 沖縄 | 22:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT