PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

流れる雲は風の存在を教えてくれる。


沖縄は桜が満開。

IMG_4650.jpg

ニンガチカジマーイ(二月風回り)

沖縄では旧暦の2月頃に「ニンガチカジマーイ(二月風回り)」と呼ばれる突風が吹き荒れることがある。通常「ニンガチカジマーイ」は東シナ海の低気圧の発達によるものだけど、今回はそれとは違って大陸高気圧の張り出しで強風が吹き荒れたそうです。最大瞬間風速は南城市で22メートル。

ニギハヤヒの数字22。

これをメッセージとして受け止めれば、
今年は通常とは違う「圧」で風が吹く。

沖縄は雛型だから、世界中で通常とは違う「圧」で風が吹く。

世界に良い大変化が起きるといいな。

ブログの再度の引越しともリンクしてる。
引越し前日に今までとは違ったニンガチカジマーイ(二月風回り)が吹いた。

IMG_4656.jpg

日常で見えない世界のことを話すときに、風で説明することがあります。

空を流れる雲は風によって動いている。
雲は目に見えない風の存在を気づかせてくれる。

あなたの行為(物質)を雲として考えれば
行為させるものは風。


こんなふうに伝えているんですが、
その風はどうやって発生するかを考えていくと
更に思考の旅が楽しくなる。


関連記事

| 日記 | 12:13 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

寝言(笑)

えっと、
思い当たるのがこの記事(の写真)だったので、
ここに(ぼくはもう、眠っていますよ・笑)。

(内地で)桜を植えるのはもうやめてほしい。
桜そのものはいいんだけれど
(自然のバランスもとより)、

だってあれは
日本人にとっては
(ちょっと前からは、すっかり)「犠牲の象徴」そのもの。
になってしまっているんですもの(昨今の。そしてこれからの「犠牲」を意味する)。

象徴的なことを抜きにしたって
心象のバランスが偏ってしまうよ?


散るな、

散るなよ
彼方たち(犬死に禁止・笑)。

| うー | 2016/03/08 03:19 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT