PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

沖縄と同じくらい本土も頑張ればこの国は良くなる。


今日はちょうど良いくらいに晴れて
散歩に出かけたくなるような過ごしやすい陽気になった。

私の知り合いのことだけどね、
今まで沖縄に意識を向けなかった人たちが
沖縄に目を向け、沖縄に住みたいと言いはじめた。

沖縄しか残されていないとわかってきたんだろうね。

///////

CduYmqZUkAE.jpg
【電子号外】新城幸也と内間康平リオ五輪へ 自転車ロード沖縄県勢が独占(沖縄タイムス)

おめでとうございます。

///////

沖縄戦訴訟は棄却されたけれど、沖縄の人たちの頑張りに敬服します。
次は控訴。もちろん精一杯、応援します。


【社説】「沖縄戦国賠訴訟」被害に背向けた判決だ(沖縄タイムス)

<社説>沖縄戦訴訟棄却 国民全てに平等な補償を (琉球新報)
>判決は、国家賠償法施行前だったため、国が賠償責任を負わないとする「国家無答責の法理」によって遺族らの求めを退けた。判決はさらに、旧軍人や軍属が「戦傷病者戦没者遺族等援護法(援護法)」で補償されるのに対し、被告らへの補償がないことを「不合理であるということはできない」としている。憲法14条は人種、性別、信条のほか「社会的身分」により、差別されないと規定している。「軍人・軍属」という身分によって補償の有無が決まるのは憲法の理念に照らして不条理としかいえない。

本当にそう思います。
軍人が守られるのに、なぜ国民が捨てられるのか。
人を殺した人間が補償され、殺された国民が見捨てられる、摩訶不思議な国。

>原告の中には、戦争当時の記憶が心の傷となり心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された人もいる。補償が不十分というだけでなく、被害は現在も続いている。

PTSDのことは以前取り上げましたが、多くの方がPTSDに悩まされている。
戦争は今も続いている。

////////

辺野古工事、1年中断 米海兵隊トップが証言(琉球新報)
『米海兵隊トップのネラー海兵隊総司令官は15日、米議会上院軍事委員会で証言し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について、県と日本政府の和解成立によって来年3月までの今後1年間は移設工事が中断されるとの認識を示した。米軍側が工事の中断期間について言及するのは初めて。ハワイ州選出のヒロノ議員(民主党)の質問に答えた。・・・』

逮捕の法的根拠問う 国連人権理が内容公開 辺野古抗議(琉球新報)
『国連人権理事会は2月29日、開会した本会議に合わせ、国連特別報告者が昨年6月に日本政府に対して行った沖縄の基地問題に関しての人権侵害が懸念される状況について説明を求める通報の内容を公開した。名護市辺野古の新基地建設問題に関連し、平和運動センターの山城博治議長ら4件の逮捕、拘束事案について詳細な状況説明や法的根拠を求める内容。「沖縄『建白書』を実現し未来を拓く島ぐるみ会議」の国連部会が16日、発表した。島ぐるみ会議国連部会長の島袋純琉大教授は「国連特別報告者による通報は日本政府への圧力となり、じわじわと効果が出るものと考える。沖縄の問題に国際社会の関心を引き寄せる大きな一歩だと考え、今後も国連への情報提供を継続したい」と意義を語った。・・・』

とにかく世界に向けて発信です。
ここでも沖縄の人の頑張りには敬服します。
沖縄と同じくらい本土も頑張ればこの国は良くなる。

国、是正指示を出し直し 辺野古承認取り消し 県指摘で理由追加(琉球新報)

ヘリパッド工事を2年間阻止 高江住民、支援者ら390人結集(琉球新報)

////////


米兵女性暴行、米四軍調整官が謝罪 知事、抜本対策求める(琉球新報)

米兵女性暴行 那覇市議会が抗議決議 地位協定見直し、基地整理縮小要求(琉球新報)
http://j.mp/1Z2TjdF

辺野古、米兵女性暴行で抗議続く 警察が1人拘束(琉球新報) 
http://j.mp/1Z33Aqu

米兵女性暴行 リバティー制度強化要求 外務省に社民党県連(琉球新報) 
http://j.mp/1Z33yif

沖縄米海兵隊、那覇市での外泊禁止令 期間は明かさず(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=158909

////////

米軍はえ縄切断で示談提案 362万円賠償、休業補償認めず 委託の民間海運(琉球新報)

子どもの貧困解消へ県民会議設置 県が対策計画決定(琉球新報)
『全国平均を大幅に上回る沖縄の子どもを取り巻く貧困を解消しようと、県は16日、「県子どもの貧困対策計画」案をまとめた。行政や教育、福祉、経済労働関係団体による「子どもの貧困解消県民会議(仮称)」設置を位置付け、全県挙げての体制で貧困対策を推進する。離島やへき地などの実情に即した施策にも取り組む。年度内に知事決裁を得て計画を正式に決定する。実施期間は2016年度から21年度までの6年間。県が子どもの貧困に特化した計画をまとめるのは初めて。・・・』

////////

着物、頬紅、マダム笑顔 池味で初のひなまつり(琉球新報) 
http://j.mp/1Z3tquv


関連記事

| 沖縄 | 21:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT