PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

オバマ米大統領、辺野古の遅れを容認


IMG_4651.jpg

今日は予報通り晴れ。
イベントもあったから晴れて良かったね。

お店サボってイベント会場であの子とちょこっと遊んだ。

私の日傘にまたがってずるずる引きずってあちこち歩くのを喜んでた。
途中で猫をみつけ近づくと猫は車の下に隠れる。
あの子は頭の天辺を地面につけて車の下を覗く。
逆Uの字になってね。
体が驚くほど柔らかい。

猫が逃げる。
また覗く。
ときどき、きゃっきゃの声。

それの繰り返し。

今日は別れるときに「タッチ」っていうからタッチした。

ホント可愛い。

//////

オバマ米大統領、辺野古の遅れを容認「しばらく動かないのだな」(沖縄タイムス)
『オバマ米大統領が米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設計画が再び停滞する可能性を容認していたことが18日までに分かった。今後の展開次第では、米議会が計画を再び疑問視する可能性も生じるなどと分析しているという。ホワイトハウス筋が本紙の取材に対して明らかにした。 ・・・・・ライス氏自身の見解として、「安倍首相は昨年11月に(裁判の)勝算を示していたが、やり直しとなった。裁判所の最終的な判決を予想することは困難であり、先行きは不透明」と指摘。抗議運動の高まりや、裁判のやり直しで不満を高めている米議会が計画を再び疑問視する可能性もあるなどと指摘し、「移設計画は再び停滞する可能性もある」と分析した。2日午前に報告書を目にしたオバマ大統領は、ライス氏に対し、「分かった。しばらく動かないということだな」などと述べ、日本側での展開を静観する姿勢を示したという。 米国家安全保障担当補佐官は、国務長官や国防長官と並ぶ最重要職の一つで、米大統領に対して政策立案や助言を行う。元米国連大使のライス氏はオバマ氏からの信頼が厚く、外交政策において人権問題を重視する姿勢で知られている。・・・』

辺野古移設に疑問、39地方議会 意見書可決、沖縄以外8都府県(東京新聞)
『安倍政権が推進する米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設計画に疑問を呈する意見書を可決した地方議会が、阻止を掲げる翁長雄志沖縄県知事の就任(2014年12月)以降で39に上ることが20日、共同通信の調べで分かった。沖縄以外で可決した8都府県の23議会の大半は、地方自治の理念を損なうとして政権の姿勢を批判した。 まだ少数にとどまるものの、移設問題に直接関係しない幅広い地域で反対や懸念が公式に表明されている実態が浮かび上がった。』

//////////

Cd79aUGUAAANe38.jpg
歴史修正に危機感 早大の琉球・沖縄研究所が活動締める報告会(琉球新報)
『早稲田大学の琉球・沖縄研究所(勝方=稲福恵子所長)が10年間の活動を本年度で閉じるにあたっての研究報告会〈「制度」の10年、「場」の10年〉が19日、東京の早稲田大学で開催され、研究者や学生ら約40人が参加した。勝方所長が10年間の活動報告を行ったほか、3セッションと総合討論に分けて若手研究者ら10人が報告した。総合討論では参加者全員で、歴史修正主義が影響力を強めている時代状況への危機感を共有しながら、沖縄研究の課題や人材育成について真剣な議論が戦わされた。総合討論は研究員で大学非常勤講師の前嵩西一馬氏と戸邉秀明東京経済大准教授の報告を基に意見交換。戸邉氏は「日本と沖縄の間でナショナリズムの相互模倣ともいうべき事態が強まっている」との認識を示し、「民衆史的な観点の重要性を繰り返し語るべきだ」と指摘した。前嵩西氏は「啓蒙(けいもう)ではなくて議論が必要だ」と強調した。最後に勝方所長が「抜き差しならない時代に入っている中で、研究所を閉めるのは後ろめたいが、この研究会を継続しましょう」と呼び掛けて会を締めくくった。』

教科書を訂正申請へ 沖縄の基地依存度「きわめて高い」と記述(沖縄タイムス)
『来春から全国の高校で使われる教科書のうち、帝国書院が検定申請した「新現代社会」で、沖縄の米軍基地問題に関連して、「(沖縄)県内の経済が基地に依存している度合いはきわめて高い」などと記述したことについて、同社は5月までに訂正申請する方針を19日、明らかにした。昨年11月ごろから社内で根拠のあいまいさや主観的な記述が問題になり、先月から訂正申請に向けて検討を進めていたという。・・・』

////////

宮城 康博

沖縄に関するデマに反証する冊子(A5・52ページ程度)を編集中。執筆者は沖国大の佐藤学やジャーナリストの屋良朝博、琉大の島袋純など。沖縄県内での対面販売(100円)が主になる予定。書店に並ぶ予定はないが、ネットでテキストを公開するか、県外への流通も考えたい。


//////

Sandar

現在三人の子育て中の姪っ子。一円でも安いスーパーで必死でやりくりしているのだが、彼女曰く「貧乏は環境に優しくないよね。」と。添加物や合成洗剤がどんなに悪いとわかっていても、その安さに買ってしまう。自然素材のものは欲しくても買うお金が無い…と。激しく同意した私も貧乏だな(笑)


////////

キンザー倉庫群のトリイ移転 読谷村長「基地容認」を否定(琉球新報)
http://j.mp/1R6DJvW

支援員、26市町村で計100人超増加へ 子の貧困対策本格化(琉球新報)
http://j.mp/1ZeaZmP

////////

Cd79aBdUIAAYT6Q.jpg
CO2溶解海水で海藻培養 成長速度4・6倍 沖縄ガス・糸満市・琉大共同研究(琉球新報)
『糸満市浄化センターで汚泥処理する際に発生するバイオガスを代替エネルギーとして有効活用する実証実験に取り組む沖縄ガスと糸満市、琉球大学が成果を上げている。琉大工学部の瀬名波出准教授の実験で、バイオガスに含まれる二酸化炭素を抽出し、海水と混ぜ合わせてつくった「CO2溶解海水」を、海藻の生育に活用したところ、成長速度が飛躍的に向上し、従来に比べ最大で4・6倍の成長速度が確認された。・・・浄化センターから出たバイオガスは、隣接する青い海のボイラー燃料として利用されている。沖縄ガスによると、実験でCO2を取り除いたバイオガス(メタンガス)のメタン濃度を測ったところ95%と検出された。この濃度は都市ガスとほぼ同じ水準で、今後、ボイラー燃料以外で利用できる可能性もあるという。沖縄ガスなどは、実証実験を通じて、これまで焼却処分されていたバイオガスを無駄なく使うことで、循環型社会の構築を目指している。沖縄ガスによると、2014年に糸満市浄化センターから排出されたバイオガスは42万7061立方メートルで、うち、29万1826立方メートルをボイラー燃料として再利用した。利用率は68%だが、工場が稼働しない日を除くと利用率は90%となった。CO2削減は447トンで、例年の約10%のCO2を削減した。』

以前、沖縄は発明家が多いと書きましたが、
生活に密着した発明が特に多いように思います。
みなさん、あれこれ面白いことを考えることが好きみたいです。

////////

漁業生産額186億円超 14年県内 4年連続で増(琉球新報)
http://j.mp/1R6DJfu

2月沖縄路線3.2%増 航空5社搭乗実績 離島路線が好調(琉球新報)
http://j.mp/1R6DJvO

“卒業旅行で行きたい地”沖縄が3位に 異国情緒が人気(琉球新報)
http://j.mp/1R6JxWb

リウボウ、台湾大手百貨店と提携 ポイント、相互送客など検討(琉球新報)
『県内唯一の百貨店「デパートリウボウ」などを統括するリウボウホールディングス(那覇市、糸数剛一社長)が、台湾の大手百貨店「太平洋そごう」との間で提携を結び、ポイントサービスを利用した相互送客や、7月に台湾で開催する沖縄物産展などを検討していることが19日、分かった。6月に発表予定で、リウボウでは初の海外との提携となる。糸数社長は「台湾はLCCの拡大で沖縄への入域客が順調に伸びており、優先度が高い。実績をつくり、アジアとの提携を広げていきたい」と語った。・・・』

////////

Cd9JxJhUIAA8uxu.jpg
日本最南端! 八重山の海びらき 子どもたち元気いっぱい(琉球新報)
http://j.mp/1R6DKzR

沖縄の文化・歴史発信 米で桜祭り、紅型体験講座も(琉球新報)
http://j.mp/1Zeb1Li



関連記事

| 沖縄 | 22:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT