PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

幻想のティダン(太陽)


素晴らしい自然。
人と神の営み。

原風景の与那国島の崩壊のはじまり。
何とも悲しいドキュメンタりー。

幻想のティダン(太陽) 【沖縄・与那国島記録映画】
https://www.youtube.com/watch?v=nhzwyxLXqPM&sns=tw

1978年~79年に、与那国島比川部落に約1年半生活しながら、村の日常生活を淡々­と記録したドキュメンタリりー。スタッフは、映画学校を卒業したばかりの若者。ここに­は、沖縄と本土、人口流失しつつある離島問題。突然降ってわいた【石油備蓄基地建設】­に揺れる住民。現在にも、繋がるすべての問題がここにはある。ぜひ、今だから、多くの人に見てもらい­たい。』

1972年の「本土復帰」から3年後に撮られたもの。
子どもが日本語だ書かれたものを読み上げているんですが、辛くなります。
CTSの言葉が出てきますが、石油備蓄基地のことのようです。
CTS(石油備蓄基地)問題が突然湧いて出てきて島が二分されたそうです。

沖縄の一番の破壊者は日本。


関連記事

| 沖縄 | 23:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT