PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

富士山山頂に「ろくろ」のような雲


最終更新:21時07分

午後、外に出たら西の空に地震雲が出ていました。

地震預測研究所所長林湧森さんの予想も更新されています。

//////////

proxy510.jpg
【ド迫力!】富士山山頂に「ろくろ」のような雲が出現
http://weathernews.jp/s/topics/201605/100035/

5月8日

taka ‏ 

昨日は綺麗な空だったけど、今朝は雨・・・1週間の始まりが雨だと憂鬱だなぁ〜〜f^_^;)
#mysky #takaphoto

Ch95JS1VIAAgc69.jpg

ハロや彩雲が出るときって必ずケムが撒かれています。

早川由紀夫

これが18時間で7700RT。だれか著名人がRTして拡大したのかな。自粛して行かないのではない。地震がこわいから行かないのだ。的確な危険回避行動だ。ただ地図が読めないから、大きめ防御をとって九州全体を忌避しているひともいるようだ。
https://twitter.com/hikoboshi_film/status/729519411569131522

経営不振による廃業を避けるためにお客を危険にさらしてもかまわないと考えるひとは商売人としての資質を欠いている。こういうときは、安全が確保されるまでいましばらくお待ち下さい。準備が整ったらお迎えしますとお客にいうべきだ。地震国火山国で商売してるのだから、こういう時期もある。

大雑把にいって、九州のこの黄色ハイライトしたところの地震リスクがいま大きい。この黄色にいま観光に行くのは地震火山マニアに限る。朝日新聞4月17日地図に加筆した。

CiDZXuMUoAA5I6h.jpg

新潟焼山5月10日0810。モクモクが長くたなびいている。5月1日地震の余効か、それともまた元気になってきたのか。

CiDfegzUkAQDL7Q.jpg

未来の成熟した地震学でも物理法則ですべて説明できるようにはならない。過去のデータに頼らざるをえないではなく、積極的に過去のデータに頼らなければならない。物理法則なんてどうでもいいくらいだ。

地震学にも火山学にも科学の部分はある。いや、その主流は科学だ(ろう)。しかし地震防災と火山防災は科学を飛び越えている。科学も含むがそれよりずっと広い視野を包含する。包含しなければならない。リスク評価は科学だが、リスク管理が科学よりもずっと広い視野を包含することによる。

地震・火山防災が科学でないのは、その手法と視野がそうであるだけでないことにいま気づいた。科学は、他者が何を考えようがどんなに間違っていようがわれ関せずで許容できるが、防災では、他者が間違っているのを容認できない。人が死ぬと感情が激しく揺さぶられる。ときに責任追及したくなる。

過去30日間。防災科学技術研究所Hi-net。減り方がとても鈍い。ほとんど減ってない。

CiE2eYBUkAApkHN.jpg

ぜんぶ死ぬ。一木一草残らない。
https://twitter.com/_tani_tani/status/729960946320310272


Ryusuke IMURA

九州島の今の地形を作った主役の登場はまだだ。


林湧森

2016-05-10 09:44 UTC+8 台中站緊急地震預報:9小時前,台中站長搖晃日光燈管,發亮了。恐為7日以內,日本 M8+ 強震前兆。2015-09-17 UTC+8 智利 M8.3 強震數小時前,也曾出現此一現象。
http://quakeforecast.blogspot.tw/2016/05/2016-05-10-0944-utc8-97-m8-2015-09-17.html

2016-05-10 09:44 UTC+8台の中站緊急の地震は予報して:9時間前、台中駅長の搖は日光バルブを振って、光りました。 恐は7日以内とする、日本のM8+強震前触れ。 2015-09-17 UTC+8のチリのM8.3の強震数時間前に、同じく以前この1の現象が現われます。

蛍光管のことでしょうか?
チリのM8,3の数時間前にもおきた現象ということ?

四国でモグラに続いて多くのナマズ出現か、過去の大地震でも
http://www.buzznews.jp/?p=2066234


関連記事

| 地震・火山・体感メモ | 10:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT