PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

辺野古移設、性別・地域・年代すべて「反対」多数


メモに下書きしていた原稿が全部消えてしまった。ショック。
メモの下書きってこれがあるから嫌。
メールの下書き原稿のみアップします。

CijJt9XUUAAlncG.jpg
辺野古移設、性別・地域・年代すべて「反対」多数 県民意識調査(沖縄タイムス)
県の2015年度「地域安全保障に関する県民意識調査」で、地域別や性別、年代別の結果が15日までに明らかになった。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関する考えについて、地域別では「どちらかと言えば」を含む「反対」が北部55・3%、中部57・1%、那覇市59・3%、南部64・9%、宮古49・6%、八重山45・2%となり、いずれも「どちらかと言えば」を含む「賛成」の割合を大幅に上回った。 県は3月31日に調査結果を公表した際、「県民全体の意識を調査する趣旨にそぐわない」という理由で地域別などの数値を明らかにしなかった。沖縄タイムスが情報開示請求で資料の公開を求めていた。・・・調査は昨年11~12月に県内15歳以上、74歳以下の男女3千人に質問用紙を郵送し、1265人の有効回答(回答率42・2%)を得た。地域別の人口比率の偏りを修正する「層化2段無作為抽出法」を用いた。

//////////

ヤマト政権が琉球を侵略、併合しようとしたとき
琉球国と盛んに交易していた中国は
沖縄を助けようとはしなかったのだろうかという
疑問がずっとありました。

今朝の琉球新報を読んで、なるほどなと思うことがありました。
琉球は中国に助けを求めていたんですね。


琉球王国の歴史認識共有 中国で国際学術会議が開幕(琉球新報)
『沖縄と中国の歴史研究者らが一堂に会して琉球・沖縄の歴史や現状を議論する「第2回琉球・沖縄最先端問題国際学術会議」(中国戦略・管理研究会、北京大学歴史学部、北京市中日文化交流史研究会主催)が15日、中国の北京大学で始まった。初日は、日本による琉球併合(「琉球処分」)や中国との冊封・交易など琉球王国の歴史について研究成果を発表し、認識を深め合った。研究会は2014年に続き、2回目。沖縄側からは波平恒男琉球大教授ら3人が登壇。中国側から12人が研究成果を発表した。台湾の研究者からも報告があった。波平氏は「近代東アジア史の中の二つの併合」と題し、琉球併合と韓国併合の共通性を指摘した。また「日本復帰運動の中で沖縄人は日本人なのだと政治的要請の中で『日琉同祖論』の言説が語られ、十分反省されることなく今日まで来た」と述べ、琉球・沖縄史を見直す必要性を説いた。「『琉球処分』の再認識」と題して発表した宋成有北京大教授は「『処分』には本質的意味が隠されている。侵略的行為を正当化し、非合法を合法化し、非合理を合理的に装った」と強調。琉球併合が国際問題化し、琉球士族から救国要請を受けた中国は「当時、国力が弱っていて強く出れなかった」と説明した。・・・』

/////////////

「沖縄に核兵器を再び持ち込む権利」米文書に記載(NHK)
1972年の沖縄返還に伴い、いったん撤去した核兵器について、「危機の際には再び持ち込む権利がある」と、アメリカ国防総省が公刊した歴史文書に記されていたことが分かりました。専門家は「これまで密約とされてきた内容が公式文書で示されたのは初めてではないか」と指摘しています。この歴史文書はアメリカ国防総省が去年公刊したもので、レアード国防長官在任中の1969年から1973年にかけての出来事が、沖縄返還の経緯も含めて詳しく記されています。・・・』

/////////

辺野古 巨額の警備費…2年半で159億円 東京2社が独占(沖縄タイムス)
名護市辺野古の新基地建設に伴う陸上、海上の民間警備費が2014年6月~16年12月の2年半で少なくとも159億円に上ることが分かった。日数で割ると1日2千万円を超える期間もあった。一般競争入札には毎回、陸上、海上で各1社だけが参加していて、落札率は軒並み99%を超えている。沖縄タイムスは業務を発注する沖縄防衛局に警備費の総額、99%超の高落札率に対する見解を照会したが、14日までに回答はない。警備費は資料が公表されていない期間があるため、実際にはもっと膨らむ。・・・』

辺野古警備2社独占 陸と海、2年半で契約総額165億円(琉球新報)
米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古での新基地建設で、陸上、海上の警備業務がそれぞれ特定の警備業者の独占状態にあり、警備業務の契約総額が、2014年6月から16年12月の2年半で少なくとも165億円に上ることが15日分かった。また海上警備業務を請け負う警備会社のマリンセキュリティー(沖縄市泡瀬)が1週間に40時間以上、勤務させるために義務付けられた労使間の協定を結ばないまま、超過勤務させ、残業代も支払っていなかったことも分かった。15日、従業員が明らかにした。・・・』

1日2千万円を超える期間もあったというのに
従業員は安い賃金で長時間こき使われる。
東電と原発作業員の関係とよく似ている。

辺野古海上警備 午前4時半でトイレにも行けず…(琉球新報)
http://j.mp/1Yuawfr

午前4時半、沖縄市の本社に出勤、
移動時間は業務時間に含まれない。
実働時間は1日約15時間半で日当9千円。

「市民監視は反憲法的だ」 辺野古警備、野党国会議員が防衛局に抗議(琉球新報)
http://j.mp/1sqCIpP

/////////

不発弾処理のために沖縄の“大動脈”国道58号を一時封鎖している写真。(沖縄タイムスより拝借)
CieQlw8UoAAyBIc.jpg


関連記事

| 沖縄 | 00:44 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

発達障害?
統合失調症?
自己愛性人格障害?

存在が不快じゃ

ころほど憎い人間はおらん

| 繧?≧ | 2016/05/28 12:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT